✨ホテルのきらめき人✨

皆さん、こんにちは!カナです(・∞・*)

この前Twitterに載せた虹の写真には
たくさんのいいねやRTありがとうございました!
そういえば「副虹」は別名「ダブルレインボー」と呼ばれ
見つけると幸運が訪れるとか…!
天気雨+雲….の時は空をなるべく眺めるようにしています。
また虹が架かった時はお伝えしますね!

*———————————————————————————————————-*

さて、今日は南三陸で配布されている「広報南さんりく」に
当館にて営業部長・語り部スタッフとして活動を行っている伊藤文夫部長が

きらめき人」のコーナーにてインタビューを受け、
掲載を頂きましたのでご紹介いたします!

まずは伊藤部長が入社した昔の当館をご紹介します。
南三陸ホテル観洋の始まりは「12室(60名定員)」の小さな宿泊施設でした。
(写真はレストランシーサイド側ですが…)

今の外観はこんな感じ。
正面玄関入ってすぐのロビーを中心に分かれています。

そして、なんと昔は仙台から来るのに「4時間」も時間を要する地域でした。
確かに高速道路はなかった時ですからすべて下道になります。
今でも車で90分、
シャトルバスは2時間(仙台駅13:30発無料送迎運行中※要予約)かかりますが

高速道路ができた事により観光にも行きやすくなりました。

インタビュー記事では、
入社した当初の事。そして露天風呂の温泉を掘り、今に至るまで。
1ページになりますが ぎゅっと詰まった記事となっています。
最初こそ12室の宿泊施設だった当館も地域と共に成長を重ね、
たくさんのお客様にご利用いただけるホテルへと変わりました。

伊藤部長は景色や料理以上の
「笑顔の接客・おもてなし」が重要との思いを胸に。
今後も語り部活動、そして営業部長として観洋を発信していきます。

我々スタッフも、南三陸の魅力を一人でも多くの方に
知って頂けるよう情報発信やお越しいただいた皆様へ
お伝えできますよう努めてまいります!

*———————————————————————————————————-*

冬が旬の海鮮を使った嬉しいプラン♪
トロッと蕩ける白子と、旨味が詰まった牡蠣に舌鼓( *´艸`)
寒い季節だからこそ、温かい食べ物で体の内側を。
温泉で体全体をぽかぽかにしませんかっ?

インフルエンザもまだまだ流行中。
受験生は追い込みシーズンです。
皆様もお体には十分お気をつけてお過ごしくださいませ!

それでは今日はこの辺で!また来週!

コメントを残す on ✨ホテルのきらめき人✨

冬の味覚の新プラン!

こんにちは、むっちゃんですʕ•ﻌ•ʔฅ

冬の味覚は美味しいものばかりですよね。
当館でも、牡蠣と白子の鍋が付いた新しいプランの販売を開始しました!

牡蠣白子鍋鮭釜飯満福膳


(牡蠣白子鍋イメージ)


(鮭釜飯イメージ)

ご夕食に上記2品が含まれた期間限定のプランとなっております。
※鮑の踊り焼は付きません

三陸の牡蠣は雨水と海水が混じり合った環境で育ち
他の産地の牡蠣と比べて、濃厚でクリーミーな味わいが特徴です。
そして豊富な栄養素がバランス良く含まれています。

また、宮城県では鱈の白子を「たらきく」と呼びます。
認知症予防になるビタミンB2や骨を丈夫にするビタミンDが豊富に含まれています。

期間は2月28日(金)まで
月曜~金曜の平日限定となります。

料金はお一人様8,888円(税別)
(東館ご利用の場合は1人あたり2,000円(税別)増)
さらに、追加500円(税別)でイクラを付けることができますので
「鮭釜飯」を「はらこ飯」として味わえます!

ご予約は大人2名様以上から承りますので
ぜひお問い合わせくださいませ♪

インターネットからもご予約可能です↓

心もお腹も満福(まんぷく)になること間違いなし♪
皆さまのご予約お待ちしております。

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

◆ るるぶトラベル 宮城県ふっこう割クーポン ◆

残りわずかです! ご予約はお早めに♪

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

こたつで丸くなりたい冬こそ
景色とお風呂がひとつに繋がるインフィニティ温泉であったまろ♪

皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

コメントを残す on 冬の味覚の新プラン!

マリンパルだより  1月その2

こんにちは、マリンパルゆりでございます。

みなさん、ごちそう一杯のお正月を過ごしましたか。

そして、迎えたのは一月七日の七草の日ですね。

1月7日に七草粥を食べるとその年は病気にならず、健康に過ごせるといわれています。また、お正月にたくさんごちそうを食べることで疲れたお腹を休ませ、風邪を予防するという昔からの知恵でもあります。

もちろん、マリンでも、七草粥を作りましたよ!

