仲秋の名月

一週間ぶりのご無沙汰です Bluebirder*Sです

9月10日は 仲秋の名月でした

こちらは 観洋南東の空 午後8時前

館内には この日 こんなポスターを貼り出して告知

お泊りのお客様も 名月の日だということは
ニュースや天気予報などでご存知だったでしょうから
わざわざ告知などしなくて 良かったのかも知れませんが
観洋にお泊り頂いて “ロビー”でも ”お部屋”でも ”露天風呂”でも
更に”屋上”でも とにかく”観洋から”仲秋の名月を愛でることが出来た
そんな印象に残る思い出を作って頂けたら と思い
告知させていただいた次第です

夕食会場は午後6時に開場になりますが
南三陸町の月の出は 午後6時6分

丁度 椿島の上を「名月」は 昇り始めました

6時半以降にお食事の席にご案内差し上げたお客様からは
「屋上で 光の道をつくる月が観られてよかった」
「夕食のあとも また観に行こうね」というお話を伺えました

ありがとうございます
それでこそ ご案内を差し上げてよかったというものです


それにしても ハーベストムーンの光の神々しいこと

“月々に 月観る月は大けれど 月観る月は この月の月”・・・・・


今年の仲秋の名月は ちょうど満月
登り掛け  一際映えた”黄金色”が とても きれいでした♪

 

さて 9月は これから木星が見頃になります

なぜかというと 木星は9月27日に「衝(しょう)」を迎えるのです
木星は約マイナス3等の明るさで輝いていますから
一際 大きな存在感を放っていて それと直ぐわかります

そこで「衝」というのは 太陽系の天体が
地球から見て太陽とちょうど反対側になる瞬間のことで

この頃の惑星は 地球との距離が近くて 見かけの直径が大きく
光っている部分が正面から見えて 陰になる面積が少ないので
明るく見えます

それに 日の入りの頃に東の空から昇って真夜中に南中し
日の出の頃に西の空に沈むので 一晩中観ることができるのですから
観察しない手はありません

さてその木星ですが 直径は地球の11倍ありますから 巨大です
なにせ大赤班には 地球がすっぽり入ってしまうのですから 凄い

更に驚くべきは その自転速度で
なんと10時間で1回転しています   この巨大さで!

望遠鏡を使って木星を観察すると 木星の表面には何本かの縞模様が見えます
こちら⇓は 前回もご紹介した 8月28日深夜 観洋上空の木星

そしてこちら⇓は この10日深夜の様子です

木星は 水素やヘリウムから成る「ガス惑星」で
地球の「ジェット気流」と同様に
いくつかのジェット気流が流れています

ただ 地球と違って そうした流れを遮る山などの障害物がないので
木星の上層部にあるアンモニアの雲が”乱気流”などを起こすことなく
ジェット気流によって運ばれて
こうした「縞模様」が出来上がるのだそうです

9月27日のスタパは この木星の縞模様も観察します

お楽しみに♪

コメントを残す on 仲秋の名月

星空の魅力

一週間ぶりのご無沙汰です Bluebirder*Sです

先月は 27日に予定されていたスターパーティが
天気が悪く ”星のお話”も含め中止になってしまいました

スタパを楽しみに ご宿泊に来られたお客様には
大変 申し訳ございませんでした

当日夕刻・・・私 Bluebirderも ご案内役の一人で
とにかく中止が それはもう残念で仕方なく
トボトボと落ち込んだ気分で
観洋屋上に上がっておりました

すると 午後7時を回る頃から
ぽつり ぽつりと お客様が・・・
8時半くらいまでに 入れ替わり立ち替わり
大体20名くらいの方々がお見えになりました

大半は 汐風に当たりに
また 夜の海辺の雰囲気を楽しみに来られたご様子でしたが
やはり スタパを楽しみにご宿泊の方も

ならば せめて少しだけでも 星空を観てもらえないものか!
そう念じた思いが 通じてか
その間 1時間あったかどうかの わずかな時間ではありましたが
観洋上空にぽっかり穴が開くように 雲が切れ
まず 土星・・・
南斗六星が 姿を現すと

