映画「一陽来復」のDVDが発売開始

こんにちは、むっちゃんです(*^^)

12月に入りました!!
2018年も残すところあと1ヶ月ですね、早すぎます。

もうすぐ、ということで
フロント周辺がクリスマス色に染まりました~

実はこのリースにサンタさんが隠れてるんですよ。

ああああああああああああああああやぁ!

ひょっこりサンタさんを見つけてみてくださいね♪

さて、全国で上映されていた映画「一陽来復」の
DVDが発売となりました。

東日本大震災から6年後の岩手・宮城・福島を舞台に
東北の笑顔が満ち溢れるドキュメンタリー映画となっております。

震災当時や、各地域の現状を知ることに早い遅いは関係ありません。

公開期間中に見逃してしまった方も、
もう一度観たい方も、
この機会にぜひお買い求めくださいませ。
こちら ⇒ 平成プロジェクトYahoo!ショッピング

現在は、上記のYahoo!ショッピングでの取り扱いとなりますが、
今後、当館売店でも販売する予定でございます。

一陽来復 Life Goes On
何度観ても心温まる素敵な映画です。

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

冬本番はこれから!!
景色とお風呂がひとつに繋がるインフィニティ温泉であったまろ♪

南三陸ホテル観洋の宿泊予約をするならこちら↓


公式ホームページからの予約がもっともお得です!
【直販価格】と書かれたプランを選んでご予約ください!

kirakirabanner.png

★ 南三陸キラキラ丼はおかげ様で9周年♪ ★
「南三陸ホテル観洋」

コメントを残す on 映画「一陽来復」のDVDが発売開始

【徳島から南三陸へ】&【いよいよ明日から!】

皆さん、こんにちは!カナです(・∞・*)

寒くなってきましたね..
この頃は以前にも掲載したことがある、
とても良く鳴く野良猫さんが最近もっと鳴くようになり、
人に会うと必ず何か伝えようとしているのか、とても鳴きます。
毛並もくるくるしていて可愛いのですが、近づくと逃げてしまいます…
可愛いので今度近づけたら、撮影してきますね!
★–・–・–・–・–・–・–・–・–・–・–・–・–・–・–・–・–・–・★

さて、本日はSNSでも紹介をした「マチアソビ移動図書館」のご紹介です!

10月16日に徳島より、南三陸へ到着し南三陸役場にて贈呈式が行われました。

こちらの取り組みは東日本大震災が起きた2011年10月より、
マチ★アソビvol.7から、
「マチ★アソビチャリティーオークション」が開始され、
その際にマチ★アソビ様側としては、集まった収益金をただ、「寄付」ではなく、
「皆で楽しめる事に使いたい」と考え、
今回たくさんの思いと本を乗せた移動著書館をつくろうと決めたのが始まりです。

そして、今回、贈呈式前のお時間を頂戴し当館にお立ち寄り頂きました!

逆側はこんな感じです。

車の後ろはこんな感じになっています。

「マチ★アソビ」を企画・運営しているのが、「ufotable」様。
代表取締役が近藤光様です。
今回、移動図書館にてラッピングされているイラストは
参加作品様の全て「描き下ろし」のものとなっております。
可愛い・カッコイイキャラクターがそれぞれ本を持っているのが特徴です!

そして、この移動図書館の中にある多くの本は、
南三陸に来るまでの間に、一般の方々も含め多くの方からお持ち頂いたものです。
SNSでも、メッセージと共に掲載されています。
これからは、南三陸のお子様のみならず、
大人の方も楽しめる笑顔溢れる図書館になる事間違いなしです!

企画し、運営を行って頂いたufotable様、近藤様。
参加作品の皆様と各協賛社様、本をお持ち頂いた皆様に感謝申し上げます。
本当にありがとうございました!

これからも「マチ★アソビ」がより一層盛り上がる事を
南三陸より願っています。

★–・–・–・–・–・–・–・–・–・–・–・–・–・–・–・–・–・–・★

いよいよ明日から!
前回のブログでも掲載した「#ふ湯タビ宮城」の「三陸エリア」が開放!
まだ、限定の手ぬぐいをGETしていない方は必見です!
当館もスタンプラリー地点に含まれています♪
詳細は前回のブログをご覧くださいませ!
【いよいよ来週19日から!三陸エリア開放!】

★–・–・–・–・–・–・–・–・–・–・–・–・–・–・–・–・–・–・★

この冬は夫婦で冬の味覚、三陸の海鮮を楽しみませんか?
「鮑」も「ほたて」も「かき」もついてくるのはこのプランだけ!
12月までの限定ですよ!
【11月・12月平日限定☆ふ湯タビ宮城☆
【いい夫婦プラン◎あわび・ほたて・かき付◎】

その他のご宿泊プランはこちら!

