何 観ているの?

一週間ぶりのご無沙汰です、Bluebirder*Sです。

 

ここは、ホテル観洋のラウンジ。

こちらのお二人

双眼鏡で一体何を観ているのでしょう?

答えは、こちら。

カモメのヒナたちなのでしたぁ~。

カモメのヒナの姿に「かわいい~」って、叫んでいた こちらの母娘は

仙台からのお客さまで、観洋へは初めてのご来館。

 

これまでは、仙台から近い秋保温泉にお出かけのことが多かったそうですが、

志津川湾を望む観洋の景観の素晴らしさに 痛く感動していらっしゃいました。

 

ところで、観洋のティーラウンジに置かれた双眼鏡・・・。

これは、仙台にお住まいの元放送局マンの方が

窓からカモメの巣を観察出来るところなんてそうそう無い!

お客さまにも楽しんでもらいましょうっ!と、

わざわざ置いてくださったものなのです。 ありがとうございます。

 

今回ご紹介した仙台のお客さまのほかにも、お泊りのお客さまがのぞき込んでは

「かわいい~!」という叫び声を連発しながら楽しんでいらっしゃいます。

 

さてさてそのカモメのヒナたちでございますが、しっかり「両親」に守られて

天敵に脅かされることもなく、無事 元気に育っているようです。

 

実は「カモメのヒナは、一体どれくらいで巣立ちするのですか?」と問われて

即答できないでいたのですが、調べてみましたら

「大体45日程」で巣立つそうです

 

ということは、孵ったのが先月19日だったようですから、7月1日で12日目。

あと1か月程経って、8月に入ったらもう間もなく、

この志津川湾上空を飛び回っていることでしょう。

カモメは 繁殖期(4~7月)に沿岸部の岩礁や砂丘などに『集団繁殖地』を形成。

一夫一妻で1回に2~3個の卵を産み、

オスとメスがが2~3時間おきに抱卵しヒナを養育。

越冬のため『秋から冬にかけて日本全国に飛来』し、

『春夏には繁殖のため日本を離れ北へ』向かう。

但し、繁殖しない若い鳥はそこにと留まることもある・・・とされていますが、

 

観洋のカモメのつがいに限っては、

△春夏に北に渡るでも△集団繁殖しているわけでも、

また、△留まったこの地で繁殖していないわけでもない。

ひょっとしたら、『例外的な個体』なのかも知れません。

南三陸町は 一年を通じて比較的温暖な気候だということも、

「定住」出来る条件の一つになっているということも考えられます。

群れずに繁殖するこのつがいに、

小説「カモメのジョナサン」の主人公

孤高のカモメ、ジョナサン・リビングストンの姿を重ねてしまっています。

実にカモメの飛翔能力は素晴らしいのです。

コメントを残す on 何 観ているの?

誕生

一週間ぶりのご無沙汰です、Bluebirder*Sです。

 

先週触れなかった 観洋の「主」的存在の カモメのつがい。

大切に抱いていた卵から雛が孵りました~♪

聞けば、どうやら6月19日のこと。

こちらは、翌日20日の様子です。

巣の中に確認していた卵の数は2個。

確かに、じっとしていられずに、親鳥の周りを歩き回っているのは2羽!

ですが、巣の中をよ~く見ると・・・・・

ほらほら!

もう1羽!  ちっこい目が見えますね。

そう、3羽孵っていたのです。

去年は、繁殖を失敗していましたから、

抱卵の様子を窓越しに眺めながら無事に孵ってと応援する気持ちは、

大きく膨らんでいました。

雨の日も晴れの日も風の強い日も2羽が交代しながら卵を抱き続けて24~25日。

よく頑張りました♪

暖かな日差しの中、親子そろって 岩の上。

「言葉」こそ聞こえませんが、

わが子の誕生の喜びが つがいから伝わってきます。

それはもう とにかく嬉しそうで、

時折、互いに羽を広げたり

雄たけびを上げたり

まるで たまらずにそのままの喜びを露わにしているかのようです。

その声が、また興奮気味に聞こえるんです、

「産まれてきてくれてありがとう♪」と言わんばかりに。

あとは、3羽の雛が 天敵の脅威を免れて

無事巣立ちできることを祈るだけです。

今週も、先週に続いて Congraturations!!!  新しい命の誕生に!

 

PS

6/23の様子です。 ↓ 子カモメ3羽 すくすく育ってます♪

 

コメントを残す on 誕生

ラウンジの窓から

一週間ぶりのご無沙汰です、Bluebirder*Sです。

 

真夏を思わせる陽気と気温になったかと思ったら 早6月。

今年ももう半分が過ぎてしまいました。早過ぎ、です。

さてさて、南三陸ホテル観洋から眺める志津川湾の絶景は格別です。

館内のロビーから通じるティーラウンジの窓からは、こんな景色が楽しめます。

窓ガラスに室内照明が映り込んでますが、

どうです、いいものでしょ?

そんな窓から、下に視線を落とすと・・・・・

岩の上で、カモメが営巣しています。

野鳥たちは繁殖の時期。

えっ?見えない?

