2羽元気

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

「3個目が孵ったら追伸しますね」と締めくくった
先週のブログ
・・・”追伸”は出来ませんでした

殻が割れかけていたように見えたのは
“錯覚”だったのかも知れません

非番明けの18日
既に巣の中に卵は無くなっていました

「またかぁ~」
去年に続いてのこと
正直 頭痛がするくらいに ショックでした

13日には 母さんカモメがクチバシの先で卵に触れ

確認したのは ヒナが孵るか否かの気配だったのでしょうか

そっとやさしく確認したあとは

どうも”見切り”を付けてしまった様子で
巣に入らず その場を離れてしまっていました

この行動から受けた”抱卵放棄”の「予感」は「現実」に

個人的には 先に孵ったヒナが立ち上がったり

巣から出たりするとことよって

親が卵から離れてしまっていたことが
原因ではないかと思っています

それとも”無精卵”だったのか・・・

地元の重鎮Gさんは
「色んな要因が重なってのことでしょう
彼らは野生の本能の持つ直感が働いて
“自然にそうなる”ことも考えられる
例えばその年に摂れるであろう餌の量が豊富か否かを
“野生の本能”が無意識の内に察知して
結果的にその時々に合った行動を親鳥に取らせるとか」と
滅入る小生を諭して下さいました

そうなのかも知れません

3羽が孵った一昨年は イワシの群れが
度々志津川湾の中に入ってきていたのを覚えていますが

どうも去年と今年は 様子が違うようで
イワシだけでなく 他の餌となる生物の生育条件も
余り好くないという”予知現象”なのかも知れません

それでもとにかく
先に孵った2羽がヨチヨチと元気に動き回っている様子は

とても可愛らしく 何よりの救いです

河北新報のWebニュースサイトで
孵って間もない2羽のヒナが動き回る様子の動画を
アップして頂きました
こちら ↓
👉】ころんとかわいいカモメのひな 南三陸のホテル、2羽誕生
下線の文字列をクリックするとURLが出て来ますので そのURLをクリックして
是非 ご覧ください

取材頂きました 河北新報社 武田記者様はじめ
関係者の皆さまには 心より感謝申し上げます
ありがとうございます

ブログでは 2羽の巣立ちまでを 追いかけます

コメントを残す on 2羽元気

Jalan Jalan around Kanyo

*Areshima and Shizugawa Bay seen from our hotel.

*Jalan Jalan means to take a walk in Indonesian.

 

This time, we will show you the sightseeing spots near our hotel.

A dense green island in Shizugawa Bay that you can see from the hotel lobby. It is Areshima, which is owned by the Sato family, an old family in Minamisanriku.

 

Areshima is the only island in Minamisanriku that can be walked across. Areshima Shrine, which gathers local beliefs, is enshrined on this island, and a red torii gate and a shrine stand on an island rich in nature.

If you go up through the torii gate, you will find a small torii gate, and a shrine stands behind it.

If you go further while looking at Moai Rock on your right, you will find the entrance of Cape Lover’s point in the north.

 

As soon as you climb the gentle slope, you will arrive at the observatory.

 

Add ” the Ocean View Forest of Life ” along the route for a more fulfilling trip.  This “the Ocean View Forest of Life” is introduced in the blog on December 10th.

Link to the blog on Dec. 10th

 

You can walk or drive, but we also rent a bicycle for 3 cars. All the cars are electric assisted bicycle !!

 

Areshima seen from the entrance of Cape Lover’s point in the north and Minami Sanriku Hotel Kanyo in the back.

Access to the Cape Lover’s point in the north(北の恋人岬) 7 minutes drive from our hotel.


Good day ! from Minhong

Book us at;

” Kanyo channel “ is being delivered ….

  Please “like(いいね!)” and subscribe to the channel.

コメントを残す on Jalan Jalan around Kanyo

草木萌える

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

5月の声を聞き
南三陸町も 草木萌える季節

観洋5階ロビーから見える 荒島(あれしま)も

標高512.4m 町内最高峰にして
奥州藤原氏も信仰した霊峰
田束山(たつがねさん)と手前の山々も

いよいよ樹々が萌え
文字通り 風薫る季節を迎えました
萌えだした緑の色が とにかく目に新鮮です

ただ ヤマツツジの名所 田束山の頂は
まだ 赤くなっていません
花の季節はこれからで 見ごろは今月中旬とのこと

この写真の一番高い山が 田束山
見ごろになれば 頂に赤い帽子をかぶります

 

さて 時間は遡りますが よく晴れた先月28日
観洋近くの森で
クロツグミがさえずっていました

ただ 残念なことに 声はすれども姿は見えず・・・

どんな鳥? ですよねぇ ちなみに こんな鳥です
Bluebirderが かなり以前
他県のとある森で撮った姿です
ちょいとピンが甘いのはご愛敬

羽根が黒いツグミなので 文字通り「クロツグミ」
ですが お腹は白くて 黒い斑点も

クチバシと目の周り
そして 足が黄色くて
なかなか かわいいヤツです

初夏を告げる声がまたきれいなのです
声の方は ネットで検索してみて下さい
とにかく 美しい声です

 

