気仙沼の復興と民間震災遺構「命のらせん階段」を語る会

皆さん、こんにちは!カナです。

本日は9月18日に南三陸町で活躍する語り部の皆さんと
当館スタッフが参加した、
「気仙沼の復興と民間震災遺構「命のらせん階段」を語る会」の
様子を紹介いたします。

「命のらせん階段」とは..
当館の親会社である「阿部長商店」の創業者自宅となります。
震災時には約30人の地域住民の方が
外側のらせん階段を使用し屋上に上り津波を逃れた場所です。

※震災時の「命のらせん階段」の様子。

「命のらせん階段」にまつわるブログはこちら⇩

【震災伝承施設に…「高野会館」と「命のらせん階段」が登録されました。】

【命のらせん階段の曳家工事が始まります。】

【「命のらせん階段」曳家工事が始まりました。】

【「第2回 命のらせん階段を伝える会」が行われます。】

「命のらせん階段」の現在は
国や県でつくる震災伝承ネットワーク協議会の伝承施設
「命のらせん階段」として登録されています。

当日は約20名が参加し、震災遺構や伝承施設に向かいました。

こちらの「命のらせん階段」は曳家工事も2021年6月に終了し
来年の一般公開を目指して、現在工事を進めております。
家の周りをぐるっと見る事ができるため、どんな被害を受けたのか
以前よりもっと近くで見学できるようになりました。

また、「命のらせん階段」は国や県でつくる
震災伝承ネットワーク協議会」の震災伝承施設に登録されています。

本ブログで写真で掲載をしている「命のらせん階段」は
現在、工事が進められているため、立ち入ることができませんが、
上記にも記載した通り、一般公開になった際にはぜひ、
現地にてご覧いただきますと幸いです。
また、経過などはこちらのブログやSNSでも発信して参ります。

今回、震災遺構の視察は地域を超えた語り部の交流を目的に
気仙沼の語り部らでつくる
「『命のらせん階段』を伝える会が企画しました。

参加した20名は内湾地区、大島、震災資料が展示される
リアス・アーク美術館も巡りました。

今年開催された「語り部フォーラム」にて
副館長である山内 宏泰様が震災遺構について
コーディネーターの方々と意見交換を行っている動画と
ブログがございます。
合わせてご覧くださいませ↓

第3回東北被災地語り部フォーラム2021~分科会~

物言わぬ語り部である「震災遺構」
建物に残された震災当時の爪痕が、
この場所で何がったのかどれくらいの高さまで
津波が押し寄せたか、
そして、その場所で語り部が当時の様子を伝えることにより
「教訓」を見て聞いて感じることができるのではないかと思います。

コメントを残す on 気仙沼の復興と民間震災遺構「命のらせん階段」を語る会

「海の見える命の森」が震災伝承施設に登録されました。

皆様こんにちは、マッキーです。

本日8月31日は野菜の日。
全国青果物商業協同組合連合会など9団体の関係組合が1983年に制定いたしました。
「や(8)さ(3)い(1)」の語呂合せか来ているとの事です。

ぜひ日頃野菜をちゃんと取っているのか、
見つめ直す一日にしたいですね。
(私自身はたぶん…野菜不足だなと思っています)

さて今回は野菜⇒緑という事で、
木々の緑と志津川湾の青が美しい「海の見える命の森」についてお伝えいたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この度、「海の見える命の森」が震災伝承施設に登録されました。

海の見える命の森』は2016年より、
東日本大震災を通じて『学んだ事』『後世に伝えねばならない事
祈りたい事』『残したい風景』を伝える場所として、
宮城県本吉郡南三陸町の町民有志によって整備を開始しました。

志津川湾と山岳地・市街地の全体を見渡すことができる台地上の展望は、
震災と自然を伝承・学習するのに最適の地理環境である事、
小・中学生の“総合学習”や、高校生・大学生の“地域社会との連携教育”や
“地域に根ざした学習活動”が可能な『総合的な学習の場』となっています。

