販売開始してます!【お得に泊まろう!南三陸宿泊キャンペーン】

こんにちは、むっちゃんですʕ•ﻌ•ʔฅ

9月1日より
お得に泊まろう!
南三陸宿泊キャンペーン
がスタートしました!
専用プランでお申込みいただくと最大5,000円割引
全国対象(日本在住者限定)のお得なキャンペーンとなっています!

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

【期間】
2022年9月1日(木)~2022年12月28日(水)迄
販売、宿泊可能期間は2022年9月1日(木)~2023年2月27日(月)間の
宿泊施設の任意の期間のため、当館は12/28迄で区切り
それ以降は、交付予算残を見ながら延長するか決定します。

※新型コロナウイルスの感染拡大状況や
町からの中止延期要請があった場合は、この限りではありません。

【対象地域】
日本在住者(在留外国人を含む)
宿泊にともなうアンケートへ回答いただける方

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

ご予約は
南三陸町観光協会予約サイト「みなたび」
経由のみとなります。

★全国対象★お得に泊まろう!~南三陸宿泊割キャンペーン~
とプラン名冒頭に書かれた専用プランでお申込みくださいませ。

ご予約はこちらからどうぞ↓

※ご予約に際し、事前に会員登録が必要です。

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

注意事項

※他割引プランとの併用はできません。
(例:県民割やGOTO、全国旅行支援など)

※キャンセルポリシーに基づくキャンセル料が発生した場合は
割引前の定価からの算出となります。

※当館が指定する感染症対策(検温、マスク着用、手指消毒等)にご協力ください。

※交付予算が無くなった場合は早期に終了する場合がございます。

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

【南三陸ホテル観洋】
お得に泊まろう!南三陸宿泊キャンペーン概要ページはこちら↓

南三陸観光ポータルサイトはこちら↓
南三陸観光ポータルサイト

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –●

ああ\ 三陸の美味しい海の幸や加工品、雑貨まで勢揃い! /

お買い物はぜひ、ネットショップ「南三陸復興ストア」で!

Yahoo!ショッピングはこちら↓

楽天市場店はこちら↓

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –●

ああああ \ 感謝 / チャンネル登録者数1300人突破!
あああああああ【観洋ちゃんねる】

いいねチャンネル登録をぜひよろしくお願いしま~す\(*ˊᗜˋ*)/

公式YouTubeチャンネルはこちら⇒南三陸ホテル観洋【公式】

コメントを残す on 販売開始してます!【お得に泊まろう!南三陸宿泊キャンペーン】

海の見える命の森・小屋が遂に完成!

皆様こんにちは、マッキーです。

今回は遂に完成いたしまいた
海の見える命の森・ウットデッキ付小屋の様子をお伝えいたします。

当館から徒歩約15分の海の見える命の森、
木々の緑が美しいこの場所は、
晴天の際には志津川湾の一望できる絶景が広がります。

その海の見える命の森の一角、
程よい木漏れ日が差し込む自然に囲まれたこちらの小屋。

中に入ると、大人5名程が入れるようになっており、
今後ロフトや照明を設置するとの事。
(ちょっとしたロッジみたいに寝泊りできるようになるのかな…)

そしてこちらのウットデッキに使用している木材は、
この辺りでは珍しい栗の木を使用しています。
今後はイスやテーブルを設置するみたいです。
(多分この場所で飲むお酒や窯焼きピザは美味しいんだろうな~)

上棟式では、
無事にこの小屋(棟)の完成を祝うとともに、
今後の安全を祈願いたしました。

今回無事に完成したのも、
海の見える命の森実行委員会の委員長後藤一磨様や、
副委員長の阿部寛行様。
(もちろん昆野副支配人も…)

炎天下の中でも黙々と作業していただいた大工の方々、
そして全国の有志からなる学生委員会をはじめ、
この地に関わっていただいた多くの皆様の支えがあって、
上棟式の日を迎えられたのかなと思います。

これからも徐々に整備・パワーアップしていく「海の見える命の森
ぜひ皆様をちょっとしたハイキング(運動)ついでに
足を運んでみてはいかが?

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

 【観洋ちゃんねる】!! 

今回は少し前の動画になりますが、
海の見える命の森について紹介した動画を2本ご紹介いたします。

ぜひご覧くださいませ♪

いいねチャンネル登録もよろしくお願いしま~す\(*ˊᗜˋ*)/

ああああ \ 感謝 / チャンネル登録者数500人突破
公式YouTubeチャンネルはこちら⇒南三陸ホテル観洋【公式】
ああああ୧(`•ω•´)୨ 目指せ!チャンネル登録者数1000人!! ୧(`•ω•´)୨

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

コメントを残す on 海の見える命の森・小屋が遂に完成!

