Beauty

8日ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

だんだんと 夕暮れの時間が早くなる中、

気が付けば 切なくなるような金木犀の甘い香りが立ち始め

季節の移ろいを感じる今日この頃です。

 

抜けるような青空に まっすぐに伸びる杉の樹々。

美しい♪

人の手によって植林され、

きれいに枝打ちされているからこその 造形美です。

その光景の美しさに その場で足に止めて しばらく見入ってしまいました。

ここは、リボーンアートフェスティバル会場のひとつ、

石巻市 桃浦エリア。 「もものうらビレッジ」。

 

もう、リボーンアートも残す期間がわずかだからと出かけたのが

先週の水曜日のこと・・・。

ところが、駐車場にもチケット売り場にも

スタッフの姿は無く、聞けば「休館日」だそうな・・・。

リボーンに お休みの日があるとは知りませんでした。

 

残念ながら、屋内の展示は観られなかったので、

辺りを散策しながら、屋外展示だけ拝見してきました。

この日は ほとんど夏日でしたから、

強い日差しを避けて涼しい杉林を歩いていたところ、

ふと 見つけたこの光景。

 

何気ない、気にも留めなければ どうってことないようなシーンですが、

ツタが杉の幹につくる造形が なんとも美しく感じられ

足を止めて「見つめて」しまいました(笑)。

杉の木肌に おしゃれな感じのツタの葉の形と、緑のグラデーション。

くねる茎で 微妙に角度の変化する葉。

この自然美は、家の壁紙の模様にしたら

きっと心安らぐ部屋になるんじゃないか、そんな想いで眺めていました。

 

周辺の野原にはススキが茂り、いよいよ開花しフサフサに。

逆光の陽の光をはらんで きれいに輝いています。

 

前々回のブログでもご紹介した 草間彌生さんの作品。

強烈な色と存在感で、そのものだけを部分的に捉えれば

自然の景色にそぐわないようにも思えてしまう

赤に白い水玉のオブジェは、

背後のタブの木の造形や青空、空気感といった、

周囲の自然と調和して、見事な造形美を演出しています。

再びの観覧でしたが、ここでも また

しばし その美しい光景に見入ってしまいました。

久住有生(くすみなおき)さんの作品「淡(あわ)」も しかり♪♪

 

街に住む人たちは、こうした催しでも無ければ

普段は足を運ばない場かも知れません。

豊かな自然。

そんな自然が育み 織りなす造形美に触れ癒されたのは、

リボーンアートフェスティバルがあったからこそ。

 

「自然美」と「芸術美」が 調和して生まれた「造形美」の数々。

 

昨日29日で幕を閉じたリボーンアートフェスティバルは、

街と地域を結びつけ、自然の中に身を置くことの素晴らしさを

気付かせてくれるものでもあったのではないか、そんな印象があります。

「人は、美しい造形を愛でると

リラックスし リフレッシュできる」と 言われます。

 

少し疲れた時や 癒されたい時は、自然でも美術でも

美しい造形を愛でてゆったりとした時間を体感してみましょう。

きっと、元気も湧いてきます。

 

ホテル観洋から眺める 海の絶景も おススメですよ。

コメントを残す on Beauty

「登米懐古館」へ行ってきました!

皆さん、こんにちは!カナです(・∞・*)

本日掲載する写真をスマートフォンに移しておらず、
1日遅れの月曜日に登場です!!(一眼レフ初心者ですがあしからず…)

さて、本日のブログでは題名にもある「登米懐古館」について紹介します。

「みやぎの明治村」のある宮城県登米(とめ)市登米(とよま)町は
仙台藩登米伊達家の城下町として知られており、
江戸時代から明治・大正・昭和に至る歴史的な建造物や伝統芸能などが
数多く残されている貴重な地。

こちらの「登米懐古館」は昭和36年に開館をし、
今年2019円9月。(プレオープンは9月4日)
囲炉裏があるカフェ「春蘭亭」のある武家屋敷通りの一角へ移転をしました。
(下記2枚「春蘭亭」外側) 趣ある場所でとてもゆったりできます。

(内側(囲炉裏近く) Cafeになっているので抹茶やモナカアイス。甘酒も!

懐古館建設の際、建物が街並みにとけ込めるようデザインも工夫されています。
建物設計は「新国立競技場」の設計にも携わった「隈研吾」様によるもので、
同じ市(みやぎ明治村)にある「森舞台(能舞台)」に続き2作目となります。

「登米市懐古館」が移転後オープンとなり向かったのは、
今回の写真を撮影した日が初めてでした。
何より「森舞台」を設計した隈研吾様がデザインも施している場所。
公式HPで完成写真を見ていて行きたくてうずうずしていました。

撮影日当日。観光駐車場(無料)に停車し、さっそく「春蘭亭」様へ。
門をくぐると..

