野田聖子内閣府特命担当大臣がご来館されました。

皆様こんにちは、マッキーです。

2021年11月13日、
野田聖子内閣府特命担当大臣が、
宮城県視察の一環としてご来館されました。

まずは当館の正面玄関に到着後、
東日本大震災当時の様子をパネルを展示している場所へご案内し、
当時の様子を当館女将がご案内いたしました。

そしてこちらの写真は、
語り部の様子をまとめたパネルについて当館女将が説明している1枚。
野田大臣も全国各地の語り部の様子を熱心にご覧になっていました。

晴天の志津川湾を眺めながら少しお話しされた後は、

1階の会議室にご移動。

大臣就任祝いの花束を贈呈した後は、

そして阿部女将が会長を務める「みやぎおかみ会」の皆様との記念撮影。

働く女性の華やかな1枚はとても絵になりますね。

その後は野田大臣と「みやぎおかみ会」の皆様による車座対話。
地方創生や地域活性化における観光の役割、
女性活躍、こども政策について意見交換を行いました。

こちらの様子はNHKのニュースでも取り上げられました。

車座会議の後、野田大臣は、
震災伝承施設「高野会館」を視察。

阿部女将と南三陸町議会議員でもあり語り部でもある伊藤議員(南三陸ホテル観洋 第1営業次長)の説明で、
現存する震災遺構を実際にご自身の目で確かめられておりました。

この日は主に宮城県の沿岸地域の視察でございました。
就任後いち早く、宮城県へ足を運んでいただき、
また現場の声に耳を傾けていただき、心より感謝申し上げます。

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

冬場はゆっくり温泉に浸かって強張った体を癒しませんかっ?
宮城県内在住の方ならお得に泊まれるチャンス!
解説動画もアップしているのでぜひご覧くださいませ!

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

観洋ちゃんねる班の解説動画をチェック♪

【 鮑・ふかひれプラン 】はこちら/

【 おてごろプラン 】【 年末プラン 】はこちら/

いずれのプランも
電話予約・当館の公式HPじゃらんネットより申込可能です。

宮城県にお住いの方は
この機会にぜひご予約くださいませ!!

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

《注意事項》

※じゃらんからご予約の場合「クーポン・ポイント」との併用はできません。
それらを利用しご予約された場合は予約の取り直しが必要となります。

※他の地方公共団体が主催する「宿泊割引施策」との併用はできません。
(例:「みやぎ宿泊前売券」「南三陸宿泊キャンペーン」等)

※上限枠に達し次第早期に終了となる場合がございます。

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

【南三陸ホテル観洋】<宿泊割引&クーポン付プラン>概要ページはこちら↓

みやぎ宿泊割キャンペーン事務局公式ページはこちら↓
みやぎ宿泊割キャンペーン事務局

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

コメントを残す on 野田聖子内閣府特命担当大臣がご来館されました。

夢をのせて出発した場所から。

皆さん、こんにちは!カナです(・∞・*)

11月になりましたね~!南三陸の木々も色づいてきてますよ🍁
紅葉の良い写真を撮影するために
任天堂様が新しく「Pikmin Bloom」というアプリと一緒に散策中。
あのピクミンと一緒に歩けます🌱
集めた花弁で歩いた場所を花でいっぱいにするんです!
南三陸はユーザーが少なく原っぱが目立ちます(; ・`д・´)💦
ぜひ周辺観光などのお供にいかがですかっ?※周りに十分注意してご利用ください

さて今日は石巻市渡波地区にあります「サンファン館」の紹介です。

「サン・ファン・バウティスタ号」の復元船が展示されている場所なのですが、
老朽化に伴い「2021年11月10日(水)」より解体の工事が開始となります。
今後は4分の1サイズの繊維強化プラスチックの後継船へ姿を変え、
展示室に戻ってきます!

さらに!リニューアルオープンは「2024年度」を目指し、
12月中旬にかけて船体のマストなどを撤去します。(※展示も検討中との事)
その後にドック内の水を排出した上で年明け以降に船体を
解体していく流れだそうです(河北新報様より抜粋)

年度内は休館はせず、解体の様子は隣接する公園からご覧頂くことができます。

10年前の2011年3月11日に起きた東日本大震災の時も
船は一部壊れ、展示ブースの資料が流されたりと甚大な被害がありましたが
2年後の2013年10月末には修復を終え、OPENとなりました!
今現在はドック棟付近へ実際に津波が来た高さが表示されています↓

あの震災を乗り越え10年の時間が経過しました。
私も小さい時から、毎年5月に行われるイベントには参加し
震災前でしたので船内への見学も何度かお邪魔させて頂いていました!
初めて蝋人形を見て衝撃を受けたのを覚えています。

震災後から数年、老朽化に伴い船内への見学が中止となりましたが、
冬は船全体がライトアップされるイルミネーションを見に足を運びました。
その際の一枚はこちら(📸2020年)

今年もイルミネーションは開催されておりますが、
船体以外のサン・ファン・バウティスタパークに
様々な形のイルミネーションが飾られています♪

お越しの際は無料の立体駐車場がございますので、
案内看板に従って頂き駐車してくださいね🚙

また、展示室をご覧頂く際は
大人お1人様 350円の入館料(+限定ファイル進呈)となります。
元々復元船の中にあった蝋人形や、
貴重な資料が盛りだくさんなので「サン・ファン・バウティスタ号」を
学べます。
時間ごとに区切られている映像での上映もございますので
ぜひご覧くださいませ。

そしてなんと!私は5日に向かったのですが、
伊達武将隊の支倉常長公もいらっしゃいました!

