マリンパルだより 3月その2

いらっしゃいませ(*^^)v マリンパル保育士小野寺です。金曜日。。。あいにくのお天気です。各地雨の被害がないことを祈ります。。。

3月になりましたね・・・!ぽかぽかの陽気の日だまりが本当に心地いい季節ですね♪

マリンの子どもたちも、春が来たのを体で感じながらおひさまと仲良しで遊んでいます♪後ろ姿が、ほのぼの。。。ほんわかした気持ちでながめている小野寺です(*^_^*)

こんな天気がいい日は、あそこに行こう~♪見はらし最高の、ホテルの屋上へ。。。シャボン玉を持参して行ってきましたよ(^^♪

広々した屋上で、青空と、青い海を見ていると心も体も開放的になります!本当に気持ちいいんですよ~!。。。と、実は私が一番気に入っています(笑)

シャボン玉、とっても上手に吹けますね♡

こんな穏やかな海で、7年前にはあんな災害が起きるとは考えられませんね。。。7年前の3月11日の午前中も、ここに子どもたちと散歩にきました。同じように本当にいいお天気で海も穏やか。。。気持ちよく遊んで皆ではしゃいで帰った記憶があります。

あれから、7年経とうとしています。早いような。。。長かったような。。。色んな事がありました。悲しい永遠の別れもありました。2011年3月12日は、長女の卒業式で、前日は私もウキウキ。。。次の日の卒業式や保護者の方々と計画していた卒業を祝う会の準備を前日の夜に高野会館に集まって行う予定でした。中心になって一緒に準備を進めてきてくれた方が津波の犠牲になり。。いつも顔を合わせていた保護者の方々もたくさん犠牲になりました。

日を改めて、行なわれた卒業式。本当はみんな笑顔で迎えるはずでしたが、会場はひっそり。せっかくの晴れの日でしたが、一緒に迎えることが出来なかった生徒や、亡くなった保護者の方々の事を思うとつらくてたまらない卒業式でした。

当たり前に出来ることが当然だと思っていた卒業式・・・以来、卒業式と聞くと特別な思いが湧き上がります。

明日3月10日は次女の専門学校の卒業式です。自分で作ったドレスを着て卒業生は式に出るそうです。ボルドー系のドレス、今までで一番上手に出来たとか。。。(#^.^#)きっと華やかなのでしょうね・・・!式を無事に迎えられることに感謝しながら、明日は、娘の旅立ちを祝いたいと思います。

3月11日、南三陸町では慰霊祭が執り行なわれます。

この日はもちろん、毎日亡くなられた方々に祈りをささげている方々がいらっしゃいます。町内の消防署の片隅に、津波で殉職された消防士の方々の慰霊碑が建てられています。いつも私が出勤する時間帯の朝7時ころになると、消防署の職員の方が慰霊碑をきれいに掃除して、お花や飲み物などを捧げています。そして夕方には回収し。。。これがほぼ毎日繰り返されています。町の方々のために、犠牲になられた職員の方々は、10名。この方々の想いを引き継ぐように署員の方々は全壊して何も無くなったところから消防署と町の復興のために日々奮闘されているんだと思うと、感謝の気持ちでいっぱいになります。

毎朝の犬の散歩のときに消防署の前を通りかかる時は、その感謝の思いが強すぎて、無駄に大きな声で「おはようございますっ!」と、ご挨拶する小野寺なのでした。

もし・・・。近くを通りかかって、慰霊碑を目にすることがありましたら。。。手を合わせて頂き祈りをささげていただけたらと思います。。。

コメントを残す on マリンパルだより 3月その2

冬の季語 ミサゴ

二週間ぶりのご無沙汰です。

BlueBirder*Sです。

 

この10日11日には、日本平山頂(静岡市清水区)の梅園で、

梅まつりが開かれたそうですね。

園内には約350本の白梅や紅梅、

蝋梅(ろうばい)があって、

寒さの影響で白梅などの開花が遅れていましたが、

訪れた市民などは、ようやく見頃を迎えた紅梅を眺め

少し早い春を感じていたそうです。

 

春、と言えば 立春を迎えた辺りから

南三陸町の志津川湾の光の色も少し春めいてきました。

春も もうそう遠くありませんね。

 

とは言え、季節はまだ「冬」。

さて、今回は「冬」の季語になっている野鳥をご紹介します

英名を「オスプレイ」。

あのアメリカ軍の輸送機名の由来。

和名を「ミサゴ」といいます。

ワシやタカの仲間、猛禽類のひとつ。

上空高くから勢いよくドボンと水の中に飛び込み

魚を捕食することから

「魚鷹(うおたか)」の異名も持っています。

 

