東北被災地語り部フォーラムが開催されました。

1月29日(日)、当館では「東北被災地語り部フォーラム」が開催されました。
昨年11月に行われた「三陸被災地語り部座談会」を引き続き、南三陸ホテル観洋が主催となった
被災地の未来へ向けてのフォーラムです。

実行委員長の阿部副社長の挨拶と、

東北運輸局長の尾関様の祝辞によって、幕開けとなりました。

おかげさまで多くの方々にお越し頂きました。
前日までご参加のお問合せが多くあり、当初募集定員150名の予定でしたが、
大幅に上回る300名以上の方にお越し頂きました。

会場向かって左手側に多くの報道の方々が確認できます。
非常に多くの関心を寄せて頂き、有難く存じます。


会場後方ギリギリまで席を準備致しましたが、満席の状態です。
日本以外の国籍の方も多くお越し頂き、真剣にお話を聞いて頂きました。

【オープニングプレゼンツ】では「釜石あの日あの時つたえ隊」様による甚句で幕を開けました。

 

【パネルディスカッション】では、「小さな命を考える会」代表 佐藤敏郎様、
リアス・アーク美術館学芸係長 山内宏泰様、釜石あの日あの時甚句つたえ隊 北村弘子様がパネラーとして、
南三陸復興みなさん会 後藤一磨様が司会進行役を務めました。

それぞれの自己紹介も兼ねて、①あの日あの時どうしていたか、②この経験で学んだこと、
③5年経過した今、④これから伝承すべきこと、一番の願いについて語って頂きました。


コメンテーターは民俗研究家の結城登美雄様。
それぞれのディスカッションの統括をして頂きました。

次に行われました、被災地視察研修報告。
当館の昆野副支配人、伊藤課長より、宮城県内・岩手県沿岸・北海道奥尻地区・新潟県中越地区を視察した統括を発表致しました。

次は、4つの会場に分かれる分科会です。

【第一分科会】震災遺構とこれからの語り部を考える

進行は大阪府立大学客員研究員の山地久美子様です。

【第二分科会】未来へ・これからの語り部と伝承とは

進行は気仙沼コンベンション協会副会長の宝田和夫様です。

【第三分科会】自然災害を学び減災へ繋げる

進行は南三陸ネイチャーセンター友の会会長 鈴木卓也様です。

【第四分科会】「KATARIBE」(語り部)・世界へ


進行は東芝国際交流財団 白井純様です。


発表は震災直後からOGAの活動で南三陸を支えてくれた南三陸町復興応援大使アンジェラ・オルティス様、上智大学客員研究員フラビア・フルコ様です。

それぞれの会場で、とても活発に意見が飛び交い、一つしか参加できないのが勿体ないくらい、
大変有意義な分科会となりました。

この後は再び羽衣の会場にて、それぞれの進行役による分科会報告、フォーラム宣言を行いました。

フォーラム宣言は、南三陸の未来を担う子どもたちが立派に読上げました。
さらにはアビバキッズ志津川教室の皆さんが作成したエンドロールムービーも流れとても感動しました。

その後はお待ちかねの交流会!
志津川自慢の海の幸やごちそうが並びます。


とても多くの方にご参加頂きました。

そして、まだまだフォーラムは終わりません。
20:00からは、釜石漁火の会で民話の語り部である、磯崎彬子様による語り部のお話。
そして翌日朝8:30からは釘子明様による講話もあり、大変充実した二日間となりました。

また、多くのメディアにもご掲載頂いております。
一部ではございますが、当館のツイッターにてリツイートという形で
ご紹介させて頂きました。ぜひご覧ください。
【南三陸ホテル観洋ツイッター】https://twitter.com/kanyo11

2月26、27日には、全国被災地語り部シンポジウムが兵庫県淡路市で開かれます。
今回ご参加頂いた皆様、是非参加申し込みのチラシをご参考にして頂ければ、幸いです。

 

コメントを残す on 東北被災地語り部フォーラムが開催されました。

クイズM・H・K!-2017年1月号②-

こんにちは!ターボです♪

1月最後の日となる本日はTK presents こねっとの「YOU ARE THE ONE」をご紹介

致します☆今から20年前の1997年1月にリリースされたこちらの作品は当時音楽業界

を席巻していた音楽プロデューサー・小室哲哉さんと小室さんが手掛けた歌手である安室

奈美恵さんやTRF、globe等のアーティストがリリースしたコラボレーションチャリティー

シングルでございます★緩やかなサウンドとメッセージ性の強い歌詞との絶妙なバランス

が魅力となっておりますが、こちらの作品に参加したアーティストの皆さんがとにかく

豪華ですね♪♪
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本日のメインテーマは「クイズM・H・K!-2017年1月号②-」です!