「ずんだもち!」の掛け声が写真を撮影するときの合言葉!
マスクで隠れてしまいますが「ずんだもちーっ」で
口角があがるので笑顔になります(`・ω・´)✨

夢をのせ、この場所から出発した歴史の物語。
ぜひ、お時間がある際に向かってみてはいかがでしょうか?

【宮城県在住者様へ!】もうご覧になりましたか?⇩

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

併せて、観洋ちゃんねる班の解説動画をチェック♪

【 鮑・ふかひれプラン 】はこちら/
[]

【 おてごろプラン 】【 年末プラン 】はこちら/
[]

いずれのプランも
電話予約・当館の公式HPじゃらんネットより申込可能です。

宮城県にお住いの方は
この機会にぜひご予約くださいませ!!

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

《注意事項》

※じゃらんからご予約の場合「クーポン・ポイント」との併用はできません。
それらを利用しご予約された場合は予約の取り直しが必要となります。

※他の地方公共団体が主催する「宿泊割引施策」との併用はできません。
(例:「みやぎ宿泊前売券」「南三陸宿泊キャンペーン」等)

※上限枠に達し次第早期に終了となる場合がございます。

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

【南三陸ホテル観洋】<宿泊割引&クーポン付プラン>概要ページはこちら↓

みやぎ宿泊割キャンペーン事務局公式ページはこちら↓
みやぎ宿泊割キャンペーン事務局

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

ああ\ 秋の味覚!サンマを召し上がりたい方へ! /

【 旬鮮 生さんま 】

ネットショップ「南三陸復興ストア」でご注文承り中です!

Yahoo!ショッピングはこちら↓

楽天市場店はこちら↓

それでは今日はこの辺で!また来週!

コメントを残す on 夢をのせて出発した場所から。

後世に伝える~震災遺構・東松島市震災復興伝承館~

皆様こんにちは、マッキーです。

今回は当館から車で約50分。
東松島市にある震災遺構「東日本大震災復興祈念公園」を、
本日(10月21日)と来週の2回に分けてご紹介いたします。

本日10月21日は震災復興伝承館についてお伝えいたします。
2011年3月11日14時46分に発生した東日本大震災。
日本三景「松島町」と三陸の港町「石巻市」の間に位置する、
別名奥松島とも呼ばれる「東松島市」も甚大な被害を受けました。

東松島市全体の面積の約36%、
市街地に限ると約65%が浸水いたしました。
さらに死者1,109人、行方不明者24人、全壊した建物は5,519棟と、
非常に大きな被害を受けました。

こちらが震災復興伝承館
この建物は仙石線の旧野蒜駅として震災当日まで利用されていました。
従業員と近隣住民およそ20名がこの駅舎の2階から屋根へと避難しました。
津波は1階の天井付近(3.7m)まで押し寄せましたが、
皆様無事だったとの事です。

東日本大震災で亡くなったこども達の為に贈られた
GLAY様の鯉のぼり。

その上の赤い線の所まで津波は押し寄せたようです。
また外には津波の高さが青い標識のような形で記録が残されており、

館内に入ると…
1階部分には復興の記録をまとめた写真を展示しています。

さらには産業、住まい、福祉・子育て、学校施設復興、観光、瓦礫処理など
様々な視点での復興状況についても写真等で紹介されています。

そして千分の一羽鶴と題して、
祈りを込めて作られたちょっぴり小さめの千羽鶴も展示されています。

また東松島市といえば…
ブルーインパルスでお馴染みの航空自衛隊松島基地もございます。
こちらの被災状況と復興の様子も合わせて紹介しています。

また2階部分には、旧野蒜駅舎の券売機・運賃表・入場口を展示しています。
特に券売機の画面が大きく破損しているのが印象的でした。

その他には震災前や震災直後の東松島市の様子も、
写真をメインとしたパネルで分かりやすく掲示されています。

こちらは旧野蒜小学校にありました屋内運動場の時計、
時刻は14時48分で止まっている事から、
もしかしたら直ぐには止まらず、
まるで地震が落ち着いたのを見届けるように時を止めたのかもしれませんね。

来週は震災で大きな被害を受けた旧野蒜駅のホーム&復興モニュメント等を紹介いたします。

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

 【観洋ちゃんねる】 

今回は現在販売中の…
「みやぎ宿泊割キャンペーン【宿泊割引&クーポン付きプラン】」についての解説動画です!
今回は緊急につき、ノーカット、ノー編集の撮って出しです(‘ω’)ノ

