「海の見える命の森」が震災伝承施設に登録されました。

皆様こんにちは、マッキーです。

本日8月31日は野菜の日。
全国青果物商業協同組合連合会など9団体の関係組合が1983年に制定いたしました。
「や(8)さ(3)い(1)」の語呂合せか来ているとの事です。

ぜひ日頃野菜をちゃんと取っているのか、
見つめ直す一日にしたいですね。
(私自身はたぶん…野菜不足だなと思っています)

さて今回は野菜⇒緑という事で、
木々の緑と志津川湾の青が美しい「海の見える命の森」についてお伝えいたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この度、「海の見える命の森」が震災伝承施設に登録されました。

海の見える命の森』は2016年より、
東日本大震災を通じて『学んだ事』『後世に伝えねばならない事
祈りたい事』『残したい風景』を伝える場所として、
宮城県本吉郡南三陸町の町民有志によって整備を開始しました。

志津川湾と山岳地・市街地の全体を見渡すことができる台地上の展望は、
震災と自然を伝承・学習するのに最適の地理環境である事、
小・中学生の“総合学習”や、高校生・大学生の“地域社会との連携教育”や
“地域に根ざした学習活動”が可能な『総合的な学習の場』となっています。

台地上の展望に桜や紅葉などの植物を計画的に植樹育成する他、

震災記念碑やミャンマーの篤志家より寄贈された『南三陸大仏』の設置などで、

震災において亡くなられた方々の御霊に祈りを捧げるのにふさわしい場所となり、
世代を超えて南三陸に風景という資産と、
震災の教訓を伝承する役割を果たしています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

当館に関連する震災伝承施設としては、

当館から車で約5分のところにある「高野会館

そして三陸道を利用して車で約30分、
気仙沼市内にある「命のらせん階段(旧創業者住宅)」に次いで、
3ヶ所目となりました。

毎日運行している「震災を風化させないための語り部バス」とともに、
あの日の出来事と復興の現状を様々な形で後世に伝えて参ります。

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

次回は「石巻」地域へお邪魔します!
ぜひ、ご覧くださいませ。

【最新の観洋ちゃんねるの動画はこちら!】
朝ドラの舞台にもなった気仙沼 大島に行って来ました!

コメントを残す on 「海の見える命の森」が震災伝承施設に登録されました。

飛行機雲

♪~白ぉい~坂ぁ~道~がぁ~ 空まで~
つ~づいていたぁ~ ゆらあ~ゆらぁ~かげろうがぁ~・・・・・

6日ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

この詩は ユーミンの歌 ”飛行機雲”の冒頭の一節

こんな風に
青空に 真っ白な飛行機雲が見えると

そのまま この歌詞が
頭の中でリフレインしてしまう曲です

空・・・と言えば ”おかえりモネ”

そして モネの”観天望気”を連想します

“観天望気” とは
自然現象 や 生物の行動 の様子などから
天気 の変化を予測すること

例えば ”夕焼けは晴れのしるし”だとか
“ツバメが低く飛んでいると雨になる”とか
“太陽に傘がかかると雨になる”などなど

ならば この

飛行機雲が消えずに きれいに長~く伸びて見えるのは
どんな天気になる兆しでしょう?

はい もうご存知の方も多いと思いますが
“雨”の兆し

実際の次の日(8/28)の同じ時間帯の空は

曇り

ロビーから眺める志津川湾の景色は 空の白を映して真っ白!

そしてこの日の午後2時過ぎ 確かに雨が降りました
大降りこそしませんでしたが
飛行機雲の観天望気は ズバリ! 的中です

 

さてさて 観洋自慢の絶景を湛える海と反対の西側には
鬱蒼とした 緑の森が茂っていて

夏ともなれば オオルリ

やキビタキ

サンコウチョウ

といった
夏鳥たちのさえずりや鳴き声が聞こえてくるのですが
この夏は なぜか さっぱり・・・(どれもこの森で撮れた写真です)

気候変動の影響でしょうか
今年も猛暑でしたから
きっともっと山手か北の方に
渡ってしまったのかも知れません

寂しい限りの Bluebirderでございます

そうした中 観洋のカモメ親子は と言えば
最近 すっかり遠出が多くなっていて
この日 営巣した岩場を”留守番”していたのは
ウミウでした  かわいい顔してます

本館ティーラウンジのKさんから
「28日には ようちゃんが母鳥と泳いでいましたよ」という
目撃証言がありまので
カモメ親子は まだ
この志津川ベースを引き払ってはいないようです

コメントを残す on 飛行機雲

Reborn-Art Festival 2021-22「夏」㏌牡鹿半島・女川駅

皆さん、こんにちは!カナです(・∞・*)

