マリンパルだより 4月その2

こんにちは、マリンパルのゆりです。ついに桜の季節がやってきました。マリンの園庭にもこありたこちらに、桜が咲きました。巷では恒例の入園、入学の季節です。マリンパルには、今年さらにこどもの人数がすくないですが、先生たちは、1人でも、2人でも、通常保育より、工夫して、こどもと楽しく園生活楽しませたいという気持ちで保育を行います。

先生と一緒に壁面に担当を楽しんていたMちゃん。

大家好,我是保育院的優莉,又是一年中樱花盛开的季节,保育园的院子里的樱花也开了。又到了一年中入园,入学的时期。虽然,今年我们保育院的孩子的人数很少,但是比往常更尽心,开动脑筋,想办法让在园的孩子们快乐的生活。

成为本期环境布置的主打,和老师一起制作壁画。

どうでしょうか?可愛い壁面がよく出来ました!

看,怎么样?是不是很可爱。

今月の防災訓練、2人一緒に参加しました。ちゃんと座って、きちんと先生の話を聞いて、とってもお利口さんでした。

两个孩子一起参加本月的防灾训练,安静的坐着,认真地听老师讲话的两个好孩子!

さて、今日訪ねてきたのは今年、新しく中学生になったKちゃんとKくん。なんと、立派な制服を着て大人ぽく見えません。そして、将来の目標もはっきり言え、本当に素晴らしいですね。

今天来访的是今年成为中学生的枫姐姐和海哥哥。两人都是保育园的毕业生,穿上崭新的校服,还真有些大人的模样,谈着自己将来的目标,真是非常的英俊潇洒。

続いて訪れてくれたのは、ぴかぴかの1年生のMくんとSくん、人生初のランドセルを背負って、まぶしいい位にぴかぴかです(笑)

接下来,登场的是初入小学的m君和s君,背着崭新的书包,穿着崭新的制服,简直有些耀眼。(笑)

小さい頃、ずっとマリンの美味しい給食を食べてきました。給食室の中には、入ったことがなかったので、今日は、中まで見学。そして「ゴキブリいますか?」と衛生問題まで質問されました。(笑)「大丈夫、君達と同じぴかぴかです!」。

小时候,虽然每天都在保育园吃中午饭,却没有进过厨房,今天,有机会进到厨房里参观。「厨房里有蟑螂吗?」m君非常地关心保育园的卫生问题。「放心,厨房和你们一样干净耀眼」(笑)

園門から走って来たのはマリンから卒業したばかりのYくんとKちゃん。まるで、実家に帰るように、頬笑み満面。新しい保育園はまた慣らし保育・・・でもがんばっているね。これから、もっと友達がいっぱい増えるといいなあ。

一进院门就一路小跑进来的是刚刚毕业的y君和k君,就好像回到自己家一样,满脸的笑容,新的保育园还在适应阶段,但是,加油,从现在起会认识更多的新朋友。

あれれ!これは~~~マリンの新しい友達としての金魚鉢、中は残念金魚さんはいませんね、早く本物の金魚さんに来てほしいと待っています。

噢呀!这是~~~~是的,保育院的新朋友,小鱼缸,但是,非常遗憾,现在还没有鱼,希望早点有小鱼住进来。

今月は子どもたちをお花見にも連れて行ってあげたいと思います♪その様子はまたお伝えしますね!

では、また来週(^-^)

本月,将带孩子们去赏樱花,届时,将向大家汇报!

来周再见(^-^)

 

 

 

コメントを残す on マリンパルだより 4月その2

マリンパルだより  3月その5

いらっしゃいませ(*^^)v

日ごとに暖かくなってきて、気分もうきうきなマリンパル保育士小野寺です。各地で桜の開花がニュースになっていますが、東北の開花も待ち遠しいですね!マリンパルのお庭も知らず知らずのうちに春の足音が。。。♡紅梅やムスカリが次々にぽんぽんほころんで花を咲かせています。やさしい春の香りでお庭が包まれていて、お外あそびが和みます(*^^)

さて、いよいよ年度末最終週。。。卒園式を控えた今週は、「やりたいことをやりつくそう~!!」ということで、思い出作りweek!何しようか・・・♪(。。。自分が一番楽しんでいます(笑)

第一弾は、「みんな揃ったから、公園へ行こう~」の巻♡

この日は、ぽかぽかいいお天気!タコさんで、遊ぼうね~!

