新発売

8日ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

今回は火曜日の担当です。

 

2月は走り去って、早くも弥生三月。

寒さがいくらか緩んだまま 3月に突入しました。

写真は観洋近く3月1日のアカゲラ。頭上のトビを警戒していたようです。

気象台の3か月予報によれば、

この3月は 平年より気温が高くなりそうで降水量も少なくなりそう。

アカゲラくん、「もうこのまま春・・・なのかなぁ」と

つぶやいているようにも見えてしまいます。

さてさて、ちまたでは、健康志向を背景にサバ缶がブーム。

Bluebirderもサバ缶やサバの味噌煮は前から大好きです♪

サバ缶が注目されているのは、健康効果の高さ。

サバには DHA(ドコサヘキサエン酸)や

EPA(エイコサペンタエン酸)という

栄養素が豊富に含まれているんですね。

DHAは脳を活性化させる作用があり、頭がよくなる物質という説もあります。

EPAは血液をサラサラにしたり、中性脂肪値を下げたりする作用があるので、

心臓病や動脈硬化を防ぐ効果があるともいわれています。

何より「缶詰め」ならば、皮や骨も一緒に食べられるので、

生のサバより栄養効果が高い。

専門家によれば、特にカルシウムの量は、生のサバの約43倍にもなるそうです。

やはり、健康志向の方には見逃せない食材です。

こうしたブームの中、当社 阿部長商店の 水産部門から

この3月3日、新製品が発売されました。

『吟醸酒粕を使ったさばの味噌煮』です♪ コンパクトな食べ切りサイズ。

三陸沖で獲れて気仙沼漁港に水揚げされたサバだけを使ったこだわりの品。

南三陸町のお隣気仙沼市の蔵元吟醸酒粕が風味を引き立てていて、

骨まで軟らかく仕上げられていて、

サバ缶同様 皮と骨も全部一緒に食べられます。

 

もちろん フィルムを剥がせばそのまま食べられますが、

フィルムを少し剥がして、500Wの電子レンジで30秒・・・

熱々のサバの味噌煮の完成です。

独身や共働きなど、時間が無くて忙しい方でも、

手軽に美味しい「健康食」さばの味噌煮が味わえます。

 

値段も手ごろで、観洋の売店で139円プラス消費税で販売中。

観洋のお土産として きっと喜んで頂ける一品です。

「美味しさ」は、最近開かれた県の品評会で

日本チェーンストア協会東北支部長賞を受賞した折紙付き。

掛け値なしで余りある栄養価と美味しさ! です。

「サバ 読んで」なんかいませんよ。(笑)

ホント、美味しいんです!

ゴミ捨ても手軽。空き缶のように嵩張らなくていいパッケージ♪

 

南三陸ホテル観洋へお越しの際には、

是非! 新製品「吟醸酒粕使用さば味噌煮」を おみやげにお奨めです♪

コメントを残す on 新発売

楽天スーパーSALE!3/4の20:00~スタート♪

皆様こんにちは!
3月に入った瞬間、鼻がムズムズ(-_-)
花粉の季節が来たな~と感じるマッキーです。

今回は季節の変わり目の一大イベント!
本日(3/4)の20:00スタート!楽天スーパーSALEを徹底解剖!?
お得な情報をお知らせいたします。
(3ヶ月に1回この内容でブログを書いていますが、最後までお付き合いいただければ幸いです)

その1…春のご旅行に!最大50%OFFのプランございます。
今回もお得なプランを豊富にご用意!
割引率の高いプランから無くなりやすいですので、お早めに♪
(下記のリンクは2019年3月17日の23:59迄ご利用いただけます)

1日1部屋限定!【楽天スーパーSALE】最大50%OFF!
「鮑ふかひれプラン」がセール♪

1日1部屋限定!【楽天スーパーSALE】最大31%OFF!
「鮑ふかひれプラン」がセール♪

1日10部屋限定!【楽天スーパーSALE】最大11%OFF!
「おてごろプラン」がセール♪

1日5部屋限定!【楽天スーパーSALE】最大5%OFF!
「鮑の踊り焼プラン」がセール♪

楽天限定【語り部バス付ファミリープラン】ポイントUP11時アウト
~子供たちに伝えておきたい防災教育~

以上5つの限定プランをご用意しております。

4月は淡いピンクの桜、

5月は赤く燃えるように咲き誇る田束山のツツジ!

また、日の出をご覧に南三陸へぜひお越しくださいませ。

その2…最大2,000円割引クーポンもございます!

6月末までのご宿泊に使えるクーポンを数量限定でプレゼント♪
数に限りがございますので、お早めに◎
お気に入りの宿泊プランと合わせてご利用くださいませ。

その3…ポイント15倍キャンペーン開催!