今月より始まりましたこちらのコーナーでございますが、早くも2回目となりました!

今回も難易度の高低を織り交ぜながら出題していきます☆では、参りましょう♪

①.東館2階の大浴場の湯上りラウンジ「浜千鳥」ではある飲み物を販売しておりますが、
その飲み物とは何でしょうか?


↑こちらの写真自体がもうヒントです!

②.東館5階のレストラン「シーサイド」にてご提供しているこちらのメニューの名前は
何でしょうか?


↑お刺身・天ぷら・焼魚入りです!

③.当館では仙台駅東口より無料のシャトルバスサービスを致しておりますが、仙台駅
を何時に出発するでしょうか?次の3つから選んでください!
1) 12:30 2)13:30 3)14:30


↑毎日運行しております!

④.当館の姉妹館である「気仙沼プラザホテル」でございますが、こちらから専用の
エレベーターで行き来できるのは「お魚いちば」と「海の市」のどちらでしょうか?


↑気仙沼プラザホテルです!


↑お魚いちばです!


↑海の市です!

以上4問の答え合わせは次回の当ブログにて行いますので、ぜひご期待くださいませ★

It’s thinking time!!

最後におすすめプランでございます!本日は「志津川産たこ刺し+鮑の踊焼きプラン」

をご紹介致します☆実は「東の志津川、西の明石」と呼ばれる程当地域はたこの名産地と

なっており、こちらの志津川産のたこをお刺身でお楽しみいただけるプランをご用意

致しております♪もちろん、当館名物の鮑の踊り焼きもご提供させていただきますので、

気になった皆様は以下の画像をクリックしてご予約くださいませ★

それでは、また来週お会い致しましょう!

コメントを残す on クイズM・H・K!-2017年1月号②-

Star Party in Minami Sanriku

It was taken place the first Star Party in Minami Sanriku on the roof top of Hotel Kanyo, inviting hotel guests, residents of Minami Sanriku including kids, astronomical lovers of Miyagi and from Kanto.
It was not good weather with clouds and snow, it was very cold or freezing.

Minami Sanriku is still under ricovery from Tsunami of 6 years ago, therefore there is only limited lights in the town, that is why we can observe beautiful stars.
We have set up telescopes anyhow the weather on the roof expecting clear sky under the heavy clouds.

Unfortunately the weather did not recover at the time to start, so we have started stars lecture in the meeting room.

Durung the lecture, the sky of Minami Sanriku was become clear completely.
We have immidiately suspended lecture and rushed to go upstairs to the roof of Hotel Kanyo
This is constellation Orion.

Then we have observed “Subaru”, 6 new stars of M45 Pleiades.

You may know the logo of Subaru motors.

Next Star Party in Minami Sanriku will be around the end of March to observe constellations of spring time.
Sergio

コメントを残す on Star Party in Minami Sanriku

震災を風化させない為の語り部活動

本日2017年1月29日(日)、南三陸ホテル観洋にて「東北被災地語り部フォーラム2017」が開催されます。

発表当初、定員150名にて募集したところ、300名以上の方々に参加お申込みを頂き、会場を拡大しての開催となります。
東北被災地並びに語り部の活動に広く関心をお持ち頂き、心より感謝申し上げます。

本日のフォーラムは、「~10年・100年・1000年先へ届け、私たちの伝えたい思い~」を副題といたしまして、様々な角度から被災地語り部について考えていきます。

 

パネルディスカッションや分科会の様子は、後日ブログでご報告させて頂きます。
本日参加できなかったという方は、こちらをご覧頂ければと存じます。
また、当館の「震災を風化させないための語り部バス」は年中無休で毎朝8:45より運行しております。
ホテル観洋をご利用の際には、是非ご乗車下さいませ。

 

 

「震災を風化させない為の語り部バス」は震災直後より団体向け運行を開始し、2014年2月より団体・個人を問わず広く皆様をご案内できるようになりました。
これまでに累計30万人の方々にご乗車頂き、2016年には「富県宮城グランプリ 地域産業革新部門賞」、「観光王国みやぎおもてなし大賞 特別奨励賞」をj受賞することができました。