では、こちら。

ね、巣で卵を温めています。白い卵がチラリ

 

温めている個体がオスかメスかわかりませんが、

巣はとにかく観洋の主(ぬし)的存在の カモメのつがいのもの。

彼らはいつも、仲良くこの一角にいます。

 

時々 立ち上がっては、卵をくちばしで転がし、自らの体の向きも変えては、

再び温め続けています。実に大切に いたわりながら。

巣の中には、卵が二個。

(△ここ迄 スマホのデジタルズームで画像に無理があります。悪しからず)

しばらくすると、巣のある岩に もう一羽、カモメがやってきました。↓

卵を温めているカモメの相方、パートナーと思われます。

体が少し大きめiに見えるので、あとから来た方がメスかな?

素知らぬ顔をして、直ぐには近づこうとはしません。

どこか、よそよそしい振る舞い。

仕舞には巣の中のカモメも こちら側を向いてしまう始末・・・

じりじりと時間をかけて巣の方に近づいてきたので、

間違いなく卵を温めているカモメの相方で「交代」に来たのだと

確信したのですが、

それが、なぜか一旦この場から手前の東館の方へ飛び去ってしまったのです。

 

えっ? 卵の温め、交代しないの? と、相方に薄情さを感じながら、

カメラを片付け始めた、その時でした。

すっ、と 巣の近くに降り立って、温めを交代したではありませんかぁ!

 

カメラのスタンバイが間に合わず交代の瞬間は「撮り」はぐれてしまった次第、

鳥だけに、あははは・・・汗

岩に降り立って交代するまで実に 30分余り・・・長い長い

ダジャレはさておいて、こちらのつがい、去年は繁殖に失敗しています。

どうやら卵がカラスの標的になってしまったようなのです。

先日、当館にお泊りになられた北海道のお客さまも

この巣を見つけてしばらく様子を眺めていたそうです。

実は去年は繁殖に失敗したのだ とお話ししたところ、

北海道のカモメはいつもカラスと闘っていて、体の大きさに物を言わせて

それはもう物凄い勢いでカラスを追い払っているとおっしゃっていました。

ただ、観洋のつがいのカモメは、どうも「おっとり」していて大人しい様子。

闘争心はうかがえず

去年は わずかなスキをカラスに付け込まれてしまったようなのです。

 

そもそもが無精卵で孵らなかった、という可能性も否定できませんけれどもね。

いずれにしても、今年は この巣の中の卵二個が 無事孵ることを祈りながら、

しばらく、巣の様子を付かず離れず見守りたいと思います。

 

☆カモメ・ウミネコ豆知識~~~~~~~~

カモメとウミネコの違いは、遠巻きに見てすぐわかるのが脚の色。

カモメはご覧いただいたようにピンクで ウミネコはイエロー。

並ぶとカモメの方が体が一回り大きく、

飛んでいるときに見える尾羽が白い。

尾羽に黒く太い横線が入っているのがウミネコです。

英語でも、カモメがseagull ウミネコがblacktailed gullと呼ばれています。

 

コメントを残す on ラウンジの窓から

観洋屋上にて

一週間ぶりのご無沙汰です、Blurbirder*S です。

こ、これは?!

雪の上に残った、おそらくウミネコの足跡。それとも、カモメ?

この近辺では、群れ成すウミネコと違って

群れないのがカモメの方ですから、カモメなのかな?

餌もあませんから、雪に降り立った「彼」の目的はわかりませんが、

確かなのは、ここは 南三陸ホテル観洋の屋上であるということ。

 

普段、お泊りのお客さまに

ウミネコのとのふれあいを楽しんで頂いたり、

スターパーティーで星空を観察して頂いたりしていて、

子どもたちの歓声が上がり、夜は天空を渡る天の川と星々を楽しめる場所です。

 

それにしても、一面雪に覆われ、空とのコントラストが眼に鮮やかできれい♪

この冬一番の寒波の襲来で うっすらと雪に覆われた 1/26(土)の10時半。

積雪は1~2㎝程度。日も昇り 少し溶けて減ってしまっていたかも知れません。

 

山形県の庄内は酒田市と宮城県を結ぶ国道47号を

3時間に亘って通行止めに「した」くらいに強い寒波による雪でしたから

峠を越えて町内に積もるのも 当然のことだったかも知れません。

この日、雪景色を見せてくれた南三陸町ですが

実は、雪が積もる日は ひと冬に数えるほどしかありません。

 

南三陸町は、全国でも年間降水量が少ない町で

トップの鹿児島県屋久島の年間降水量4477.2ミリに対して

南三陸町は1255.5ミリと その差は歴然。

Time-j.netの記事によれば、全国1022観測地点のうち、

多い方から数えて 779番目。

降水量の多い順に10のグループに分けたら、

南三陸町は第7グループの最後尾か第8グループの先頭です。

 

こちらは、椿島(つばきしま)を望む 東側の景色。

一般的に太平洋側は夏場は台風の影響を受けやすく

日本海側は雪の影響が大きいのですが、

南三陸町の場合は 太平洋側を除く三方を山に囲まれた

盆地的な地形であることもあってか、降雪量も少ない。

ですから、南三陸の雪景色を目にできるというのは

ちょいとラッキーなことなのです。

 

先日、マレーシアからのお客さまたちが、

やはりうっすらと雪の積もった景色を露天風呂から眺めることが出来て

とても喜んでいらっしゃいました。

天体観測も楽しめるのが このホテル観洋の屋上。

これまで、2ヵ月に一回開かれてきた観洋の星空観察「スターパーティー」は、

来月から月1回になって、もっと星空を楽しめるようになります。

最近、開催日には 決まって晴天に恵まれています。誰の神通力なのかな?

