おめでとう!

一週間ぶりのご無沙汰です、Bluebirder*Sです。

6月の花嫁は 幸せになる、って言いますよねぇ。

June Bride!

南三陸町の6月の花嫁は、M.Hさん。

同じ町内に住む Y.Tさんと、

向こうに太平洋を望む 志津川湾の絶景を背景に挙式。

親族をはじめ、友人を前に 永遠の愛を誓いました。

この15日のこと。

純白のドレスがよく似合う M.Hさん。

皆さんから フラワーシャワーで祝福を受けました。

 

披露宴には、239人が出席。

観洋6階のコンベンションホール羽衣が会場です。

円卓の数は40。

観洋では 久々に大規模な披露宴になりました。新郎新婦は、まさに「ご縁」あってのご結婚。

震災が無ければ無かったご縁なのです。

というのは、新郎の実家の工場が東日本大震災の津波の被害に遭い、

急遽、決まっていた企業の内定をお断りして故郷へ帰って来ることに。

新郎のお姉さんの旦那さまがサーファーで、

たまたま当館で開かれた街コンに連れてこられた時に

岩手のサーファーと仲良くなり、

今度サーフィンに行こうと誘われて、出かけた先がサーフショップかぶとむし。

そこで、当時高校生だった新婦と初めて遭遇。

いつしか、新婦は新郎から理数系のテスト勉強を教えてもらうようになって

その後、お付き合いが始まりました。

実は、

新婦のご両親も出会いの場がサーフショップかぶとむしだった

というのですから、奇遇ですね。

その上、新婦はサーフィンの他に写真も趣味で、

撮影用のカメラは、

何と、新郎の祖父から譲り受けたものなのだそうな。

新婦のご両親のお店の常連さんでした。

新郎新婦が出会うずっと前のことでしたから、

このころから、もう二人のご縁は遠巻きながら

紡がれ始めていたのかも知れませんね。

お二人のご縁を決定づけたのが、震災だったというのはミラクルです。

交際5年8か月の間、一度たりとも喧嘩をしたことはないという仲のお二人。

ある意味「おのろけ」にも聞こえてしまうのは私だけかもしれませんが(笑)、

とにもかくにも ご縁あって

何か見えない手によって引き合わされたような印象もあるお二人、

おめでとう! そして、お幸せに!

コメントを残す on おめでとう!

Bluebird!がやってきた!!

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

風薫る五月。自然が深く豊かで、

町自体がひとつの森のような南三陸町は 五月晴れの日は殊に気持ちがいい~♪

先日、遠巻きに束の間見かけたオオルリが、

なんと 観洋男子寮前に姿を現してくれました。

声がきれいで、瑠璃色の羽がきれい~♪。好きな野鳥のひとつです。

実は、

非番だったこの日、朝出かける際に目の前でさえずっているオオルリを発見。

早速、

車からカメラを持ち出して撮ろうとしたところ SDカードが入っていない。

カバンにあったカードを挿入したところ、残り撮影可能枚数 1・・・。

他のカードを入れると、あと8枚・・・。

焦りまくりながら

別のカードを入れ直して余裕で「撮れる」ことを確認した時はすでに遅し。

オオルリは飛び去り、とにかく悔しくてくやしくて

あ~ぁ・・・って落胆してしまっていた次第です。

えっ? でも こうして撮れてるじゃん!、ですよねぇ。

 

ええ、それが、午後 帰ってきたところ、

運よく、窪地の水路で水浴びを終えたオオルリが

比較的近くの枝にとまってくれた♪

羽が乱れているのは水浴びした後だから。

これはラッキー!とばかりに、カメラを構え、カシャカシャカシャ・・・。

三脚なし手持ちの望遠ですから、手振れ、相手ブレの上、ピンが甘いのですが

全体的な画面の「雰囲気」でご覧頂く ということでご勘弁ください。

 

ひたすら、羽づくろいしてました。

よ~く観ると、幼鳥から成長になりたてと思しき一羽。

まだ「お色直し」が完全ではなく、

背中の一部に茶あるいは灰色っぽい部分が残って

淡く斑になっているのがわかりますね。

羽は成長と共に、真っ青で鮮やかな瑠璃色に変わって

立派な青鳥、いえ成鳥になっていきます。

 

羽づくろいの後は、

クルミの木の枝から垂れ下がった花の辺りをついばんでいました。

どうやら、花の咲いたクルミの木がお好みのようです。

逆光を編集で補正したので、白っぽい画像ですみませんが

おそらくは この若ドリ、この辺りでは新参者と思われます。

( ↓ 頭上の飛翔体を警戒して身構え 体が細くなっています)

というのは、野鳥たちは自分の縄張りを主張する際に

高みでさえずるようですが、

写真でご覧いただいている個体がさえずっていたところ、

以前から 夏場この近辺、といっても少し奥に「陣取っている」

ほかの個体が「牽制」にやってきて、

両者(両鳥)で 縄張り争いをしているのを目撃したからです。

 

争いの際には、どうやってその音を発するのかはわかりませんが

低くうなるような「ブーン」という音とか 「カチ カチ!」といった音を立てて

「威嚇」し合います。

 

「カチカチ」という音は、

キビタキやルリビタキ、ジョウビタキ、コサメビタキなど

いわゆるヒタキ系の鳥が発する音です。(注意:ジョウビタキはツグミ科)

その音は、昔、火を起こすのに使った火打ち石を打つ音に似ていて、

これが「~ヒタキ」という名が付いた理由なのだそうです。

 

まさかオオルリが「カチカチ」音を出すのには驚きましたが、

図鑑を見れば オオルリもヒタキ科の野鳥なので、

取り立てて不思議なことでは なかったようです(笑)。

 

しかし、クルミの木の「利権争い」とも見られる両者の抗争は

現在も終わらない模様です。

この若ドリ、

「先住者(鳥)」に追い立てられても 立ち去る気はないようで、

この土日も さえずり続けていました。

以上、二羽のオオルリの抗争が続く観洋男子寮前から

Bluebirder*Sがお伝えしました。

コメントを残す on Bluebird!がやってきた!!