対象期間の御予約&宿泊でポイントを大量GETできちゃいます。
ポイントを大量GETして、
次回以降の旅行にぜひご活用ください。

その4…今回も開催!懸賞企画♪

今回の目玉は…
ペア宿泊券を1組にプレゼント!

そして、ふかひれスープのプレゼントもあるよ♪

この機会にどしどしご応募ください。

当館の楽天トラベルトップページはここをクリック!

▼楽天スーパーSALEのページはこちらから▼

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※最後までお読みいただいたお客様へお知らせ

各種インターネットサイト(楽天トラベルなど)からご予約の際、
2019年3月末迄に成立した予約分は宿泊日に関わらず全て消費税率8%となります。

また、2019年4月1日以降に成立する10月以降のネット予約につきましては、
10%の消費税率を加味した料金で販売いたします。
これは、国税庁が定めた経過措置であり、
通信販売など限られた販売方法に適用されます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

゚*。☆ いいね! フォロー お待ちしてます♪ ☆。*゚
あああ

宜しくお願い致します
\(^o^)/

 

コメントを残す on 楽天スーパーSALE!3/4の20:00~スタート♪

第2回東北被災地語り部フォーラム「ご参加頂いた皆様の感想」

皆さん、こんにちは!カナです(・∞・*)

2月24日・25日に南三陸で開催された、
「第2回東北被災地語り部フォーラム2019」

ブログにてそれぞれの内容を掲載してきました。
本日は分科会などにご参加された皆様の感想を抜粋して掲載致します。
(約400名の参加者様にお集まりいただきました。感謝申し上げます。)

*——————————————————————————————————–*
【関連ブログ】

<前回>
【第1回 東北被災地語り部フォーラム】
東北被災地語り部フォーラムが開催されました。

<今回>

「第2回語り部フォーラム」

「第2回東北被災地語り部フォーラム<分科会②>
 災害を知る世代から知らない世代へつなぐ」

「第2回東北被災地語り部フォーラム
 第3分科会~「KATARIBE」を世界へ~」

「第2回東北被災地語り部フォーラム ★夜の部★」

「第2回東北被災地語り部フォーラム エクスカーション
~気仙沼コース&石巻・大川小学校コース~」
*——————————————————————————————————–*

それでは、下記より皆様の感想を掲載致します。

<分科会①より>
「震災遺構の保存と役割を考える」





参加された皆様からは「震災遺構」を遺す事の難しさ、役割などよく学ぶ事ができた。
との感想が多くございました。
震災遺構は「当時、なにがあったのか」を語らずとも語ってくれるモノです。
「無口の語り部」⇔「震災遺構」の考えが全員に定着させるのには時間がかかる。
との感想もありました。

<分科会②より>
「災害を知る世代から知らない世代へつなぐ」






発表を行ったのは南三陸町並びに近隣の地元の小学生・中学生・高校生。
実際にあの日、震災を経験した学生さんならではの意見で、
「早く避難するためにはどうしたらいいのか」を
グラフにし、考察した結果を発表頂いたり、
目の前で起きた災害を受け止め、次世代へ伝えるには
自分達がどのように動けば良いのか、などをパソコンや資料を通して発表頂きました。
参加した皆様も、学生さんの発表を聞き、
「自分も考えなくてはならない」「何をやるべきなのかをかんがえさせられた」
との感想が多数でございました。

<分科会③より>
「「KATARIBE」(語り部)を世界へ」



参加者の皆様が感じた事は世界への「SNS」を用いた発信方法。
学生さんの発表にもあった、
「世界で起きている災害を「他人事」ではなく、
「自分事」として捉え見つめる事で、
たくさんの命を救う事ができるかもしれない。」
日本では起きない災害があったとしても、
日本を出て旅行などに行けば、遭遇してしまうかもしれない。
自分の命を守れるのは、自分だけであり、
もし避難方法や対処法を知っていれば周りにも教える事ができる。

そして、語り部は日本のみならず世界へ発信すべきこと、
その場合には言語化などはどうするのか、など
パネラーの方の意見や、参加されていた皆様からの意見をまとめることにより、
何十年先にも日本から世界へ発信できるのではないかと思います。

*——————————————————————————————————–*

今月11日で、
2011年3月11日に起きた「東日本大震災」から8年を迎えます。
東北沿岸部を始め、南三陸町も商店街ができたり、
スーパーやコンビニができたり、国道が整備され
ついこの間には気仙沼までの高速道路も開通致しました。
どんどん復興が進んでゆきます。
その間にも様々な災害が起きました。
東北では8年目を迎える今、私達に出来る事は何なのか。
もう一度、考える機会になった今回のフォーラム。

そして、全国でいつ起きるか分からない自然災害。
その時自分が現場に居たら出来る事は?

