雪虫 ゆきむし

一週間ぶりのご無沙汰です Bluebirder*Sです

この26日 観洋近くで”雪虫(ゆきむし)”を見かけました
もう 雪のおしらせ?
こちらの画像では 殆ど判りようがないのですが
この辺りを 無数の雪虫がフワリフワリと舞っていました

そこで 歩道に寄ってきたのを 手にとまらせてみました
(ガサガサの手が気になりますが どうか気になさらずに 笑)

雪虫は 北海道や東北地方では
初雪の降る少し前にフワフワと宙を舞う姿が見られることから
冬の訪れを告げる風物詩にもなっています

雪虫は アブラムシの一種
白腺物質を分泌して
全身が綿で包まれたようになります

秋には 産卵のために大量発生しますが 寿命はわずか一週間ほど
この時に羽を持つ成虫が 蝋物質を身にまとって飛び
その姿が雪を連想させます

飛ぶ力が弱く 風になびいてフワリフワリと流れるので
なおさら雪を思わせる というわけです

彼らが飛ぶのは 移動性高気圧に覆われた風の穏やかな日で
高気圧が通り過ぎた後は 強い冬型の気圧配置になって
雪が降りやすくなる といったことから
「雪虫が飛ぶと雪が降る」と言われているようです

そろそろ冬タイヤに交換の時期かとも思われますが
ほかに雪の気配は 感じられず
そのせいか 志津川湾で越冬するコクガンの飛来も
例年より少し遅れているようです

こちらは 雪虫を見かけた日の小さな港の様子

観洋を

向こうに望むこちらの港では

12羽ほどが 港内を泳ぎ回って

大好物のアマモを食べていました

風が強かったあとでしたから アマモが岸壁に打ち寄せられていて
食べやすかったようです

近年 志津川湾では400羽の越冬が確認されているのですが
今の所 地元野鳥の会で確認しているのが84羽

海のビジターセンターでは 20日に54羽を確認しましたが
この日26日の朝 確認できたのは22羽でした
今年は飛来するペースが遅れているようです

「まだ少し暖かいせいですかねぇ」
というのはセンタースタッフのつぶやきですが
それでも ”雪虫(ゆきむし)予報”が的中して
気圧配置はゆるやかに西高東低へ向かいそうで

週の半ばには気温が下がる予報ですから
コクガンの飛来の勢いが いよいよ加速するのかも知れません

雪虫が冬の兆しを告げ これから飛来するコクガンたちは
文字通り ”冬の使者”ということになりそうです

コメントを残す on 雪虫 ゆきむし

☆観洋×クリスマス装飾☆

皆様こんにちは、
先日、米沢に束の間の帰省をしてきたマッキーです。

この時期の米沢と言えばやっぱり雪!
私が帰った日も見事に10~20センチの雪が積もっていました。
(正直な所、雪国の様子が見たくて冬に帰省するのも若干あります)

場所によっては除雪車も出動して、
雪国の生活を思い出す帰省となりました。

さて明日・明後日はクリスマスですね~
先日のBlogではクリスマスツリーについて紹介いたしましたが、
今回はその他のクリスマス感のある物を紹介いたします。

その1…5Fロビーにはクリスマスツリーの脇に特大サンタが登場!

およそ2メートルのサンタさんが登場!
荷物を脇に携えて、
ロビーで皆様をお出迎えしています。

(花束等でお世話になっているサトー園芸様のご提供でございます)

その2…5Fロビーにはラウンジのラプラスがクリスマス仕様に!

当館のラプラスはクリスマス仕様にチェンジ♪
サンタクロースとトナカイの可愛らしい絵が特徴的!
記念撮影にもおすすめのスポットでございます。

その3…5Fフロントには大きなクリスマスリースが登場!

皆様をお出迎えするフロントには、
クリスマスリースが登場♪
大きなベルとリボンも特徴的ですね。

皆様も年に一度のクリスマス!
思い思いの形で楽しみましょう♪

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

ああ\ 三陸の美味しい海の幸や加工品、雑貨まで勢揃い! /

お買い物はぜひ、ネットショップ「南三陸復興ストア」で!

