印伝模様のおしゃれなケース♪

大家好,我是惠。
皆さん、こんにちは、恵です。

緊接6月30日日的情報更新,繼續買場的商品介紹。
今回は6月30日のブログでも取り上げた、
売店の商品紹介の続きです。

印章盒 櫻花
平安時代以後,說到花就意味著櫻花,現在也被指定為日本的國花。
在四季分明的日本,人們對春天的喜愛之情也很强烈,
櫻花所擁有的神聖之美讓人感受到無比的喜悅,
無論哪個年代,櫻花的圖案都受到人們的喜愛。

『印鑑入れ 小桜』
平安時代以降、花といえば桜を意味するようになり、
現在では日本の国花にも指定されています。
四季のある日本では春を愛でる気持ちも強く、
桜の持つ神聖な美に喜びや哀れさを感じ、
模様も年代を問わず愛されています。

鑰匙夾 蜻蜓
蜻蜓也被稱為“秋田”,和日本的古稱“秋田”相通。
中世紀時期,武士之間也被稱為“勝蟲”,所以蜻蜓的圖案多用於盔甲和裝束。

『キーケース 蜻蛉(とんぼ)』
とんぼは「あきつ」ともいわれ、
日本の古称である「あきつしま」に通じます。
中世には武士の間で「勝虫(かつむし)」とも呼ばれたことから
とんぼ模様は武具や装束に多用されました。

零錢包 梅
在《萬葉集》中大量吟詠的梅花直到平安時代都是花的象徵。
被稱為“歲寒三友”,是反映了從寒冬到春天的喜悅的吉祥圖案。

『小銭入れ 梅』
「万葉集」に多く詠まれた梅の花は平安時代まで花の象徴とされていました。
「歳寒三友」と称されたことや
厳しい冬から春を迎える喜びを反映した吉祥の模様として用いられてきました。

印章盒 葡萄
在地中海沿岸被認為是代表豐收的聖樹,
作為圖案被廣泛使用,在奈良時代傳入日本。
除了寫實的描寫之外,還可以看到很多和李子、唐草等組合起來的圖案。

『印鑑入れ ぶどう(ぶどう)』
地中海沿岸では豊穣を表わす聖なる樹とされ、模様として多用され、
日本には奈良時代にもたらされました。
写実的に描かれた他、りすや唐草等と組み合わせた模様が多く見られます。

大家不防訪問日本的時候,
看看這漂亮的小商品哦。

今後当館を訪れた際には、
この綺麗な商品を是非見てくださいね。

下周再見哦。
それでは、また来週。

Book us at;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)