「語り部」を世界へ!全国被災地語り部シンポジウムが開催されました!

2018年2月25日、26日には、当館にて
【第3回全国被災地語り部シンポジウムin東北2018】が行われました。

サブタイトルは、
「KATARIBE」を世界へ ~語り部と震災遺構が紡ぐ“被災地”と“未災地”~

様々な課題が残るそれぞれの被災地で、これからの未来について
語り部の声で、「被災地」と、まだ被災されていない「未災地」を
つなぐ機会ということで、日本だけでなく世界へ発信するため、
このシンポジウムは行われました。

なんと参加者は国内外から400名、10時発・11時発の2便ご用意した語り部バスは200名もの方にご乗車頂きました。

【第一部】震災を風化させないための語り部バス
シンポジウム特別コースとしまして、高野会館の内部を含むご案内をさせて頂きました。

 
防災庁舎は、今は近くで見ることは叶いません。
皆さんは少し離れた場所にある献花台の前で、手を合わせました。

 

 
そして高野会館です。
屋上まで津波が迫りながらも、地元の方300名以上の命が助かったこの場所は、
後世に残すべき遺構です。

【第2部】オープニングプレゼンツ


ラウンジでは、群馬県嬬恋村鎌原観音堂和讃会の皆さまによります
「浅間山大和讃」のご披露がございました。

 
そして所変わりまして羽衣のメイン会場にて開会式。
実行委員長であり、南三陸町地域観光復興協議会長である当館の阿部副社長が挨拶を致します。
非常に多くの方がお集まり頂いていることが分かります。

 
そしてパネルディスカッションへと移ります。
コーディネーターは東北学院大学の柳井政也様です。

 

 

 

パネラーは、震災語り部であり元気仙沼本吉地方広域消防南三陸消防署副所長の佐藤誠悦様、
宮古観光文化交流協会 学ぶ防災ガイドの元田久美子様、
益城だいすきプロジェクト・きままに代表理事の吉村静代様、
日本外国特派員協会理事のメリー・コーベット様、
上智大学比較文化研究所客員研究員のフラビア・フルコ様です。

テーマは「普遍性・持続性のある震災伝承と震災遺構
~「KATARIBE(語り部)」を世界へ・被災地から未災地へ・その先の未来へ~」
それぞれの立場での意見が語られました。

【第3部】分科会

 
分科会①【弁天】語り部として私たちが今、伝えたいこと
コーディネーターとしてリアス・アーク美術館学芸係長の山内宏泰様をお迎えし、
北淡震災記念公園震災の語りべボランティアの神木必勝様、
稲むらの火の館語り部の坂井竹男様、
山元語り部の会副代表・防災士会みやぎ理事の高橋健一様、
「陸前高田被災地語り部」くぎこ屋代表の釘子明様に
それぞれの活動内容と、今、未来へ伝えるべき事を語り合いました。

 

 
分科会②【羽衣】震災遺構と語り部が伝える震災伝承と教訓
アドバイザーに南三陸命と防災高野会館プロジェクト共同代表の宮本肇様、
コーディネーターに玉大学情報社会学研究所主任研究員・教授の会津泉様、
パネラーとして元気仙沼市教育長の白幡勝美様、
南三陸復興みなさん会代表/南三陸町文化財保護委員長の後藤一磨様とともに、
震災遺構のありかた、そして昔からの伝承、教訓について語らいました。

 

分科会③【大潮】未来への伝承~10年・100年・1000年先へ繋ぐために必要なこと~
パネラーは志津川高校、志津川小学校はじめ県内各地の小中高生。
志津川高校の校長先生である山内松吾様をコーディネーターとして、
皆様の意見をしっかりと発表していらっしゃいました。

【第4部】交流会


懇親会は志津川名物のたこしゃぶ、生ワカメのしゃぶしゃぶをはじめ、
中国人の料理人の任さんお手製中華料理や、新鮮なお刺身もたっぷり振る舞われました。

【第5部】ドキュメンタリー上映会&復興トーク

 
「“伝える”~東日本大震災から7年、阪神・淡路大震災から23年」
当館の女将さんを含む6名での復興トークのあと、
岩手県大槌町のドキュメンタリー「ちかくて とおい」と、
希望の樹―大槌アート 日台共同プロジェクト」をご覧頂きました。

そして翌日26日。
【第6部】震災語り部の講話
 
ラウンジでは、浪曲師 菊地まどか様によります「稲むらの火」の浪曲をご披露頂きました。
迫力ある声に、通りがかりの方も思わず足を止めるほどで、涙ぐむ方も見受けられました。