今日は2021年8月11日から行われている、
「Reborn-Art Festival(リボーンアート・フェスティバル)」
についてご紹介します。

今年は感染症対策のため「2021夏」と「2022春」に分けての開催となります。

【夏 ※現在開催中】
2021年8月11日(水)~ 9月26日(日)
※ 休祭日:9月1日(水).9月15日(水)
【開催地域】
・宮城県 石巻市街地、
・牡鹿半島(桃浦・荻浜・小積・鮎川)
・女川駅周辺

【春】
2022年4月23日(土)~ 6月5日(日)
【開催地域】
・石巻地域

今回は「牡鹿半島・女川駅周辺」地域を見てきましたので
写真と共にご紹介します。
時間の関係上、見て回れなかった部分もございますので
詳細は公式HPをご覧くださいませ✍

◇一ヶ所目「鮎川エリア」

島袋 道浩様の作品「白い道(RAE2019)」

実際に島袋様が草を刈って、階段を直し、
作品の中心とも言われる白い砂利を敷き、道を再生。

実際に歩いてみるとずっと長く伸びた白い道は
目の前に広がる金華山に繋がるように思えました。

荻浜エリアに行く前に、
開催している期間だけ出店する「はまさいさい」様で
お昼ご飯を購入…🥢

地元食材を利用したものもありました❀


わたしは「とり天」も購入させて頂いたのですが、

手のひらサイズほどの大きなもので、
衣にも味がついていてとても美味しかったです。
感染症対策がされたイートインスペースもあります。
見学前にぜひお立ち寄りくださいませ。

◇二ヶ所目「荻浜エリア」

小林 万里子様の作品「終わりのないよろこび」

ひとつひとつの素材を小林様本人の手で織る、
染める、編む、刺す..すべて手作りの作品です。
ちょうど光が差し込む場所に位置しているため、
反射してキラキラと輝いていました。

布施 琳太郎様の作品
「あなたと同じ形をしていたかった海を抱きしめて」

この洞窟は、第二次世界大戦中に荻浜に作られた「秘匿壕(人口の洞窟)」
布施様はバルーンに絵を描き、作品を展開させました。
こちらの作品は私が冊子を見た時から気になっていたものでした。
今、洞窟の中にはコウモリが住んでいるそうで、夜になると現れるのだとか。
捉え方は数えきれないほどあるかと思いますが、とても心に刺さる作品です。

そして、「Reborn-Art Festival」の配布冊子の表紙も飾る、
「White Deer(oshika)(RAF2017)」もこの場所に。

ちょっと色彩加工を施してみました📱✨

天気が少し曇りでしたが、晴れていると
青空と作品がマッチしてとても綺麗なんですよ!

片山 真理様の作品「on tha way home#005(2016)」

片山様は手縫いで再現した身体の一部、そして自分の特徴的な体と向き合い、
セルフポートレートなどで屋内のみならず、近年は屋外での
撮影も精力的に行っています。
自然に溶け込むかのような一枚の写真に惹かれました。

◇三ヶ所目「桃浦エリア」

会場は2018年に廃校になった「旧荻浜小学校」
校庭や、防潮堤付近にはこれまでのRAF作品も見ることができます。

駐車場から降りて一番初めに目にしたのは…

久住 有生様の作品「淡(あわ)」

こちらの作品は「土」と「セメント」でつくられています。
周りにも散るように泡が弾け飛んでいました。
そして神様も笑顔でした(最初から作品の傍にいたのか、途中から設置されたのか分かりません…!)

夏井 瞬様の作品「呼吸する波」

夏井様は波に魅了され、海の美しさ、強さを伝える写真家です。
天井から下げられた写真はどの写真も透き通っていて素敵でした。

映像作品もございます。
ご覧の際には密にならないよう、お気をつけくださいませ。

森本千絵様×WOW様×小林武史様作品「forgive」

流動的で先の見えない未来に向けて、
それでも進んでいこうとする「エンヤコラ」の掛け声と共に
楽曲と作品が展開されています。

開いた穴から顔をだすと、映像が360°広がっている空間にでます。
パノラマで撮影してみたのがこちら⇩

様々な色が重なり合い、とても綺麗でした!

サエボーグ様の作品「HISSS」

作品名は蛇が威嚇をするときの音がタイトルになっています。
こちらの作品は火の蛇が明滅する作品で、
「火の蛇」というのは神話では混乱・破壊などのイメージですが
現代社会で「火」は必要不可欠なエネルギーの象徴である…
この作品からは様々な解釈が可能です。
こちらの作品も私が気になっていたもので、
倉庫いっぱいに広がる作品の世界に圧倒されました….!

