帰ってきました 一年ぶりに

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

そう、帰ってきたのです。

あの幸せの青い鳥が!

4月22日 朝5時半ごろ、寮から外へ出たところ・・・

聞き覚えのある 明るく 美しいさえずり。

 

さえずりの聞こえる方に眼をこらし 声の主を探してみると・・・

いました!  オオルリです♪

深~い青色の羽。 相変わらず 眼に鮮やかです。

 

先週、志津川湾で越冬したコクガンたちが北へ去った次の週に、

ちょうど入れ替わるようにして入ってきたオオルリは、いわゆる夏鳥。

繁殖のため 南三陸町に帰ってきたのでしょう。

生憎、早朝で光が足りなかったせいか

オートフォーカスが樹の枝に取られ

残念ながら 写真はピンボケ。 (笑) 腕が未熟なだけなのですが・・・。

今回は、確かに居た「証拠写真」ということで ご了承ください。

 

晴れた朝は、野鳥たちの動きもいよいよ活発です。

“コンコン コンコンコン”

んっ? 今度は 樹をつつく ドラミングの音。

しばらく 佇んでいると・・・

アカゲラが飛び出してきました。

いつもせわしなく動き回っている一羽ですが、

朝のうららかな光に 気分も良さそうにしている様子でした。

 

まだ花咲き残る桜の木や雑木林からは 元気に鳴き交わす声。

姿を確かめると メジロでした。

昇って間もない東からの陽を 背に受けて・・・

桜にキッス! とばかりに せっせと花の蜜を食べていました。

ただ、気の毒なことに

縄張りを主張するヒヨドリに追い払われながら。

隙を突いての「朝食」は、どうも落ち着かない様子でした。

けだし、この姿はかわいい♪

 

季節は春。

いよいよ野鳥たちの動きも活発になってきます。

コメントを残す on 帰ってきました 一年ぶりに

ホテル観洋辺り

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

とある日の 志津川湾の夜明け前。

今頃の陽の出は ちょうど 真ん中に見える「椿島(つばきしま)」と

その右側、島に向かって突き出して見える「神割崎(かみわりざき)」の間から。

 

この日、露天風呂では 美しい陽の出を望むことが出来ました。

当然、露天風呂のある2階大浴場にはカメラ持込みは禁止ですから

その風景はご紹介出来ませんが、

露天風呂からの陽の出の美しさは

是非 こちら観洋へお越しになって ご自分の眼で確かめてみて下さい。

 

さて、この日は 観光船も運行いたしました。

 

早朝の青空は、生憎 高曇りに変わってしまいましたが、

ウミネコたちはいつもの通り

もの凄い勢いで お客様に迫って参りました。

かっぱえびせんが 宙に放り投げられると・・・・・・

ウミネコたちは それはもう必死な形相で、

キャッチ!

 

キャッチ!

キャッチ

 

さらに キャッチ

この「食いつき様」に お客さまはそれはもう大喜び~♪

満足されたご様子でした。

 

途中、船上からは コクガンの姿も確認出来ました。

こちらは、サンオーレ袖浜沖辺り。↑

カキ養殖の浮きに乗っかっていました。3羽居ますね♪

そしてこちらは、荒島(あれしま)近く・・・

ツガイかな? 仲良く 泳いでいました。

元々は 養殖用の浮きのある辺りがコクガンの「居場所」だったということで、

震災前には こうした光景が頻繁に見られたようです。

 

竹で組んだ養殖いかだは ウミネコたちで「満席」になっていました。

 

観光船へのお客様のご案内を終えた 同じ日の午後、

前々回のブログでご紹介した カモシカ(多分♂)が またまた出現。

国道45号を挟んで 向こう側に現れた カモシカは、

の~んびり 草を食んでいました。

 

このあと、Bluebirderは 何と! 国道を渡って

このカモシカに接近するという暴挙に出てしまいました。

スマホ撮影のオプティカルズームは2倍までですから、

距離を稼がないと きれいに撮れません。

なので 抜き足・・差し足・・・忍び足・・・・

ジ~っと見られたままの「ダルマさんが転んだ」状態(笑)で

その距離5m!!!にまで 接近!!!