 
所変わりましてクラブ会場では、釘子明様による語り部講話がございました。
それぞれ熱心に聞き入っておられました。

【第7部】クロージング
 

 
クロージングではまた会場が変わるのですが、多くの方にお越し頂きました。
総括を大阪府立大学客員研究員の山地久美子様に、
語り部宣言を北淡震災記念公園総支配人の米山正幸様にお願いしました。
シンポジウムの振り返りだけでなく、質問や意見も出まして、
こちらも大変有意義な時間となりました。

このあと、オプションツアーとしまして、
気仙沼の「命のらせん階段」を見学するコースと、
石巻「大川小学校」を案内する2コースをご用意しておりました。

 
「命のらせん階段」とは阿部長商店創設者である阿部会長のご自宅です。

阿部会長は自らマイクを握り、この家を建てた時の思いを語りました。
 
震災当日、この屋上で20名の命が救われました。

そして「大川小学校」を含む石巻のコースです。
 
多くの方が犠牲となってしまった大川小学校は胸が痛みます。

2日間、大変多くの方々にご参加頂きました。
いかなる立場の方にとっても、今や未来について考えるきっかけとなったかと存じます。

このシンポジウムは地元のニュースのほか、多くの新聞記事にもご掲載頂きました。
「メディアサンクス」ページを随時更新致しますので、ぜひご覧くださいませ。
http://www.mkanyo.jp/kouhou-hiroba/media-thanks/


★お買い物はどうぞ南三陸復興ストアへ!⇒ツイッター始めました♪

コメントを残す on 「語り部」を世界へ!全国被災地語り部シンポジウムが開催されました!

マリンパルだより 2月その4

いらっしゃいませ(*^_^*)マリンパル保育士小野寺です。冬の間、ほとんど日が当らなかったマリンの園庭・・・。最近ではおひさまが、移動して日中もキラキラ日差しを受けるようになりました。

 

この、緑の氷のトンネル。。。見おぼえがありますね(笑)

1ヶ月後。。。

そう!1月24日の大雪の時に作ったトトロです!あれから1か月、この形をキープし続けていたんです。。。しかも、このとトロにだけは日が当らないので、とけずに残っていたんですね~!ここまで来ると、愛着がわきます(笑)もう、カチカチに凍っているので、もうちょっとキープ出来るかな?

お外はまだ冬の寒さですが、お部屋の中には春がやってきましたよ(^^♪ホールにおひな様を飾ると一気に春模様(*^_^*)なんだか気持も和らぎますね!

朝に飾り付けしているといち早く見つけたSくん♪とても嬉しそうです(*^_^*)

3月の、ひなまつりまで飾って楽しみましょうね♪

3月がやってくると、震災から7年を迎えます。7年で町の様子もどんどん変化しています。私が住んでいる地区の仮設住宅も、現在解体中です。この3月には南三陸町全体で10件ほどになるそうです。壊されていく様子を見るのは寂しいですが、新しい生活を始められた方々が今後は幸せな毎日が送れるようにと願うばかりです。

それから。。。この7年の間、毎月一回必ずマリンに足を運んで下さる、気仙沼の森 隆志さん。震災時、マリンに避難し命をつないでもらったから・・・。と、この7年欠かさず訪れてくださいます。当時、御本人も家族の安否等分からないまま、マリンで一周間避難生活を送りその間たき火の番をしたり、薪集めや子どもたちの空いてなど、たくさん協力していただきました。

私たちも、本当に心強かったのを覚えています。以来、自分が出来る形で恩返しすると・・・。マリンに来るときは子どもたちや私たちに お土産をたくさん買ってきてくださりそのあとは、ホテルで昼食を召し上がり帰宅されます。毎月一度、元気な姿に会えるのを私たちも楽しみにしています!一緒にがんばった一週間を、私たちも忘れませんからね。

テレ屋で、かなりシャイな森さん(^^♪ホテルでお見かけした際には「森さん♡」って声をかけてくださいね!

 

コメントを残す on マリンパルだより 2月その4

第3回ジャパン・ツーリズム・アワード大賞受賞式典・祝賀会

こんにちは、むっちゃんです。

先日11日、南三陸ホテル観洋協力会主催のもと、
第3回ジャパン・ツーリズム・アワード大賞受賞式典・祝賀会
が当館6階羽衣にて開催されました。

簡単に改めて受賞について説明しますと、
今回は、

『「震災を風化させないための語り部バス」による地域活性化の取り組み」』
が評価されたものです。

弊社は、2011年の東日本大震災から宿泊施設を被災者に提供するなど地域に寄り添い、
復興への道を切り開いてきました。同時に、震災体験を伝えることで、防災への意識向上を図り、
震災を風化させないためのたゆまぬ取り組みが評価ポイントとなり、
今回の大賞受賞に繋がったものです。

