クリエイターの力が南三陸を変える!?#BuzzCamp南三陸 2018♪

皆様こんにちは、マッキ―です(^o^)
今回は、今年で2回目を迎える!
6/23・24に行われた#BuzzCamp南三陸 2018の1日目の模様を紹介!

そもそも#BuzzCampとは、
milieu編集長の塩谷舞様(@ciotan)と南三陸ホテル観洋の協力による1泊2日のキャンプ(宿泊学習)です。
(大人の修学旅行みたいなものやで~)

クリエイターやブロガー等に声を掛け、
約50名の方々を当館に招いて、
南三陸・気仙沼の沿岸部の抱える観光問題等を、
情報発信や斬新なアイディアで解決しようという取組みです。

ちなみに、詳しい経緯や去年の内容はこちらをチェック♪

まず、一行は当館に到着して、
名物の「南三陸キラキラうに丼」を食べた後、

当館の語り部バスに乗車して頂いて、
高野会館の中を視察。

今回が初めての方には、津波による被害の甚大さを伝え、
今年が2回目となる参加者の方々には、
去年の夏に南三陸町内でオープンしたスーパーが出来たり、
道路が変わった等、新たな発見に満ち溢れた内容になったかと思います。

トークイベント

 

講師に
株式会社MACHA CEOの青木優様(@yuuu_a)
L&G GLOBAL BUSINESS,Inc取締役の龍崎翔子様(@shokoryuzaki)
おむすびスタンドANDONの武田昌大様(@TORAO_P)を迎え、
トークイベントを開催♪

今回は、講師の方々には大変申し訳ございませんが、簡単にご紹介します。

まずは、武田昌大様が手掛けるのは、「SHARE VILLAGE
秋田県五城目町に位置する築135年の茅葺古民家を
利用した会員制古民家民宿◎
(香川県の仁尾にも第二の村がございます)

・年貢を納めて村民にというのが特徴。
ちなみに、料金によって差別化が行われます。
(この流れで言うと、南三陸なら釣りをして、魚を納めて町民にみたいな感じかな…)

その中の催しがユニークで、
村民同士の飲み会「寄合」、年1回のフェス「一揆」等
本当にユニークなのと、
皆で茅を集めて、古民家を大切に残していこうというのが狙いです。

続いて、龍崎翔子様は数々のホテルを手掛けるプロデューサー!

弁天町にある「HOTEL・SHE
こちらは、PRの仕方が斬新♪
工事中のイメージ写真を撮りまくったり、
ホテルには一見無さそうな、レコードが使えたり、
(珈琲とか紅茶でも飲みながら聞いてみたいなあ~)
また、誕生日プランでは部屋をインスタ映えさせたり等…

一方、湯河原にある「THE RYOKAN TOKYO YUGAWARA」では、
龍崎様曰く、文豪&不倫旅行に訪れたりするイメージ◎
こちらでは、温泉で卒論を篭って執筆しようという卒論執筆パックがございます。
(ちなみに、無料で進捗確認を行ってくれます)

そして、青木優様からはインバウンド事情をお話いただきました。

実は、日本での旅の仕方にも国によって違い、
・日本リピーターが多い台湾。
・短期・少し体験みたいな感覚で来日する韓国。
・2~3週間の比較的長期の滞在で、ホテル等その場で行動を決めるアメリカ。

国民性とも言えるであろう、差があることを教わりました。
(これは、当館のプランの参考になるかも!?)