★–・–・–・–・–・–・–・–・–・–・–・–・–・–・–・–・–・–・★

そういえばですね..!!
仙台のエスパル本館地下1Fに11月15日にOPENしたばかりの、
「PABLOminiエスパル仙台店」
SNSで開店情報を見たときから「行きたい!!」と意気込んでいるんです。
【PABLOスムージー-ずんだ】と言う、ずんだのスムージーがあり….!
公式HP様で見るだけで本当にもう楽しみで..必ず行きます。(HPデザインも可愛い…)
抹茶も好きなのでタルトも買いに行きます。他にも美味しそうなラインナップ….!!!
(お店のお名前から公式HP様にとべます!)

駅地下なので、仙台シャトルバスを待っているときでも良いかもしれません!
それではこの辺で!また来週!

コメントを残す on 【徳島から南三陸へ】&【いよいよ明日から!】

児童91人の命を救った神社

 

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

↑ こちらは、志津川湾の夕暮時。

ひと頃 朝夕が急に寒くなったと思ったら、

このところその寒さもいくらか和らいでいるようです。

今年は、エルニーニョの影響で 暖冬なのだとか。

 

さて、こちらは、南三陸町内 戸倉・折立地区の丘から眺めた志津川湾。

未だに工事車両が行き交い、復興は まだまだ途上です。

↓ 震災前は、ここにも民家があり、商店があり、小学校もありました。

自然の力にあらがうことなど到底できないことを思い知らされたのが、

東日本大震災。

命を守るには、一刻も早く 遠く高いところへ避難することが一番です。

 

それでは、みなさんは津波警報が出たら どこに避難しますか?

南海トラフ地震の津波の際には、「神社に逃げるとよい」と 言われているようですね。

実際、過去の津波を伴う大震災ばかりか、

2011年の東日本大震災での津波にも被害を受けなかった神社仏閣が

数多く存在している事は広く知られているところです。

 

南三陸町にもそんな神社があります。

折立(おりたて)地区にある五十鈴神社がそのひとつ。

小さな神社ですが、戸倉小学校児童は、

まさにここで 津波から逃れ 命を守ることができました。

雪の降る中、4年生位までの児童はお社の中で、

残る児童と先生、職員に加え 避難してきた町の人たちは、

境内で焚き火を囲んで一晩を過ごし命を守りました。

総勢190人余り。

東日本大震災の大津波は、五十鈴神社の鳥居の下まで押し寄せました。

が、ここで津波は止まったのです。

石碑に記してある通り、確かに 「ここで」 止まったのです。

神様の不思議な力が働いたのでしょうか?

 

いえいえ、そこには、先人が古くからあった大津波に対応してきた歴史が、

そのまま反映されているものと 考えられます。

 

古い歴史を持つ神社は、大きな津波の被害を受ける度に

先人は神社を 高い位置に移設していったと考えられます。

ということは、古い歴史を持つ神社は、その地域で過去に起こった

一番大きな津波を免れる高さに建っているものと考えるのが自然で、

つまり神社のある位置は、

先人が伝える、過去の一番大きな津波の到達点だということになります。

実は 先にご覧いただいた写真は、五十鈴神社のある丘から見た光景で

右側の土石の仮置き場のあたりに 戸倉小学校の校舎はありました。

 

戸倉小学校では、津波警報が出たら屋上に避難することになっていましたが、

3.11の2日前に起きた地震の後の職員会議で、地元出身の女性教諭が

屋上に避難することに強く異論を唱えたことをきっかけに

避難場所を神社のある高台に見直しました。

2日後、巨大な津波は鉄筋コンクリート3階建ての校舎の屋上5mにまで達しましたが、

結果、神社に逃げた91人の児童の命は救われました。

近くの丘の上に、神社があったことは幸いでした。

すなわち、

「津波の際は神社に逃げる」というのは、的を射ていると思われます。

 

皆さんのお近くにも、高台に古い歴史を持つ神社はありますか?

是非、確かめておきましょう。

そこは、あなたの命を守る「鎮守」であり、境内はあなたを守る聖域になる筈です。

コメントを残す on 児童91人の命を救った神社

「朝の南三陸に響く音色」と「空に架かる橋」

皆さん、こんにちは!カナです(・∞・*)
11月になりました!
「牡蠣」が美味しい季節になってきましたね!
早く牡蠣小屋に行ってたくさん食べたいです..(>_<)
カキフライなどもサクサクしてとても美味しい…
鍋や蒸し焼きも..!!食べに行き次第ブログに掲載したいと思います!

