お風呂満喫の水曜日

一週間ぶりのご無沙汰です。

Bluebirder*Sです。

伊豆沼辺りには  もう白鳥が飛来する季節になりましたね。 早いものです。

さてさて、こんな大海原を眺めながら露天風呂を楽しめるなんて、いいと思いませんか?

いいですよねぇ。

そんな大浴場が、南三陸ホテル観洋にはございます。

 

「そんなこと、もう知ってるよ!」 という方々が 大半でしょう。

そうした皆さまにも 是非お知らせしたいのが、

毎週水曜日にお泊りのお客さまには、

翌朝、男女入れ替えて お入り頂いていますよ!  ということなのです。

 

未だ知らない方も多いのかも知れませんね。

先月、9月に始まったばかりなのですから 無理もありません。

これまで、観洋では 男湯と女湯の入れ替えは、年に一度

開湯記念日前の4月下旬に 2日ほど、朝方にあっただけ。

 

それが、先月から、「週一回」 男湯と女湯が入れ替わるようになったのです。

男湯と女湯の大きな違いは露天風呂で、その広さが歴然と違います。

そして、岩風呂の「アレンジ」と「レイアウト」。

今まで男湯の露天風呂しか知らないお客さまにとって、

これは もう、サプライズに値します。

 

広い海原を目の前に ゆったり気分で入れるのは、

やはり 広~いお風呂がいいですよね。

湯面だけでも、女湯の露天風呂は男湯の3~4倍の広さがあって、

男湯には無い、こんな「洞窟風」のお風呂も。

 

広々とした湯面は そのまま志津川湾の海原に続くような印象で、

太平洋との一体感も加わって 気分は最高~!

かねてから、ご夫婦やご家族連れでお泊りのご婦人方から、

露天風呂には「天女の湯」ほか 色々な岩風呂があって

広々としていて気持ちよかったという話は 殿方にも伝わっていて、

当の「殿方勢」から 男湯と女湯の入れ替えを望む声もありました。

 

観洋の掛け替えのない宝のひとつが この志津川湾の絶景で、

海の景色を堪能して頂けてこそ お泊り頂いた価値あり! なのですから

入れ替えのご要望にお応えしない手はありません。

地下3000mから湧きあがる深層天然温泉の露天風呂は、

まさに「海とお風呂が一つにつながるインフィニティ温泉」。

毎週水曜日にお泊りのお客さまを対象に、翌朝4時から10時まで、

男女大浴場を入れ替えてご利用いただけます。

見渡す方角は「真東」。 陽が昇る朝の光景が また 格別に美しいのです♪

みなさんも今度、是非水曜日にお泊り頂いて、

男湯と女湯に 入り分けて楽しんでみて下さい。

きっとまたひとつ、観洋通になっていただけること請け合いです。

スタッフ一同、みなさまのお越しを お待ちしております。

コメントを残す on お風呂満喫の水曜日

遂に宮城でも…?!

皆さん、こんにちは!カナです(・∞・*)

昨日の朝、コンクリートの急斜面を颯爽と駆け抜ける何かが…
最初は葉っぱか何かだと思ったのですが、尻尾がフワッとしていて
顔も見えたので「リス??!!!」と思わず声に出してしまいました。
冬支度の為のご飯さがしだったのでしょうか…
———————————————————————————————————–

さて、当館のFacebookをご覧頂いている方は、
もう知っているかもしれませんが、
10月7日に「宮城オルレ(올레)」がOPENしました!!
この日は、「気仙沼・唐桑」でのオープニングセレモニー♪
次の日、10月8日には「奥松島」コースがスタートとなりました。
初日は「各300名様限定」にて多くの方々が集まり、セレモニーに参加致されました!

