息をのむほどの・・・

一週間ぶりのご無沙汰です Bluebirder*Sです

急に気温が下がったあとは なかなか温かくもならないようで
そのせいか 地元蔵王では既に紅葉がピークとのこと・・・
今週 週中は 更に気温が下がって
寒く感じられる日がありそうだとの予報で いよいよ秋深まります

秋 と言えば ”天高く馬肥ゆる秋”の
“天高く”に象徴されるように
いよいよ空が澄んで 過ごしやすく素晴らしい季節

いくらか肌寒さの方が先行してしまいましたが
晴れた空は 深く青く 蒼い! 気分も軽やか♪

そんな秋空は マジックアワーともなると
時として 息をのむような”アート作品”を描き出してくれます

11月10日 午後5時過ぎ 南三陸町のお隣 石巻市の夕景です

秋を象徴する ”うろこ雲”の波を大胆に強調したような雲の束に
地平線に沈んだ陽光が当たり 強烈な茜色に染め上げました

更に 空の青と雲の影が コントラストを際立たせ
茜色を一層鮮やかに  浮かび上がらせています

思わず スマホカメラを向けた時には
既に ガソリンスタンドの従業員の方々がその場に佇んで眺めていましたし
ドライバーのみなさんの視線も この空に向けられていました

それにしても なんとも美しい夕景です

眺めていると 心洗われ 力が湧いてくる
そんな気がした マジックアワーでした

一方こちらは 当館 南三陸ホテル観洋に面した
志津川湾の夜明け  15日朝の様子です

光線が旭日旗の陽のように 幾本も延びています

湾内には 漁船   定置網の収獲でしょうか

椿島と神割崎の間を昇る朝日を

しばらく眺めていると

野鳥が群れを成して 日の出を横切って行きました   秋の渡りのようです
(光の道の上に”群れ”のシルエット
ひとつ上の画像と比べると 右へと低空飛行しているのがわかります)

朗らかにパワーを放つ陽の光は 辺り一面  を実る稲穂にも似た黄金色に染め
私たちが恩恵を受ける かけがえの無い 志津川湾の恵み
その豊かさを 誇らしげに象徴しているかのようです

コメントを残す on 息をのむほどの・・・

プロフィール

一週間ぶりのご無沙汰です Bluebirder*Sです

キンモクセイの香る季節
6日7日辺りは急に気温が下がって肌寒くなったので
思わず エアコンを暖房に切り替えてしまいましたし
夜には フリースジャケットを着て 星を眺めておりました

みなさん お変わりございませんか?

この8日は 十三夜の名月でした

館内には こんなポスターを貼り出して 告知いたしました
が・・・夕方は残念ながら水平線上に雲があって
赤い月と光の道を愛でることは出来ませんでしたので
お客様には 申し訳ないことをしてしまいました

それでも 夜も10時半を回るころになると
頭上の雲が切れ 煌々と照り輝く “名月”が姿を見せてくれました

きれいでしょ?

十三夜は「十五夜」に次いで美しい月とされていて
栗や豆の収穫期に当たるので「栗名月」「豆名月」と呼ばれます

拡大すると・・・

クレーターもくっきり♪
どうやら
お泊りのお客様の中には 遅い時間帯になってから
ご覧になれた方がいらっしゃったようで
何よりです♪

この日はちょうど 二十四節季のひとつ “寒露”
いよいよ秋が深まる中
晴れた夜空で
一番の明るさを持つ “スター”は “木星”ジュピターです
“十三夜の名月”の左上に 輝いていました
この⇓シーン  薄雲がかかって淡くしか観えませんが 左上の星が”木星”です

木星にズームインすると・・・

焦点ボケですみませんが “ガリレオ衛星”が比較的近くに並んでいました ⇓

今回は 夜空のスタージュピターの”プロフィール” をご紹介します

空で最も明るい天体のひとつ
“太陽系最大の惑星”で 多くの衛星を持つ“巨大ガス惑星”(6日撮影 ⇓)

木星のサイズは 直径139,822kmで地球のおよそ11倍
この容積に およそ1,300個の地球が収まります

木星 “バスケットボール大”とすると
地球“ブドウ一粒”の大きさです

自転速度は 地球の1日24時間に対し 木星は“10時間弱”
木星の1年地球の12年弱に当たる 4332.5日!!!?
(6日撮影 ⇗) 激しい自転速度の為
完全な球形ではなく横が約7%膨らんだ楕円形になっています

木星自体は 約90%の水素と10%のヘリウムで構成され
金属水素で囲まれた中心核は 半径の90%を占めています

“大赤班”は 木星の南半球にある地球の約2倍の幅の巨大な渦で
地球上の嵐の速度を遥かに超えるスピードで
反時計回りに回転する雲で構成されています(8/29撮影 ⇓)