の、はずだったのに、荒島パークに到着すると、強風!見てください(笑)恵先生の髪の毛がグルングルンまきあがって、帽子も飛んじゃう~

あまりの強風に負けてしまいチョットだけ遊んで、沼田の公園へ移動すると・・・こちらは、風もなく穏やか~♡良かった~!

滑り台もどんどん挑戦して、目いっぱい遊んできましたよ!

第二弾は「綿あめパーティーをしよう~」の巻♡

給食のデザートに、この日は綿あめを作って食べましょうか~♪

みんなのお目目が、キラキラ、わくわく♡綿あめを食べようと、苦手なお野菜も今日は、あっと言う間に食べれます(笑)綿あめパワー恐るべし!

ザラメを、投入するとふわふわの綿あめが出てきて、みんな興味津々!お代りがとまりません♪

喜んでくれてホントに良かった♪

第三弾「遊んだおもちゃに感謝をこめて・・・きれいに洗っちゃお!~泥んこ遊びになっちゃった~」の巻♡

毎日遊んだおそとのおもちゃたち、バケツに水を汲んで、ごしごしときれいに洗いま・・・せん(笑)遊んでました(笑)

いいの、いいの!楽しければいいんです!

ドロンコ、水こね解禁してもらい、心行くまで満喫していましたよ~!最後のお洗濯の持ち帰りとなりました(#^.^#)(先生達も手が泥んこで写真がなくて失礼しました(笑)

第四弾「お別れ会~いっぱい遊んでくれてありがとう~」の巻♡

さて、思い出づくりもいよいよ後半戦。卒園式の前日には、ラッコ組の2人と準備をしてお別れ会を行いました。この日はみんながお世話になった由美香先生も駆けつけてくれてにぎやかな会になりました(^-^)

ラッコ組のМちゃんは、なんでも知ってます。「マリン、卒園したら先生とミーちゃんと会えなくなるんだよ」その言葉が、とっても寂しく聞こえます。。。「そうだね~会えなくなるけど、きっと遊びに来てくれるから楽しみに待っていようね(^^)」感謝をこめて、楽しいお別れ会にしてあげましょう♪

みんなが、大好きな歌や踊りゲームで最後の思い出作りが出来ました。

マリンでの最後に食べる給食も、とく子先生が心をこめて準備してくれて、美味しく食べてくれました。

毎日この味で大きくなった子どもたち、大好きなメニューもいっぱい出来たね(^-^)第2のおふくろの味、きっと懐かしく思い出してくれることでしょう。。。

・・・余談ですが。。。私達のおそろいのエプロン♪とってもかわいいと思いませんか♡(笑)

第五弾「卒園式」の巻

そしていよいよ迎えた卒園式当日。

お天気もお祝いしてくれて穏やかな陽気の中での卒園式の幕開けです。子どもたちも保護者の方々も、最後のマリンパルでの行事。さみしい気持ちのなかにも、希望がいっぱいつまった式になりました。

卒園証書を手にしたみんな。誇らしげな表情ですね!

卒園児の保護者の方の代表のご挨拶も素晴らしかったです。。。

最後は、先生達からのサプライズ。。。なんと、ひとりに一個ずつのくす玉割り!みんなの名前と応援メッセージでお祝いします!

そして、園長先生から心のこもった会食のプレゼント。最後の思い出話に盛り上がりました。

生後3カ月で入園した、Yくん。愛嬌たっぷりでいつもニコニコ(^-^)でみんなに愛されました!毎朝7時半の登園、ママもYくんも本当にがんばったね!

