小さな秋

6日ぶりのご無沙汰です。Blurbirder*Sです。

訳あって、今週は1日早い更新です。

 

朝夕、随分涼しくなりました。

というより、もう肌寒く感じられる日もありますね。

志津川湾、9月の朝です。

今頃はちょうど 観洋から太平洋を望んだ湾の中央付近から陽は昇ります。

湾内には、養殖施設で作業をする船のシルエット。

水面を渡るヒンヤリとした潮風に、秋の気配を感じます。

 

秋の入り口、南三陸町近郊で 小さな秋を探してみました。

北上川の支流には、ススキの穂が 西に傾いた陽に 輝いています。

まだ 穂は若く、綿毛のようなフサフサは見られません。

いよいよ これからが開花。花が咲いて、

1か月ほどで 芒(ノギ)と呼ばれるフサフサが付いて 金色に輝きます。

この、芒(ノギ)。

花の終わりには、ちょうど、タンポポの綿毛のようにふわふわと宙に舞い、

種を遠くへと運びます。

 

公園の一角には、栗の木。

木自体の丈は まだ小さいのですが、しっかり緑色のイガグリをつけています。

ただ、付いている実の数は全体的に少な目。ちゃんと 実ってくれるのかな?

 

ふと 気が付けば、抜けるような青空。

澄み切った 秋の空気を感じます。

 

とりのこされたように売店軒先には 氷暖簾(こおりのれん)。

もう 季節外れ、という印象以上に 一抹のさびしさを感じます。

 

一方、家々の軒先には・・・

おなじみ秋の花、

コスモス♪

濃い紅、薄紅。

別名 秋桜(あきざくら)、というだけあって 文字通り「華やか」な雰囲気。

 

コスモスは、キク科コスモス属の花。

花言葉は、「少女の純真」・「真心」。

その姿は、心 惹きつけ、和ませてくれます。

 

一方、川べりや国道沿いで見つけた この花。

黄色いコスモス?と思ったら、どこか様子が違う。

調べてみたら、キクイモの花。(違ったらゴメンナサイ!)

コスモスと同じキク科の花ですが、ヒマワリ属。

そういわれてみれば、花自体は小さいけれど、

色と形にヒマワリ的な趣きがありますね。

 

日が暮れて、夜ともなれば、冴えわたる 月影。

志津川湾の水平線に現れたばかりの月の色は 赤く、

昇るにつれて次第に黄金色から銀色へと変化して

魅力的な表情を見せてくれるの で・す・が、

残念ながら この日は カメラスタンバイが遅れ、

その赤い「表情」を撮り逸れてしまいました。雲に遮られて・・・

それでも、水平線上の雲に隠れた 月がもたらす光は、

漁業信仰の島 椿島を幻想的に浮かび上がらせ、

雲が切れたところで 光の道を渡してくれました。

客室の窓からは「うわ~! めっちゃ きれい!!!」という 叫び声も。

 

南三陸ホテル観洋自慢の、志津川湾の絶景は

日の出もさることながら、月の夜もまた 魅力的です。

 

秋はまだ「小さい」ですが、

日中と朝夕の気温差が相当に「大きい」ので、

どうぞ風邪など召しませぬよう お気を付けくださいませ。

 

コメントを残す on 小さな秋

お風呂満喫の水曜日

一週間ぶりのご無沙汰です。

Bluebirder*Sです。

伊豆沼辺りには  もう白鳥が飛来する季節になりましたね。 早いものです。

さてさて、こんな大海原を眺めながら露天風呂を楽しめるなんて、いいと思いませんか?

いいですよねぇ。

そんな大浴場が、南三陸ホテル観洋にはございます。

 

「そんなこと、もう知ってるよ!」 という方々が 大半でしょう。

そうした皆さまにも 是非お知らせしたいのが、

毎週水曜日にお泊りのお客さまには、

翌朝、男女入れ替えて お入り頂いていますよ!  ということなのです。

 

未だ知らない方も多いのかも知れませんね。

先月、9月に始まったばかりなのですから 無理もありません。

これまで、観洋では 男湯と女湯の入れ替えは、年に一度

開湯記念日前の4月下旬に 2日ほど、朝方にあっただけ。

 

それが、先月から、「週一回」 男湯と女湯が入れ替わるようになったのです。

男湯と女湯の大きな違いは露天風呂で、その広さが歴然と違います。

そして、岩風呂の「アレンジ」と「レイアウト」。

今まで男湯の露天風呂しか知らないお客さまにとって、

これは もう、サプライズに値します。

 

広い海原を目の前に ゆったり気分で入れるのは、

やはり 広~いお風呂がいいですよね。

湯面だけでも、女湯の露天風呂は男湯の3~4倍の広さがあって、

男湯には無い、こんな「洞窟風」のお風呂も。

 

広々とした湯面は そのまま志津川湾の海原に続くような印象で、

太平洋との一体感も加わって 気分は最高~!