奇しくもその28日の朝
海のビジターセンターの観察では
志津川湾内に
コクガンの姿は確認できなかったとのこと

28日と言えば ゴールデンウィーク前日
彼らには GWの時期が判るのでしょうか

「コクガンは いつまでいるんですか?」というご質問に
「一番呑気なのはGW前まで いますよ」とお答えしていますが
今シーズンも
きっちり GW直前まで
志津川湾内に居てくれたわけで
どうしてどうして律儀なことですまた 来シーズンの飛来を楽しみに待ちましょう
気の早い群れは
10月下旬にはその姿を見せてくれることでしょう

 

一方 観洋眼下で巣作りを進めるカモメのツガイ

自分たちの営巣の場をしっかり守っています
巣材も さらに増えました

目には青葉 山クロツグミ 恋カモメ
パロディー句
俳人 山口素堂さん ごめんなさい

南三陸にも いよいよ初夏の訪れです

先行予約開始!
届いたお客様から「ものすごく美味しい」と反響がたくさん!!
朝どれ 鮮かつおタタキ
南三陸ホテル観洋「楽天市場店」で受付開始!

コメントを残す on 草木萌える

巣作り

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

志津川湾の絶景を望む 南三陸ホテル観洋
フロントフロアー5階には

ティーラウンジ脇に
自然観察コーナーがあります

その眼下に カモメが営巣する岩場が

今年のツガイは この17日に メイティング
深く愛情を交わしていました

それから一週間
巣を見てみると 巣材が更に増えています

早々と「陣取り」をしていた1月22日 ↓
巣材はまだ入っていません

他のカモメを 追いやっていた2月6日 ↓

そしてメイティングの日 ↓

先週24日には この通り ↓
巣材 増えてますよね♪

どうやら 今年のカップルは
巣材を吟味して集めているのか
細くて柔らかそうな材料が大半で
大き目の枝のようなものがはみ出していた去年
不織布のようなものまで入れていた
一昨年とは違う様相です

そんな「巣作り」から察するに
今年のカップルは
繊細な感覚の持ち主なのかなぁ
などと 勝手に想像しております

先週ご紹介したメイティングシーンで
はっきりわかったことですが
写真下の身体の大きい方がオスで 上の小さい方がメス

去年のツガイは
三個を産卵し二羽を孵しましたが
今年のカップルは 果たして・・・

南三陸町の志津川湾は ラムサール条約登録湿地
美しく豊かな自然景観を楽しみながら
その一角で 今まさに営巣を始めようという
カモメのカップルも 観に来てください

~~~~~~~~   ~~~~~~~~   ~~~~~~~~

さて 湾内で越冬していたコクガンたち
南三陸海のビジターセンターによれば
この24日の観察では
まだ残る12羽を確認したとのこと

こちらも 探しに来てみてください
もう居なくなる頃ですから 見つけられたらラッキー♪です

PS 本日26日朝の観察では4羽になったそうです byビジターセンター

コメントを残す on 巣作り

歓声

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

子どもたちの明るい歓声

 

町の海水浴場サンオーレ袖浜に隣接する 荒島楽天パーク

気持よい晴天に誘われて 出かけてみると

親子連れやカップル 若者たちの姿

そして 公園の遊具で遊ぶ 子どもたちの歓声

元気いっぱいの子どもたちの姿と笑顔のある風景って

いいものですね

子どもたちの元気な声が

あちらこちらで聞こえることこそ

復興の大切な要件だろうし

そうなれてこその 本当の復興なのではないか

常々そんな風に思っているBluebirderにとって

嬉しい光景でした

ちょうど 遊具越しに見える白いビルが観洋です

 

一方 公園の直ぐ隣にあるのがサンオーレ袖浜

砂浜に面した道路沿いには

51体のモアイ像がずらり♪

様々な表情の木彫が 海を向いて並んでいます

なぜ南三陸町に モアイ像?

と 思われる方もいらっしゃるか思いますが

1960年チリ地震津波によって

志津川湾では 41名が犠牲になりました

その際 チリ政府からお見舞いとして贈られたのが

他でもない モアイ像だったのです

 

それ以来 当時は志津川町の今は南三陸町の

シンボル的マスコットになっています

 

そんなモアイたちが見守る砂浜に目を向ければ 

のんびりと 海辺のひと時を楽しむ人たち

春の海に 心なごむ光景です

 

ところで サンオーレ袖浜には モアイ岩があります

向かって右側の岩がそれ

天空を見上げる モアイの横顔にも見えます

 

荒島の緑がアクセントを添える 海辺

去年は コロナ禍で海水浴場は開かれませんでしたから

今年の夏は 再開できることを願うばかりの サンオーレ袖浜にて

とにかく 春の日差しがとても心地よく

子どもたちの歓声が嬉しい 穏やかな一日でした

 

サンオーレ袖浜は

志津川湾の風光明媚さを堪能できるスポットのひとつです

観洋へお越しの際にもし 是非足を延ばしてみて下さい

心癒されること 請け合いです♪

 

追伸: いつもの漁港のコクガンたち

3日には 3羽を確認できました。

しかし、語り部バスでお客様をご案内した翌4日、

お客様も双眼鏡でご覧になりましたが、確認できたのは 1羽だけ・・・

去年は大型連休前まで 呑気にしていたメンバーも

急上昇の桜前線に煽られて

この港から もう居なくなってしまいそうな勢いです。

コメントを残す on 歓声