まだ居てくれました コクガン

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

寒の戻りが強烈に訪れていますが、みなさん風邪ひいたりしていませんか?

お気をつけて! 車の運転も。

 

この前は 急に初夏のような陽気になったりしていましたから、

もうコクガンたちは北へ旅立ってしまったんだろうなぁ、とばかり思っていました

実際、26日午後の町内歌津地区の泊浜に 彼らの姿は無く、代わりに

をおトリ(お撮り) !」、とばかりに「コチドリ」がコクガンたちの餌場で

何かついばんでいました。

小さいチドリ、で コチドリ。スズメより一回り大きいくらいです。

海藻がびっしり付いた護岸は、まるで芝生の絨毯。

明るい陽射しの下 心地よさそうに 採餌していました。

 

そんな光景を眺めながら 思ってました

「あ~あ、やっぱりコクガンたちは 帰ってしまったんだなぁ・・・」と。

 

それでも、とにかく本当に帰ってしまったのかどうか確かめよう、と

29日朝、戸倉地区の餌場へ・・・・・す・る・と・・・

あっ、居ました!  数えてみると 40羽以上。

 

波消しブロックの内側で10羽程度が採餌中。

摂っていたのは やっぱりアマモかな?

水中に頭を突っ込んで 食べていました。

 

 

一方、30羽ほどの群れの方は、波消しブロックの上や水上で

念入りに 羽づくろいをしていました。

水に潜っては羽づくろい。

時々、羽ばたいてみたり・・・。

しぶきを上げてみたり・・・。

一日の始まりに、ぞれぞれ念入りに身支度を整えていました。

 

先に、入江に入っていた群れが飛び立ったあと、

しばらくして、頭上にトビが現れたのをきっかけに

羽づくろい組も この場を飛び立ちました。

尾羽のデザインって、こんな風。

飛ばなきゃ分からない模様です。

燕尾服ならぬ ガン尾服は オシャレです!

 

残ったのは、2羽だけ。

つがいなのかも知れません。

雌雄同色、区別は付きませんが、

しばらくその場で羽づくろいを続けていました。

先発隊は もう北に向かったのだと思われますが、

まだ居残って姿を見せてくれた コクガンに感謝。

 

彼らも、もう間もなく北へ向かうことでしょう。

一抹の寂しさを禁じ得ない頃ですが、元気に北で繁殖して

また次の冬、元気一杯に志津川湾へ飛んできてくれるのを

楽しみに待つことにいたしましょう。

 

そうそう、この前泊浜に行ったとき、漁師さんが教えてくれました。

「コクガンたちは、養殖ワカメの新芽を食べてから 北に向かうのだ」と。

どうやら、ワカメの新芽は、コクガンたちのパワーフードのようです。

Blurbirder*Sは、しばらく コクガンの所在を気にかけながら、

過ごすことになりそうです。

 

本日4月1日、新元号が発表されました。

卯月4月、コクガンとともに「平成」は去り、

皐月5月、いよいよ新しい元号「令和」の時代が始まります。

コメントを残す on まだ居てくれました コクガン

新発売

8日ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

今回は火曜日の担当です。

 

2月は走り去って、早くも弥生三月。

寒さがいくらか緩んだまま 3月に突入しました。

写真は観洋近く3月1日のアカゲラ。頭上のトビを警戒していたようです。

気象台の3か月予報によれば、

この3月は 平年より気温が高くなりそうで降水量も少なくなりそう。

アカゲラくん、「もうこのまま春・・・なのかなぁ」と

つぶやいているようにも見えてしまいます。

さてさて、ちまたでは、健康志向を背景にサバ缶がブーム。

Bluebirderもサバ缶やサバの味噌煮は前から大好きです♪

サバ缶が注目されているのは、健康効果の高さ。

サバには DHA(ドコサヘキサエン酸)や

EPA(エイコサペンタエン酸)という

栄養素が豊富に含まれているんですね。

DHAは脳を活性化させる作用があり、頭がよくなる物質という説もあります。

EPAは血液をサラサラにしたり、中性脂肪値を下げたりする作用があるので、

心臓病や動脈硬化を防ぐ効果があるともいわれています。

何より「缶詰め」ならば、皮や骨も一緒に食べられるので、

生のサバより栄養効果が高い。

専門家によれば、特にカルシウムの量は、生のサバの約43倍にもなるそうです。

やはり、健康志向の方には見逃せない食材です。

こうしたブームの中、当社 阿部長商店の 水産部門から

この3月3日、新製品が発売されました。

『吟醸酒粕を使ったさばの味噌煮』です♪ コンパクトな食べ切りサイズ。

三陸沖で獲れて気仙沼漁港に水揚げされたサバだけを使ったこだわりの品。

南三陸町のお隣気仙沼市の蔵元吟醸酒粕が風味を引き立てていて、

骨まで軟らかく仕上げられていて、

サバ缶同様 皮と骨も全部一緒に食べられます。

 

もちろん フィルムを剥がせばそのまま食べられますが、

フィルムを少し剥がして、500Wの電子レンジで30秒・・・

熱々のサバの味噌煮の完成です。

独身や共働きなど、時間が無くて忙しい方でも、

手軽に美味しい「健康食」さばの味噌煮が味わえます。

 

値段も手ごろで、観洋の売店で139円プラス消費税で販売中。

観洋のお土産として きっと喜んで頂ける一品です。

「美味しさ」は、最近開かれた県の品評会で

日本チェーンストア協会東北支部長賞を受賞した折紙付き。

掛け値なしで余りある栄養価と美味しさ! です。

「サバ 読んで」なんかいませんよ。(笑)

ホント、美味しいんです!

ゴミ捨ても手軽。空き缶のように嵩張らなくていいパッケージ♪

 

南三陸ホテル観洋へお越しの際には、

是非! 新製品「吟醸酒粕使用さば味噌煮」を おみやげにお奨めです♪

コメントを残す on 新発売