新たな一歩を。

皆さん、こんにちは!カナです(・∞・*)
今月の7日で成人を迎えることが出来ました!
母が成人式で着た振袖を、私が受け継いで着ました♪
写真を撮影しに行ったスタジオのスタッフさんからは、
「今年はお母さんの振袖着る人多いんだよ~」と教えて頂きましたが、
皆さんの時はいかがだったのでしょうかっ?

今のキラキラしていて可愛い着物も良いですが、
ちょっと昔の落ち着いた色合いの着物も刺繍などが凝っていて素敵ですよね!

*:・゚☆ *:・゚☆ *:・゚☆ *:・゚☆ *:・゚☆ *:・゚☆ *:・゚☆ *:・゚☆ *:・゚☆ *:・゚☆ *:

さて、私と同じく成人を迎えたスタッフを紹介します!!
右側から….
フロントスタッフの石田さん。
売店スタッフの平栗さん。
会計課の石島さん。
同じく会計課の蛯名さん。
そして、私、ネット販売課の阿部となり、
以上5名が新成人となりました!

皆、地元がバラバラですので、写真もまちまちになりますが、
ご紹介させて頂きます!!
(撮影場所もまちまちなのでご了承くださいませ)

それぞれの振袖が可愛いですよね!
髪型も、私は短い髪型なので着付けをして頂いた美容院のスタッフさんに、
後ろの髪の毛をアップにしていただき、
周りからも「…? 地毛?付け毛??」と疑われるほどでした!
式典が11時からなので、美容院さんには朝の6時頃から着付けをして頂き、
髪型も急にアップにすることにしてにも関わらず、数分で行って頂きました。
一生に一度の舞台で、
華やかな振袖と気持ちで臨むことが出来た事嬉しく思います。

そして、この日を迎えるまで、たくさんの事を学び、
「成人」の日まで、育てて頂いた両親。家族。先生に、友達。
たくさんの人に支えられ、「新成人」として、
大人の仲間入りを果たしました!

怒られた事、楽しかったこと、悔しかった事、
思い出はたくさんありますが、
その中でも今年、成人を迎えた私達が中学1年生の時、
「東日本大震災」は起きました。
立っていられないほどの地震。
けたたましく響くサイレンと「大津波警報が発令されました」の放送。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

ここからは、私の地元での当時のお話です。
場所的には南三陸より20分ほどの場所にあります。

3月11日に起きた「東日本大震災」。
実は3月9日にも同じように地震が起きていて、
「津波注意報」が出され、川の水位が少し引いていました。
「気を付けた方がいいなぁ」なんて先生や友達と話していたので、
本当にまさか、今まで体験したことのないことが起きるとは、
思いませんでした。

私が通っていた学校では次の日が「卒業式」で、
その為、全校生徒が体育館に集まり、
装飾をしたり掃除をしたりしていた時に起きてしまいました。
近くで作業をしていた先生に「壁際に逃げろ!」と言われ、
壁側に寄り、揺れが収まるのを待っていると上から、
天井付近の壁がさっきまで居たところに「バンッ」と落ちてきて、
もし先生の声が無かったらと考えるとゾッとしたのを覚えています。

あの日は雪が降っていて、ジャージ・上履きのまま校庭の中央に逃げ、
高台にあった中学校へは近所の人たちが次々と避難してくるのが見え、
恐怖で泣き出す生徒もいました。
私の中学校は高台にあったので、下はほぼ住宅地のようになっていて、
町民の方々が避難してくるのが見えました。

そして、「寒いから」と体育館へ戻る頃には、
サイレンも、声も、消えていました。

夜は地震で壁がはがれ、風が吹き抜ける体育館で過ごしましたが、
食料も限られていたため、私達は1つのおにぎりを3つに分けて食べ、
1本のペットボトルを3人で飲みました。
そのうち、先生たちが職員室にあったお菓子を持ってきてくれたり、
夜中にはライトをバスケットゴールに括り付け、発電機で明かりを灯し、
体育館を照らしました。明かりはこれだけです。
あとは至る所に石油ストーブをつけて暖をとりました。

朝には、暗くて分からなかった町の様子が目に見え、
辛い話も飛び交いました。
私は両親とも無事に再会でき、色々な場所を転々として、
自分が住む場所へ帰ることができましたが、
水も電気もなく、「お風呂」は顔や歯を洗う程度で、
周りも同じ状況なので臭いにも慣れ、
「汚い」とは思わなくなりました。

しかし、他の地域の被害状況なんて分かるはずもなく、
情報は車のある人が行った場所の話や、
ラジオの情報のみ。

なので、震災が起こった3月より月日が経ち
7月半ば頃に電気が通りテレビを見る事ができたとき、
そこで「東日本大震災」がもたらした被害がどれほどなのかを、
改めて目の当たりにしました。

後に「東日本大震災」は「千年に一度の大震災」と呼ばれるようになりますが、
本当にその通りで、もう二度と起こってほしくないと願います。
ですが、自然災害なのでこれといった予防策がありません。
でも黙って立っているわけにはいきません。
起きたとき、どうするか。
南三陸では「津波てんでんこ」と言う言葉があります。
津波が起きたらとにかく逃げる。高台へ、安全な場所へ。
自分の体は自分にしか分かりませんし、怪我をすれば歩けません。
普段から、自分の中でどこにどのように逃げるか、
確認していくことが大事だと思います。

決して「不幸自慢」をしたいわけではなく、
かと言って、「きれいごと」を言いたいわけではありません。
ただ今だからこそ、周りが見えたからこそ、
話せることがあるのだと思います。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

そして、伝えたいことは、7年目にして私達が立っていられることは、
もちろん、家族や友達、自分自身で何とかしてきた事もありますが、
たくさんの寄付。たくさんの支援。そして、多くのメッセージ。
励ましの言葉を数えきれないほど頂いた事、
全国の方、全世界の方にも支えられながら中学1年生だった私達は、
新成人として新たな一歩を踏み出すことが出来ました。

それぞれの思いを胸に、
「復興」と言う、少し長い、そう遠くない道のりを歩んで行きたいと思います。

皆様には、テレビや記事を通してあの日起こったこと。
今、どんな状況なのかを、少しでも多く知って頂き、
時間があれば、ぜひ、実際にその場所へ行ってみてください。

私達は、ここから、微力ではございますが、
南三陸と共に歩んでいきます!!

*:・゚☆ *:・゚☆ *:・゚☆ *:・゚☆ *:・゚☆ *:・゚☆ *:・゚☆ *:・゚☆ *:・゚☆ *:・゚☆ *:

今回のおすすめプラン♪

【おきがる女子会プラン】5大特典付!
ウェルカムフルーツで会話が弾む!?内緒話たくさんしちゃお☆3名様~

成人を迎えたお祝いに宿泊!
特典満載の宿泊プランは皆に喜ばれること間違いなし!!

夕食は海鮮を食べて、露天風呂に入って、アメニティでお肌をプルプルに!
ウェルカムフルーツの嬉しい特典がつくのはこのプランだけ♪
仙台からの無料送迎シャトルバスもあるので、仙台を満喫してから
南三陸に気軽に来ることができますよ(^○^)

ご不明な点はお問い合わせくださいませ。
それではこの辺で、また来週!!


★ 南三陸キラキラ丼はおかげ様で8周年♪ ★
「南三陸ホテル観洋」

One thought on “新たな一歩を。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)