その後 ”雲間の空洞”は 南から北に移動しながら
“ベガ” ”アルタイル” ”デネブ”で構成される”夏の大三角形”・・・
“白鳥座”・・・

さらに ”カシオペア座”と”北極星”まで 見せてくれました

観洋屋上”汐風の空” この日のスタパは中止になりましたが
束の間 お客様から星空を楽しんで頂くことが出来て
ほっと胸を撫でおろした次第です ありがとうございます♪

~~~~~~~~~

そして
急遽 夏の特別開催となった 翌日 28日

日中降り続いた雨が 夕方にはあがり  嘘のように晴れてくれました
左が西 右が東の方角で 雲が 夕陽色に染まっています

一時的に 志津川湾名物の霧に 阻まれたりはしたものの
延べ150名以上のお客様から
観洋の夏の星空をお楽しみ頂くことが出来ました

“夏の大三角形”はもちろん
くっきりと浮かび上がる”天の川”に  大きく羽ばたく”白鳥座”
そして”土星”と ”木星”には 天体望遠鏡を向けて
ご覧いただきました

仙台や関東方面 関西方面からのお客様は
いわゆる”都会暮らし”の方が多く
普段なかなか夜空に星を望むことなど無いのかも知れませんね

「こんなにゆっくり星を眺めたこと 無かったなぁ」と
とにかく満足そうな男性のお客様がいらっしゃいましたし

女性のお客様も「今回こうして観洋に泊まれてよかった」と
喜んでくださいました  これには星空案内人の
佐藤・永井・和田・小林 4名の講師陣も大喜び♪
もちろんBluebirderもです

スタパで望遠鏡を覗くと・・・ ”土星”は こんな風に・・・

そして ”木星”と ”ガリレオ衛星”は こんな風に 観えます

この日の”ガリレオ衛星”は4つ見えました
(午前0時を回ってからの撮影で スタパの時間帯は数が違ったかも知れません)
どれがどれかは特定できませんが
イオ・エウロパ・ガニメデ・カリストの4衛星

実は 今回も天体望遠鏡にスマホを当てて撮ることが出来なくて
果たしてどんな風に観えるのかを ご紹介のしようがありませんでした
が この日の深夜 あまりにもきれいな星空につい誘われ(笑)
鳥観用スコープを通して  しばらくカメラを向けてみました

夢中で数多シャッターを切ったところ まさに”下手な鉄砲数打ちゃ当たる”で
数枚に”土星”が 比較的くっきり撮れていましたし
“木星”に至っては
こんな姿を捉えることが出来ました♪

“縞模様”をまとっています    すぐ右脇と 更に右には”ガリレオ衛星”も(??)
判りづらいので 明るく補正すると・・・

はい 右側に2つ衛星が現れました

この”縞模様” スタパの天体望遠鏡で観てもらえるのですが
湿気や空気の揺らぎがあると 肉眼でも ちょいと判りにくい
Bluebirderとしては 初めて”縞模様”を捉え
ご紹介できたのは 嬉しい限りです

下には うっすら”大赤班”らしき部分もありますね

9月27日のスタパは

まさにその ”観察の好期”を迎える”木星の縞模様”も
ご覧頂こうというのが  テーマになっておりますので お楽しみに♪

・・・・・・・

深夜ともなれば 天頂付近には 和名 “すばる”

“プレアデス星団”が きらめき始めていて
南三陸ホテル観洋の星空は いよいよ魅力的です

コメントを残す on 星空の魅力

いきなり

一週間ぶりのご無沙汰です Bluebirder*Sです

19日夜 観洋では スターパーティーが開かれました
月一回のレギュラー版ではなく 夏休み特別開催

スタッフの間では「いきなりスタパ」と称して
星空指数の高い日を狙って イレギュラーで開いています

8月のレギュラー版は 27日の予定ですが
今月は既に そのPart 1を 5日に開催
19日は Part 2でございました

この日は いつもより遅く午後8時半にスタート
ところが・・・ 午後8時を過ぎる頃には
既にお客様が 屋上 “汐風の空”に 殺到!!

そんな勢いで この日は
何と のべ200人超え 300人に及ぼうかというお客様に
お楽しみいただきました

ご覧いただいたのは ”土星の環” ”木星” ”夏の大三角形”など

8時半から9時くらいですと ”木星”は東の空 比較的水平線近く

“土星”は 南南東の空の比較的高い位地に

望遠鏡の接眼レンズに
スマホのレンズを当てて撮ろうとしましたが  叶いませんでしたので・・・
先に 8月6日 鳥観用のデジスコで撮影していたものでご紹介します

まずは”土星”  こんな感じ

衛星撮影の腕が足りず 解像度 悪し
それでも 辛うじて ”環”がわかりますね

19日当日 お客様は こうして望遠鏡を覗き込んでは”土星”の姿を確認・・・
土星の本体と 氷でできた環がくっきり観えると
“わぁ~” とか ”おぉ~”とか ”すげぇ!”とか
嬌声やら 歓声やら 驚きやら
それはもう感激の余り
なりふり構わず 感嘆の声を挙げていらっしゃいました

これはもう 私たちスタッフとしては
とにかく素直に嬉しい限りで
スタパを開いた甲斐が 大あり というものです♪

ありがとうございます

一方 ”木星”は こんな感じ   (再びデジスコ撮影画像)

こちらもまた 撮影技術が足りず ブレてピントの甘い画像ですが
“木星”本体と 周囲を周る ”ガリレオ衛星”を確認出来ます
これ 地球で言うところの ”月” です

この画像で確認できる衛星は2つですが
19日のスタパで見えたのは4個だったかな?
見える衛星の数は その時期と時間帯によって変わるようです

そして ”白鳥座”   19日の空です⇓

上の写真を明るく修正して 線で結んでみました       ⇓
尾羽の先にあたる星が 夏の大三角形の一角 ”デネブ”

そもそも こちらも焦点が全然合っていなくて すみません
が それでかえって星座の星々に色が加わり きれいに観えています

さらに 南南西の空には ”南斗六星” 南の柄杓(ひしゃく)星

おなじみ”北斗七星”に対して この名が付いたそうです

ナント! (笑)こちらもピンボケで すみません
が こちらも色が付いて もきれい♪

今月レギュラー開催のスタパは 27日

当館南三陸ホテル観洋 東館屋上 ”汐風の空”で
午後7時スタートです

ごいっしょに きれいな星空を 楽しみましょう

