気仙沼で学ぶ!台湾インターンシップ生◎

大家好! 我是惠.

皆さん、こんにちは、恵です。

台灣暑期生來館一個月了,前幾日大家參觀了距離本館一個小時車程的本社気仙沼水產業工場,近距離的學習到日本食品衛生和產品的製造過程.

 

台湾の学生さん達が来日も一ヶ月になります、
先日、当館から一時間離れた本社気仙沼の水産工場で、
日本の衛生、製造の様子を学びました。

 

距離工場3分鐘車程,是總社創始人,現會長的住宅,在7年前的東日本大地震中,附近居民20名在此避難,躲過海嘯,會長經歷過1960年5月的智利大地震, 在2011年大地震發生前曾有組織附近居民3次避難演習,所以,為應對這次災難的發生,大家才有了安全的保護.

工場から車で3分程、こちらは㈱阿部長商店創業者「阿部泰児」氏の自宅です。
近隣住民の方が避難するためらせん階段をつくりました。
(右端の階段です)
3回ほど避難訓練の結果,震災当日は約20名が大津波から命を守ることが出来ました。
(以降、当館では「命のらせん階段」と呼んでいます)

大家還和會長愉快的共進午餐,會長也很是關大家的生活和學習哦,一天行程雖然短暫,但是非常開心.

会長と一緒にお昼を食べました。
会長も皆さんの生活や勉強に関心を持っていますので、
残りの一ヶ月も健康面に気をつけてがんばりましょう。

大家,下周再見哦.

それでは、また来週。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)