台地上の展望に桜や紅葉などの植物を計画的に植樹育成する他、

震災記念碑やミャンマーの篤志家より寄贈された『南三陸大仏』の設置などで、

震災において亡くなられた方々の御霊に祈りを捧げるのにふさわしい場所となり、
世代を超えて南三陸に風景という資産と、
震災の教訓を伝承する役割を果たしています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

当館に関連する震災伝承施設としては、

当館から車で約5分のところにある「高野会館

そして三陸道を利用して車で約30分、
気仙沼市内にある「命のらせん階段(旧創業者住宅)」に次いで、
3ヶ所目となりました。

毎日運行している「震災を風化させないための語り部バス」とともに、
あの日の出来事と復興の現状を様々な形で後世に伝えて参ります。

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

次回は「石巻」地域へお邪魔します!
ぜひ、ご覧くださいませ。

【最新の観洋ちゃんねるの動画はこちら!】
朝ドラの舞台にもなった気仙沼 大島に行って来ました!

コメントを残す on 「海の見える命の森」が震災伝承施設に登録されました。

「第2回 命のらせん階段を伝える会」が行われます。

皆さん、こんにちは!カナです!

先日のマッキーさんのブログでも紹介がありましたが、
気仙沼市にあります「命のらせん階段」の曳家工事が進んでいます。

ブログはこちらから→【「命のらせん階段」曳家工事が始まりました。】

そして、この度「第2回」となる
「命のらせん階段を伝える会」が開催となります。

【日付】 11月14日 (土)
【時間】 11時30分~12時40分
【集合場所】 お魚いちば駐車場(気仙沼市港町)
【参加費】 無料

◎今回は大型バスで送迎を行います。
→バス定員の関係上、「25名」様の限定参加となります。
「参加申込は事務局までご連絡くださいませ」
(事務局:南三陸ホテル観洋 担当:企画課 ☎0226-46-2442㈹)
協力:株式会社 志津川建設様 株式会社 我妻組様 株式会社 阿部長商店)

「命のらせん階段」とは?

2019年には「震災伝承施設」として登録。
その時のブログはこちらよりご覧くださいませ↓
【震災伝承施設に…「高野会館」と「命のらせん階段」が登録されました。】

こちらの建物が建つ、気仙沼市内の脇地区では
高台の避難場所まで遠く、すぐには逃げられない地域でした。
そのため、この地区の高い建物だった自宅の屋上に
住民が避難する目的で階段を取り付ける事を阿部会長は決めました。

そして、取り付けた後は地域住民の方々と一緒に避難訓練を3回ほど行い、
震災当日、約30名が避難し大津波から命を守ることができました、

当日の会では、「命のらせん階段についての語り部」と、
「10月から工事が進む震災遺構曳家移転のプロジェクト」についても見学頂けます。

施工業者は「弘前城」の曳家を担当した「株式会社 我妻組」の皆様です。

曳家は先のブログでも紹介している通り、
建物を解体することなくそのまま、動かす方法です。
全部を一度に動かすわけではなく、「木造部分(左)」と
らせん階段が取り付けてある「鉄骨部分(右)」とで分けて曳家を開始します。

あの当時、命をすくったこの場所で防災、減災、
そして避難行動を考える場として、2回目の伝える会が行われます。
気仙沼から震災教訓の学びを。
皆様のご参加をお待ちしております。

コメントを残す on 「第2回 命のらせん階段を伝える会」が行われます。

「命のらせん階段」曳家工事が始まりました。

皆様こんにちは、マッキーです。

今回は、遂に始まりました。
創業者である旧阿部会長宅「命のらせん階段」の模様をお伝えいたします。

今回の工事を行うのは、
私の地元、山形県米沢市に本社を置く「株式会社我妻組」様。
(自分の故郷の会社だけあって少し親近感が湧きますね)

