JR Kesennuma Line

It was running a train loved by the people of Sanriku coast.
This is JR Kesennuma Line.
20130311225130b1d

It was very beautiful especially at the coast of Oya Kaigan under the sunset.
%e5%a4%a7%e8%b0%b7%e6%b5%b7%e5%b2%b8

Now it runs only to Yanaizu station and it is suspended the service from Yanaizu to Kesennuma.
This is dead end.
%e6%9f%b3%e6%b4%a5%e9%a7%85

After Yanaizu, there is still the station of Rikuzen Yokoyama, but the train does not arrive to this station.
%e9%99%b8%e5%89%8d%e6%a8%aa%e5%b1%b1%e9%a7%85

The reason of suspention is the quake and tsunami caused in 2011.
a0163309_2029118

This was the platform of Shizugawa station, but there is not any more.
%e5%bf%97%e6%b4%a5%e5%b7%9d%e9%a7%85

It was applaused by many people when the first train departed on 11 December 1977, 39 years ago. This is Motoyoshi station.
%e6%98%ad%e5%92%8c52%e5%b9%b412%e6%9c%88%e9%96%8b%e9%80%9a

img_1

Shizugawa station at the time of the first day.
img_0

The people of Sanriku coast are still missing this train.
We hope it recovers as soon as possible.
Sergio

Book us at;

コメントを残す on JR Kesennuma Line

『震災を風化させないための語り部』活動【最優秀コミュニケーション戦略賞】受賞!

日本最大級の政策コンテスト
「第14回マニフェスト大賞」におきまして
株式会社阿部長商店 南三陸ホテル観洋の
『震災を風化させないための語り部』活動
【最優秀コミュニケーション戦略賞】を受賞しました!

2019年11月8日、
六本木アカデミーヒルズにて
「第14回マニフェスト大賞」授賞式が開催され、
過去最多の応募総数2,619件から
6部門30件の優秀作品が選出されました。

【コミュニケーション戦略部門】では
南三陸ホテル観洋の
「震災を風化させないため語り部バス」を含めた
6件の取り組みが『コミュニケーション戦略賞優秀賞』を受賞!

さらに、『コミュニケーション戦略賞』を受賞した
6件の取り組の中から、当館が
【最優秀コミュニケーション戦略賞】を受賞いたしました!

震災直後より語り部活動を意識してきた阿部女将と
語り部・防災士の伊藤次長が登壇し、
賞状とトロフィーを授与されました。

その後、各部門の最優秀賞受賞者が
壇上でプレゼンを行いました。


5分という短い時間ではありましたが、
会場の皆様にご清聴いただき、想いを伝えることができました。

震災直後からの「語り部」活動の独自性・継続性と、
地域の交流人口拡大や経済活性化に貢献したと評価され、
この度の受賞となりました。
応援いただいている皆様、関わってくださっている
すべての皆様に心より感謝申し上げます。

南三陸ホテル観洋は東日本大震災発災時より、
公的な指定避難所ではなかったものの住民はじめ
多くの方々を受け入れ、震災当日から
避難所の役割を担ってまいりました。


多くの大切な命を守る砦となる事と
復興の牽引役となる事を使命として感じながら、
住民と従業員、ボランティア、医療工事関係者、
多くの方々が関わる避難所運営を行い、
自助・共助の取り組みを率先して行いました。


その震災の経験と学びを伝える「語り部」活動を
2011年より現在まで継続して行ってきました。
「語り部」の活動は災害伝承だけでなく、
交流人口拡大の糸口になり、地域経済活性化や
地域産業を守ることに繋がりました。

2015年からは、
「語り部の震災の記憶と教訓を伝えたい」
「多くの方が交流する場を作りたい」
という想いから、
「全国被災地語り部シンポジウム in東北」
実行委員会を結成しました。


民間企業の枠に留まらず、
様々な方々と連携しながら全国に働きかけ、
これまでに宮城・兵庫・熊本にて
4回の「全国被災地語り部シンポジウム」を開催。
南三陸町では、語り部フォーラムや座談会も行いました。

シンポジウムを重ねるたびに人と人が新しく、
またさらに深く繋がり、語り部活動そのものが
普遍的、持続可能な取り組みとして広がっております。

地方の民間企業でありながら、
ここまで取り組みを継続できたのは
『自助・共助』の考えを胸に、
ひとり一人がその課題に真摯に向き合っている
からこそだと考えております。

皆様に感謝致しますと共に、
機会がございましたら是非現地へ足をお運び頂き、
南三陸の風光明媚な景観と、豊かな海の恵み、
震災からの復興への歩みを感じて頂ければと存じます。

今後とも南三陸ホテル観洋を
ご愛顧の程よろしくお願い致します!

コメントを残す on 『震災を風化させないための語り部』活動【最優秀コミュニケーション戦略賞】受賞!

みやぎ応援ポケモン!~売店のラプラスグッズ~

皆様こんにちは、マッキーです。

11月15日発売予定の『ポケットモンスター ソード・シールド』に関連して!?
今回は、みやぎ応援ポケモンとして活躍している「ラプラス」にちなんだ
売店で販売中の「ラプラス」グッズをご紹介いたします。

 

その1…ラプラスの木製バッジ(税別710円)

 

南三陸町産のサクラ材を使用!
ラプラスのシルエットの形に加工されたバッジです。
当館を訪れた記念に、バック等に飾ってみてはいかが?

