息をのむほどの・・・

一週間ぶりのご無沙汰です Bluebirder*Sです

急に気温が下がったあとは なかなか温かくもならないようで
そのせいか 地元蔵王では既に紅葉がピークとのこと・・・
今週 週中は 更に気温が下がって
寒く感じられる日がありそうだとの予報で いよいよ秋深まります

秋 と言えば ”天高く馬肥ゆる秋”の
“天高く”に象徴されるように
いよいよ空が澄んで 過ごしやすく素晴らしい季節

いくらか肌寒さの方が先行してしまいましたが
晴れた空は 深く青く 蒼い! 気分も軽やか♪

そんな秋空は マジックアワーともなると
時として 息をのむような”アート作品”を描き出してくれます

11月10日 午後5時過ぎ 南三陸町のお隣 石巻市の夕景です

秋を象徴する ”うろこ雲”の波を大胆に強調したような雲の束に
地平線に沈んだ陽光が当たり 強烈な茜色に染め上げました

更に 空の青と雲の影が コントラストを際立たせ
茜色を一層鮮やかに  浮かび上がらせています

思わず スマホカメラを向けた時には
既に ガソリンスタンドの従業員の方々がその場に佇んで眺めていましたし
ドライバーのみなさんの視線も この空に向けられていました

それにしても なんとも美しい夕景です

眺めていると 心洗われ 力が湧いてくる
そんな気がした マジックアワーでした

一方こちらは 当館 南三陸ホテル観洋に面した
志津川湾の夜明け  15日朝の様子です

光線が旭日旗の陽のように 幾本も延びています

湾内には 漁船   定置網の収獲でしょうか

椿島と神割崎の間を昇る朝日を

しばらく眺めていると

野鳥が群れを成して 日の出を横切って行きました   秋の渡りのようです
(光の道の上に”群れ”のシルエット
ひとつ上の画像と比べると 右へと低空飛行しているのがわかります)

朗らかにパワーを放つ陽の光は 辺り一面  を実る稲穂にも似た黄金色に染め
私たちが恩恵を受ける かけがえの無い 志津川湾の恵み
その豊かさを 誇らしげに象徴しているかのようです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)