獲物を見つけると

素早く翼を羽ばたかせて空中に静止する

ホバリング飛行をした後 急降下、

水面近くで脚を伸ばし両足で獲物を捕らえます。

この「ホバリング」が容易で

縦横無尽に飛行できることから、

あの戦闘機は「オスプレイ」と命名されたそうです。

 

捕らえた魚は小さければ片足で運び、

大きいものは手拭を絞るように握り、

魚の頭を先に向け縦にして運びます。

まるで、ミサイルを抱えた戦闘機のよう。

メスの全長は63cm、翼開長174cm。

トビとほぼ同じ大きさのタカ。

尾は短めで、翼は長め。

背面は暗褐色で、下面は白色。

翼の下面には暗褐色の模様があります。

ただ、ミサゴは冬の季語、というのは意外でした。

南三陸町の志津川湾上空にも、頻繁に姿を見せます。

国内では全国で見られ、北海道では夏鳥ですが

絶滅危惧種として

レッドデータブックに掲載されています。

巣は大木の上や崖の上などに木の枝を集めてつくり、

海岸、大きな河川、湖沼など

大きな魚がすむ波静かな水面のある環境に生息しています。

 

ミサゴは 魚を捕るタカとして古来より知られ、

『日本書紀』では

覚賀鳥(かくかのとり)と記されているほか、

様々な文献で記述があるようです。

その一つに「ミサゴは捕らえた魚を貯蔵し、

漁が出来ない時にそれを食べるという習性があり、

貯蔵された魚が自然発酵してミサゴ鮨となる」という

言い伝えも。

ミサゴが貯蔵したことにより発酵し、

うまみが増した魚を人間が食したのが

寿司の起源であると伝承されています。

古来からこうした人との関わりを持っていたミサゴは、

今や絶滅危惧種。

現に西日本ではその姿が少なくなってきていて

絶滅の危機に瀕しています。

 

冬の季語 ミサゴ。

季語とは、連歌、俳諧、俳句において用いられる

特定の季節を表す言葉。

冬の季語「ミサゴ」が居なくなるということは、

季語の一つが失われるということ。

日本の文化に関わる存在が、

またひとつ失われるということになります。

温故知新。

古きを訪ね 新しきを知る

過去にミサゴから鮨造りを教わったように、

私たちが野生生物や自然に関わり学んだこと、

学ぶべきことは少なくありません。

何より忘れてならないと思うのが

多様性が産み出し続けている自然の上に

私たちの生活できる環境が成り立っているということ。

種が一つ、またひとつと失われていくということは、

その分だけ

私たちの生活する環境が悪化していくことになります。

 

南三陸町には、まだ ミサゴが居ます。

それも当たり前のように。

川の流れを見下ろしながら優々と飛ぶ姿に

絶滅が心配されているなんて微塵も感じられません。

 

命あるもの同士、

互いに畏敬の気持ちを持って共生し調和していければ、

私たちの船 宇宙船地球号は安泰でしょう。

 

仲良くして行きましょう。

今の内に。

 

☆ 尚、撮影場所は 南三陸町内 林漁港

並びに 歌津旧ウタチャン橋付近です。

コメントを残す on 冬の季語 ミサゴ

おもてなしの達人が誕生!~プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選~

皆さまごきげんよう、ゆきでございます!

前回のブログでもお知らせしましたが、
本日は「皆既月食」が見られます!※晴れれば…
20:30~23:00まで当館屋上で開催しますo(^-^)o
滅多に見られない一大天文イベントをみんなで見ましょー!

★ ☆ ★

そして本日の本題…

おもてなしの達人が誕生!~プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選~


プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」は、

旅行新聞新社さまが主催しており、旅行のプロの方々が、

「もてなし部門」「料理部門」「施設部門」「企画部門」の審査・選考をしております。

大変有難いことに、今年も当館が選出され、
「総合21位」に輝きました!!

料理部門23位、施設部門21位、企画部門25位となっております。

そして、100選に併せて、「もてなしの達人」も選出されました。
なんと語り部として活躍しております伊藤文夫部長が表彰されたのです!