1歳のお誕生日の次の日からの入園のKちゃん。マリンの給食がなかなか食べれなくて、おじや生活が長かったけど、今ではしっかり食べれるようになりました。ピンクとアンパンマンが大好きなKちゃん、気仙沼から時間をかけての登園だったけど毎日本当にがんばったね!

2歳6カ月で入園したSくん。ママの出産にあたっての入園。一気にいろんな環境が変わり、たくさんの戸惑いがあったね。でも、持ち前のマイペースさで、周囲を和ませて園生活をエンジョイしていましたね。家族で行事を楽しみにしてくれて、いつも応援してくれてうれしかったね!

1歳2カ月で入園したRくん。最初はアレルギーがあったため、除去食での給食。味気ないごはんでも、もりもり美味しそうに食べてくれる姿はいじらしかったよ。除去食も解除になってみんなと同じ給食が食べれるようになって良かったね!

4人と言う少人数ですが、とっても大きな存在感がある子どもたちでした。笑って泣いてケンカして、怒って怒られて。。。(笑)家族みたいに過ごした毎日。たくさんの愛情に包まれてこんなに大きくなりました。大切な子どもたちのこれからの成長をマリンパル職員みんなで見守って行きたいと思います。保護者の皆様、今日まで本当にありがとうございました!

これまでご支援、応援して下さったたくさんの皆様、おかげさまで今年度も無事に終わりを迎えることが出来ました!ありがとうござます!引き続き、新年度以降も楽しい保育と元気なマリンパルをお伝えしていこうと思いますので、今後ともどうぞよろしく願いたします!

コメントを残す on マリンパルだより  3月その5

足が黄色でキアシシギ

一週間のご無沙汰です。

玉置・・・じゃなくて BlueBirder*Sです。

今日は、海辺のカワイイ こいつをご紹介します。

もちろん、南三陸町で撮りました。

まだ、ちょっと幼いヤツなのかな?

ね、かわいいでしょ。

キアシシギは、チドリ目シギ科に分類される鳥で

シギの仲間。

名前の由来は、「足が黄色い」ことから、

そのまんま「キアシ」シギ。

シベリア北東部やカムチャツカ半島などで繁殖し、

冬は東南アジア、ニューギニア、オーストラリアに渡って

越冬します。

日本では「旅鳥」として

北海道から沖縄までの各地で、春は4月から5月、

秋は他のシギ・チドリよりも早く

7月下旬から観察され始め、

10月ごろまでごく普通に観察されます。

旅鳥というのは、

渡りの途中、春と秋に定期的に姿を見せる鳥のこと。

日本ではシギ・チドリ類に多いようです。

九州や南西諸島では、越冬する個体もあるそうです。

全長はおよそ25cm、翼を開いた長さはおよそ55cm。

そう、体長の割には翼が長いのです。

体は雌も雄も同じ色です。

足は黄色で、他のシギに比べて短め。

嘴は黒く、根本の部分は灰色がかった黄色。

繁殖期以外は、砂浜や干潟、磯、水田などに生息しています

アハ、すまし顔してたたずんでいたら

波しぶきに やられちゃいましたね。ああ、やばつい!

群れで行動することが多い、といいますが、

町内で群れでいる所はまだ見たことがありません。

海岸部からかなり離れた河川で観察されることもありますが

この場合、単独か多くても数羽のことが普通なのだとか。

ということは、志津川湾外では

きっと群れを成しているのかも。

繁殖期は樹木の疎らな草原や川原、

小石が混じったツンドラ地帯に生息しています。

水深の浅い場所を歩きながら、

カニや昆虫類などを食べていて、

防波堤、テトラポット、海岸の石の上などで休んでいます。

こいつは、何か獲物を狙っているようですね。

声もかわいらしく ピュイピュイとすんだ声で鳴いたり、

飛びながらピュイーと鳴きます。

双眼鏡を片手に、

どうぞ 南三陸町へ観察にいらっしゃぁ~い!!!