設営や準備をしていた私達スタッフも向き合う時間となりました。
今回のフォーラムでの意見が、滞らず発信されることを祈っています。
これからも東北・南三陸と共に前へ進んで行きます。

ご参加頂いた皆様、パネラー並びに講師の皆様、
貴重なお時間をありがとうございました。

ぜひ、また東北・南三陸へお越し下さいませ。

コメントを残す on 第2回東北被災地語り部フォーラム「ご参加頂いた皆様の感想」

第2回東北被災地語り部フォーラム<分科会②>災害を知る世代から知らない世代へつなぐ

こんにちは、むっちゃんです(*^^)

先月24日と25日の2日間に渡り、
第2回東北被災地語り部フォーラムが開催されました。

本日は、その時の
分科会② 災害を知る世代から知らない世代へつなぐ
の様子をお伝えします。

コーディネーターは
元志津川中学校校長で、現在3.11震災語り部として活動している菅原 貞芳様

パネラーとして、
志津川高等学校、多賀城高等学校、階上中学校、志津川小学校、入谷小学校の
生徒さんにお越しいただきました。

分科会のタイトルになっている通り、
今回のテーマは「災害を知る世代から知らない世代へつなぐ

東日本大震災からまもなく8年が経過しようとしています。
時間の流れとともに、当時の状況を知らない世代が増え、
それに伴い懸念されるのは「風化」です。

震災を風化させないために。
当時を知らない人たちの防災、減災へ繋げられるように。
あの日生かされた私たちにいったい何ができるのか。
現在行っている活動を含め、今後についてを話し合いました。

活動の報告をしたのは、
階上中学校、多賀城高等学校、志津川高等学校の生徒さんです。

まずは階上中学校

階上中学校の防災学習は「命を守る」を目的とし、
災害を知る
災害に備える
万が一のために訓練する
を学んでいます。

今年度の防災学習のテーマは「自助・共助
体験的学習と探究的学習の2つに分かれて行いました。

体験的学習では学年ごとに防災学習と総合防災訓練を行い、
探究的学習では地区住民へのアンケート調査を実施。

【体験的学習】
1学年は、講師の方を招いて地震津波のメカニズムを学び、
2学年は、消防署の方々からAEDを使用した救急救命講習を、
3学年は、階上小学校の子ども達へカルタを使って
防災を楽しく分かりやすく教える防災啓発活動を行いました。

総合防災訓練は、気仙沼市防災訓練に合わせた日程で午前と午後の2回。
午前は消火訓練、バケツリレー、炊き出し訓練を地区の一員として参加。
午後は委員会ごとに役割を分担し、避難所初期設営訓練を実践しました。

避難所設営に関しては、
生徒以外の誰でも分かるようにマニュアルを作成。
フローチャートを使った説明があり、
準備物や注意点が詳しく書かれてあるためとても分かりやすいです。

【探究的学習】
こちらは、昨年度から取り組みはじめた活動です。
階上地区全世帯を対象とし、
東日本大震災以前・当時の津波避難行動のアンケート調査を実施。
夏休み前にアンケートを配布、回収、集計を行い、
二学期に全校生徒で考察、10月に校内発表会を開き、その後考察の再検討。
12月の防災学習発表会に備えました。

防災学習発表会は以下の4部構成となっています。
1部:体験的学習の発表
2部:アンケート調査の報告
3部:探究的学習の発表
4部:意見交換

結果から、防災意識は低くないが、
訓練が実践的ではないため危機感が薄れてきているのではと推察。
震災を風化させないためにも地域を知り、発信させていくことで防災意識を高め、
これからも地域の一員として取り組みを行っていくそうです。

続いて多賀城高等学校

多賀城高校の「災害科学科」では
災害や防災について科学的な視点で学ぶことができ、
さらに学校全体としては
防災減災学習
東日本大震災の伝承
全国の学校などとの連携・交流
地域を中心とした社会貢献活動」を行っています。

これらが、
ユネスコが提唱するESD(持続可能な開発のための教育:いわゆる生きる力を養成する教育)
理念に合致し、2017年2月にユネスコスクールに加盟が認められました。

上記活動以外にも
通学防災マップづくり
生徒が入学してすぐに行う取り組み。
津波浸水域や土砂災害危険区が記載された地図に自分たちの通学路を朱記し、
有事の際どこに危険が潜んでいるのかを知ることができる。

津波波高標識設置活動
震災後行っていた津波の高さの調査結果をもとに測量を行い、
道路脇の電柱に津波波高の標識を設置する活動。

を全校生徒が積極的に取り組んでいます。

また、生徒が作成した「まち歩き案内マップ」を使い、
自分たちが設置した津波波高標識をたどりながら、
多賀城市内の被災状況を説明・案内する活動も行っているそうです。