いいねチャンネル登録もよろしくお願いしま~す\(*ˊᗜˋ*)/

ああああ \ 感謝 / チャンネル登録者数700人突破
公式YouTubeチャンネルはこちら⇒南三陸ホテル観洋【公式】
ああああ୧(`•ω•´)୨ 目指せ!チャンネル登録者数1000人!! ୧(`•ω•´)୨

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

コメントを残す on 後世に伝える~震災遺構・東松島市震災復興伝承館~

未来を担う子どもたちへ@海の見える命の森

こんにちは、むっちゃんですʕ•ﻌ•ʔฅ

震災伝承施設に登録された「海の見える命の森」に
先日、仙台市内の学生さんがお越しになりました。

東日本大震災から10年が経ち
あの時南三陸町で何が起こったのか
今の南三陸町は復興に向けてどう歩んでいるのか
ガイドからの話に真剣に耳を傾けておりました。

志津川湾と山岳地・市街地の全体を見渡すことができる台地上の展望は
震災と自然を伝承・学習するのに最適の地理環境であること
小・中学生の“総合学習”や、高校生・大学生の“地域社会との連携教育”や
“地域に根ざした学習活動”が可能な『総合的な学習の場』となっています。

今はコロナ禍で
大勢の方々で賑わうというのはなかなか難しいですが
いつか状況が落ち着いたら
この学びの場に体験活動として
たくさんの方々に訪れていただきたいですね。

海の見える命の森は当館から徒歩で約15分。
いつでも、どなたでも、出入り自由な散策スポットです!
ぜひ足をお運びくださいませ♪

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

ああ\ 秋の味覚!カツオ・サンマを召し上がりたい方へ! /

【 朝どれ鮮かつおタタキ 】

【 旬鮮 生さんま 】

ネットショップ「南三陸復興ストア」でご注文承り中です!

Yahoo!ショッピングはこちら↓

楽天市場店はこちら↓

気仙沼から直送される新鮮で美味しいカツオやサンマを
この機会にぜひお召し上がりくださいませ♪

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

 【観洋ちゃんねる】 動画アップ! 

気仙沼編第3話では
姉妹館の気仙沼プラザとサンマリン気仙沼ホテル観洋へ突撃!
さらに、海の市内にあるいちば寿司では
今が旬のカツオや珍しい魚介を堪能!

ぜひご覧ください♪
いいねチャンネル登録もよろしくお願いしま~す\(*ˊᗜˋ*)/

ああああ \ 感謝 / チャンネル登録者数700人突破
公式YouTubeチャンネルはこちら⇒南三陸ホテル観洋【公式】
ああああ୧(`•ω•´)୨ 目指せ!チャンネル登録者数1000人!! ୧(`•ω•´)୨

コメントを残す on 未来を担う子どもたちへ@海の見える命の森

「海の見える命の森」が震災伝承施設に登録されました。

皆様こんにちは、マッキーです。

本日8月31日は野菜の日。
全国青果物商業協同組合連合会など9団体の関係組合が1983年に制定いたしました。
「や(8)さ(3)い(1)」の語呂合せか来ているとの事です。

ぜひ日頃野菜をちゃんと取っているのか、
見つめ直す一日にしたいですね。
(私自身はたぶん…野菜不足だなと思っています)

さて今回は野菜⇒緑という事で、
木々の緑と志津川湾の青が美しい「海の見える命の森」についてお伝えいたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この度、「海の見える命の森」が震災伝承施設に登録されました。

海の見える命の森』は2016年より、
東日本大震災を通じて『学んだ事』『後世に伝えねばならない事
祈りたい事』『残したい風景』を伝える場所として、
宮城県本吉郡南三陸町の町民有志によって整備を開始しました。

志津川湾と山岳地・市街地の全体を見渡すことができる台地上の展望は、
震災と自然を伝承・学習するのに最適の地理環境である事、
小・中学生の“総合学習”や、高校生・大学生の“地域社会との連携教育”や
“地域に根ざした学習活動”が可能な『総合的な学習の場』となっています。

台地上の展望に桜や紅葉などの植物を計画的に植樹育成する他、

震災記念碑やミャンマーの篤志家より寄贈された『南三陸大仏』の設置などで、

震災において亡くなられた方々の御霊に祈りを捧げるのにふさわしい場所となり、
世代を超えて南三陸に風景という資産と、
震災の教訓を伝承する役割を果たしています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

当館に関連する震災伝承施設としては、

当館から車で約5分のところにある「高野会館

そして三陸道を利用して車で約30分、
気仙沼市内にある「命のらせん階段(旧創業者住宅)」に次いで、
3ヶ所目となりました。

毎日運行している「震災を風化させないための語り部バス」とともに、
あの日の出来事と復興の現状を様々な形で後世に伝えて参ります。

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

次回は「石巻」地域へお邪魔します!
ぜひ、ご覧くださいませ。

【最新の観洋ちゃんねるの動画はこちら!】
朝ドラの舞台にもなった気仙沼 大島に行って来ました!

コメントを残す on 「海の見える命の森」が震災伝承施設に登録されました。