足が黄色でキアシシギ への1件のコメント

マリンパルだより 3月その2

いらっしゃいませ(*^^)v マリンパル保育士小野寺です。金曜日。。。あいにくのお天気です。各地雨の被害がないことを祈ります。。。

3月になりましたね・・・!ぽかぽかの陽気の日だまりが本当に心地いい季節ですね♪

マリンの子どもたちも、春が来たのを体で感じながらおひさまと仲良しで遊んでいます♪後ろ姿が、ほのぼの。。。ほんわかした気持ちでながめている小野寺です(*^_^*)

こんな天気がいい日は、あそこに行こう~♪見はらし最高の、ホテルの屋上へ。。。シャボン玉を持参して行ってきましたよ(^^♪

広々した屋上で、青空と、青い海を見ていると心も体も開放的になります!本当に気持ちいいんですよ~!。。。と、実は私が一番気に入っています(笑)

シャボン玉、とっても上手に吹けますね♡

こんな穏やかな海で、7年前にはあんな災害が起きるとは考えられませんね。。。7年前の3月11日の午前中も、ここに子どもたちと散歩にきました。同じように本当にいいお天気で海も穏やか。。。気持ちよく遊んで皆ではしゃいで帰った記憶があります。

あれから、7年経とうとしています。早いような。。。長かったような。。。色んな事がありました。悲しい永遠の別れもありました。2011年3月12日は、長女の卒業式で、前日は私もウキウキ。。。次の日の卒業式や保護者の方々と計画していた卒業を祝う会の準備を前日の夜に高野会館に集まって行う予定でした。中心になって一緒に準備を進めてきてくれた方が津波の犠牲になり。。いつも顔を合わせていた保護者の方々もたくさん犠牲になりました。

日を改めて、行なわれた卒業式。本当はみんな笑顔で迎えるはずでしたが、会場はひっそり。せっかくの晴れの日でしたが、一緒に迎えることが出来なかった生徒や、亡くなった保護者の方々の事を思うとつらくてたまらない卒業式でした。

当たり前に出来ることが当然だと思っていた卒業式・・・以来、卒業式と聞くと特別な思いが湧き上がります。

明日3月10日は次女の専門学校の卒業式です。自分で作ったドレスを着て卒業生は式に出るそうです。ボルドー系のドレス、今までで一番上手に出来たとか。。。(#^.^#)きっと華やかなのでしょうね・・・!式を無事に迎えられることに感謝しながら、明日は、娘の旅立ちを祝いたいと思います。

3月11日、南三陸町では慰霊祭が執り行なわれます。

この日はもちろん、毎日亡くなられた方々に祈りをささげている方々がいらっしゃいます。町内の消防署の片隅に、津波で殉職された消防士の方々の慰霊碑が建てられています。いつも私が出勤する時間帯の朝7時ころになると、消防署の職員の方が慰霊碑をきれいに掃除して、お花や飲み物などを捧げています。そして夕方には回収し。。。これがほぼ毎日繰り返されています。町の方々のために、犠牲になられた職員の方々は、10名。この方々の想いを引き継ぐように署員の方々は全壊して何も無くなったところから消防署と町の復興のために日々奮闘されているんだと思うと、感謝の気持ちでいっぱいになります。

毎朝の犬の散歩のときに消防署の前を通りかかる時は、その感謝の思いが強すぎて、無駄に大きな声で「おはようございますっ!」と、ご挨拶する小野寺なのでした。

もし・・・。近くを通りかかって、慰霊碑を目にすることがありましたら。。。手を合わせて頂き祈りをささげていただけたらと思います。。。

コメントを残す on マリンパルだより 3月その2

冬の季語 ミサゴ

二週間ぶりのご無沙汰です。

BlueBirder*Sです。

 

この10日11日には、日本平山頂(静岡市清水区)の梅園で、

梅まつりが開かれたそうですね。

園内には約350本の白梅や紅梅、

蝋梅(ろうばい)があって、

寒さの影響で白梅などの開花が遅れていましたが、

訪れた市民などは、ようやく見頃を迎えた紅梅を眺め

少し早い春を感じていたそうです。

 