~~~~~~~
追伸

久しぶりに モネが観洋の岩場に姿を見せてくれました  おかえりモネ!

お約束の飛翔シーン やっと撮れました

岩場に佇む姿は そこはかとなく かわいい雰囲気
やっぱり 女の子です   こちらを見てますネ♪

コメントを残す on いきなり

ゲーム”エコドライブ”

一週間ぶりのご無沙汰です Bluebirder*Sです

コロナ禍 お家時間が増えた時期には
あれこれご自分の時間の多くを
趣味に充てることが出来たという方も少なくないことでしょう
料理・工作・学習に あるいはPCやスマホゲームに興じてみたり


そもそも 若い世代は コロナ禍に関係なく
スマホでゲームを楽しんでいる方が 圧倒的に多いようですね

・・・という 当方Bluebirderの趣味・ゲーム事情は?と言えば
PCやスマホのゲームには  一切触っておりません
・・・というのも その昔

まだ白黒画面だった当時の 初代ゲームボーイにはまり
気が付けば”夜明けに” という事態を招いてしまっていたのです
とにかく それほどまでに のめり込む性分なもので・・・
嗚呼 お恥ずかしいはずかしい
それで”触らない”のです

とは言いながら
ひとつだけ 今も継続して熱中している”ゲーム”があります

それは一体何かと  いいますと
去年11月のブログ”祝20㎞”でご紹介していた”エコドライブ”♪
“燃費を節約する運転”です
これなら 睡眠不足で不健康になることもありせんからネ(笑)

それに 多少ではありますが
このところのガソリン価格高騰からの
生活防衛にも役立っています

コロナ禍 ⇒ 経済低迷 ⇒ 原油需要減 ⇒ 原油安 ⇒
産油国の減産 ⇒ 原油安からの回復 ⇒
コロナ禍規制緩和 ⇒ 需要増 ⇒ 原油価格高騰
この構図に ロシアとウクライナの戦争が拍車をかけている状況の中