かねてから、ご夫婦やご家族連れでお泊りのご婦人方から、

露天風呂には「天女の湯」ほか 色々な岩風呂があって

広々としていて気持ちよかったという話は 殿方にも伝わっていて、

当の「殿方勢」から 男湯と女湯の入れ替えを望む声もありました。

 

観洋の掛け替えのない宝のひとつが この志津川湾の絶景で、

海の景色を堪能して頂けてこそ お泊り頂いた価値あり! なのですから

入れ替えのご要望にお応えしない手はありません。

地下3000mから湧きあがる深層天然温泉の露天風呂は、

まさに「海とお風呂が一つにつながるインフィニティ温泉」。

毎週水曜日にお泊りのお客さまを対象に、翌朝4時から10時まで、

男女大浴場を入れ替えてご利用いただけます。

見渡す方角は「真東」。 陽が昇る朝の光景が また 格別に美しいのです♪

みなさんも今度、是非水曜日にお泊り頂いて、

男湯と女湯に 入り分けて楽しんでみて下さい。

きっとまたひとつ、観洋通になっていただけること請け合いです。

スタッフ一同、みなさまのお越しを お待ちしております。

コメントを残す on お風呂満喫の水曜日

海から見てみよう!~南三陸ホテル観洋~

皆様こんにちは、マッキ―です(^O^)/

先日、極秘ミッション(社外秘)
志津川湾から当館を撮影する任務が与えられたため、
その傍らで撮った海上からの写真を紹介します。

今回の任務の出発地は、こちらの小さな漁港ございます。
漁船に乗り込み、Let’s Go!
(あいにくの曇り空だったのが残念)

観光船と違い、小回りの利く小型の漁船は、
養殖イカダの間もスイスイ抜けて行きます。

漁港を出ると、
たくさんの漁船と共に、奥に見えるのは…

去年6月に出来た南三陸魚市場!

更に、少し進んでだ後に見えるこの島は…

荒島です!

もちろん当館からもご覧いただけますが、
海から見ると、やはり一段と大きく見えます。

そして、こちらの白い建物!

南三陸ホテル観洋であります♪

ちなみに、当館から見る志津川湾はこんな感じ!
(志津川湾)から見ると、かなり新鮮ですね。

写真から見て大きな建物が2つあります。

左側が南館で、右側が東館です。
ちなみに、半円状になっている凹んだ部分は、連絡通路です。
(4階は大浴場,5階はロビーになっています)

折角なので、色々な角度から撮影してみました♪

おや!?南三陸ホテル観洋とBBQを繋ぐ宝來橋には、
紫色の藤の花が咲いています。

宝来橋から見るとこんな感じです。

決して派手では無いですが、どこか落ち着く色合いをしていますね。
(個人的な感想です)

あら!?こちらの山は、木が一部ありません?

実は、「やすらぎの森」と呼ばれる所で、
南三陸ホテル観洋では、森と海とに恵まれた南三陸の地形を学習の場と生活の場にすべく、
『海の見えるやすらぎの森自然学校化プロジェクト』を推進しています!

海から見てみると、当館の周りは、
山も多くある場所である事が分かります。

海の幸と雄大な自然に癒される旅はいかがでしょうか?

★本日のおすすめプラン★

気分最高!【志津川湾のんびりクルーズ付プラン】
観光船乗船券付・えびせん1袋無料☆ご夕食は鮑の踊り焼!

 

こちらは立派な観光船で優雅なクルージング!
飛んでいるウミネコに餌付けするのはスリル満点!?
海風切りながら走る観光船は爽快♪
これからの時期におすすめのプランです。

コメントを残す on 海から見てみよう!~南三陸ホテル観洋~