南三陸ホテル観洋「李焱」24時間美術館

大家好。我是惠。
皆さん、こんにちは、恵です。

《從東日本大地震走向未來的南三陸町≫
女性畫家【李焱老師以携手共繪畫、一起向未來】
為題材的公益展在3月9日展出,在這裏再次恭迎大家的到來。

《東日本大震災から未来へ向かう南三陸町へ》
女性画家「李焱」先生が南三陸をイメージして描いた新作絵画を
3月9日より展示しています。
皆様のご来館をお待ちしております。

「色即是空」是為紀念3.11大地震11周年的一幅作品,
李焱老師最初選擇紅色調是源于自己來自中國的情愫,
在創作過程中,這種意識慢慢淡化,展現出是無國界的對生命之光的渴望,
努力前行的激情。在這個非常時期,李焱老師希望自己的畫作能夠成爲一束光,
哪怕是弱弱的。為遇見的生命照明一個方向,讓我們一起更堅强從容的面向未來。

「色即是空」は3.11東日本大震災から11年が経ち風化させない為に残した作品。
李焱が最初に赤色を選んだのは、自身が中国人であることに由来しています。
しかし創作の過程でこのような意識は徐々に薄れ、
現れたのは国境なき生命が、光に向かって邁進する一途な情熱だという事。
このような時代だからこそ、李焱は自分の絵が一つの光になることを望んでいます。
たとえ弱くても、出会った命のために一つの方向を照らしてくれる。
一緒にもっと強く、希望を抱いて未来に向かうことができるように。

在公開展的當日,本舘為李老師舉行了隆重的公開以儀式,
觀洋阿部副社長致歡迎詞,
介紹了李焱老師的個人簡歷和選擇在觀洋做公開展的緣由。

3月9日、当館は李焱先生の盛大な式典を開き、
阿部副社長が歓迎の辞を述べ、
李焱先生が観洋で展示会を行う理由についてお話しされました。

接下來李焱老師向大家談到創作畫的想法。

その後,李焱先生が絵画に込められた想いをお話しいただきました。

最後觀洋阿部女將致感謝詞,
感謝李焱老師來到我們觀洋酒店,表示共同傳承愛心活動。

最後に当館の阿部女将が、
李焱先生に感謝の意を表明しました。

南三陸ホテル観洋 李焱24小時美術舘正式設立,
24小時美術館在日本是一種新型的展覽模式,
本舘面向廣闊的太平洋,大家可以大自然中觀賞藝術,
也可以在藝術氛圍中感受自然,不是住宿的客人也可以隨時隨意的進舘參觀。
本舘女將在看到李焱老師的繪畫后說,
從李焱老師作品中感受到了一種積極的力量和對美好未來的向往,
她希望這些作品被更多人看到,帶給人們積極向上的動力,
這種心靈的共鳴使得女將和李老師萌生了共同開設24小時美術館的設想。

南三陸ホテル観洋「李焱」24時間美術館が正式に始まりました。
24時間美術館は日本で新しい展示モデルであり、当館は広大な太平洋に面しています。
自然の中で芸術を鑑賞したり、芸術的な雰囲気の中で自然を感じたり、
宿泊客ではなく、いつでも自由に訪れることができます。
李焱先生の絵画を見た後女将さんは、李焱先生の作品から前向きな力と明るい未来への憧れを感じ、
より多くの人々に見られ、前向きな動機をもたらすことを期待し、
このような心の共鳴は、女將さんと李焱先生が24時間美術館を共同開設する構想を芽生えさせたいと言いました。

今天就到這裏,下周見哦。
それでは、また来週。

Book us at;

” Kanyo channel “ is being delivered ….

Please press “like(いいね!)” and subscribe to the channel.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)