登米市長沼の蓮(ハス)は今が見ごろ!

大家好,我是惠。
皆さん、こんにちは、恵です。

距離觀洋溫泉酒店35公里処,車程41分的登米市長沼,
8月開始正是荷花的盛開的季節,
在這裏有10萬朵荷花競相開放,這景簡直就是極樂净土。

ホテル観洋から35km、
車で40分程の登米市長沼は、ハスの花が咲く季節になりました。
10万本のハスが競い合うように咲き誇り、とてもきれいなところです。

荷花的花期一直持續到8月末,
湖畔的碼頭上有很多的游覽觀光用的屋形船和小船,
穿梭在荷花閒,悠閑的航行成為最美的風景綫。

はすの花は8月末まで続き、湖のほとりの桟橋には、
観光用の屋形船やボートが数多くあり、
ハスの間をゆったりと航行し、とても美しい景色となっています。

特別是在水深的位置,有足以擡頭仰望的高度,
鮮艷的荷花非常值得欣賞。在游覽的過程中,
船頭也會在荷花盛開最佳的位置停下裏讓大家拍照紀念。

特に水深の位置では、頭を上げるのに十分な高さがあり、
明るい蓮の花は非常に賞賛に値します。
運行中は、ハスの花が綺麗に咲く場所で停止し、
記念撮影をすることもできます。

荷花的最佳觀賞時間是早晨,到傍晚就逐漸凋謝了。
所以推薦大家在中午之前比較好。

ハスの花を見るのに最適な時間帯は朝です。
夕方には徐々に枯れていきます。
午前中に訪れる事をお勧めいたします。

開催時期・開催日
8月1日~8月31日

会場
兵粮山公園特設桟橋(長沼温泉ヴィーナスの湯の駐車場下)
住所
宮城県登米市迫町北方字兵粮120-1(長沼温泉ヴィーナスの湯)
※カーナビを設定する際は、上記住所または、電話番号0220-23-1126を入力して下さい。

下周見哦。
それでは、また来週。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ただいま「 ⅾトラベル 」にてお得なクーポン配布中!
※無くなり次第終了となりますのでお早めに👀
下記バナーよりぜひチェックしてみてくださいね!

Book us at;

コメントを残す on 登米市長沼の蓮(ハス)は今が見ごろ!

カモメ親子の志津川ベース

6日のお昼前
カモメ親子宅は お留守で
留守番も 誰も居ない

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

営巣している岩場には ヒナも親鳥も居なくて
どうやら ヒナたちは親鳥から”採餌”の訓練を受けている様子

まあ 遅かれ早かれ カモメ親子が離れてしまうことになるこの岩場ですが
それでも 今は未だ ヒナたちが羽を休め(↓ 夕刻の様子)

親鳥が子どもたちに餌を運び
夜には”ねぐら”にもなっていますから
カモメ親子たちにとっては
大切な”基盤”であり”基地”であることに
変わりはありません

この”志津川ベース”があるからこそ
安心して”訓練”も出来るというものです

この日 この岩場が”お留守”になる直前に
何があったかといいますと
子どもたちの居る”ベース”に
お腹いっぱいに餌を蓄えた親鳥たちが帰って来て
給餌するのかと思いきや
?!! 与えようとしない?!!

自分で餌を探すように促したのでしょうか
ヒナたちは「仕方ない」といった様子で
海原へと”低空飛行”で移動してしまったのでした

夏色の濃い志津川湾

向こうに小学校や中学校を望む志津川港

夏空と雲が水面に映る 広~い海原の・・・

上の写真ではずっと下の方に ( ↑ ↑ ココ ココ!)