◎それに人々が旅行に行く際は、
やはり口コミが重要で、およそ95%の人が誰かが行ったから行くという事も教わりました。
(あ~、その気持ち分かるかも…)

セミナー後は、南三陸をテーマにアイデアソンが行われました。

今回も、絶対に私達には思いつかないような、
当館をはじめとした南三陸の街全体が盛り上がるようなアイデアの数々が(*^_^*)
どうせなら全部紹介したかったので、
今回のBuzzcampで書記の如く、twitterにまとめて頂いた
メモちゃん様(@kobaka7_memo)の内容を引用させていただきました。
<このような形で活用させて頂きました、本当にありがとうございます(^o^)>

でんでんこおにごっこ(チームでんでんこ)
・毎年3.11に開催する避難訓練イベント。元旦の年男的なノリ。
・散り散りのフラグを取るゲームででんでんこ(1人で逃げる)の精神を身につける。
・キラキラを身に付けたナイトランでドローンを飛ばして避難経路をインスタ映えさせる。

「モバイルハウス」(インドア寄りのアウトドアチーム)
・空き地がたくさんあって見晴らしがいいので景色を楽しむ。
・インフラがないぶん南三陸を楽しむ余白がある。
・結果的にエネルギーについて考えるきっかけになる。

南三陸夜市(欲望に忠実チーム)
・ホテル観洋でやる
・町人Aな気分になれる
・東京でおかわりオプションができる

第六感コン(チームおなかすいた)
・南三陸の暗さに注目。街が開発されてるので、今が最も暗いはず。
・視覚味覚嗅覚聴覚を使ってマッチングする。
・何度も参加することで街が明るくなってる事が実感できる。

インフィニティ温泉(チームうちは本業やし?)
・まずホテル観洋最高だからホテル観洋に行こう。
・写真が載せられない問題をジェンダーレス温泉にして解決。水着で混浴。
・飲めたりDJブースとかある。

観光大使2.0(チームモアイ)
・友達いないとその場所行かないよね。
・南三陸から観光大使を都会に派遣する。
・公のお金で都心で飲んで来る!そこで友達を作ってその人を呼ぶ。

光の堤防(海えもん)
・海は南三陸が誇る絵映えするもの。
・堤防に光のキューブを並べると綺麗!
・海に浮かべるなど展開も可能。

竜宮町(KANRAKU)
・街を竜宮化する。
・ホテル観洋の皆さんが頭に被り物をする。レアなやつはインスタ映え。
・ハロウィン的なイベント、玉手箱、亀のセグウェイ、ドローンフィッシング、相席バー、逆玉手箱など!

南三陸語り部(ヒゲメガネ漢)
・何を言うかより誰が言うか→「誰」を作るべき=語り部を作ろう。
・訪れた人を部員にして部員証を配る、部室。新歓と称して、さらに部費を納めるとウニなど貰える。
・語り部システムは長野や大阪などにも応用。語り部甲子園。

千年桜(千年桜)
・千年先まで伝承する。1000年続く風景作りをする。
・3.11に桜を植えることができる。植えた人も手入れした人も誰もが語り部になる。
・そして3011年に一面の桜が見れる。

集めたアイデアは、
発表時に参加していたホテルスタッフが投票し順位を決め、
宴会時に上位チームへ豪華景品を贈呈!!

宴会も、盛り上がりましたよ♪

ウニ・ウニ・ウニ~ ウニの舟盛り!!

そして、地酒~

からの~ホヤ~

更に、カツオ!

こうして、宴会終了後も深夜2時位まで、
二次会で盛り上がっていたとか、いなかったとか…

東京をはじめ、大阪や遠くは福岡からお越しいただき、
また様々な情報をSNSを駆使して発信いただき、ありがとうございました(^○^)

今回の1日目の模様は、
このブログもぜひバズ(buzz)って欲しい、
と願うマッキ―がお届けいたしました(-_-)
明日(6/27)は2日目の様子を紹介いたします。

クリエイターの力が南三陸を変える!?#BuzzCamp南三陸 2018♪ への2件のコメント

南三陸町の小松菜農園さんをご紹介!