春、と言えば 立春を迎えた辺りから

南三陸町の志津川湾の光の色も少し春めいてきました。

春も もうそう遠くありませんね。

 

とは言え、季節はまだ「冬」。

さて、今回は「冬」の季語になっている野鳥をご紹介します

英名を「オスプレイ」。

あのアメリカ軍の輸送機名の由来。

和名を「ミサゴ」といいます。

ワシやタカの仲間、猛禽類のひとつ。

上空高くから勢いよくドボンと水の中に飛び込み

魚を捕食することから

「魚鷹(うおたか)」の異名も持っています。

 

獲物を見つけると

素早く翼を羽ばたかせて空中に静止する

ホバリング飛行をした後 急降下、

水面近くで脚を伸ばし両足で獲物を捕らえます。

この「ホバリング」が容易で

縦横無尽に飛行できることから、

あの戦闘機は「オスプレイ」と命名されたそうです。

 

捕らえた魚は小さければ片足で運び、

大きいものは手拭を絞るように握り、

魚の頭を先に向け縦にして運びます。

まるで、ミサイルを抱えた戦闘機のよう。

メスの全長は63cm、翼開長174cm。

トビとほぼ同じ大きさのタカ。

尾は短めで、翼は長め。

背面は暗褐色で、下面は白色。

翼の下面には暗褐色の模様があります。

ただ、ミサゴは冬の季語、というのは意外でした。

南三陸町の志津川湾上空にも、頻繁に姿を見せます。

国内では全国で見られ、北海道では夏鳥ですが

絶滅危惧種として

レッドデータブックに掲載されています。

巣は大木の上や崖の上などに木の枝を集めてつくり、

海岸、大きな河川、湖沼など

大きな魚がすむ波静かな水面のある環境に生息しています。

 

ミサゴは 魚を捕るタカとして古来より知られ、

『日本書紀』では

覚賀鳥(かくかのとり)と記されているほか、

様々な文献で記述があるようです。

その一つに「ミサゴは捕らえた魚を貯蔵し、

漁が出来ない時にそれを食べるという習性があり、

貯蔵された魚が自然発酵してミサゴ鮨となる」という

言い伝えも。

ミサゴが貯蔵したことにより発酵し、

うまみが増した魚を人間が食したのが

寿司の起源であると伝承されています。

古来からこうした人との関わりを持っていたミサゴは、

今や絶滅危惧種。

現に西日本ではその姿が少なくなってきていて

絶滅の危機に瀕しています。

 

冬の季語 ミサゴ。

季語とは、連歌、俳諧、俳句において用いられる

特定の季節を表す言葉。

冬の季語「ミサゴ」が居なくなるということは、

季語の一つが失われるということ。

日本の文化に関わる存在が、

またひとつ失われるということになります。

温故知新。

古きを訪ね 新しきを知る

過去にミサゴから鮨造りを教わったように、

私たちが野生生物や自然に関わり学んだこと、

学ぶべきことは少なくありません。

何より忘れてならないと思うのが

多様性が産み出し続けている自然の上に

私たちの生活できる環境が成り立っているということ。

種が一つ、またひとつと失われていくということは、

その分だけ

私たちの生活する環境が悪化していくことになります。

 

南三陸町には、まだ ミサゴが居ます。

それも当たり前のように。

川の流れを見下ろしながら優々と飛ぶ姿に

絶滅が心配されているなんて微塵も感じられません。

 

命あるもの同士、

互いに畏敬の気持ちを持って共生し調和していければ、

私たちの船 宇宙船地球号は安泰でしょう。

 

仲良くして行きましょう。

今の内に。

 

☆ 尚、撮影場所は 南三陸町内 林漁港

並びに 歌津旧ウタチャン橋付近です。

コメントを残す on 冬の季語 ミサゴ