ツイてる!!

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

先週のブログ担当日、観光船から確認出来たコクガン。

こんな写真じゃあ 小さくてわからない。

「再会」を期して 湾内の定番エリアに足を運んでみるのですが

さっぱり・・・

 

朝から抜けるような青空が広がった25日の午後、

再び コクガンを探しに。

ところが、この日は急に雨が降ったり止んだり、

晴れたり降ったり、妙な雲行き。

まさに観洋を出る前は気持ちよく晴れていたのに、

いざ出かけようとした時分には再び雨・・・。

「あ~あぁ ツイてないなぁ」などと心の中でつぶやきながら、

とりあえず、コクガン目撃情報を収集しようと

南三陸海のビジターセンターに車を乗りつけた直後のことでした。

雨の中、にわかに山側から陽が照り出したので、海側に目をやると・・・

防潮堤の向こうに「虹」!!!が見えるではありませんか。

条件反射のように、思わず堤の階段を駆け上がって スマホ撮影♪

青空を背景に くっきりと浮かび上がった虹♪

きれいでしょ?

雨でツイてないとボヤキながら出かけたにしては、

随分とツイてました。

思わず湧き出した心の叫びは 「ラッキー!!」

 

ちょいと子供のような感覚かも知れませんが

Bluebirderは、志津川湾の景観にベタ惚れなもので、

美しい湾を飾る虹の景色が見られたら

それはもう 小躍りするくらい嬉しいのです。

 

時刻は午後2時前のことでしたから

午後2時前の虹。

それも、青空を背景にした七色は 実に鮮やか♪

 

少し興奮しながら 防潮堤を南方へ走り、

なんとか全容を捉えることが出来ました。

 

スーツ姿でにわかに駆け出したわけですから、

堤の下からBluebirderの様子を観ている人が居たら

一体何があって、何をしているのだろうと

きっと「不信」に思われてしまったことでしょう。

それにしてもラッキ~!

 

さてさて、肝心なコクガンですが、

海のビジターセンターによりますと、

この22日の朝と23日に、ビジターセンターの裏手、

↑ こちらの海上で 2羽を確認したということです。

おそらく、Bluebirderが先週観光船から確認した個体

2羽 ↓ とも思われ、

今のところ、志津川湾内に滞留していることが期待されます。

 

冬の朝7時くらいには 100羽ほどが群れる波消しブロック ↓。

前の冬、コクガン観察ツアーを敢行した小さな港 ↓。

どちらにも、まだコクガンたちの姿は確認出来ません。

船揚げ場には、代わりに ウミネコが1羽・・・。

 

対岸に見えるホテル観洋もBluebirderも、

受け入れ準備は万端。

 

前の冬の君たちの姿と同じように、

首を長~くして待っています。

来たれ コクガン♪♪

 

 

 

 

 

コメントを残す on ツイてる!!

雨のみなみ

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

8月も今日で終わり。早いものですね。

さて、29日土曜日の午後、南三陸町は雨でした。

写真は 当館正面玄関前の光景。

随分久しぶりの雨だなぁと思い 遡って天気を確認したところ

12・17日には朝方の雨はありましたが、

陽の高い時間帯の雨は 実に20日ぶりのこと。

随分と 日差しが肌を刺すように強く 暑い日が続いてましたから、

ヒートアップした地表を冷やしてくれて

久々の涼感に 改めて 雨に 有難みを感じた午後でした。

 

そんな雨の中、観洋眼下の岩場で独り立ち出来ないでいた「みなみ」は

一体どうしているものかと、探してみました。

 

ティーラウンジ脇の窓から

巣のあった岩場を見下ろしても 姿は確認出来ません。

ただ 親鳥の姿があったので、恐らく近くに居ると踏んで

東館一階に降りてみると・・・・・

向こうに椿島を望む 一階会議室 大潮のテラスに その姿はありました。

みなみです。

ポツリと 一羽だけ。

ただ 近くに りくの姿はありません。

暫く様子を窺っていると、

ピーピー ピーピーと鳴き声を上げて 親鳥を呼ぶのですが、

なかなか来てくれません。

きっと お腹を空かせていたのでしょう。

やるせなく空を見上げる みなみ。

 