 

その2…ラプラスの木製コースター(税別500円)

 

南三陸町産の杉を使用!
オクトパス君グッズを制作している
南三陸復興タコの会」様が丹念に作り上げたコースターです。
透明のグラスの下に敷くと、
水の中からラプラスが登場!?
木の温かみをほのかに感じます。

 

その3…ラプラスフォトスタンド(税別2,300円)

 

 

鳥取のふるさと大使ポケモン「サンド」とのコラボレーション!
鳥取砂丘とサンオーレ袖浜の砂をミックスして、
作られたフォトスタンドでございます。
南三陸での思い出の1枚を、ラプラスとともに飾りましょう♪
数量限定!シリアルカード付の為、お早めにお買い求めくださいませ。
※お取り扱いには十分にお気をつけくださいませ。

 

近くをお立ち寄りの際には、売店にてお買い求めくださいませ。


★志津川名産タコしゃぶお試しあれ★⇒ツイッターフォローしてね♪
南三陸町にふるさと納税するなら⇒ふるさとチョイス

コメントを残す on みやぎ応援ポケモン!~売店のラプラスグッズ~

日の出フォトグラファー

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

一雨ごとに寒くなり

各地から霜や氷、雪の便りが届く頃

いかがお過ごしでしょう?

正面玄関前のお出迎えも、日暮れ時には

いよいよ 寒さが増してきています。

 

さて、南三陸ホテル観洋から眺める志津川湾の日の出の景色がきれいなことは、

お泊りになって、ご覧になられた方なら みなさんご存知ですね。

南三陸ホテル観洋には、

そんな 志津川湾の日の出専門に撮り続けている

フォトグラファーが居ます。

Bluebirderも、朝 寮の窓の外が白み始め、

空がうっすらと朝日色に染まるのがわかると、

「ああ、きれいな日の出が見られそうだなぁ・・・

撮影したらきっといいシーンが撮れるなぁ・・・」と思う・・・。

思いはするものの、

撮るには寮の奥にあるベランダに出なければならない・・・。

なので、つい 寒いからと布団から出ない・・・。

出ないで、二度寝してしまうのです(失笑)。

そんなぐうたらなBluebirderとは 違い、

晴天の朝、シャキッとカメラを向けているのが

当館のナイトフロントスタッフなのです。

その内の一人が Hさん

この6日と9日にも 撮ってくれました。

今回冒頭からご紹介している写真が 彼の「作品」です。

赤い というより、金色(こんじき)の 日の出です。

Hさん、ナイスショット♪!!!  おつとめ ご苦労さまです!

 

それにしても、わずか3日の差で

こんなにも日の出の位置が変わるんですね。

↑ こちらが 6日、

↑ こちらが 9日です。

 

こうした情景を、お泊りのみなさまは

露天風呂やお部屋から眺めていらっしゃるのです。

ブログをご覧のみなさんも、

是非、観洋の天然温泉から

志津川湾の日の出と絶景を楽しみにいらっしゃいませ!

 

まずは入浴だけでも、という方には

日帰り入浴をフロントカウンターで承っています。

毎日 AM11:00~PM3:00 最終受付PM2:00にて。

 

また お食事付きで入浴を楽しめる

お手軽な日帰りプランは 4400円からご用意できます。

観洋のタオルを お付けして。

岩風呂の温泉に浸かって 志津川湾の絶景をどうぞ!

コメントを残す on 日の出フォトグラファー

待ちに待った「第24回」!

皆さん、こんにちは!カナです(・∞・*)
初雪が観測された場所もある11月初め。
南三陸も昼間は気温が下がっています。
朝晩の冷え込みがあるのでお泊りの方は体調等お気を付けくださいませ。

さて、そんな季節が入り混じってきているこの頃。
気仙沼で開催されるイベントのお知らせです。

場所は気仙沼市
「JFみやぎわかめ流通センター特設会場(気仙沼市波路上瀬向75-91)」

日程は「11月23日(土曜日)」時間は「9時~14時」

【第24回 けせんぬま岩井崎 荒磯まつり】が開催されます!

1986年から震災直前の2010年まで23回に続き開催しておりましたが、
震災により被災し、中断を余儀なくされていました。

今年2019年、続きとなる【24回】目を迎えます。

当日の出店店舗は26店!

気仙沼の新鮮な海鮮を食べたり、購入でもできますよ♪

今からが旬の「牡蠣」のエキスがたっぷり入った「牡蠣飯」や
リピートが止まらない「タコ飯」など特別販売も行います。

お振舞いもあるみたいなので、行列必須です♪

イベントは「マグロ解体ショー」や、
(公式HPよりお借りしました)

「景品付モチまき」なども行われるそうです!
海鮮を楽しみながら、イベントも参加してみてくださいね♪

当館でも今が旬の海鮮を使ったプランをお出ししています!
「カキ鍋」と「秋鮭の炊き込みご飯」「鮭のちゃんちゃん焼き」
の3つがついたプラン♪
満福となる事間違いなしです!
(※平日限定のプランなのでお気を付けくださいませ)

それでは今日はこの辺で!また来週!

コメントを残す on 待ちに待った「第24回」!