さて、先月10月31日の朝9時。
ポップ・ジャズ バイオリニストで
「TUNAMI VIOLIN」奏者 式町水晶様のミニコンサートがありました!

前回、チェロ奏者の「マレック・シュパキエヴィッチ」様にお越し頂き、
「TUNAMI チェロ」で千の音色を奏でて頂きましたが、

今回は「ヴァイオリン」で朝、出発前の時間にコンサートを開催しました♪
ロビーにはたくさんのお客様にお集まりいただき、
素敵な音色を私達スタッフも一緒にお聞きしました!

式町様オリジナルの曲や「見上げてごらん夜の星を」など、

ヴァイオリンにしか出せない音を奏でて頂きました!

そして、この「TUNANMI VIOLIN」にも、
東日本大震災で被災した「奇跡の一本松」が音を響かせるのに
最も重要な「魂柱」に使用され、側面にも
「家屋の柱」や「流木」などが使用されています。

裏面には「奇跡の一本松」が描かれています。
(こちらのヴァイオリンも「中澤宗幸」様が制作をされています。
式町様にはこのヴァイオリンのお話などをおこなっていただきました。)

————————————————————————————————————
~「式町水晶」様のプロフィール~
(今年の4月11日にメジャーデビューを果たしました!)

1996年「北海道」生まれ。
3歳の時に脳性麻痺(小脳低形成)と診断されました。
リハビリの一環として4歳からヴァイオリン教室に通い始めます。
しかし5歳の時に
網膜変性症・眼球運動失調・視神経乳頭陥凹拡大(緑内障)が見つかる。
8歳の時に世界的ヴァイオリン奏者"中澤きみ子氏"に師事。プロを志します。
音楽性の幅を広げるため、10歳からポップスヴァイオリンを始め、
幅広いフィールドで活躍中のヴァイオリニスト”中西俊博氏”に師事。
現在も研讃を積みながら、コンサート活動と楽曲制作に取り組む。
特にエレクトリックヴァイオリンによるエフェクターを駆使した
独自のサウンドが評価されています。

そして、2011年3月11日 東日本大震災。
式町様は14歳。
当時の荒んだ心に震災の映像は衝撃的で
「自分にできることはないのか」、
「ヴァイオリンで誰かを掬う事はできないか」と思い、発心します。
2011年6月には、福島県二本松市、
8月には岩手県陸前高田市で慰問演奏を行います。
被災者の方々との出会いで、式町様自身、
「希望を持って懸命に、勇気をもって生きている姿を見て、
自分の悩みなんかちっぽけなもの。
病気で負けてられない。大きな力をもらった」と語っています。

また、ヴァイオリン製作者 中澤宗幸様より“TUNAMI VIOLIN”を託され、
自身の公演では欠かさず紹介・演奏を行っており、被災地復興の願いを込めて、
“TUNAMI VIOLIN”に宿された東北の故郷の記憶や思い出を音色として、
語り継いでいく使命を担っており、
都内でも積極的にチャリティーコンサートを開催し、
被災地への理解と寄付を募る活動を続けています。

————————————————————————————————————
現在は多くの施設などに向かい演奏会を開いています♪
ジムにも行きながら、筋力も鍛えられているそうです!!

コンサート途中のお話では、
「リハビリの時はお豆腐を使って、力の加減などを練習しました。
最初こそ、力の加減が分からず潰してしまい、
毎日がお豆腐生活になっていました。
お豆腐のおかげでお肌がツルツルになりました!!」
などのお話もあり、素敵な音色を聴いていたお客様から笑みがこぼれました。

最後はマリンパルの先生方も一緒に記念撮影♪

(2013年8月にマリンパルに式町様が演奏会をしにお越し頂いています!)

式町水晶様、お越し頂いたご宿泊の皆様。
ありがとうございました!
ぜひまた、南三陸へお越し下さいませ!

————————————————————————————————————

【虹の季節到来!?】

10月下旬に多く見られた【虹】
虹には「お天気雨」が深く関わっていて…

晴れているのに雨が降ったりするのは、
「キツネの嫁入り」と呼んだり、「日照雨(そばえ)」と
言ったりすることもあるそうです。
虹が見えるととても【縁起が良い】とされています!
(秋にはキツネがたくさんお嫁さんに行くんですね!(諸説様々です)

外で水まきなどをしても光の角度で虹が出来る事がありますよね!
(小さい時は虹をつくりたくてぞうさんジョウロで何度も花に水をまいてました…)

10月29日(月)には、南三陸町の上空にとても大きな虹が架かりました!