はい こんな所に かん君 と ようちゃん は居ました

肉眼には ほとんど点にしか見えませんから
探すのが大変

おそらく養殖の浮きに付いた海藻をついばんだあとは
海の流れに身を任せ
漂いながら プカリプカリと当館東館前の海上へ・・・

ようちゃんに至っては 眠ってしまってます

特にこれと言った収獲もない かん君とようちゃん・・・
親鳥が上空を飛んで 子どもたちの様子を見に来た後

ややあって 相次いで飛び立った二羽
今度は 南館の南側の海域へ水面を這うように飛び去り
観察コーナーからは 姿が見えなってしまいました

おそらく 二羽が向かった先には親鳥たちが居て
何か レッスンを受けたのでしょう

夕暮れ時の ようちゃん

そして 兄 かん君

親鳥並みの大きさに成長したヒナたち

それがなんと! 7日には かん君が
観洋の5階ロビーの窓の外を
自慢気に 高々と舞い飛んでいるではありませんか!!(写真撮れてません)
ようちゃんは
まだかん君に追いついていませんでしたが
後は時間の問題

この岩場は 観洋のある弁天崎の突端
“ベース”からは南へ 100m余りの距離

ここに ようちゃんと親鳥の姿が見えますが
この直前 この場で 子どもたちが揃って
親カモメから餌を貰っていました

な・る・ほ・ど・・・
最近の親鳥の行動は どうやら子どもたちの意識を
巣のある岩場から遠ざけるためだったのではないか・・・

この”志津川ベース”で
親鳥が餌を与えなくなったのは
子どもたちが自分で餌を獲るよう仕向けるというより
他の場所で餌を与えることで

まずは”巣離れ”を促そうとしていたから
ではないか
という考察に至りました(あくまで私見ですが)
きっと前の日も
ヒナたちは飛んで行った先で
親鳥から餌を貰っていたのでしょうね