一般的に「カモメの親鳥は 巣立ちの際、

ヒナを 冷たく突き放す」と言われているようですが、

今年のカモメ親子に限っては

みなみが こんな状態でも、親鳥は付かず離れず温かく

辛抱強く見守り続けているようで、情の深さを感じます。

 

今しばらく親の保護下から離れられそうにない みなみに、

早く独り立ち出来るよう エールを送りましょう。

 

コメントを残す on 雨のみなみ

一週間ぶりのご無沙汰です Bluebirder*Sです。

先日、梅雨前線停滞による豪雨被害に遭われた皆さまには、

心よりお見舞い申し上げます。

東北も梅雨明けがまだですから、豪雨への油断は出来ません。

さて、観洋眼下の岩場で孵ったカモメのヒナ三羽。

非番だった二日を挟んで、営巣していた岩場を見下ろすと・・・、

???  一羽 居ない!

ひょっとして天敵にやられた?

と 思っていましたら、岩陰から現れ、ホッと胸を撫でおろしました。

こちらは、7月5日「昼前」の様子。

 

この日の「午後」に至っては、今度は 三羽とも姿が見えなくなってしまって

驚かされたのですが、揃って 同じ岩陰でお昼寝していたのでした。

この岩場には、

ちょうど「ひさし」のようにせり出したような岩があって、

その下の「窪み」が 晴れた日の お昼寝の場になっているようなのです。

 

天敵、例えば ワシタカの仲間に「さらわれ」にくい場とも思われ、

身を守るのが容易な いわば「砦」なのかも知れません。

何より、親が守りやすそうですし、強い日差しも避けられる。

 

下の写真で、ちょうど親鳥がとまっている岩の向こう側が「砦」。

なぜこんな吹きさらしの岩場に営巣するのだろうとかねてから思っていましたが

そもそも『この岩場が他に比べ 高い位置に立ち上がっていて

満潮の際に荒れても 波に洗われることが無い』

その上『陸続きではないので タヌキやキツネに襲われにい安全地帯』だから。

これは 地元の有識者の方に教えて頂き 納得したこと。

 

加えて、天敵から身を隠し守る砦も備えている、ということは

親鳥にとっては ヒナを守りやすく子育てが容易な 合理的な営巣地、

ということになります。

それにしても、三羽のヒナたち、岩陰に身を隠すことは

どうやって親鳥から教わったのでしょうか。

カモメ語? それとも 以心伝心?

晴れた日のお昼寝どき、三羽揃って隠れるのが この岩の影 ↓ 。

「子守」はつがいが交代で、相方が餌を運んで来ては、

こうして しっかりヒナに食べさせています。

そのお陰で、三羽のヒナはすくすく育ち

もう、孵ったあと歩き始めた時の二倍以上の大きさに なっています。

岩を上り下りする時には、こんな風に まだ羽の生え揃わない翼を高く持ち上げ

バタバタ羽ばたいて バランスを取ります。

先週はまだ棒のように見えた翼にも だんだん羽が伸びてきました。

体の割に 随分翼が長いんですね。

このヨチヨチ歩きがまた かわいらしい♪

 

つがいの守護の下、昼寝の合間に 大あくびをかき、

起き出しては 岩のくぼみに溜まった雨水を飲みながら

実に安心し切った様子で、

の~んびり、ゆったり、ヒナたちの時間は積み重なっています。

まだ小さな翼がすっかり整い 飛び立つまで、あと一か月。

オオセグロカモメのつがいの 子育ては続きます。

 

追伸: 観洋のティーラウンジに置かれた双眼鏡。

カモメのヒナを観るお客さまから

「かわいい♪」という声が毎日聞かれます。

 

コメントを残す on 砦