撮影はネット販売課ブログスタッフ「むっちゃん」が撮影を行い、
その日の「Nスタ ウォッチン宮城」でもご紹介頂きました!

↓ご紹介頂いた画面のキャプチャーです♪

そして、【お天気コラム】でもご紹介頂きました!
毎日予報士様が更新をされているので、虹が出た当時のものは
過去のものとなってしまいましたが、お天気関係がとても詳しく分かります!
(【お天気コラム】の文字からとべます)

そして、なんと虹が大きくでたのは、10月29日だけではありません!

10月31日のお昼12時頃。
南三陸町上空に大きな虹が架かりました!(今回の写真の撮影は私が行いましたっ!)

(よーく見ると二重になっているように見えるんです。錯覚でしょうか…)
山側に雲があるのが多かったのと、お天気雨が何度か降ったり…と
虹が出るのには好条件が揃ったからこそ、とても綺麗な虹を撮影する事ができました!

また、SNSにアップした際にはたくさんの「いいね」や、
時にはコメントなども頂き、ありがとうございました!

皆様もぜひ、空を見上げてみましょう!
虹の他にも、雲が太陽に重なるとできる「彩雲」や、
太陽の周りにできる「ハロ」なども見られるかもしれませんよ!
————————————————————————————————————

せっかくの旅行なら美味しいものをお腹いっぱい!!
【☆南三陸キラキラいくら丼+鮑の踊り焼プラン☆A級グルメ!
【ふ湯タビ宮城 女子友旅】

プチプチ食感がたまらない「いくら丼」付プラン!
南三陸の海の幸を思う存分、お楽しみください。
寒くなってきたからこそ入る露天風呂…
潮風と雄大な志津川湾はまさに「インフィニティ温泉」♪

————————————————————————————————————
寒くなってきたので、
体調管理には気を付けたいこの頃です。
ちょっとお知らせしたいことがあり、
長くなってしまいましたが、ここまでご覧頂きありがとうございます!

それでは今日はこの辺で!また来週!!
————————————————————————————————————

コメントを残す on 「朝の南三陸に響く音色」と「空に架かる橋」

ミニコンサートが開催されました!

皆さん、こんにちは!カナです(・∞・*)

この頃は本当に寒くて、お風呂上りも薄着だと
風邪をひきそうです(・・;)
皆さんもお気を付けてくださいね!!

———————————————————————————————————

さて、今日はFacebookでもお知らせをしていた、
「TUNAMIチェロ ミニコンサート」の様子をご紹介します!

今回、演奏で使われた「チェロ」
2011年3月に起きた東日本大震災が大きく関わっていました。

「-千の音色でつなぐ絆-」プロジェクト

だからコンサートの名前にも「TUNAMI」と、
全世界でも分かるよう、ローマ字表示で名付けられています。

なぜ「TUNAMI チェロ」と言うのか。
(当館にて、お配りしていたパンフレットより引用)

それは、被災した方々の支援の為に、
弦楽器製作者の「中澤宗幸」様が被災地で生まれ育った木材で、
ヴァイオリンを制作したのがきっかけです。

(画像 右の方が「中澤宗幸」様)

その制作した楽器の演奏を通して、
被災された方を励まし、亡くなられた方に鎮魂の祈りを捧げ、
震災でおきた事を風化させずに世代を超えて語りついでいくと同時に、
最も心にやさしい音楽として、より多くの方にクラシック音楽に
ふれて頂くことを目的としています。

ヴァイオリン制作に使う木材は「奇跡の一本松」や、
大切な思い出のつまった家屋の「床柱」や「梁」です。
暮らす人々の歴史が刻まれた木を弦楽器として蘇らせ、
世界中の千人ヴァイオリニストがリレーのように、その楽器を受け継ぎながら
千の音色を奏でその思い出を繋げていくプロジェクトです。

2012年3月11日よりリレーが始まり、
世界中の演奏家1,000人によるリレー達成を目標に活動を行っています。
2014年6月、「ヴァイオリン4挺」「ヴィオラ2挺」「チェロ1挺」が制作され、
世界中でその記憶を語り響かせています。

