牡蠣の養殖体験に行ってきました!

大家好,我是惠。
皆さん、こんにちは、恵です。

南三陸位於日本東北宮城県太平洋海岸側,
有著名的原始風景的山川河流,外海為世界三大漁場之一,由於三面環山,
每當下雨就會把許多豐富的土壤冲積到大海,
因此也就間接的滋潤了海洋中的各類生物,
同時也就造就這片海非常適合養殖牡蠣,扇貝,海鞘等等。

南三陸は、青森県八戸市から福島県いわき市を繋ぐ
東北パシフィックコーストのほぼ中央に位置し、
山と川、海が織り成す有名な原始的な風景があり、
外海は山に三方を周回する世界三大漁場の1つです。
雨が降るたびに、多くの豊かな土壌が海に蓄積されます。
したがって、間接的に海の生き物のすべての種類を潤し、
また、カキ、ホタテ、海鞘などを養殖するのに最適です。

受地理位置影響,也可以說這裏是以海爲田,
發展牡蠣與其他海產品養殖爲主的濱海小漁村,
大家一定也吃過牡蠣,但是你知道是怎如何養殖出來的嗎?

地理的な影響で、これは海を畑とし、
カキや他の魚介類の養殖を主とする漁村を発展させます。
皆さんカキを食べた事がある方は多いと思いますが、
どのように養殖するか知っていますか?

今天在這裏分享我的牡蠣見學的親身體驗吧。

今日はここで私の個人的な体験を共有いたします。

休息日的那天,天氣特別好,藍天白雲,晴空萬里,
我邀請了在仙臺工作的朋友一同前去參觀牡蠣養殖,
在船主的指導下,我們穿上防水服和救生衣,坐上了≪第十大定丸≫,
這是一艘日本的傳統漁船,
雖然沒有舒適的船艙,席地而坐也是可以的,
看到一望無際的大海,船啓動的那一瞬間,
心情也跟著海浪一起翻騰興奮起來,
大約20分鐘航程后,我們很快就抵達了船長的漁場。

休みの日は特に天気が良く、
青空と白い雲、晴れた空、仙台で働いている友人を招いてカキ養殖を見学し、
船主の指導の下、防水服とライフジャケットを着て、≪第十大定丸≫に乗って出発。
日本の伝統的な漁船で、快適な船室はなく、
席に座って、果てしない海を眺めます。
船が出発した瞬間、波に乗って気分も興奮し、
約20分の航海の後、すぐに船長の漁場に到着しました。

船主介紹說,在寬闊的海面上,
自家的漁場都有浮球綁著的標識,
通過浮球上的顔色或者名字來做辨識。

船主は広い海では、自分の漁場は、
浮遊球の色や名前によって識別される浮遊球の結び目を持っていたと言いました。

船主鎖定一顆大浮球,通過升降機,
牡蠣和各種生物露出了水面,
在船主和船主夫人的默契配合下,肥大的牡蠣上岸裝筐,
因爲海水的營養豐富,打撈上岸的牡蠣非常肥大,
我們已經按耐不住激動的小心情了,
開始了生吃,沒有醬油和芥末,伴著海水的味道,味道非常鮮美。

船主はカキ、様々な生き物を通して水面に露出し、
船主と船主夫人の阿吽の呼吸で、大きなカキが入ったバスケットを岸に積み込みしました。
海水の栄養価が豊富な事もあり、カキの身はとても大きく太っています。
私たちは興奮した気持ちに耐えきれず、
醤油とマスタードなしで生で食べ始めました。
海の味を伴い、非常においしい味でした。

除了傳統的生吃和烤牡蠣,大家也可以試做水餃,
它將會是味道一絕的海鮮水餃。

伝統的な生カキのローストに加えて、
ここでおすすめのは、海鮮水餃子です。
是非、作ってみてください。

有機會的話,請大家一定要來南三陸觀光和牡蠣養殖體驗,今天就到這裏,下周見哦。

機会があれば、ぜひ南三陸観光とカキ養殖体験にお越しくださいませ。

今天就到這,下周見哦。

それでは、また来週。

Book us at;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)