それでも 逃げません、でした。

とにかく 前回もジ~ッと見られてしまっていましたから、

覚えていてくれたのかな? 危害を加える奴じゃないって。

 

まぁそれでも、しつこく撮っていましたら

さすがのカモシカも ゆっくり移動をし始めてしまいましたが、

ここまで接近出来たのは初めてのことなのでした。

 

高曇りの空に 傘を被った陽がボンヤリ見えていた日中でしたが、

夕刻 西に傾いた陽は、再び志津川湾を 明るく照らし出してくれました。

夕陽色に染まる 荒島(あれしま)・・・

きれい でしょ?

観洋近辺を飛び交うウミネコたちの中には   ユリカモメの姿も♪

お客様が餌付けする部屋の窓辺には、ウミネコとともに

ユリカモメたちも ヒラリひらりと 飛び交っていました。

観洋辺りには 素晴らしく 豊かで美しい自然が満ち溢れています。

みなさんも どうぞ この観洋辺りの自然に 浸りに来てください。

癒されること 間違いなし!!!

お待ちしております。

コメントを残す on ホテル観洋辺り

日の出フォトグラファー

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

一雨ごとに寒くなり

各地から霜や氷、雪の便りが届く頃

いかがお過ごしでしょう?

正面玄関前のお出迎えも、日暮れ時には

いよいよ 寒さが増してきています。

 

さて、南三陸ホテル観洋から眺める志津川湾の日の出の景色がきれいなことは、

お泊りになって、ご覧になられた方なら みなさんご存知ですね。

南三陸ホテル観洋には、

そんな 志津川湾の日の出専門に撮り続けている

フォトグラファーが居ます。

Bluebirderも、朝 寮の窓の外が白み始め、

空がうっすらと朝日色に染まるのがわかると、

「ああ、きれいな日の出が見られそうだなぁ・・・

撮影したらきっといいシーンが撮れるなぁ・・・」と思う・・・。

思いはするものの、

撮るには寮の奥にあるベランダに出なければならない・・・。

なので、つい 寒いからと布団から出ない・・・。

出ないで、二度寝してしまうのです(失笑)。

そんなぐうたらなBluebirderとは 違い、

晴天の朝、シャキッとカメラを向けているのが

当館のナイトフロントスタッフなのです。

その内の一人が Hさん

この6日と9日にも 撮ってくれました。

今回冒頭からご紹介している写真が 彼の「作品」です。

赤い というより、金色(こんじき)の 日の出です。

Hさん、ナイスショット♪!!!  おつとめ ご苦労さまです!

 

それにしても、わずか3日の差で

こんなにも日の出の位置が変わるんですね。

↑ こちらが 6日、

↑ こちらが 9日です。

 

こうした情景を、お泊りのみなさまは

露天風呂やお部屋から眺めていらっしゃるのです。

ブログをご覧のみなさんも、

是非、観洋の天然温泉から

志津川湾の日の出と絶景を楽しみにいらっしゃいませ!

 

まずは入浴だけでも、という方には

日帰り入浴をフロントカウンターで承っています。

毎日 AM11:00~PM3:00 最終受付PM2:00にて。

 

また お食事付きで入浴を楽しめる

お手軽な日帰りプランは 4400円からご用意できます。

観洋のタオルを お付けして。

岩風呂の温泉に浸かって 志津川湾の絶景をどうぞ!

コメントを残す on 日の出フォトグラファー

おめでとう!

一週間ぶりのご無沙汰です、Bluebirder*Sです。

6月の花嫁は 幸せになる、って言いますよねぇ。

June Bride!