皆さまごきげんよう、ゆきでございます。

朝食で大人気のメニューがございます。
それは・・・・

中国人料理人の任さんが作る、「椎茸と小松菜の炒め物」です!
※お休みの日は「小松菜のおひたし」を出しています。

シャキシャキとした小松菜たっぷりの炒め物です。
こちらの小松菜、南三陸町の農園から仕入れているのです。


戸倉地区にある星農場の星さん。
栽培方法やこだわりなど様々お答え頂きました。

まずはこちらの広いビニールハウス。

なんとUVカット仕様なのです。
UVカットだと、昆虫は平衡感覚を失いハウス内で活動できなくなります。
防虫ネットと併用し害虫被害を防いでいるのです。
なるべく農薬など使わないようにしているそうです。

そしてもう一つのこだわりは、地元のものを使うこと。

こちらはハウス内で使われている土です。
左側が細かく砕かれた「牡蠣殻」。ミネラルなどの栄養が豊富です。
そのままでは水に溶けない為、加熱して、細かく砕いて水溶性にします。
真ん中は時間を掛けて発酵させた腐葉土。南三陸杉が使われています。
そして右側が牡蠣殻よりも荒めに砕かれた「ホタテ殻」。
荒めにすることで少しずつ養分が溶け出すよう工夫されています。
肥料などは使わず、地場で取れるものを上手に使う、
こだわりが沢山詰まった愛情たっぷりの小松菜です。

ここで星さんをご紹介します。

震災前は菊の花や菜の花をハウス栽培していた星さん。
そして東日本大震災が襲います。
津波でハウス施設や機械は全部流されてしまいました。

その後農業を通じた復興を目標に、
地元の方と全国からのボランティアの方々の協力を得て、現在に至ります。
塩害のあった土地を再び使えるようにするまでに2年半かかったそうです。
ここのビニールハウスがある場所も石がゴロゴロで、2人がかりでやっと
運べるような大きい石もあったとのこと。


屋外で育てている小松菜は、ビニールハウスよりも生き生きしているように見えます。
小さ目だったり、茎が大きい物であったり、出荷先の希望に合わせた小松菜を
収穫しているそうです。

小松菜の旬は冬と言われていますが、年中収穫することができます。
冬は寒さが糖を作り出すため、甘くておいしい小松菜ができますし、
夏はさっぱりシャキシャキの小松菜を楽しめます。
実はほうれんそうよりもカルシウムなどの栄養素が豊富な小松菜。
どうぞ南三陸で育った美味しい小松菜を召し上がれ(^0^)/♪

☆ ★ ☆ おまけ ☆ ★ ☆


こちらの情熱大陸さながらの写真を撮影した尾崎部長

 
・・・を撮影する伊藤次長を撮影しました。シュールですね。


そばにはキレイな川が流れます。
山から流れる美味しい水が、美味しい野菜を育てます。
ここは夏にはホタルも出るそうです!ホタルマニアなので見に行こうと思います(^-^)

☆ ★ ☆ ここでお得なお知らせ ☆ ★ ☆

南三陸ホテル観洋でも使えます!
なんと最大5000円割引
家族旅行は出費がキビシー…でも5000円引きなら、ウレシー!!
夏休みはご家族お揃いで、当館へお越しくださいませ♪


★お買い物はどうぞ南三陸復興ストアへ!⇒ツイッター始めました♪
☆次回のスターパーティーは7月9日・10日☆

コメントを残す on 南三陸町の小松菜農園さんをご紹介!

南三陸・海のビジターセンターと石巻・川のビジターセンター!

皆さまごきげんよう、ゆきでございます。

今回、平成28年11月にオープンした「南三陸・海のビジターセンター」と
今年4月18日オープンしたばかりの「石巻・川のビジターセンター」に
視察に行って参りました!

恥ずかしながら、南三陸・海のビジターセンターに行くのは初めて…。
そこに出来たらしいという話は聞いておりましたが、
なかなか伺うことはできずにいました。

しかし行ってビックリ!自然がたっぷり。景色も素晴らしい。
「学べる」「遊べる」「楽しい」スポットでした~!
皆さんにも少しでも素晴らしさが伝わるよう頑張ります(`・ω・´)キリリ

 

 

まずは外観。シックな色合いでかっこいいですね。
道路も整備されており駐車場も広いです。
手書きの「開館中」の看板も目印です!