年末大感謝祭開催中!Yahoo!ショッピングはこちら↓

歳末大感謝祭開催中!楽天市場店はこちら↓

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

ああああああああ★ 期間延長!対象地域拡大! ★
\ みやぎ宿泊割キャンペーン 宿泊割引&クーポン付プラン /

期間の延長と対象地域の拡大が決定いたしました!

期間:2022年3月10日(木)チェックイン分まで
対象:宮城県、秋田県、岩手県、山形県の4県在住者の方

まだまだ予約は間に合いますよー!
延長になった1月以降のご予約がおすすめです♪

上の画像をクリックすると詳細ページへ飛びます。
ご予約前にご一読くださいませ。

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

 【観洋ちゃんねる】 動画アップ! 

今回の動画は
南三陸ホテル観洋専用プランの解説動画!
ご予約の前にこちらの解説を見ておくとスムーズです!

いいねチャンネル登録もよろしくお願いしま~す\(*ˊᗜˋ*)/

ああああ \ 感謝 / チャンネル登録者数800人突破
公式YouTubeチャンネルはこちら⇒南三陸ホテル観洋【公式】
ああああ୧(`•ω•´)୨ 目指せ!チャンネル登録者数1000人!! ୧(`•ω•´)୨

コメントを残す on ☆観洋×クリスマス装飾☆

窓辺にスコープの放列!

一週間ぶりのご無沙汰です
Bluebirder*Sです

観洋ティーラウンジ脇に
“カモメの観察コーナー”があることは
かねてからご紹介しているところですが
最近 異変が・・・

はい
三脚に据えられたフィールドスコープが いつの間にか3台に増え

一方 東館の窓辺にも 1台据え付けられ ↓

更に 志津川湾の”観察態勢”が充実しました

観洋ファンでいらっしゃる
仙台のK様のご厚意で 整いました
ありがとうございます

勢ぞろいした”スコープたち”は優秀で
なかなかの解像度 よ~く観えます

これまでの双眼鏡に加え
湾内の観察にはもってこいのアイテムが揃い 楽しみが増えました

これで コクガンの姿も
かなり小さくではありますが
ここ観洋からも確認できるようになりました

この窓の右手 ずっと向こうの海域に ”彼ら”は居ます

 

雪のチラつくこの18日
いつもの漁港へ”ブログ取材”に行ってみると・・・

居ましたいました♪ ちゃんと居てくれました

スコープを使わず 遠巻きの観察ですから正確ではありませんが
家族ごと それぞれ散らばって 優に10羽以上

しばらく眺めていると
まだ若そうな”美形”カップルが 岸辺に・・・

幼鳥時に持っていた好奇心そのままに 近づいてきてくれました

ほらほら 2羽の目線で
こちらの様子をうかがっているのが判りますね
“興味津々”って感じ

南三陸海のビジターセンターによりますと
このところ センター観察デッキから確認出来ているのは
せいぜい50~60羽程度なのだとか
先週の2分の1以下 3分の1になってしまいそうな数に・・・

どうやら”湾内分散化”が進んでいるようです ただ理由はわかりません

それとも 強い寒気に追われて
少し南方へ移動した一団があったのか・・・ 定かではありません

とにかく 冬の南三陸町志津川湾に国の天然記念物”コクガン”あり!

絶滅させてはいけない貴重な水鳥の姿を 是非 観に来てください

お待ちしております!

コメントを残す on 窓辺にスコープの放列!