金氏 撤平様の作品「ボイルド空想」

壊れたもの、建物や道路の破片など、
見れば見るほど、「あ、あの場所にあるやつ..」など
様々な想像ができる作品でした。
大きな顔の後ろはミラーのようになっていて、
「何の素材….???」と最後まで不思議でした。

篠田 太郎様の作品「幼年期の終わりに」

「雲」をイメージした作品。
この日は調節を行っていたらしく、実際に浮かんだ姿は
見ることはできませんでしたが、
浮かんだ日にはシートの上に裸足で入り寝転べるそうです。

今回の最終目的地。
◇女川駅周辺

こちらでは駅前に展示されている

会田 誠様の作品「考えない人(2012)」

会田誠様のオリジナルキャラクター「おにぎり仮面」が
何も考えずに座っている様子はどこか面白く、
近くで見てみるとまつ毛がながくてそれすらも笑ってしまいました。
中央に設置されているため、シーパルピア女川の駐車場を降りて、
通路の真ん中に立ってみると対面できるんですよ。

オノ・ヨーコ様の作品「Wish Tree」

世界中で続けている参加型の作品シリーズです。
参加する方は短冊に願いをかいて、木の枝に結びます。
女川に存在するこの木にもたくさんの方の思いが綴られておりました。
「早く、笑顔で会えますように」
「たくさん旅行にいきたい」
いつかまたこの地でみんなで笑って会えますように。

その後ろに「震災遺構」として存在するのは
「旧女川工番」
東日本大震災の津波により倒壊転倒し、
そのままの姿で女川の町に存在しています。

震災遺構は、未来の人々が同じ悲しみを味わうことのないように。との
願いが込められた場所でもあります。
これから先も自然災害は地球上のどこにいても起きうる事です。
その時にどのように行動するのか、先人の知恵と、今を生きてる我々で
乗り越えなければなりません。
建物を覆うように生きている草木がそれを言いたげにしているように見えました。

さて。「牡鹿半島・女川駅周辺」いかがだったでしょうか。
2年後ごとに開催されている「Reborn-Art Festival」
今回足を運べない方もぜひまた機会がございましたら、お越しくださいませ。
こちらのブログでも開催される期間は撮影を行い続けます。

次回は「石巻」地域へお邪魔します!
ぜひ、ご覧くださいませ。

【最新の観洋ちゃんねるの動画はこちら!】
朝ドラの舞台にもなった気仙沼 大島に行って来ました!

コメントを残す on Reborn-Art Festival 2021-22「夏」㏌牡鹿半島・女川駅

夏から秋へ

こんにちは、むっちゃんですʕ•ﻌ•ʔฅ

あっという間に8月下旬…
あと数日で8月も終わり9月がきます。
季節も過ごしやすい秋になりますね。

当館女将が発案した南三陸キラキラ丼シリーズも
9月1日より秋の丼が提供開始となります。


(税込2,200円)
※当日の水揚げ状況により内容が変更になる場合もございます。

南三陸キラキラ秋旨丼です!

旬のカツオやサンマを使用した、秋の味覚たっぷりの海鮮丼。
別バージョンとして
穴子などの天ぷらがどどーんと乗った天丼もあります。


(税込2,200円)
※当日の仕入状況により内容が変更になる場合もございます。

9月~10月の期間限定で
館内のレストラン「シーサイド」にて提供予定です!


【営業時間】
11:00~20:00(ラストオーダー19:30)

この機会にぜひお召し上がりませ♪

幅広い世代の方々に大人気な南三陸キラキラいくら丼
通年提供中です(*´꒳`*)

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

\ ご自宅でカツオを召し上がりたい方へ! /

朝どれ鮮かつおタタキ
ネットショップ「南三陸復興ストア」でご注文承り中です!

Yahoo!ショッピングはこちら↓

楽天市場店はこちら↓

FAXでのお申込みも可能です!
注文用紙はこちらから

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

ああああああああああこれがラストチャンス!!
ああああa\ 【宮城県民限定】前売宿泊券再販売中! /

まだ間に合いますよ!
上のバナーをクリックして詳細ページへレッツゴー-=≡Σ(((⊃゚∀゚)つ

みやぎ宿泊割キャンペーン「買って応援!宿泊前売券」について
観洋ちゃんねる班が分かりやすく解説しております!