中は・・・

なんだこのオシャレ空間は!?
オシャレなカフェみたいです。地元の方がお茶っこのみさ利用するんだとか(^-^)


南三陸町に生えている木も展示されています。
幹を見ただけで種類が分かったら、カッコいいですよねぇ!

 受付には職員の方の似顔絵が♪
本日は「ぼたん」さんと「ちえ」さんがいらっしゃり、
ぼたんさんがセンター内のご案内をして下さいました!

 
貴重なオオワシのはく製もあります。これでも小さい方なんですって。


フリーWi-Fiもあるので調べものにも便利です。


季節により変わる南三陸にいるいきものたち。
詳しく教えてもらえます♪

さてさて、中央部分は吹き抜けで開放感のある造りですが、
2階も覗いてみましょうー!

 
すごく…開けてます…!!
景色最高!天気も最高!観洋も見えます!


望遠鏡を貸して頂き、海辺の鳥や船などもバッチリ見ることが出来ました!


上から見た施設内はこーんな感じ♪

 

 

その他、貴重な展示物や、お勉強できるコーナーもあり、
小学生の頃ここに来てたらゼッタイ夏休みの自由研究にするのにな~という
新しい発見に満ち溢れていました。


(タッチパネルおもしろい…)

他にもこちらでは、お勉強会など開ける会議室と調理など出来る実習室があり、
シャワールームも完備しております。

 

さらに、ビジターセンターの魅力は、展示物だけではありません!

目の前は海・・・
海と言えば・・・マリンスポーツ!!

 

 

サンダーバードが出て来そう(古い…)なシャッターが開くと、
中には色とりどりのボード、カヤック、ウェットスーツなどもあります!

ここでは、「スタンドアップパドルボード」「シーカヤック」「シュノーケリング」
といったマリンスポーツが体験出来ちゃうんです!

そして雨天時用の広い屋根つきのスペースもありますので、
団体でも安心です。

いずれも2名様から、要予約となります。
詳しくはビジターセンターのHPをご覧下さいませ。

☆ ★ ☆

ということで、南三陸・海のビジターセンターをご紹介させて頂きましたが、
今年4月にオープンしたばかりの「石巻・川のビジターセンター」もご紹介致します!

 

国道398号線沿い、北上川沿いにある真新しい建物。

 

 

南三陸とはまた雰囲気が違いますね。
そして標本など資料もたくさん。足元には大きな「サケ生すごろく」も。

 

こちらにも会議室・実習室があり、最新機器が揃ってます!
シャワールームも、トイレの個室みたいで面白いです…(^0^)/
こちらでも「スタンドアップパドルボード」や「カヤック」が体験できます!※要予約

ビジターセンターに直結して、お隣には観光物産展があります。

 

地元の特産品や農産物、海藻、お菓子など幅広く売っております♪

そして石巻・北上川沿いの見どころはこの景色。

車窓から撮影のため画像が見づらく申し訳なのですが、
黄金色に輝く「ヨシ原」。
日本有数の群生地で、「残したい日本の音風景100選」にも選ばれています。
普段45号線や三陸自動車道を走っていたので、この景色は見たことがありませんでした。
まだまだ工事車両も多く走っておりますが、だんだんと道路が整備され、
震災直後よりもずいぶんと走りやすい道になりましたよ。

南三陸・海のビジターセンター」と「石巻・川のビジターセンター」は、いずれも398号線沿いにあり、
当館から海のビジターセンターは約20分、
川のビジターセンターは約40分です!
当館へお越しの際は、ぜひどちらも「ハシゴ」しちゃって訪れて下さいませ(^0^)/