前までは木の壁があり奥行きはなかったのですが…
懐古館ができた事により全部が繋がって行き来ができるようになっていました!

石でできた道が奥の懐古館へ繋がっているので、道なりに歩いてくださいね!
中央の開けた場所には綺麗な花も…!(種類が分からず…(;´`))

外側からの「懐古館」はこんな感じ…

中に入って振り返るとこんな感じです!

上記の写真右手に見えるのが、再現した「蔵」になります。
まさに蔵屋敷の一角。自然に触れながら、のんびりできますよ!

そして..行ってきました。記念で一枚。

受付は中で行えます。その際に頂く、このパンフレットと入場券。
形が…そうなんです。「瓦」風なんですよね。
受け取ってから「….おしゃれな形だな」としばらく眺めた後、気づきました。

ちなみに入場料は(懐古館のみ)…
一般(学生含む)  400円
高校生     300円
小・中学生   200円    となっております。

こちらの「みやぎの明治村」は「観光付仙台シャトルバス」で寄ります。
【日~木曜日】ご宿泊者様限定。※除外日もございます。
観光地をよりながら仙台へ向かいますので、仙台到着は【16時頃(変動あり)】
「お昼ご飯」はお客様各自で。ぜひ、ご利用くださいませ。

✂————————————————————–

゚*。☆ いいね! フォロー お待ちしてます♪ ☆。*゚
あああ

宜しくお願い致します
\(^o^)/

✂————————————————————-

ラグビーワールドカップ..
20日の試合は日本が勝利しました!おめでとうございます♪
あの…ワールドラグビーカップの公式キャラクターが可愛くて..
ペアでは「Ren-G(レンジ-)」と呼ばれ、
「白い髪のほうは親の「レン(Ren)」「赤い髪のほうが子の「ジー(G)」
目線もお互いに見ているのが「親子」って感じがします。
どの国も頑張ってほしいです!

さて、本日はこの辺で!また来週!

コメントを残す on 「登米懐古館」へ行ってきました!

小さな秋

6日ぶりのご無沙汰です。Blurbirder*Sです。

訳あって、今週は1日早い更新です。

 

朝夕、随分涼しくなりました。

というより、もう肌寒く感じられる日もありますね。

志津川湾、9月の朝です。

今頃はちょうど 観洋から太平洋を望んだ湾の中央付近から陽は昇ります。

湾内には、養殖施設で作業をする船のシルエット。

水面を渡るヒンヤリとした潮風に、秋の気配を感じます。

 

秋の入り口、南三陸町近郊で 小さな秋を探してみました。

北上川の支流には、ススキの穂が 西に傾いた陽に 輝いています。

まだ 穂は若く、綿毛のようなフサフサは見られません。

いよいよ これからが開花。花が咲いて、

1か月ほどで 芒(ノギ)と呼ばれるフサフサが付いて 金色に輝きます。

この、芒(ノギ)。

花の終わりには、ちょうど、タンポポの綿毛のようにふわふわと宙に舞い、

種を遠くへと運びます。

 

公園の一角には、栗の木。

木自体の丈は まだ小さいのですが、しっかり緑色のイガグリをつけています。

ただ、付いている実の数は全体的に少な目。ちゃんと 実ってくれるのかな?

 

ふと 気が付けば、抜けるような青空。

澄み切った 秋の空気を感じます。

 

とりのこされたように売店軒先には 氷暖簾(こおりのれん)。

もう 季節外れ、という印象以上に 一抹のさびしさを感じます。

 

一方、家々の軒先には・・・

おなじみ秋の花、

コスモス♪

濃い紅、薄紅。

別名 秋桜(あきざくら)、というだけあって 文字通り「華やか」な雰囲気。

 

コスモスは、キク科コスモス属の花。

花言葉は、「少女の純真」・「真心」。

その姿は、心 惹きつけ、和ませてくれます。

 

一方、川べりや国道沿いで見つけた この花。

黄色いコスモス?と思ったら、どこか様子が違う。

調べてみたら、キクイモの花。(違ったらゴメンナサイ!)

コスモスと同じキク科の花ですが、ヒマワリ属。

そういわれてみれば、花自体は小さいけれど、

色と形にヒマワリ的な趣きがありますね。

 

日が暮れて、夜ともなれば、冴えわたる 月影。

志津川湾の水平線に現れたばかりの月の色は 赤く、

昇るにつれて次第に黄金色から銀色へと変化して

魅力的な表情を見せてくれるの で・す・が、

残念ながら この日は カメラスタンバイが遅れ、

その赤い「表情」を撮り逸れてしまいました。雲に遮られて・・・

それでも、水平線上の雲に隠れた 月がもたらす光は、

漁業信仰の島 椿島を幻想的に浮かび上がらせ、

雲が切れたところで 光の道を渡してくれました。

客室の窓からは「うわ~! めっちゃ きれい!!!」という 叫び声も。

 

南三陸ホテル観洋自慢の、志津川湾の絶景は

日の出もさることながら、月の夜もまた 魅力的です。

 

秋はまだ「小さい」ですが、

日中と朝夕の気温差が相当に「大きい」ので、

どうぞ風邪など召しませぬよう お気を付けくださいませ。

 

コメントを残す on 小さな秋

Rice Field, Time to Harvest

Rice is most important food for Japanese people for long time.
This is “Onigiri”, handy rice ball, ready to eat.