反時計回りならば 地球の熱帯低気圧や 台風と同じ回転方向ですね
固い地面が無いので その回転を”打ち消す”ものが無く
“長期間”消えないのだそうです

多数ある 衛星 その数は実に79個

最大の衛星は “イオ” ”エウロパ” ”ガニメデ” ”カリスト”の4つ(6日撮影 ⇑)
いわゆる “ガリレオ衛星”(左上から順にカリスト・イオ・エウロパ・ガニメデ)

中でも“エウロパ”は 地球の衛星“月”とほぼ同じ大きさ
表面を覆う薄い酸素と氷のすぐ下には 広大な海が確認されていて
地球外生命の存在が取りざたされています

今回は 木星 ジュピターの横顔をご紹介しましたが
いかばかりかでも 興味をお持ちいただけましたでしょうか

ちなみにギリシャ神話では
エウロパジュピターゾッコンの恋人です

まぁ とにかくこの時期 木星は一晩中観測出来ますから
ご紹介しましたあれこれを 照らし合わせながら
秋の夜長 どうぞゆっくり眺めてみてください

双眼鏡で ガリレオ衛星観えます

~~~~~~~~~~~
ここで 南三陸ホテル観洋
セレモニー課よりお知らせです

当館開業50周年を記念して
募集致しましたウェディングフォトプレゼントには

多数のご応募をいただき 誠にありがとうございました

当選されました5組の皆さまには
9月末に お電話にて その旨をご連絡申し上げました

ご応募頂きました皆さま方には
それぞれに 当選のお知らせを
さぞ心待ちにしていらっしゃったことと思われます
公募 抽選後 お電話でのお知らせを以って
当選の発表に代えさせて頂きましたこと
どうかご了承くださいませ

コメントを残す on プロフィール

星に願い 叶う

一週間ぶりのご無沙汰です Bluebirder*Sです

叶いました 星に 願いが!!

先週 さいたまから修学旅行で宿泊された中高一貫校の高校生たちに
残念ながら 観洋屋上で星空を観望して頂けなかったことは
お知らせしていました

もちろんレインカバープログラムの”星のお話”は
押しなべて”好評で
それはそれでよかったのですが
本音はやはり 星空を観て頂きたかった・・・

それで 続いて来られる中学生の皆さんには
なんとか観望してもらえますように と
“星に願いを”掛けていた次第です

そ、 それが 叶ったのです♪

9月29日当日 観洋の夜空は なんと快晴♪
“天の川”はもちろんのこと
満天の星を楽しんで頂くことができました

この時期 最も明るく光る”木星”と その”ガリレオ衛星”を望遠鏡で・・・

「ホントだ 見える見える!!」


「縞模様 見えた!!」


「衛星 3つ見えますね!」

夫々に それぞれの反応と 感動を口にしてくれました

一方 土星も天体望遠鏡で・・・

「うん 確かに土星だ! 土星の形だ!」


「土星の形のシールが 貼ってあるみたい」


「わっ ほんとに環が観えるんですね」


「土星の形を じかに観たのは初めて」

などなど 素直で率直な反応がまた 嬉しくてうれしくて♪

ただ、残念ながら 150名の生徒さんたちの対応で手いっぱいだったもので
リアルタイムの皆さんの姿と様子は
写真にお撮りすることが出来ませんでした
すみません

続いて午後8時半からは 今度は一般のお客様に 星空をお楽しみ頂きました

興味津々で 望遠鏡を覗きこんだり

興味深く 星空案内人の話に耳を傾けたりされる様子が
また私たちにとっては この上もなく嬉しく
スタッフの  何よりの”遣り甲斐”になっております

夜も9時半ともなると 東の水平線上には ”火星”が姿を見せてくれました

“赤”が 魅力的な惑星です

ちなみに 望遠鏡を向けて・・・「火星が観えマ~ス!」  は
たまたま星を観に来てくれた
当館で研修中の台湾の学生さんに
ちょい受けした”oyajiギャグ”でございます(笑)


そうそう 同じ時間帯には 木星のイオ エウロパ ガニメデ カリスト
4つのガリレオ衛星が すべて姿を見せてくれていたのは見ものでした


次回 確定しているスターパーティは10月24日です

コメントを残す on 星に願い 叶う

Starparty for students came from Saitama

一週間ぶりのご無沙汰です Bluebirder*Sです

この20日 さいたまから修学旅行でお越しの高校生のために
スターパーティが開かれました

19日夜の南三陸町の星空指数は100%!
台風14号が通過して いわゆる”台風一過”の晴天が期待されました

スタパ当日の正午ごろで 指数は 80%!!
これはいける! と思っておりましたら
なんと 午後3時頃には 星空指数は一気に降下してしまい 20%に・・・

結局 観洋屋上上空の雲はとれず 星空の観望は叶いませんでした

残念!!

代わりに 屋内でスターパーティ講師
“星空案内人”による”星のお話”を お楽しみいただきました

PC投影のシミュレーション映像で繰り広げる”宇宙旅行”は
太陽系の惑星群からスタート 講師はWさん


今が見頃で 実際に観洋屋上からも望遠鏡で観える ”土星”の姿


同じく 観察好機の ”木星”の姿


そして 私たちの住む ”地球”が紹介されたのに続いて

生徒の皆さんのリクエストで ”金星”や


“冥王星”にひとっ飛び


ほかにも 太陽に一番近く 昼は摂氏430度 夜は氷点下180度になる
“水星”のこと

直径は地球の11倍という巨大ガス惑星 ”木星”のこと


“土星”の環は氷で構成されていて厚さが10mしかないことなど解説されました


続いて 太陽系が”所属”する”銀河系”は

横から見ると私たちの見上げる”天の川”になることが紹介されると
生徒たちからは あぁ~♪ ふむふむ♪ と 納得の声があがっていました


やがて 現在確認されている範囲の”宇宙の果て”まで旅を終えると
地球への帰還

一気に地球に戻るシーンには 想像を遥かに超えるスケール感の凄さに
会場からは 驚きの声とともに どよめきが起こりました

また 続いて N講師からは

地球儀を縮尺に 柄杓を持って地球と月の距離を示すよう生徒に問いかけられ

あれやこれやと 楽しいやりとりの後 実際に示された距離には
やはり驚きの声が

また 手づくりの模型を手に 会場を一周・・・

太陽を公転していることで
地球からの見える”土星”の輪の角度が変わることなども

ご教示いただきました

さいたまの高校生たち
中には 熱心にメモを取りながら受講している生徒もいて
皆 興味津々 目を輝かせながら
星のお話を 楽しんでくださいました

とにかく 皆さんの素直な反応には 講師陣もとても喜んでおります

こちらの中高一貫校からは 今度はこの29日に中学生が訪れ
スターパーティに臨みます

是非とも次こそは 星空を楽しんで頂きたく
昨日も”星に願いを”かけさせて頂いた次第でございます

コメントを残す on Starparty for students came from Saitama

20.7km/ℓ

一週間ぶりのご無沙汰です Bluebirder*Sです

秋 とはいえなかなか涼しさを感じさせてもらえない今日この頃
それでも 観洋から徒歩15分  “海の見える命の森”では

“萩の花”が咲き始め 秋の風情を漂わせてくれています

この18日 萩の花咲く”うみもり(海森)”では

関係者が出席して ”南三陸大仏建立3周年”の開眼法要が行われました
この日は 丁度 当館創業者生誕の日

3.11犠牲者の御霊を悼みつつ 平和への祈りが捧げられたほか

“大自然の営みと共に私たちの命があり 自然の支えの中に生活がある”ことが
あらためて確認されました