冬鳥 その2

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

この前は、ツグミをご紹介しました。

今回も冬鳥を紹介したい・・・、と 考えていましたが

どうも このところ 声はすれども姿は観えず、

その上、姿を現した時には カメラを持っていない

ということばかり・・・、なのが この1羽。

ジョウビタキ。こちらは オスです。

胸からお腹にかての橙色と灰白色の頭、

黒い顔が特徴的で ほかの鳥とは区別しやすい1羽。

 

冬鳥として、全国に渡来するので 各地で見かけることの多い鳥です。

積雪の多い土地ではあまり越冬しないようですから

例年より雪の降ることの多い この冬の南三陸町には

少し戸惑ってしまっているかも知れません。

観洋近辺にも出没していますが、

今シーズンはシャッターチャンスを逃してばかり。

ですから、こちらは数年前の写真。

 

一般的に「それほど 警戒心は強くない」と言われている通り、

まるで思わせぶりに

そこに居ることを「主張」する動きを見せたりしますが、

レンズはあまり好きではなさそうで

撮ろうとすると どんどん離れて行ってしまいます。

名前のジョウは「尉」で 銀髪のこと。

ヒタキは「火焚」で、火打石をたたく音に似た音を出すことから

ジョウビタキという名があります。

時々 ぴょこんとお辞儀をして 可愛い鳥です。

こちらは スズメ。

瀬戸内地方に伝わる民話によれば、

ジョウビタキ と スズメは その昔 姉妹だったそうな・・・・・

その内容は、ネットで検索してみて下さいね。

ちょっと悲しい民話を知ると、また少しその姿が印象付けられます。

 

さて、いつもの漁港のコクガンたち。

こうして、

岸辺で過ごす個体が多くなってきたようです。

いよいよ寒く 水も冷たくなってきたからでしょうか。

 

一方、観洋眼下の カモメ。

ツガイと思しき2羽は、

他のカモメが近づくと、揃って激しく鳴きたてて

縄張りを主張しています。

この春の営巣は、このカップルで決まりでしょうか。

コメントを残す on 冬鳥 その2

冬鳥

雪の消え残る芝地にたたずむ 野鳥が一羽。

ただそれは ほんの一瞬のこと。

まるで、雪解けを待ってました! と言わんばかりに

嬉々として芝の上を動き回っていました。

 

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

通過中の寒冷前線に南風が吹き込んで、一時的に春めいた16日。

うっすら積もっていた雪が解けかけた

戸倉公民館前の芝地で

ツグミが どこか嬉しそうに 餌を獲っていました。

まるで春を待ちわびていたかのように。

 

こちらも 冬鳥。

この時期、全国で見られますので

コクガンほど 珍しいという鳥ではありませんが

羽根が複雑できれいな模様をしています。

北はシベリアの地からやって来る「冬鳥」という点は

コクガンと同じ。

 

ぴょんぴょん跳ね歩くので「鳥馬(ちょうま)」という異名も。

この日も その通り、周りを警戒しつつ

可愛らしく ちょこまかとホッピングしながら餌を探していました。

 

さて、同じ日のコクガンですが、

いつもの漁港に出かけると、!!! 岸辺に 数多く寄ってきていました。

おそらく この日の この時間帯は、

漁師さんたちが車で出入りする以外

港に近付く人が殆ど無く、

安心し切って 岸辺で餌を食べていたのでしょう。

それも この時食べていたのは、大好物のアマモではなくて

どうやら アオサ。

首を水中に突っ込んで 逆立ち状態でアオサを採ります。

二羽が同時に、さながらシンクロナイズドスイミング♪

このアオサ、マグネシウムや食物繊維といった栄養素のほか

カロテノイドや葉酸といったビタミン成分がたっぷり含まれていて

旨味も強い。

私たちにとっても とても贅沢で栄養豊富な食材でもある海藻を

こぞってむさぼるように食べていました。

なるほど、道理で健康そのもの、元気なわけです。

 

 

 

 

コメントを残す on 冬鳥

震災から9年目の3.11

マッキーです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東日本大震災発災から本日で9年。
当時より応援・ご支援・ご協力いただいてきました皆さまへ、
改めて心より感謝と御礼を申し上げます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

当館スタッフも本日は5階のロビー・ラウンジに集まり、
震災で亡くなられた方々に追悼の意を表し、
東日本大震災が発生した3月11日の14時46分に、黙祷いたしました。

そして海の見える命の森は、
ミャンマーから南三陸大仏様が鎮座して初めての3.11。

コロナウイルスの影響で参加できない人も多くなりましたが、
全国から駆け付けた方々や近隣住民が集まり、

追悼セレモニーを執り行いました。

こちらでも、14:46にはお集まりいただいた皆様が、
様々な想いを胸に黙祷いたしました。

東日本大震災から9年が経った今、
当館が特に力を入れている活動が、
2011年4月よりスタートしたホテルスタッフを中心に行っている『語り部活動』
震災当時の様子を伝え、南三陸の今、そして復興の状況を語ります。

これからも甚大な被害をもたらした、
東日本大震災の教訓など後世に語り継ぐために、
震災を風化させないための語り部バス」を運行する事や、

震災伝承施設「高野会館」を維持していくことなど、
当館は今後も語り続けて参ります。

時には穏やかで、時には激しい波の音を響かせる志津川の海。
私たちはこの海と共にこれからも歩みを進めてまいります。

コメントを残す on 震災から9年目の3.11