———————————————————————————————————–
「でも…..「オルレ(올레)」ってなに??」
と言う方の為にご紹介させて頂きます!!↓

まず、「オルレ(올레)」と言うのは、
日本発祥ではなく、【韓国・済州島】から始まったもので
もともとは済州の言葉(方言)で、
「通りから家に通じる狭い路地」という意味です。
また、「トレッキングコース」として名づけられてから、
全国的に有名になりました。

「オルレ(올레)」の魅力は海岸線や山などの自然、
民家の路地などを身近に感じ、
自分なりにゆっくり楽しみながら歩くところにあり、
宮城の景色や土地の歴史など、
現場に行かないと分からない風景や料理などを直接感じる事ができます。

なので…日本発祥ではないですが、「オルレ(올레)」【宮城版】と言う事です!
(開催地については今後も増える予定…??)
————————————————————————————————————
現在、コースは【気仙沼・唐桑コース】と、【奥松島コース】がございます!

参加は受付を各施設にてされてから、自由に様々な場所へ向かうかたちとなります。
「歩きやすい靴」「動きやすい服(寒くない服装)」など、地元の方々が整備した場所や、
海岸沿いを歩くこともあります!
お店などで環境に適した服装をしっかり準備して、安全にお楽しみください♪

また、のリボンや、
旗にも載っている馬の形をした「カンセ」(馬の頭の方向が進行方向)
石に書いてある「矢印」を見ながら、コースを楽しみましょう!
詳細は各出発地点でご確認くださいませ♪

————————————————————————————————————
【気仙沼・唐桑コース】
(スタート地点とフィニッシュ地点が違います!)
コーステーマは「光り輝く海と緑の半島」

◆総距離 10Km
◆所要時間 約4時間~
◆難易度 中級~上級

出発地点(参加受付場所)は【唐桑半島 ビジターセンター】様です!
当館の姉妹館「サンマリン気仙沼ホテル観洋」からですと、

【約40分】で到着します♪
お部屋からは港の景色。浮遊浴が楽しめる温泉を満喫した後は、レッツトレッキング!!
————————————————————————————————————
もう1つは..
【奥松島コース】
(スタート地点とフィニッシュ地点が同じです!!ぐるっと歩きます。)

コーステーマは、
「縄文の古から続く、松島の原風景を肌で感じる風わたる青の国へ」

◇総距離 10km
◇所要時間 約4時間~
◇難易度 中級

出発地点(受付場所)は【セルコホームあおみな】様です!
当館から直接向かうと約120分です。
なので、ご宿泊者様限定無料仙台シャトルバス仙台まで向かった後でございますと、
約60分で向かう事ができますよ!

今からの時期は「カキ」が楽しめます!
トレッキングの後は旨味たっぷりの「カキ」を堪能してから…
帰路についてみてはいかがでしょうか?
———————————————————————————————————–

それぞれの受付場所には「駐車場」も完備されております。
しかし、数に限りがございますので事前にお問い合わせをされてから
向かう事をオススメ致します!(各施設様のURLよりとべます↑)

【お問い合わせ先】
■宮城県経済商工観光部観光課 様
(TEL 022-211-2895 FAX022-211-2829)
———————————————————————————————————–

南三陸ホテル観洋(미나미 산 리쿠 호텔 관 서양)
韓国版公式ご宿泊HPはこちら!】

【カキフェアーも大好評!
様々なご宿泊プランはこちらからどうぞ!↓】


★ 南三陸キラキラ丼はおかげ様で9周年♪ ★
「南三陸ホテル観洋」

それでは今日はこの辺で!
カモシカやキツネ、タヌキも秋の味覚探し(ご飯さがし)をしているので
真似て、散策がてら山に行ってきます(^’^)

皆様も秋を感じに行ってみませんか?

コメントを残す on 遂に宮城でも…?!

じゃらんフォーラム2018 と 最後にお知らせ!