お正月から、初登園のYちゃんおいしくてメロメロ。七草粥をペロリと食べました。

今年 マリンの子供や先生達みんな元気に成りますように。

そして、2020年、初の全員お揃いの日、みんなニコニコ笑顔。笑顔にも成長を感じますね!ほんとにかわいいです。

みんな揃ったので、集合写真をとりましょう。だいぶ、カメラ目線が出来るようになりました♪

では、今週も楽しく参りましょう~!また、来週。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す on マリンパルだより  1月その2

Soroban, Japanese Abacus

Do you know Soroban? It is the Japanese abacus or a traditional handy computer.
The origin of Abacus is not clear according to the Wikipedia, but in Japan the oldest Soroban found may be of the year 1444, 572 years ago.
This is the laboratory of Soroban in Kagoshima, handicrafted.
osumi_soroban_1949_1029

Traditional type with 5 beads of earth and 2 beads of heaven, used until Meiji or Taisho era.
%ef%bc%91%e7%84%a1%e9%a1%8c

Abacus is absolutely good to develop your brain, it is exported from Japan and opening several schools abroad. This is a text book of soroban in english.
51n84gzzy9l__ac_ul320_sr248320_

You can count million, billion, trillion, much more than calculator.
0043b%20large

Do you want to try these calculations?
e84dbf2d6cca6a082699226f4c6b711c

Now soroban competion also in English.
seiseki_2012_2

In Hotel Kanyo it is open a soroban class 3 times weekly.

Phew, very difficult.
Sergio.

Book us at;

コメントを残す on Soroban, Japanese Abacus

ちょっと変わったお餅の話

こんにちは、今年のお正月にはじめて
つきたてのお餅を触りました沖縄出身トーマスです。

お正月に散々お餅を食べて
「しばらくお餅なんて見たくない!」
という方もいらっしゃるでしょうが
空気を読まずにお餅の小話です。

さて、どうしてつきたてお餅初体験かというと
沖縄のお餅は「餅粉」を使ったおもちなので
「餅米」のお米のようにのび~るおもちではなく
他県でいう白玉やお団子に近い食感です。

↑こんな感じです。↑

お正月の朝食会場で皆様についていただいたお餅は
スタッフがその場で餅切りをして提供しておりました。
この時にわたしもつきたてのお餅を
もっちんもっちん餅きりしましたよ。
あったかやわらかなお餅に触れる貴重な経験でした。

お客様はそれぞれお好みで
「ずんだ」「ごま」「こしあん」「くるみ」
「納豆」「大根おろし」などなど
いろいろな味で楽しまれているのも新鮮でした。

ちなみに沖縄でお正月に食べるお餅は
『ナントゥー』と呼ばれる切り餅です。
沖縄と言えばやっぱり『黒砂糖』や『赤味噌』などで
味付けされた茶色いお餅です。

沖縄のお餅として有名な
月桃の葉に包んだ『ムーチー』は
旧暦12月8日に食べるお餅です。
2020年は1月2日でした。

ムーチーは黒糖を混ぜたお餅を
月桃の葉で包んで蒸した縁起物のお餅です。
健康祈願・長寿祈願として伝統的に食べられていますよ。
月桃の葉がとても良い香りで、黒糖の上品な甘さがたまりません。
(月桃の葉から剥がして食べるのが
ちょっぴり大変なのが玉に瑕……)

お正月のお餅ではありませんが、
私が沖縄のお餅で一番すきなのは
旧暦の8月15日(十五夜)に食べる『ふちゃぎ』。
魔除けの意味合いがある小豆を
つぶさずにそのまままぶしたお餅です。
豊作を祈願してヒヌカン(火の神)と仏壇、
神棚に供えた後に食べる縁起物です。

伝統的な『ふちゃぎ』は
塩ゆでした小豆をまぶしたしょっぱい『ふちゃぎ』お味
ですが、最近では砂糖で甘く味付けした小豆をまぶしたり
紅イモを混ぜた甘い『ふちゃぎ』もありますよ。

ちなみに私は甘くないしょっぱいふちゃぎが好きです。
歯ごたえが残った小豆と柔らかしょっぱいおもちの
食感の違いが楽しくてたまりません。

行事のお餅として紹介しましたが、
『ナントゥ』や『ふちゃぎ』は製菓店に並んでおりますので
沖縄に行かれた際には是非おためしくださいね。
『ムーチー』が食べたいなら
1月~2月の沖縄にレッツゴーです!

お餅に飽きた皆様に
ちょっとかわったお餅のお話でした。
ムーチーよりふちゃぎ派のトーマスでした。

コメントを残す on ちょっと変わったお餅の話