式典の前には、
ご参加頂いた皆様に「震災を風化させないための語り部バス」へ
乗車していただきました。

ホテルスタッフが、
高野会館を含むコースをご案内。
屋上を超える高さの津波に襲われた高野会館は、
屋上へ避難した全員が助かった奇跡の場所でございます。


(神戸 三原様撮影)


(神戸 三原様撮影)

語り部バス後は、受賞式典。
来賓の方々から祝辞を頂戴し、
受賞功績として、震災直後から今現在までの取り組みをまとめた映像を
紹介させて頂きました。

 

初めに発起人を代表して、
南三陸ホテル観洋協力会会長
株式会社JTB商事 東北営業部長 菅原和彦様 より
開会のご挨拶を頂きました。

続きましてご来賓の方々より祝辞を頂きました。


国土交通省東北運輸局 観光部長 髙田公生様


復興庁宮城復興局長 小谷野喜二様


宮城県経済商工観光部次長 高橋裕喜様


株式会社ほくだん北淡震災記念公園 前代表取締役社長 宮本肇様

その他、多くの方々より祝電も頂き感謝いたします。
ご参加した方々に改めて当館の取り組みを知って頂くために、
動画を紹介。

(映像は東日本大震災後の当館の取り組みを紹介)

(海外メディアによる㈱阿部長商店 阿部泰児会長への取材の様子)

式典最後には、当館より
株式会社阿部長商店 代表取締役副社長 阿部隆二郎より謝辞を述べさせていただきました。

祝賀会では、鏡開きで乾杯が行われ、
アトラクションゲストにシンセサイザー奏者の髙橋泉様、
よさこいライブとして南三陸今村組陸仙会の皆様にお越し頂き、
盛大な祝宴となりました。


(神戸 三原様撮影)

ホテルスタッフを含む南三陸町の語り部メンバーで記念撮影。

料理には今が旬の牡蠣が!

この度は、多くの方々にご参加頂き、誠にありがとうございました。
心より厚く御礼申し上げます。

南三陸ホテル観洋にとって、この受賞が新たなスタートです。
大賞受賞を機に、更なる持続的な観光への取り組みに邁進して参ります。
引き続き、宜しくお願い申し上げます。

★━━━━----—————————————----━━━━★

【お知らせ】

全国被災地語り部シンポジウムin東北の開催が決定しました。

平成30年2月25日(日)、26日(月)
南三陸ホテル観洋および南三陸町内等を会場に行われます。
参加は無料。先着順で定員200名の予定でございます。

申し込み日時など、詳細が決定しましたら、
ホームページにて告知しますので、ご確認くださいませ。

kirakirabanner.png

★ 南三陸キラキラ丼はおかげ様で8周年♪ ★
「南三陸ホテル観洋」

コメントを残す on 第3回ジャパン・ツーリズム・アワード大賞受賞式典・祝賀会

Rias Arc Museum of Art


Rias Ark Museum of Art shows various items such as local cultures, historical displays of Tohoku and Hokkaido regions.

Displays of local cultures of fishermen.

Tsunami also is an important part of the region from the historical point of view, therefore they have mission to record the disaster and hand over them to the next generation.

History of tsunami displayed by photos.

Time of Grate East Japan Earthquake, stop the supply of electricity.

Tsunami of Meiji Sanriku Earthquake in 1896, more than 20,000 victims.

Clock stop at the time of the first tsunami.

Grate East Japan Earthquake is not finished, but it continues with many questions.   The displays of tsunami at Rias Arc Museum of Art are very interesting and precious in order not to fade out our memories.

Important records of disaster

Just 1 hour drive from Hotel Kanyo to the museum.
Sergio

コメントを残す on Rias Arc Museum of Art

東北(南三陸)から世界へ

大家好!我是惠.

皆さん、こんにちは!恵です。

因為受到東日本大地震海嘯的影響,作為被害嚴重的南三陸町,觀光客人數也不斷減少,我們一直在為有更多的觀光客來到這裡而努力.

東日本大震災津波の影響で、被害の深刻な南三陸として、観光客数も落ち込んでいる為、海外から人を呼ぶ活動を頑張っています。

前幾日,來自美國,中國,泰國,馬來西亞,羅西亞等國家的各大旅行社代表來到了南三陸,大家參加了酒店講解的地方故事巴士行.

先日は、アメリカ、中国、タイ、マレーシア、ロシア等の各国の旅行関係者が南三陸にいらっしゃいました、当館倉橋インバウンド課長は英語で語り部をしました。

圖片是本館倉橋課長在為大家講解東日本大地震受災的高野會館.

倉橋課長が東日本大震災で被災した髙野会館を説明しています。

大家非常愉快的品嘗豐盛的晚餐,日本料理是很適合全世界的口味哦.

夕食も楽しく頂きました、日本料理は全世界人の口に合っているようでした。

★ご予約はこちらからどうぞ★

コメントを残す on 東北(南三陸)から世界へ