こんにちは、むっちゃんです(*^^)

昨日、じゃらんフォーラム2018がウェスティンホテル仙台様にて
開催されました。

今年のじゃらんフォーラムは
「共に創る~ニッポンに360°の観光振興を~」と題され、
今後の関連事業や取り組み、
最新のトレンドをふまえた宿泊・観光業界に関する講演が行われました。

「地域を共に創る」「需要を創る」「需要にこたえる」
の3つを基点とし、総旅行回数を増やすため
新しく始まる経営支援事業がどのような結果になるのか
楽しみでございます。

フォーラムでは様々な講演が行われ、
大変興味深く拝聴いたしました!
今回学んだことを実際に仕事で活かして参ります。

講演後は、じゃらんアワード2017の発表がありました。
残念ながら、当館は入賞することができませんでしたが、
次回に向けて精一杯頑張ります!

懇親会の最後には、記念撮影。

お料理も美味しかったです(●´ㅂ`●)

今後も引き続き宜しくお願い致します!

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

◆ お知らせ ◆

当館に隣接する海フードBBQ

海鮮炭火焼BBQプランが登場!!


※イメージです。

↓ じゃらんの遊び体験予約からお申込み可能です♪ ↓


手ぶらでOK!
この機会にぜひご予約くださいませ!

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

( ‘ω’o[ お ま け ]o

今回のじゃらんフォーラム、
いつものにゃらん水の他になんと…

昔懐かしい缶入りのドロップスが!!
かわいい…美味しい…かわいい…もぐもぐ……

始まる前からにゃらんで癒されました~(*´︶`*)
(私だけかもしれませんが、缶入りドロップス見ると火垂るの●を思い出して泣きそうになります。゚(゚´Д`゚)゚。びえぇ)

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

kirakirabanner.png

★ 南三陸キラキラ丼はおかげ様で9周年♪ ★
「南三陸ホテル観洋」

コメントを残す on じゃらんフォーラム2018 と 最後にお知らせ!

いよいよ渡り鳥の季節がやってきましたね。

なんちゃってフォトグラファー尾崎(-0_0-)/です~

先日、自宅近くの登米市「迫川」で白鳥を見かけました!
群れになってるとかわいいですね!
思わず写真を撮ってしまいました(*^_^*)

白鳥は、普段オホーツク海やシベリアといった北海道よりさらに北にある寒い場所で暮らしています。

そんな白鳥が日本にやってくるのは、ずばり越冬のためです。

晩秋になると日本にやってきて、比較的暖かい場所で冬を越し、春先になると北へと帰っていきます。

~ホテルから近い白鳥を観ることが出来る場所~

【伊豆沼・内沼】
宮城県栗原市にある「伊豆沼・内沼」は、全国屈指の白鳥飛来地です。

ピーク時には、数千羽もの白鳥が「伊豆沼・内沼」に飛来します。

1985年に渡り鳥のための国際的に重要な湿地としてのラムサール条約の登録湿地となった伊豆沼・内沼の豊かな自然を求めて県内外から訪れる数多くの人々が訪れます。

飛来シーズンは11月上旬から2月下旬位との事。

ホテルから車で約50分

宮城県伊豆沼・内沼サンクチュアリセンター

秋から冬の御予約はこちらから

南三陸ホテル観洋公式予約ページ

11月分早期予約でお得なプラン

コメントを残す on いよいよ渡り鳥の季節がやってきましたね。

Balloon Festival

Season of Balloon is coming.
It will take place of Balloon Fastival in Ichinoseki and Hiraizumi.

160316_093324_39235.jpg

It was started in 2012.

imagesTN81PJ2W.jpg

Around 30 balloons in total will fly in the sky of world heritage.

img-01.jpg

Participated by top pilots including foreigners.

imagesLUAPYG2D.jpg

It is sponsored by Honda, naming “Honda Grand Prix”.

89aacc92f74f7cdf748b79e309ec817b.jpg

Balloon illumination.

160316_093324_61493.jpg

Field art of Hiraizumi from the sky.

229026437_624.jpg

Start the competition.

c1c45c33fe66e678f7809bf2d0c47574.jpg

You may follow from 19 to 21 of october in this year.

160316_093322_48652.jpg

1 hour drive to Ichinoseki from Shizugawa.
See you there.
Sergio

To stay at Minamisanriku Hotel Kanyo, click link in below.

コメントを残す on Balloon Festival