こちらも併せてご覧くださいませ♪

ああああ \ 感謝 / チャンネル登録者数600人突破
公式YouTubeチャンネルはこちら⇒南三陸ホテル観洋【公式】
ああああ୧(`•ω•´)୨ 目指せ!チャンネル登録者数1000人!! ୧(`•ω•´)୨

いいねチャンネル登録もよろしくお願いします\(*ˊᗜˋ*)/

コメントを残す on 夏から秋へ

マリンパルだより 8がつその4

Happy Birthday~~からのぉ。。。!夏祭りごっこだよぉ♪の巻(^^)

いらっしゃいませ♪マリンパル保育士小野寺です(#^.^#)新型コロナウィルス感染症が各地域で蔓延し、緊急事態宣言が発令され、緊張感をより感じながら日々保育にあたっております。そんな中でも、子ども達にはすこしでも季節を感じて欲しい、成長を実感してほしいと、マリンパルではこれまでの行事を見直し、園内でささやかながらも楽しく!を目標に楽しみを見つけながら過ごしています。

お散歩もお楽しみの一つとして、ホテル周辺でかくれんぼを満喫しています♪

そんな中!!8月のお誕生会を開催しました~~!!主役は、こちら(#^.^#)

今月入園した、Nちゃん!満一歳のお誕生日を迎えましたよ!初めての集団生活にも慣れつつあり、こんなにめんこい笑顔をたくさん見せてくれるようになりましたよ!

「え?なんで甚平を着ているか」って?はいはい!そこ、気になりますよね♪それは、後半のお楽しみ♪

では、まずはお誕生会の様子から~!みんなホールに集まり、朝の歌♪♪♪

元気いっぱい歌うよ♪コロナの感染を危惧して思い切り歌うことの出来ない時勢になりさみしいですが、この子達には歌うこと、踊ることの楽しさを存分に感じて欲しいな。。。

さて!主役に登場して頂きましょ~!ジャーン♪

冠を付けてもらうと。。。くすぐったい気持ちだけど、いい気分♪

お友達が一人一人ブーケをプレゼントしてくれて、とっても嬉しいね!

元気に大きくなってね!

今年度初のお誕生会でしたが、和やかで楽しいひと時でした!

・・・と!余韻に浸っていると、先生達が何やら準備しているよ!!

続いて始まったのは、「夏祭りごっこ」です。実は、今月、保護者の方々も参加できるようにと、夏祭りを計画していましたが、コロナの感染拡大で、安全を考慮し中止といたしました。そこで、実施したのが「夏祭りごっこ」という訳です♪ (ごっことはいえ、中身は本気そのもの!)この日は、お家から各自浴衣や甚平で登園するという、ドレスコードのテーマ付き!

ね♪みんなとっても可愛くて、似合ってますね(^^)

いつもと違う服装に特別な一日の予感がしているみたい♪

それでは~!夏祭りごっこのはじまり♪はじまりぃ~♪園の畑でいっぱい野菜を収穫して、美味しく食べた事から、夏祭りごっこテーマは「お野菜カーニバル♪」山車もお野菜が飾られていますよ!

「やさい音頭」の軽快な音楽に乗って山車のシュッパーツ!力を合わせて行進するよ!

ピッピッ!わっしょい!とても楽しいねヽ(^。^)ノ

続いて、「月夜の晩に」と「アイスクリームのうた」を踊るよ~!アイスクリームのうたは、智香先生が保育士になって初めて子ども達に教えてくれた踊りなんですよ!子ども達もこの踊りが大好きで、楽しく踊ります!

この後は、お楽しみの屋台ごっこ!どんな屋台があるのかな?

先ずは、水ヨーヨーやさ~ん!好きな色を選ぼうね!

動物いろいろお面屋さ~ん!

最後はくじびき~!箱の中身は何だろな♪

何だろな♪

何だろな♪

はい・・・始めます(笑)

このひもを引っ張ってね!

ドキドキ・・・ドキドキ・・・「じゃ、3,2,1でひっぱるよ!」

「3.2.1!ひっぱれ~!」

「わぁ!お菓子だ~!」

大好きな、車のイラストのお菓子で、とっても嬉しかったTくんです(^^)

みんな喜んでくれて、本当に良かった!

さらに、この日の給食もお祝メニュー!なんといっても、お誕生会ですものね♪お赤飯に、蒸しパン♪みんなが大好きなメニューで、モリモリ食べました!

お誕生会に、夏祭りごっこ。そして、給食でお腹いっぱい!すっかり満足して、燃え尽きた感のNちゃん(笑)放心状態です!

お迎えの時には、たくさんのお土産を抱えてうれしそうに帰路に付いた子ども達です!子ども達がうれしいと、お家の皆さんも嬉しいですね!みんな笑顔になって頂くと、私たちも嬉しいのです♪

コロナ禍の行事や保育内容の見直しが必須となってますが、形を変えつつも、楽しく笑顔をテーマに設定していきたいと思います!

では、まった来週~!

 

 

 

 

コメントを残す on マリンパルだより 8がつその4