2年前の6月には 115円だったレギュラーガソリンは
ことし3月には163.1円に高騰

8月に入って156.4円程度に下がってはいますが
リッター40円~50円高の出費は 手痛いていたい

そこで ゲーム”エコドライブ”の成果は? と相成るわけですが
冬タイヤの季節にリッター19.8㎞に落としてしまった燃費を
夏タイヤに換えた後
8月上旬までに 20.5㎞にまで引き上げることが出来ています♪
Kカー ノンターボNA(自然吸気)の CVTオートマ でも
“ふんわりアクセル” ”空走距離を長くすること”
“一定速度走行” ”急加速・急ブレーキの禁”
これらを心掛けるだけで
既に リッター0.7㎞燃費を向上出来ているのですから
のめり込まない手は ありません

それに わずか0.1㎞ずつとは言え
リッターあたりの走行距離が延びてくるのは 痛快で楽しくて
これはもう ゲーム感覚♪

経験上 “エンジンの回転数を1500~2000″の範囲に保ち
時速50~60㎞走行を維持できる時間が長ければ長い程
ガソリン1ℓあたりの走行距離は 延びてくるようです

これ 車の大小を問わず 経済的走行する為の  “共通ポイント”のようです

ということは 一般道の制限速度+10㎞程度の範囲内で走行出来れば

自ずと燃費は良くなる ということになりますネ

とにかく 楽しみながら安全運転につながり
燃費を稼いで環境への負荷も軽減することで
いわゆるSDGsにも貢献できる

みなさんも いかがですか?  ゲーム”エコドライブ”

コメントを残す on ゲーム”エコドライブ”

巣立ち

一週間ぶりのご無沙汰です Bluebirder*Sです

当館5階のティーラウンジ脇のある
カモメの観察コーナー

カモメ親子のトピックスを写真でご紹介していますが

7月31日から 更新できていません・・・
すみません

実は 今月2日から 午後の時間帯に限ってですが
営巣していた岩場に カモメ親子は
戻ることもなく

それで撮影も出来ていないのです・・・

おそらくは 妹の”モネ”も飛べるようになって
兄の”るい”と一緒に 親鳥に連れられて
餌の捕り方など 諸々 教わっているのだと思われます

これはもう事実上の”巣立ち”でしょう

去年までのカモメ親子は 子どもたちが飛べるようになっても
しばらくは巣のある場所を起点に
“行動”していたのを覚えていますが

今年の親子は どうやら巣にあまり固執しない様子

この一週間 親カモメが
いかにも子どもたちの成長ぶりが嬉しいと言わんばかりに

意気揚々と飛び回っているのは 時々見かけましたし

“るい”も気持ちよさそうに飛んでいる様子も 観られましたが
残念ながら

まだ”モネ”の飛翔の様子は確認できていません

観洋のオオセグロカモメカップルは 5月13日 1個目を産卵

15日に 2個目

そして 17日には3個目

6月11日には 2羽が孵り

13日には 3羽目

3年ぶりに3羽とも孵ったので 大感激!していた 矢先

18日には 先に孵った2羽の内の1羽
おそらくはお姉ちゃんが 行方不明に
この時は ショックで
Bluebirderも しばらく落ち込んでしまいました

その後 お兄ちゃんと妹の名前を ご宿泊のお客様から募集
館内スタッフの人気投票を経て

お兄ちゃんは”るい” 妹は”モネ”と命名

るいは 23日に初泳ぎをして26日に初フライト!

26日にやっと泳ぎ始めたモネが

フライトまであともう少しかな?という31日の姿が
最後になってしまいました

こちらは 7日午後3時 母カモメが

束の間巣に戻って あたりをうかがっていた様子・・・

去年の親子は 8月の中旬に
岩場に戻ってきてくれていましたから

今年もひょっとしたら・・・
と 期待してみます 上の写真は 30日の様子

とにかく ”るい”と”モネ”は 立派に巣立ちできました
ということで ご報告いたします

 

追伸

モネの飛翔シーンが撮れたら アップしますね

コメントを残す on 巣立ち