~~~~~~~

ところで 突然ですが
去年11月のリッター20㎞後

冬場 スタッドレスタイヤで19.8㎞に落としたあと

8月上旬に20.5kmの燃費をマークするに至った愛車のKカーは

この9月15日 とうとう20.7㎞/ℓを叩き出しました♪(ちょいと大袈裟 笑)

“ノン”ハイブリッド 自然吸気エンジン
CVT(無段変速)のオートマですから
最新のEV車やハイブリッド車に比べたら
環境性能は大きく劣ります

とは言え
なかなか下がってくれないのが ガソリン価格

“せめてもの抵抗”に過ぎないのかも知れませんが
目下”エコドライブ”を継続中なわけです

実は 8月下旬 車検で0.1㎞落としていましたが
そこから気を取り直して+0.2㎞です

夏タイヤに交換後19.8㎞/ℓから 20.7㎞/ℓに・・・
これはもう 目指せ21㎞/ℓの勢いです
一体 どんな運転してるの?って ひょっとしたら
“疑念”(?)をお持ちの向きもおありかと思われますが
な~んにも 特別なことはしていません
強いて言えば”おとなしい運転”

制限速度+10㎞の範囲で一定速度を保ち
急発進 急加速 急ブレーキを避け
遠目に信号機をマークしながら
歩行者用の信号機が点滅していたら加速せず
惰性で停止位置まで車を転がしてしまう
下り坂でも惰性を利用して・・・
これで もう立派なエコドライブです

スピード感を楽しみたい!という方々からすれば
おそらく”蝿のとまるような運転”で
邪魔だと思われてしまっていることでしょう

ちなみに Bluebirderは
後続車がしばらく無いことを確認してから発進していますし
先を急ぐ車があれば ”お先にどうぞ”しています

エコドライブって 所詮自己満足の域を出ないものかも知れませんが
それでも ささやかながらも立派な”省エネ”行動であることは確かですし
何より 安全運転で事故が避けられます

一人ひとりが わずかずつでも燃費を改善出来れば
“塵積って山となる”が如く
地球温暖化を緩和することが出来るのは確かなこと

まさにハートは”ハチドリの一滴(ひとしずく)”

窓を開放してゆったりクルージングしていると
どこか 自然と一体化しているようで

“自分も大自然の一部なのだなぁ”という実感にも似た気分に浸れるのは
きっと Bluebirderだけではないと思われます

コメントを残す on 20.7km/ℓ