伊藤部長は当館最年長語り部。
「震災を風化させることのないよう、これからも語り継いでいきます」と
気持ちを新たに語っておりました。

皆様の応援の賜物であります。本当にありがとうございます。
この度頂いた賞に慢心することなく、おもてなしに磨きをかけて参ります。

【南三陸復興ストア本日のおすすめ】
 

 


志津川タコしゃぶと採れたて生ワカメセット(季節/数量限定)
ついにこの季節がキター(>ω<)ー!
プリッとしたタコシャッキシャキの生ワカメー!
皆様、こちらの商品は、タコの常識とワカメの常識を同時に覆しますよ…(^0^)/
今の季節しか楽しめない「生ワカメ」は本当に味わって頂きたい逸品です。
あったか鍋の季節にどうぞお試しくださいませ♪♪

★お買い物はどうぞ南三陸復興ストアへ!大口注文などうぞご相談くださいませ。

コメントを残す on おもてなしの達人が誕生!~プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選~

ほっ…とあたたまるオススメ商品をご紹介

こんにちは、むっちゃんです(*^^)

本日は、南三陸復興ストアから
寒さに負けない、体が温まるオススメ商品をご紹介!

まずはこちら。


気仙沼ふかひれ濃縮スープ

コクと旨味がある味わい深い広東風
ピリ辛スープと旨味が絶妙な四川風の他にも、
本格魚介スープのチャウダーもございます。

ふかひれスープは卵1個で、
チャウダーは牛乳1カップで簡単調理♪

この時期はスープが体にしみわたりますね~
なんといってもオススメは、選べるセット
ふかひれスープ、チャウダー計5種類の中から10種類選べちゃう!
そして送料無料です!

ご注文はこちらからどうぞ ⇒ 心もぽかぽかで満たされるふかひれスープ

続いてはこちら。


志津川タコしゃぶ

冬といえば鍋ですよね~(〃゚ω゚〃)
キムチ鍋とか味噌鍋もいいですけど、
タコしゃぶもオススメ!

西の明石 東の志津川」と呼ばれるほど志津川産のタコは有名!
鮑を食べて育ったタコは旨味が凝縮されていてとても美味です。

旬の野菜と共にご堪能くださいませ♪

ご注文はこちらからどうぞ ⇒ 体の芯から温まる志津川タコしゃぶ

南三陸復興ストアでは、雑貨やお菓子など
様々な商品を取り扱っております。
ぜひ、お買い物してくださいね٩(๑´ω`๑)۶


お買物はどうぞ南三陸復興ストアへ!
大口注文などもご相談ください。

~本日のおすすめプラン~

【志津川タコしゃぶプラン】鮑を食べているグルメなタコをしゃぶしゃぶ♪
もちろん鮑の踊焼き付海鮮御膳も!

志津川産のタコと、
そのタコが食べている鮑を贅沢に味わおう!

kirakirabanner.png

★ 南三陸キラキラ丼はおかげ様で8周年♪ ★
「南三陸ホテル観洋」

コメントを残す on ほっ…とあたたまるオススメ商品をご紹介

寒いこの時期は温泉と料理がキニナル!

こんにちは、むっちゃんです(*^^)

昨日は夕方に少し雪が降りましたね。
ちょうどお休みだったので、
実家でとある曲をひたすらリピートしながら窓辺でしばらく雪を見つめていました。
「大丈夫?」と家族に心配されました。大丈夫です。

さて、先日25日、
東日本放送様の夕方LIVE!キニナル
キニナル湯」のコーナーにて当館が紹介されました!

撮影時の様子もちらり|・`ω・)

この日は天候に恵まれ、
目の前の志津川湾は青々しくとても綺麗でした。
それに負けないくらい美しいリポーターの佐藤様!!
当館の芳賀料理長の口元が緩んでしまうのもわかります(笑)

温泉や料理はもちろんのこと、
阿部女将が発案した南三陸キラキラ丼についても紹介して頂きました。

光栄なことに、
放送終了後から多くのお客様にお声掛け頂いております。

番組スタッフの皆様、本当にありがとうございました!!

南三陸キラキラ丼はおかげさまで8周年。
今の時期は南三陸キラキラいくら丼を
レストラン「シーサイド」にて提供しておりますので、
ぜひお越しくださいませ♪

それでは、また来年のブログでお会いしましょう!
よいお年をお迎えくださいませ(*´ゝv・`)ノシ

~本日のおすすめプラン~

女性に人気★フードアクション・ニッポンアワード受賞★
南三陸キラキラいくら丼+鮑の踊り焼プラン

キラキラ宝石のように輝くいくらをご堪能ください♪

kirakirabanner.png

★ 南三陸キラキラ丼はおかげ様で8周年♪ ★
「南三陸ホテル観洋」

コメントを残す on 寒いこの時期は温泉と料理がキニナル!