おにぎり.jpg

In Japan we say “Kome”, “Meshi” or “Gohan” not only “Rice” but in various way depending on the situation.
Japan produce 10mil. tons of rice in 1 year which is no.11 of the world.

Season of rice will start in spring time and harvest in autumn.
Just transplanted at Kawasaki Town

川﨑町2.jpg

Growing time in Kawasaki Town

川﨑町.jpg

Matured in Osaki City

大崎市.jpg

Miyagi is one of most important rice producer with its brand names “Sasanishiki” and “Hitomebore”.
To find the rice field, you just go out from the city.

This is Higashi Matsushima area

東松島市.jpg

Terraced Paddy Field of Sawajiri in Marumori Town.

沢尻の棚田.jpg

 

沢尻の棚田2.jpg

Frog

カエル.jpg

Serow

カモシカ.jpg

Heron

サギ志津川.jpg

Dragonfly

とんぼ.jpg

Scarecrow made by Miyagi Agri High School

宮城農業高校のかかし.jpg

Terraced Paddy Field in Kurihara City

栗原市.jpg

We have, of course, beautiful rice field in Shizugawa. This is Komori Area near to harvest.

志津川小森.jpg

Please go out to refresh yourself and find Japanese nature around rice field.
Sergio.

Book us at;

コメントを残す on Rice Field, Time to Harvest

南三陸てん店舗紹介【コミュニティ・カフェ こもんず】

 

こんにちは、思い出したように突然沖縄出身アピールをするトーマスです。
今回も思い出したのでちょっぴり沖縄トークをしましょう。

こちらのオキナワンなシーサーズ。
シーサーは家の守り神で、夫婦で門の左右に立ち、
家を守ってくれています。
ちなみに中央にあります「ぬちどぅたから」とは
「命どぅ宝」と書き、『命こそ宝』という意味です。

さて、こちらのお写真、沖縄ではございません。
こちらは南三陸町志津川、
国道398号線沿いにあるカフェレストラン
『コミュニティ・カフェ こもんず』さんです。

南三陸てん店まっぷにも載っている、てん店舗のひとつ。
震災後は仮設で営業されていましたが、
2016年7月18日、現在の場所に本設オープンしました。


グループでも、家族でも、ふらっとひとりランチでも
入りやすい落ち着く内装です。

「こもんず/コモンズ」とは、
『共有の場所、集える場所という意味』があります。
オーナーの内海明美さんは、「こもんず」に来た人が
好きな時間を楽しめる場所にしようと、
カフェをオープンしました。

ランチタイムには賑わいを見せる「こもんず」は
なんといってもリーズナブルでボリュームのある
食事が魅力!

こちらはある日の日替わり定食
『鶏の南蛮漬け定食』(税込650円)
(※2019年9月取材時の価格です)

お肉も野菜もたっぷり! 迫力とボリューム満点です。
しかもこちらのご飯、”少なめ”なのです。
ちょうど良い量に見えますが…

では普通盛りはどのくらいかというと

こちらです(ドーン)
こちらは沖縄のソウルフード『タコライス』に
「こもんずアレンジ」を加えたお店ならではの逸品。
これまたたっぷりのご飯とひき肉をおおい隠す
気前良すぎなもりもり野菜。

これで普通盛りです。”普通”の響きに油断しておりました。
しかしレモンをしぼりって、まぜながら頂くと
不思議とぺろりと食べられてしまいました。
満足感と満腹感いっぱいのメニューです。
(でもやっぱりちょっとお腹が苦しいので次回は”少なめ”にします…)

「こもんず」さんにどうして沖縄色があるかというと、
震災時、被災したオーナーの内海さんは
志津川高校の避難所に避難していました。

志津川高校避難所には自衛隊沖縄部隊の拠点があり、
自衛隊の方々が避難所の人々を励ますため、
開いてくれたのが三線の演奏会。
そこから様々な交流が生まれて、現在まで繋がっているのです。

みんなが気軽に集えて、好きな時間を楽しめる場所
「コミュニティ・カフェ こもんず」

南三陸てん店まっぷを片手に、是非おでかけくださいませ!

【コミュニティ・カフェ こもんず】
電話番号:080-3329-3351
住所:南三陸町志津川廻館100-9
営業時間:13:00~17:00
定休日:日曜日
(ご予約の際はこの限りではございません)

コメントを残す on 南三陸てん店舗紹介【コミュニティ・カフェ こもんず】