まだ居ました

 

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

暖冬の今シーズン、

三週間も早く北へ向かい始めた伊豆沼のマガンや白鳥の

北帰行も殆ど終わり・・・

という報道に驚いて、もしやコクガンも?!と、

海辺に出かけ 姿を確認してホッとしたのが もう三週間前のこと。

 

春のような陽気も手伝って、志津川湾のコクガンも

すっかり北へ帰ってしまったとばかり思っていました。

 

が、まだ居ました。数羽だけですが。

3月22日の夕方、いつもの場所へ確認に行ってみると・・・

二週間前に「取り残されていた」とご紹介した

調査用の標識と発信機を付けたコクガンも

せっせとアマモを食べていました。

あの時より いくらか元気を取り戻しているようで

良かったよかった♪

他にも、合わせて八羽くらいでしょうか、オオバンの傍に寄り添うように

港の岸壁からそう離れていない辺りに 点々と。

オオバンに「寄り添う」コクガンたちの魂胆は・・・、こうです。

 

彼らが潜水して取ってきたアマモを横取り!

横取り!!

横取り!!!というわけです。

さすがのオオバンも、冬場以上に執拗に迫ってくるコクガンに

嫌気が差して、避けようとする様子も見られました。

潜水の得意なオオバンにとっては 気の毒にも見えますが、

何せコクガンは 潜れませんから。しかも、旅立ち間近。

きっと、この横暴とも思える行為を許容し共生してくれているのは

それを知っているから なのかも知れません。

身体の小さなオオバンの方が、心が広いのかな?

 

いずれにしても、北帰行を目前に 食欲旺盛なコクガンたち。

エネルギーを充電して

最後の一団の旅立ちも いよいよ間近なようです。

コメントを残す on まだ居ました

人々の生活と観光を繋ぐ~大島大橋~

皆様こんにちは、マッキーです。

今回は当館から車で約50分!
「気仙沼」と離島「大島」を結ぶ大島大橋(鶴亀大橋)をご紹介いたします。

こちらの橋は、全長(橋長)356m!
白い綺麗なアーチの橋が昨年4月7日に開通いたしました。

その3年前の2016年冬、
研修旅行で気仙沼を立ち寄った際には、
橋が建設途中で、
陸地でアーチ部分の工事を行っていました。
それから3年の月日が経ち開通し、今に至ります。

この橋の開通により、
それまで気仙沼港と大島を繋ぐ住民や観光客の足となっていましたが、
フェリーは廃止となりましたが、
その代わりに、一日に8本程のバスが気仙沼市内とバスを行き来しています。

実際に渡ってみると、気仙沼の港町が一望できる眺め♪
反対側は、小型船と養殖棚と主に自然が広がっていました。

大島側には、
駐車場&お手洗いの他に、記念撮影ができる
木造の高台がございました。

気仙沼にお越しの際には、
ぜひ車と徒歩で渡ってみてはいかが?
自然いっぱいの大島をぐる~っと一周するのもおすすめです。

コメントを残す on 人々の生活と観光を繋ぐ~大島大橋~

春メニューと来月の記念日✿

こんにちは、むっちゃんですʕ•ﻌ•ʔฅ

春を感じる今日この頃。
春季限定の人気メニューがレストランで提供開始となりました!

南三陸キラキラ春つげ丼です!!


(税込2,200円) ※仕入れ状況により内容が異なる場合があります

とても綺麗な色合いで
南三陸の海の幸と旬の春告げ野菜が盛られた南三陸キラキラ春つげ丼は
4月までの期間限定メニューとなっております。

町を盛りあげるべく、当館の女将が発案した「南三陸キラキラ丼」シリーズ。
A級素材を盛り込んだ自慢のどんぶりをぜひご賞味ください♪

同じく、春季限定メニューとして
南三陸旬の海パスタの提供も始まっています。


(税込1,320円) ※仕入れ状況により内容が異なる場合があります

志津川産のタコと菜の花が盛り付けられた海パスタは
柚子胡椒でぴりっと味付け。

風味がくせになるパスタも併せてご賞味くださいませ!

レストラン「シーサイド」は11:00~20:00までの営業となります。
(ラストオーダー19:30)

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

そして、来月4月29日は南三陸温泉の開湯記念日
今年で16周年を記念して
4月27日(月)、28日(火)、29日(水)の3日間
のお風呂が入れ替えとなりま~す!

毎週水曜日はお風呂満喫デーということで
翌朝4時~10時の間入れ替えを行っておりますが
開湯16周年を迎える4月は3日間連続となります。


(男性露天風呂)


(女性露天風呂)

男性は女性風呂へ、女性は男性風呂へ!
いつもとは違った雰囲気を楽しみませんか?