★お買い物はどうぞ南三陸復興ストアへ!⇒ツイッター始めました♪
☆次回のスターパーティーは7月9日・10日☆

南三陸・海のビジターセンターと石巻・川のビジターセンター! への1件のコメント

マリンパルだより 5月その3

こんにちは、マリンパルゆりです。五月はまだ春ですが、天気が急に真夏のように30度まで上昇したりで暑い日も多くなってきましたね。マリンパルの子どもたちもしっかり半袖、半ズボン。ご覧ください♪二人の後ろ姿。。。静かに絵本を読んている姿が、可愛いでしょう(笑)。

大家好,我是優莉。五月,虽然还是春天,天气却突然上升到30度。保育园的孩子们,已经是短衣短裤。你看,两个孩子背对着老师,静静地看着图画书,这背影多可爱啊!

さて、先週の日曜日は母の日。

マリンパルでは子供達と母の日プレゼントとクッキーをつくりました\(◎o◎)/!

上一周的星期日是母亲节,保育园的老师和孩子们也制作了礼物和点心。(●^o^●)!

体調不良でお休みしたIくんの分も感謝の気持ちを込めて、二人分のクッキーを真剣に作ってるMちゃん。

看,带着感谢的心情,做得多认真啊。

ジャジャン~よく出来ました!多漂亮的点心啊!

焼き具合をチェックしょう。わ~~~良い匂い!

看看,自己做得点心,烤得怎样了,啊好香!

さらに先生達もホテルの社員食堂でオリジナル、特別母の日メニューを作りました。マロニ-スープ、そして、手作り蒸しパン(味は三種類)と天草晚柑。

熊本県天草市の金子正寛様よりお届いただいた「あまくさ晚柑」もスタッフのみなさんに。金子さん、美味しい晚柑をいただきほんとにありがとうございました、ごちそうさまでした!

つぎつぎ、「蒸しパンおいしいかったです」と返事を聞き、先生たちもうれしいです。

(●^o^●)\(◎o◎)/!(*^^)v (^^♪励まし言葉を受けやる気満々!(笑)

老师们,利用酒店的社员食堂,制作了粉丝汤,蒸糕和天草晚柑。

大家分享了熊本市的金子正宽先生赠送的天草晚柑,非常的好吃!在这里,衷心得向金子先生表示感谢!陆陆续续听到社员们说粉丝汤和蒸糕也非常好吃的反馈意见,老师们都很高兴,干劲十足。

「お母さん、いつもありがとうございました!(そしてスタッフのみなさんも毎日お疲れ様です)」感谢伟大的母亲!

田束山のつつじを見に行きましょう!

歌津の田束山のつつじ満開!見ごろはそろそろ終盤ですが、私達もわくわく、全員集合、田束山散歩にいきました!わ~~~すごい绝景ですね!

歌津的杜鹃花(又叫映山红),现在正是最好的赏花季节,我们也全体集合,去了看杜鹃花的有名地——歌津的田束山。

花道の中でのお散歩。在漫山遍野的花丛中散布。

山頂のモグモグタイーム。山顶小憩。

偶然の可愛いワンちゃんとの出会い。「一绪に遊ぼう。」

「多可爱的小狗啊,和我们一起玩吧」

最近の出来ことです。先生達、農園師に変身、子どたちが不在の時間を利用して、一生懸命、マリンの庭木の手入れに~~~。

近一段时间,老师们利用,没有孩子的时间,将保育院的花木进行了一次彻底的剪修。老师们变身园艺师。看看,我们的杰作————

そして、マリンのしばらくぼさぼさになった、木が一変~~~こんな風になった

まりんのトトロちゃんとちょんまげちゃんで~~~~す。(笑)

切れない剪定ばさみと慣れない作業で悪戦苦闘ですが環境整備も保育士には大事な仕事です。子どもを見るだけが保育ではなく、気持ちよく過ごせるように室内外を整えることも重要なんですよ!こうした作業の積み重ねで、ついつい何でもこなせるようになります(笑)保育もIT化の時代ともいわれますが、コンピューターが草むしりや木の剪定までは出来ないですものね(笑)人の手を介して初めて成り立つ作業も多いのが保育の現場なのだと思います。

门前的松树变成了邻家的龙猫。。。。。。笑

さあ、庭の手入れはまだまだ続きま~~す。どんな風になるかな?お楽しみに~~

庭院的剪修还在继续,将会变成什么样呢?敬请期待

では、また来週!下周再见!