最後に志津川高等学校

県内唯一の地域連携型中高一貫校であり、
南三陸町内の志津川中学校、歌津中学校と、
乗り入れ授業や部活動、生徒会交流を通して連携しています。

情報ビジネス科では、震災前より南三陸町の活性化を目的として
南三陸町モアイ化計画」を実施。
オリジナルの缶バッチやストラップの販売を行い、
町民バスや図書館の図書購入資金を町へ寄付していました。

志津川高校の防災学習として、
定期的に行っている防災訓練があります。

実際に起こりうる行方不明者の捜索など、毎年想定を変えて行い、
今年は休み時間に災害が発生したことを想定して訓練を実施。
消火栓を使った放水訓練も行いました。

他にも
弾道ミサイルや豪雨、土砂災害、火災、火山、竜巻、落雷、危険生物など
あらゆる災害について学習し、
社会に出てから「いつ、どこで、どのような」災害に遭遇しても
ある程度自分の身を守れるように考えられた内容となっています。

また、志津川高校には昨年発足した「防災クラブ」があり、
救急手当て法の知識を修得する他、
地域の子ども達を安全に導く役や、避難所でのサポート役にまわったり、
将来地域防災のリーダーを担うための能力を身につける目的で活動しています。

さらに、校内には震災指導室を設置。
当時の様子を伝える物品や、寄贈された物、
震災からこれまでの志津川高校の歩みがわかるような物を展示し、
震災の風化を防ぎ、次の世代に語り継いでいく役目を担っています。

今後は
自分たちだからできること、
行っていかなければならないことを考え、実践していくそうです。

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

先日、政府から再び地震発生確率の発表がありました。
日本は地震大国ですから、いつ発生してもおかしくはありません。

それは何十年後かもしれないし、もしかしたら明日かもしれない。
その時に、自分の命を守るため。
東日本大震災で学んだ教訓を生かし、災害を知らない世代へ語り継いでいくこと。

その大切さを改めて実感することができた分科会でした。

各学校の生徒さんも、他の学校が行っている活動を知ることができ、
アイディアを持ち帰ってぜひ実践したいと話していました。

生徒の皆さんにとっても、参加した我々にとっても、
とても有意義な時間になったと思います。

一人一人の活動によって
一人でも多くの命が守られますように。

これからも途絶えることなく、
語り部として、防災・減災活動に取り組んでいくことを誓いました。

コメントを残す on 第2回東北被災地語り部フォーラム<分科会②>災害を知る世代から知らない世代へつなぐ

マリンパルだより  3月その1

いらっしゃいませ(^-^)マリンパル小野寺です♪いよいよ3月となりました。ひな祭りも近づいてきましたね!先日は、ホテルに展示されているおひなさまを見学にお散歩に行ってきましたよ!

綺麗なおひな様にうっとり♡たくさんのおひな様一つ一つの表情も違って、見比べるのも楽しいですね!

吊るし雛もとってもかわいらしいです!

さて、ホテルのおひなさまを堪能した後は、マリンのひな祭りです♪

おひなさまを飾ったホールには、一気に春が来たようにほんわかした空間に変身♪子どもたちが作ったおひな様も、とてもかわいいですね!

最近では、上手に顔が描けるようになり、それぞれ表情が豊かなおひな様が完成しました。

ひな祭り会では、子どもたちもおひなさまに変身!恒例のメイクで・・・!今回も自分でメイクしてみました。

(ペンを見ると、メイクと認識するように・・・(笑)時々、クレヨンでも顔に書いちゃうことも!)

かわいらしく変身出来たところで、ひな祭りの始まりです(*^_^*)今回演出担当は恵先生です!

女の子のМちゃんが「うれしいひな祭り」の曲に合わせて入場します!金の冠も似合っていますね!

女の子のお祭りをお祝いしてくれるのは、マリンで唯一の男の子のIくんです!

「おめでとう」と言葉を添えて、桃のお花のプレゼント!上手に渡せました!

続いては、「おひなさまと、うさぎちゃんの楽しいひな祭り」のタイトルのペープサート鑑賞♪

「おひなさまの宝探し」や、「うれしいひなまつり」のダンスも楽しく出来ました!

「ひなあられ」と、白酒代わりの「桃のカルピス」でおやつタイム♪

給食も、行事食満載のメニューです!

華やかさに食欲も増進!二人ともお代りをしてお腹いっぱい食べてくれました♪

ひな祭りは、女の子の健やかな成長を願う節句の年中行事ですね(*^。^*)そして、この季節ならではの、日本の習慣でもあります。子ども達には、その意味はまだ分からなくても、伝えていくことが何より大切なことだと思います。

ひな人形は、子どもの身代わりとなって病気や事故から守ってくれると言われています。女の子も、男の子も元気に育って欲しいと願っているんですね!

Мちゃん、Iくんもたくさんのおひなさまと触れ合いました!きっとこれからも、元気いっぱいスクスク成長してくれることでしょうね!

コメントを残す on マリンパルだより  3月その1