この日 楽しそうに大空を飛び回っていた かん君
そのかん君に ようちゃんが続けば
今年のカモメ親子が

こちら”志津川ベース”を引き払う日も いよいよ近くなります

~~~~~~ ~~~~~~ ~~~~~~

P.S  8日日中 ”ベース”に親子の姿はありません・・・

前の晩も居なかったし・・・ひょっとしたら もう帰ってこない?!
と心配していたら・・・

夕方 いつの間にか帰って来てくれていて 
ホッと胸を撫でおろした次第

ヒナたちが ”巣離れ”しようとしているのに どうも
“子離れ””カモメ離れ”ができそうにない Bluebirderでございます

コメントを残す on カモメ親子の志津川ベース

「涼」をお届け!

皆さん、こんにちは!カナです(・∞・*)

朝から晩までずっと暑い…!
今日は雨が降っていて若干ジメジメな南三陸です。
雨が降っても気温がいつもより高めなので
じっとりと服に張り付くような感覚💦
こまめな水分補給を心がけましょうッ!

暑すぎるので少しでも「涼」をお届けできればと思い、
今日は、7月上旬に撮影してまだ掲載していなかった
柳津虚空蔵尊様の花手水と、風鈴の写真をお届けします!

📸撮影日は7月上旬(なので今は花の種類が変わっています!)

水と、浮かべられた花一つ一つが綺麗で思わず見惚れてしまうほど。

道中はクーラーをつけないと車内は大変な事になるほどに暑かったのに
ここで撮影をしていた時はものすごく涼しくて心地よかったです..(*´ω`*)

花手水は以前にもブログで説明をさせて頂いた通りになるのですが…
【紫陽花の季節】←その他神社仏閣を紹介しています。

私が撮影した中でよく撮れたなと思うのは..こちら!
花の色が白いのもあるのか、周りの花の色が濃いのもあるのか
一際目立つ一枚となりました。

また、風に揺られて綺麗な音色が響く風鈴も設置されており、
Twitterで見かけ、本来の目的はこちらの風鈴なのでした。

暑くても、風鈴の音を効くと涼しくなりますよね…
カラフルで透明なガラスでできているため太陽の光が反射して
とっても綺麗でした!

そしてまだ紫陽花が咲いている時期だったのでパシャリ!

ピンクやむらさき、青色の様々な紫陽花が咲き誇っていました!

緑色の綺麗なカエルも居たのですが、
カメラを近づけた瞬間に居なくなってしまったので残念..(;´`)

少しでも写真で涼しい気分になれましたでしょうか?
今、柳津虚空蔵尊様ではレモンを浮かべた花手水をご用意しているそう。
気になった方はTwitterのアカウントがありますので
チェックしてみてくださいね!

それでは今日はこの辺で!観洋ちゃんねる班の活動もお楽しみに📹

最新の動画はこちら!⇩
「観洋ちゃんねる」×「ゆこゆこ」様コラボ企画!

お風呂を含む館内の様々な場所をご案内しています。
ぜひご覧くださいませ👀

コメントを残す on 「涼」をお届け!

Grand shrine overlooking Matsushima bay !

I visited Shiogama Shrine last month.

Shiogama Jinja is a Shinto shrine in the city of Shiogama.

Enshrined kami  ….  Three kami are enshrined at Shiogama Jinja, in three separate buildings : Shiotsuchi-Oji-no-Kami in the betsugu(detached sanctuary), Takemikazuchi-no-Kami in the sagu(left sanctuary), and Futsunushi-no-Kami in the ugu(right sancturay). Shiwahiko Jinja is dedicated to another kami, Shiwahiko-no-kami.

Since there is no parking lot at the Omotesando exit, I walk up on the Higashisando exit.

After passing through the torii gate. .. ..

There is a museum.  

And then, Shiwahiko Jinja

Within the precincts of Shiogama Jinja is the Shiwahiko Jinja, another shrine with a long history and important rank within Shinto shrine hierarchy.

Zuishinmon, Inportant Cultural Property

Both the Haiden and the Heiden are lacquered in vermilion and black and are designated as cultural assets of Shiogama city.  The deity of this shrine is regarded as a guardian of agriculture.

↑ Looking down, you can see the torii gate at the Omotesando exit.

↓ You can see the city of Shiogama and Matsushima Bay.

 

[  About 1 hour 10 minutes drive from our hotel  ]

Good day ! from Minhong

Book us at;

” Kanyo channel “ is being delivered ….

  Please “like(いいね!)” and subscribe to the channel.

コメントを残す on Grand shrine overlooking Matsushima bay !

海の見える命の森・小屋が遂に完成!

皆様こんにちは、マッキーです。

今回は遂に完成いたしまいた
海の見える命の森・ウットデッキ付小屋の様子をお伝えいたします。

当館から徒歩約15分の海の見える命の森、
木々の緑が美しいこの場所は、
晴天の際には志津川湾の一望できる絶景が広がります。

その海の見える命の森の一角、
程よい木漏れ日が差し込む自然に囲まれたこちらの小屋。

中に入ると、大人5名程が入れるようになっており、
今後ロフトや照明を設置するとの事。
(ちょっとしたロッジみたいに寝泊りできるようになるのかな…)

そしてこちらのウットデッキに使用している木材は、
この辺りでは珍しい栗の木を使用しています。
今後はイスやテーブルを設置するみたいです。
(多分この場所で飲むお酒や窯焼きピザは美味しいんだろうな~)

上棟式では、
無事にこの小屋(棟)の完成を祝うとともに、
今後の安全を祈願いたしました。

今回無事に完成したのも、
海の見える命の森実行委員会の委員長後藤一磨様や、
副委員長の阿部寛行様。
(もちろん昆野副支配人も…)

炎天下の中でも黙々と作業していただいた大工の方々、
そして全国の有志からなる学生委員会をはじめ、
この地に関わっていただいた多くの皆様の支えがあって、
上棟式の日を迎えられたのかなと思います。

これからも徐々に整備・パワーアップしていく「海の見える命の森
ぜひ皆様をちょっとしたハイキング(運動)ついでに
足を運んでみてはいかが?

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

 【観洋ちゃんねる】!! 

今回は少し前の動画になりますが、
海の見える命の森について紹介した動画を2本ご紹介いたします。

ぜひご覧くださいませ♪

いいねチャンネル登録もよろしくお願いしま~す\(*ˊᗜˋ*)/

ああああ \ 感謝 / チャンネル登録者数500人突破
公式YouTubeチャンネルはこちら⇒南三陸ホテル観洋【公式】
ああああ୧(`•ω•´)୨ 目指せ!チャンネル登録者数1000人!! ୧(`•ω•´)୨

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

コメントを残す on 海の見える命の森・小屋が遂に完成!