南三陸町は、全国でも天の川が見えやすい立地条件にあるのだとか。

分水嶺に囲まれている地形のお陰かも。

とにかく 観洋の屋上から眺める星空は最高です。

冬場は寒くて観測には少し大変ですが、その分空気が澄んで

一層綺麗に見えます。

個人的にい~い所だなぁと思うのは、「~流星群!」など関係なく、

普段から当たり前のように流星が見られること。

巨大な「火球」まで見たことがあって、

その時は辺りがパーッと明るくなるくらいに光ってかなり驚きましたが、

すっかり感激してしまいました。

 

月が昇ればこんな景色も・・・。この前のスーパームーン翌日の月の出です。

 

美しい月夜に誘われて、窓の外には タヌキが現れたりもしてました♪(笑)

 

まぁ、タヌキはさて置いて

宿に泊まって、絶景露天風呂につかり、海鮮料理に舌鼓を打って、

美しい星空を眺める・・な~んて、

観洋だからこそできる楽しみです!!!

是非、南三陸ホテル観洋にお泊り頂いて、星に願いを♪♪

雪見風呂もまた格別♪

ま、こちらは雪が降らないことには叶いませんが・・・

けれど、観洋で雪に会えたら 幸運です。

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

冬本番!!
景色とお風呂がひとつに繋がるインフィニティ温泉で心も体もあったまろ♪

南三陸ホテル観洋の宿泊予約をするならこちら↓


公式ホームページからの予約がもっともお得です!
【直販価格】と書かれたプランを選んでご予約ください!

kirakirabanner.png
★ 南三陸キラキラ丼はおかげ様で9周年♪ ★
「南三陸ホテル観洋」

コメントを残す on 観洋屋上にて

台湾インターンシップ生より~ミソさん編~|

大家好!  我是惠.
皆さん、こんにちは!恵です。

 

濃濃秋意,也是食欲之秋,南三陸的秋天格外美麗,抬頭望去,隨處都可見美如畫的秋葉.
芸術の秋、食欲の秋!南三陸の秋は格別に美しい,見上げると、絵のような紅葉が見えてきますね。

很幸運,在這美麗的秋天,讓我們一起來看看來自台灣實習生的心聲.
この美しい秋の季節に、今回は台湾の実習生の声を聞いてみましょう。

大家好,我是來自台灣的實習生,我是味噌。
皆さん、初めまして。台湾からのインターンシップ生、みそです。

不知不覺來到日本已經四個月了。日本這邊跟現在還很溫暖的台灣不同,已經整個入秋了呢。
日本に来てからあっという間に四ヶ月がたちました。
この時期でもまだ暖かい台湾と違って、日本のはすっかり秋が深まってきましたね。

仔細看月曆的話,或許還能找到「立冬」兩個字。而今年的立冬則是在11月7日,換句話說冬天的腳步正在悄悄接近了。
カレンダーをよく見ると、「立冬」という言葉があります。
今年の立冬は十一月七日で、つまり冬もだんだん近づいて来ています。

但是為了避寒而躲在家裡不出門,不覺得心情有些提不起勁嗎?
その寒さで家の中に閉じこもっていると、なんだか気分が落ちてしまいませんか?

這種時候不如一邊眺望海邊,一邊做心情轉換的話怎麼樣呢?
そういう時、海を眺めながらリフレッシュしてみるのはいかがでしょうか?

這邊是前幾天拍的照片。和夏天比起來別有風趣呢!(海鷗也很有精神地在空中飛來飛去)
こちらは、先日撮った写真です。
夏とはまた別の趣がありますね。(カモメさんも元気に飛んでいます)

 

而且我們飯店也正好開始推出火鍋料理,非常推薦在天冷的時候享用!
そして丁度ホテルのほうからも、鍋料理が始まりました。
寒い日にはとてもおすすめでございます!
(鍋の内容は当日の仕入状況によって決まります)

請各位務必連同美麗的海景,一同享受各種海鮮珍味與風景!
皆さんもぜひ海の幸を召し上がって、素敵な海と一緒に満喫してくださいませ。

怎麼樣!味噌同學會在本館工作到明年的7月份,歡迎大家前來交流哦,下周見.
どうですか?みそさんは来年7月までお仕事をしておりますので、
当館にお越しの際には、ぜひ探してみてね(^o^)

Book us at;

台湾インターンシップ生より~ミソさん編~| への2件のコメント