4月27日~29日宿泊の翌朝が男女入替となります。
まだまだ宿泊に空きはあります!
ぜひご予約くださいませ♪

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

ぽかぽか日和!
景色とお風呂がひとつに繋がるインフィニティ温泉で癒されよう♪

皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

゚*。☆ いいね! フォロー お待ちしてます♪ ☆。*゚
あああ

宜しくお願い致します
\(^o^)/

コメントを残す on 春メニューと来月の記念日✿

マリンパルだより3月その4

 

いらっしゃいませ(^^)マリンパル保育士小野寺です♪先日、梅の開花のニュースをみて、「せんだい農業園芸センター」に行って来ました!

辺り一面梅の香りが漂って、気持ちいい空気に包まれていました!ついでに、トマト狩りを!と、思いましたが、予約でいっぱいで、残念ながらトマトを持ち帰ることは出来ませんでした・・。次回こそは必ず!!!

こちら、マリンの紅梅もどんどん開花が進んで、ピンク色が本当にキレイです!そばに行くと、本当にいい香りなんですよ♪この、香りを楽しみながらのお外遊びも楽しいこの頃です!

この冬大活躍した、この防寒着もそろそろ着納めですね!春は身軽な服装で遊べるので、より活動的になりそうです!

一方室内では、どんどん活発な動きになりました!

・・・テーブルの隙間から、誰かがのぞいてる(笑)視線を感じますね(笑)

同時に、食欲もますます増しました!

おしとやかに、ハムハム食べるRちゃん♪

豪快に、食いちぎろうとするYちゃん!

二人とも、必死さが伝わりますね!食べている姿も、ずっと見ていたいくらいかわいいんです♡大好き(^^)

ある日、倉橋部長さんが、何やら手に持ってマリンに遊びにいらしてくれました!バッグの中には・・・

ふわふわ、真ん丸の可愛い猫ちゃんが!!お名前は、「みちよさん♪」

さっそく、子ども達とお友達になろうとしますが、みちよさんはびっくりして逃げ出してしまいます!

驚いて、バッグの中に帰ってしまいましたが、抱っこもさせてくれて、おりこうちゃんな、みちよさんでした!!かわいかった~♡、倉橋部長さま!是非またみちよさんに合わせてくださいね!!次は、一緒に遊べるといいなあ~!

先日小野寺の携帯の中から懐かしい写真が出てきました!Yちゃんのお兄ちゃんの1歳の頃の物です!同じ場所で撮ってみると。。。!そっくり!似てますね(*^。^*)

お兄ちゃんも生後4か月で入園し、マリンですくすく大きくなりました♪懐かしいなあ・・・♪こういう思い出や、経験の積み重ねが、日々の保育の励みや楽しみになっています!

最近のYちゃんのお気に入りの場所♪小野寺のデスクの下の物置です(笑)

こっそりこっそり忍び寄りひっそりと探索しています(いたずらとも言いますね(笑))

特にお気に入りは、小野寺の、元気100倍ドリンクの箱。。。(*^。^*)一本一本取り出して転がして遊んでいます!・・・ん?静かだな?と思って「Yちゃん♪」と、呼んで振り向いた時がこちら(笑)

まるで飲んでいるような格好に笑ってしまいました!

お迎えが来るまでは、Yちゃんと2人の時間が長いので、こんなお手伝いもしてくれるようになりました!

洗濯を干そうとすると。。。ハイハイで駆け寄り

「はい、どうぞ♡」とでも言うように、洗濯物を手渡してくれます!もう、小野寺感激~~!!

 

後半はYちゃん特集みたいになってしまいましたが。。。Yちゃんは、この3月末でマリンを卒園します。(淋しい。。。(T_T))これまで成長をそばで見守って来れて、本当に幸せな毎日でした。残り、本当に僅かな日々となってしまいましたが、悔いの残らないように存分に愛情を注いで保育していきたいと思います!

では、また来週~!!

 

マリンパルだより3月その4 への1件のコメント

Jomon Shell Mound at Satohama

Satohama Shell Mound is located between Ishinomaki and Matsushima where was lived by Jomon people, ancestors of Japanese, from 6,800 to 2,000 years ago for more than 4,000 years. Shell mound is long 600m and wide 200m thick 6m.


These faces are believed as typical Jomon people. The origin of Jomon people is considered as the Sundaland (former South East Asia) or the Siberia.


Jewelry of Jomon people, jadestone.


Arrowheads, for hunting.


House of Jomon people.


Excavation of Satohama started from Taisho Era, 100 years ago.


This is a replica of Jomon venus.


Sannai Maruyama ruins, the biggest Jomon village of Japan in Aomori, 40 hectare big.


New fashions of Jomon girl and Yayoi girl.

It is only 1 hour from Shizugawa to Satohama by Sanriku Motorway.
Please experience ancient Japan.
Sergio

Book us at;

コメントを残す on Jomon Shell Mound at Satohama