———————————————————————————————————

今回、南三陸にお越し頂いたアーティストの2人のプロフィールは…

【チェロ奏者】
マレック・シュパキエヴィッチ様

出身はポーランド生まれ。ロサンゼルス在住。

ポーランドのルブリン市にて6歳の時、チェロを始めたのがきっかけです。
その後は渡米し、ジョンズ・ホプキンズ大学ピーボディー音楽院で、
スティーヴン・ケイツ氏に師事。
その後、南カリフォルニア大学ソロートン音楽学校で、
エレノア・ショーンフェルド女史に学び、
【音楽修士号】【音楽芸術博士号】を取得し、
数々の国際コンクールで優勝、入賞し、
ヨーロッパ各国とアメリカでソリストして活躍しています。

2008年には、アメリカ政府から
「特殊で卓越能力をもつアーティスト」として永住権を授与されました。
2011年には、「東日本大震災チャリティーコンサート」を企画し、
ロサンゼルス郡参事より、その献身的活動に対して表彰を受け、
2015年に東京で初リサイタルを開催した際には、
「生命体としての音楽を自らのメッセージと共に纏め上げていく濃密な表徴は印象的」
「自身の中に深い音楽世界を内包している稀有な音楽家」
と評価され、現在は、カリフォルニアのアズサ・パシフィック大学音楽学校で
弦楽及び室内楽のディレクターを務めています。

———————————————————————————————————

【ピアノ奏者】
ジアイ・シー様

上海出身。上海音楽院の予備学校を経て渡米。
イーストマン音楽学校で【音楽修士号】及び、【ピアノ・ソロの演奏家資格】を取得。
さらに、ニューヨークのマンハッタン音楽学校の【音楽技術博士号】を取得。

現在は室内楽奏者、器楽伴奏者として活躍しています。

モーストリー・モーツァルト音楽祭にて、ヴァイオリストの五嶋みどり様と共演。
その後、ニューヨーク・デビューを果たし、
以来、サンフランシスコのデイヴィス・シンフォニーホール、
ロンドンのセント・ルークス・ホール、
東京の王子ホールなど世界的にも著名なホールで、室内楽演奏会に出演しました。

ニューヨーク・デビュー時に共演した、
五嶋みどり様とは現在音楽の録音プロジェクトや、
中国民族音楽のコラボレーションなど、
多岐にわたった活動に才能を発揮し、情熱を注いでいます。

これまで南カリフォルニアのバイオラ大学及び、
ラ・シエラ大学の教師を務めるほか、
ドイツのノイベルグ・フェスティバルでも教えています。
その他にもアメリカの都市部から離れた地域にクラシック音楽を広めるための財団、
「パートナーズ・イン・パフォーマンス」の関連マスタークラスを開いたり、
また韓国や中国でも授業を行うなど後進の指導にも精力的にあたっています。

———————————————————————————————————

昨日の20時からミニコンサートが開始。
会場には、時間前から多くのお客様にお越し頂き、
定刻になり、ミニコンサートが開演となりました。

演奏する曲は全部で5曲。

静かに流れる時間と、チェロとピアノの演奏に
お越し頂いたお客様もうっとり。


全曲の演奏が終わると、
お客様から「もう一度聞きたい!」のアンコールが。
マレック様とジアイ様は顔を見合わせると笑顔でもう一度応えて頂きました。

(チェロの後ろ側には「奇跡の一本松」の絵が記されています)

演奏中、目を閉じて聞き入る方や、
小さいお子様もお母さん、お父さんと一緒に演奏を聞いてました♪

最後は「サイン会」や「撮影会」なども開かれ、

制作のお話や貴重な話も、お客様にマレック様よりご説明頂き、

記念撮影も皆で行いました!!

(↓私も写真に参加させて頂いたので掲載しますl∞・*)))

マレック様、ジアイ様。
秋の長い夜、南三陸の夜がもっと素敵になりました!
素晴らしい演奏をありがとうございました!!

———————————————————————————————————

秋も深まってきましたね~!
「#ふ湯タビ宮城」のあの素敵な手ぬぐいは皆様GETしましたか?!
SNSを見ていてもたくさんの方が既に聖地巡礼…各温泉地を巡って
獲得しているみたいですよ!
当館にもぜひぜひお越し下さいませ~♪

【楽しみ方は…??】
私が先週掲載したものですが、ご参考になればと思います↓
「宮城→南三陸を巡る旅!」

寒くなってきたので露天風呂に入るときは
温度差や、足元にお気を付け下さい!

ご宿泊予約は下記のバナーから!

それでは今日はこの辺で!また来週!
初雪が降った所もあるみたいです..
いよいよ冬が来ますね(^o^)

ミニコンサートが開催されました! への1件のコメント