 

「富県みやぎグランプリ」は、富県宮城の実現に向けて、本県産業の発展や地域経済の活性化に対する貢献が顕著である企業、団体及び個人を称えることにより、富県共創への関心を高め、県民及び県内企業の主体的な取組を促進することを目的として、平成20年に創設しました。東日本大震災後は休止していましたが、5年ぶりに再開しました。本表彰は、「ものづくり産業振興部門」「「みやぎの食」振興部門」「地域産業革新部門」の3部門から成り、各部門賞受賞者の中から、本県産業の発展、地域経済の活性化に最も貢献したと知事が認めた方を「富県宮城グランプリ」として表彰するもで、当館は「地域産業革新部門賞」を受賞致しました。

「観光王国みやぎおもてなし大賞」は,観光の振興及び地域経済の活性化に貢献し,その功績が顕著であった個人及び団体を表彰することによって,「観光王国みやぎ」の実現に向けて,観光事業者の意識啓発・意欲向上を図るとともに,宮城県全体の「おもてなし」の充実につなげていくことを目的として,平成26年度に創設したもの。ホテルスタッフが語り部を務め,年中無休で被災地を案内するこの取組は,「被災地のガイドを受けたい」という個人客のニーズにも適確に対応し交流人口の拡大につなげたことや、教育旅行を積極的に受入れ、仮設住宅でのボランティア活動の場を設けるなど,被災地を訪れる方々と地元住民との交流にもつながっており,観光による地域活性化のモデルとなったことが評価され、2年連続の受賞となりました。

今後もこの取り組みを継続し、震災の記憶の継承と、防災・減災意識の向上に努めて参ります。

今後とも、「震災を風化させないための語り部バス」並びに語り部活動をどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 


~ 本日のオススメプラン ~

 

20160220plan.png

 

【泊まって南三陸を応援プランE 】★震災を風化させないための「語り部バス」付★鮑の踊り焼付海鮮御膳

1000年に1度の大震災によりふるさとを失った人々がたくさんいます。

これから私たちがやるべきこと。できること。

子供たちの将来が、未来が、最高に幸せな世の中になっている事を希望します。

【防災学習・・・今だから、出来ること・被災地から学ぶ事】
「子供に被災地を見せておきたい!」・・・このような親御さんが増えております。

一瞬で消え去った現実を他人事ではなく、
明日はわが身であることを真剣に受け止めて欲しい。

そして改めて自然災害の怖さについて考えてもらい、
ご自身の防災意識を高める機会になって頂ければと思っております。

そのような気持ちの現れとして、
当館スタッフが語り部ガイドをさせて頂いております。

今までなかなか被災地にいけなくて…という方や、
一緒にいける人がいなくてという方など、
この時期だからこそ行って、
動いて、観て、聞いて、知って、感じて、伝え、復興支援しましょう!
(五感で感じて下さい)

家族や親戚、まわりの方々と誘い合ってご利用下さい。

 

 

 

kirakirabanner.png

★ 南三陸キラキラ丼はおかげ様で7周年♪ ★
「南三陸ホテル観洋」

コメントを残す on 震災を風化させない為の語り部活動

東北被災地語り部フォーラム2017が開催されます

こんにちは、むっちゃんです。

本日は、明日開催されるフォーラムのご案内をさせて頂きます。

東北被災地語り部フォーラム2017

会場は南三陸ホテル観洋
13:00~ 参加無料となっております。

プログラムは下記の通りです。

東日本大震災からまもなく6年、
住民・民間・関係団体・行政等が一体となり、
東日本大震災をはじめとした過去の災害の教訓を学び活かしながら、
復興に取り組んできました。
“語り部は特別な存在ではなく、誰もが語り部”
誰もが持っている伝えたい思いを未来に届けるため、
ぜひお気軽にご参加くださいませ。

申し込みは、まだ間に合います。

「10年・100年・1000年先へ届け、私たちの伝えたい思い」

少しでも興味が湧いた方も、
参加するかどうか迷われている方も、
この機会にぜひお申込みくださいませ。

詳細は、
南三陸ホテル観洋事務局まで0226-46-2442
※明日は駐車場が大変混み合いますのでご了承くださいませ。


kirakirabanner.png

★ 南三陸キラキラ丼はおかげ様で7周年♪ ★
「南三陸ホテル観洋」

コメントを残す on 東北被災地語り部フォーラム2017が開催されます