まずは10月14日の様子。
およそ50トンある和風木造部分から曳家工事が始まっていました。

建物をおよそ一人分の高さほど地面から持ち上げます。(ジャッキアップ)
今回は、基礎となっているコンクリートから離して行うみたいです。

こちらでは、建物の移動準備を行っているようです。(多分)

そして鉄骨部分と木造部分の繋がっていた部分は綺麗に分かれていました。

それから2週間後の10月28日の様子。
木造部分は10数メートルほど移動していました。

まっさらな土地を少しずつ時間をかけて移動しています。

弊社スタッフをはじめ、
地域の方々と交流しながら工事の様子を見守ります。

「命のらせん階段」曳家工事が始まりました。 への1件のコメント

震災から9年~気仙沼編~

皆様こんにちは、マッキーです。

今回は、震災から9年~気仙沼編~をお伝えいたします。

南三陸同様、東日本大震災で甚大な被害を受けた港町・気仙沼市。
この街も震災から9年が経ち、
新たな街づくりが着々と進められています。

昨年3月10日には「気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館」はオープンいたしました。

中に入ると…
まずは震災当時の様子の映像や写真を観た後に、
旧気仙沼向洋高校の校舎の内部を歩き、
甚大な被害をもたらした津波の脅威を学ことができます。

昨年4月7日には、
気仙沼」と離島「大島」を繋ぐ大島大橋(鶴亀大橋)が開通。

島民の生活や観光に大きな役割を果たしています。

そして、今も変わらず気仙沼の街を見守り続けているのが
震災伝承施設にも登録された「命のらせん階段(旧阿部家住宅)

チリ地震の津波で多くの人が犠牲になった事を教訓に、
同じ悲しみを繰り返さないようにとの想いで、
震災の4年前にらせん式の外階段を取り付けました。
そして、地域住民の方々とも避難訓練を行っていた結果もあり、
震災当日は約20名が大津波から命を守ることが出来たこの階段は、
命のらせん階段」と名づけられました。

そして観光面では…
豊富な海の幸を和・洋・お寿司で味わえ、
新鮮な魚介類や海産加工品がお買い求めいただける、
海の魅力が集まった。

気仙沼海の市

気仙沼おいちば

マイナス20℃の世界で氷の中で止まったお魚を見ることができる。
氷の水族館

サメの生態について詳しく知ることができる。
シャークミュージアム

(氷の水族館とシャークミュージアムは「海の市」の中にございます)

そして、港町気仙沼を一望できる高台に建つ姉妹館。
地下1,800メートルから湧き出る深層天然温泉、
高張性の純食塩泉で浮遊浴でゆったり寛ぎのひと時を…
気仙沼プラザホテル

サンマリン気仙沼ホテル観洋

また弊社㈱阿部長商店の「気仙沼工場」は、
先日の3月11日、
NHKスペシャル 復興ハイウェー 変貌する被災地」にて紹介されました。

以前より岩手県の釜石と気仙沼間では
山間の一般道(約90分)を介して鮮魚を運んでいましたが、
ハイウェー(三陸道)ができたことにより時間は
約65分へと短縮。
より新鮮な魚を運べるようになりました。

今回、紹介されたのは弊社の気仙沼工場。
ハイウェーを介して運ばれた新鮮な魚を、
様々な形で皆様のもとへお届けできます。

交通面では先月24日(月)に、
気仙沼中央IC気仙沼港ICが開通となりました。
ちなみに気仙沼港インターチェンジは…
仙台方面への従来のみが可能な「ハーフインター」なので
乗り口と降り口を間違えて逆走しないよう要注意。

また、三陸沿岸道は2020年度末までの全線開通が予定されており
現在工事中なのは
小泉海岸IC~本吉津谷IC間(延長2km)と
気仙沼港IC~唐桑南IC間(延長7.3km)を残すのみでございます。
いずれも2020年度末開通予定との事です。

南三陸と気仙沼、
春の三陸海岸をドライブに出掛けませんか?

コメントを残す on 震災から9年~気仙沼編~