コメントを残す on マリンパルだより 5月その3

全体会議とフレンドシップキルト

こんにちは、むっちゃんです(*^^)

本日、全体会議がありました。
新年度が始まりましたが、もうすでに1年も後半戦。
残りも頑張ろうと、スタッフほぼ全員が参加しました。

会長、副社長、女将さん、支配人、副支配人から挨拶を頂戴し、
情報共有を含め、その言葉一つ一つの意味をスタッフ全員で見つめ直しました。

今年入社した新入社員の紹介もありました。

スタッフ全員が集まる場で自己紹介というのは緊張してしまいますが、
「早く仕事を覚えて配属先で頑張りたい」と気持ちを新たにしました。

そして、毎年恒例の
「ベストスピリット賞」「ベストスマイル賞」の発表もありました。


おめでとうございます(*°∀°)

新しい人事も発令されました。
配属された場所で、引き続き頑張って参ります!
宜しくお願いいたします。


はーい、お母さんはステージに残ってくださーい

あれ、この流れ見たことある……
はい皆さま、明日は何の日ですかー?

え? カクテルの日? いや、もっとポピュラーな……
そうです! 母の日ですね!

今年ももちろんやりました、母の日サプライズ!
ステージ上のお母さん方へ、
男性スタッフからカーネーションのプレゼント♪

「毎日お疲れさまです」
「いつもありがとうございます」
そんな想いを込めて!
前日だけど、素敵な母の日になりました(*´︶`*)


ちょっと待ったぁ!!

これで終わりじゃないんです。
観洋の母である女将さんにまだカーネーションを渡していません。

実はこのお面、
全て女将さんが発案したものなんですよ。
南三陸キラキラ丼や南三陸てん店まっぷ、語り部バスまで、全部お面にしました。
因みに作ったのは私です(´◉◞౪◟◉)ドヤァ

たくさんのカーネーションと、いちご酒をプレゼント。
サプライズは大成功でした♪

さて、母の日本番は明日です。
まだ何かが起こる予感…?
今後のブログに注目です!!

★- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -★

先日、素敵なキルトが届きました。

こちらは、福島県立湯本高等学校の家庭クラブの生徒さんが制作した
「フレンドシップキルト」です。

福島県では、東日本大震災当時幼かった世代の「自分も復興に貢献したい」という
想いを活動につなげてもらえるよう「子どもがふみだす 福島復興体験応援事業」
を行っております。

その取り組みの一環として制作されたキルトは、
当館以外にも、熊本地震・中越地震で被災した自治体や社会福祉協議会など
計6ヶ所に届けられました。

それぞれの地域ごとで絵柄が異なり、
6つのキルトを全て繋げると大きなハートが現れる仕組みに!

そのハートをぜひ見たい!という
福島復興局様の想いにより、実現した1枚がこちら。

見事なハートが浮かび上がりました!
場所は離れていても、心は一つと実感できますね(灬╹ω╹灬)

この取り組みについて、
福島復興局様の本日のフェイスブックに掲載されております。

こちら → 福島復興局便り フレンドシップキルト
ぜひご覧くださいませ。

★- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -★

南三陸ホテル観洋の宿泊予約をするならこちら↓


公式ホームページからの予約がもっともお得です!
【直販価格】と書かれたプランを選んでご予約ください!

kirakirabanner.png

★ 南三陸キラキラ丼はおかげ様で9周年♪ ★
「南三陸ホテル観洋」

コメントを残す on 全体会議とフレンドシップキルト