冬鳥 その2

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

いよいよ寒さが厳しさを増す中、

早いもので もう2月ですね。

 

さて、先週に続いて

冬、南三陸町は観洋近辺で観られる野鳥のご紹介です。

 

こちらは、紅猿子。

えっ? ですよね。ごもっとも。

 

何と読むのかといいますと、「ベニマシコ」。

胸からお腹の辺りの鮮やかなイチゴ色が特徴的なオスです。

 

顔は「猿顔」、

で 紅(ベニ)猿子(マシコ)と呼ばれるようです。

 

実は このベニマシコ、「冬鳥」ではありません。

「漂鳥(ひょうちょう)」です。

漂鳥というのは、日本の中で季節的な移動をする鳥のこと。

標高の高いところや、緯度の高いところで繁殖し、

冬はより暖かい地域に移動し越冬します。

北海道と青森の下北半島で繁殖し、

冬は本州から南の山地の落葉樹林のヤブや

水辺のアシ原でよく見られます。

観洋辺りで 決まって姿を見せるのが、

うっすらと雪の積もった晴天下のヤブの中。

ですから てっきり「冬鳥」と勘違いしていました。

クルクルと体の向きを変えながら

“フィッ!フィッ!”と鳴いて移動しますから、それと直ぐにわかります。

 

雪とイチゴ色のコントラストが鮮やかできれい♪

っていう写真を撮りたいのですが、

なかなかタイミングが合わないのと、

やはり 彼らもレンズが嫌いなようで・・・。

~~~~~~~~

さてさて、

南三陸町の豊かな自然のシンボル的存在の冬鳥 コクガンですが、

先日 南三陸海のビジターセンターに伺ったところ

女性スタッフが

「いつもは100羽前後なのが、

今朝は150羽以上確認出来ました」とのこと。

更に「お隣石巻市の北上川河口付近にも

1群れくらい確認出来た」そうです。

写真は、先月29日のいつもの漁港での様子。

寒さが厳しくなるにつれ、志津川湾のコクガンの数は

まだまだ 増えてきている様子。

大好物のアマモの藻場が 豊かになっている証しでしょうか。

前のシーズンの飛来数300羽以上は

去年暮れにカウントしていますから、

今シーズンは果たして・・・

コメントを残す on 冬鳥 その2

自然豊かな平筒沼ふれあい公園!

大家好,我是惠。
皆さん、こんにちは、恵です。

在這裏先分享前幾日的大雪給大家,一夜的大雪堆積的足足有10厘米厚,
第二天一大早大家在寒風中清掃着大雪,迎接每一位客人的到來。

 

まずは先日の大雪について。
一晩にして積もった雪は10センチになりました。
翌朝皆さんは冷たい風の中で除雪を行い、
お客様のお迎え・お見送りの準備を行います。

今天向大家介紹距離本舘車程30分鐘的登米市《平筒沼交流公園》,
入選「宮城新觀光名所百選」的公園。

本日は、当館から車で30分程の登米市「平筒沼ふれあい公園」が
「宮城新観光名所百選」に選ばれたのでご紹介いたします。

春季、步道兩側共有875棵櫻花樹、滿開的櫻花非常漂亮。

春になると、遊歩道の両側には875本の桜の木がございます。
満開になりますと桜はとても綺麗です。

夏季有睡蓮和色彩迷人的粉紅紅蓮花。

夏は綺麗なピンクな色の蓮がございます。

秋季可觀賞園區天然圍繞的紅葉林。
秋には、公園の自然に囲まれた紅葉林を見ることができます。

前幾日,我特地前去了此地,候鳥飛來是冬季的一大特色,
各種類的鳥類聚集在這裏,給寒冬增添了不少生機。

数日前、私は「平筒沼ふれあい公園」に行って来ました。
渡り鳥は冬の名物であり、様々な種類の鳥がここに集まり、
皆、仲良く過ごしています。

每一個季節都有它的美,希望有機會的那一天,大家能來日本旅行,來這裏觀光。
季節によって、それぞれの美しさがありますが、
機会があれば是非日本へ旅行し、観光にお越しくださいませ。

今天就到這裏,下周見哦。
それでは、また来週。

Book us at;

コメントを残す on 自然豊かな平筒沼ふれあい公園!