南三陸町の6月の花嫁は、M.Hさん。

同じ町内に住む Y.Tさんと、

向こうに太平洋を望む 志津川湾の絶景を背景に挙式。

親族をはじめ、友人を前に 永遠の愛を誓いました。

この15日のこと。

純白のドレスがよく似合う M.Hさん。

皆さんから フラワーシャワーで祝福を受けました。

 

披露宴には、239人が出席。

観洋6階のコンベンションホール羽衣が会場です。

円卓の数は40。

観洋では 久々に大規模な披露宴になりました。新郎新婦は、まさに「ご縁」あってのご結婚。

震災が無ければ無かったご縁なのです。

というのは、新郎の実家の工場が東日本大震災の津波の被害に遭い、

急遽、決まっていた企業の内定をお断りして故郷へ帰って来ることに。

新郎のお姉さんの旦那さまがサーファーで、

たまたま当館で開かれた街コンに連れてこられた時に

岩手のサーファーと仲良くなり、

今度サーフィンに行こうと誘われて、出かけた先がサーフショップかぶとむし。

そこで、当時高校生だった新婦と初めて遭遇。

いつしか、新婦は新郎から理数系のテスト勉強を教えてもらうようになって

その後、お付き合いが始まりました。

実は、

新婦のご両親も出会いの場がサーフショップかぶとむしだった

というのですから、奇遇ですね。

その上、新婦はサーフィンの他に写真も趣味で、

撮影用のカメラは、

何と、新郎の祖父から譲り受けたものなのだそうな。

新婦のご両親のお店の常連さんでした。

新郎新婦が出会うずっと前のことでしたから、

このころから、もう二人のご縁は遠巻きながら

紡がれ始めていたのかも知れませんね。

お二人のご縁を決定づけたのが、震災だったというのはミラクルです。

交際5年8か月の間、一度たりとも喧嘩をしたことはないという仲のお二人。

ある意味「おのろけ」にも聞こえてしまうのは私だけかもしれませんが(笑)、

とにもかくにも ご縁あって

何か見えない手によって引き合わされたような印象もあるお二人、

おめでとう! そして、お幸せに!

コメントを残す on おめでとう!

Bluebird!がやってきた!!

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

風薫る五月。自然が深く豊かで、

町自体がひとつの森のような南三陸町は 五月晴れの日は殊に気持ちがいい~♪

先日、遠巻きに束の間見かけたオオルリが、

なんと 観洋男子寮前に姿を現してくれました。

声がきれいで、瑠璃色の羽がきれい~♪。好きな野鳥のひとつです。

実は、

非番だったこの日、朝出かける際に目の前でさえずっているオオルリを発見。

早速、

車からカメラを持ち出して撮ろうとしたところ SDカードが入っていない。

カバンにあったカードを挿入したところ、残り撮影可能枚数 1・・・。

他のカードを入れると、あと8枚・・・。

焦りまくりながら

別のカードを入れ直して余裕で「撮れる」ことを確認した時はすでに遅し。

オオルリは飛び去り、とにかく悔しくてくやしくて

あ~ぁ・・・って落胆してしまっていた次第です。

えっ? でも こうして撮れてるじゃん!、ですよねぇ。

 

ええ、それが、午後 帰ってきたところ、

運よく、窪地の水路で水浴びを終えたオオルリが

比較的近くの枝にとまってくれた♪

羽が乱れているのは水浴びした後だから。

これはラッキー!とばかりに、カメラを構え、カシャカシャカシャ・・・。

三脚なし手持ちの望遠ですから、手振れ、相手ブレの上、ピンが甘いのですが

全体的な画面の「雰囲気」でご覧頂く ということでご勘弁ください。

 

ひたすら、羽づくろいしてました。

よ~く観ると、幼鳥から成長になりたてと思しき一羽。

まだ「お色直し」が完全ではなく、

背中の一部に茶あるいは灰色っぽい部分が残って

淡く斑になっているのがわかりますね。

羽は成長と共に、真っ青で鮮やかな瑠璃色に変わって

立派な青鳥、いえ成鳥になっていきます。

 

羽づくろいの後は、

クルミの木の枝から垂れ下がった花の辺りをついばんでいました。

どうやら、花の咲いたクルミの木がお好みのようです。

逆光を編集で補正したので、白っぽい画像ですみませんが

おそらくは この若ドリ、この辺りでは新参者と思われます。

( ↓ 頭上の飛翔体を警戒して身構え 体が細くなっています)

というのは、野鳥たちは自分の縄張りを主張する際に

高みでさえずるようですが、

写真でご覧いただいている個体がさえずっていたところ、

以前から 夏場この近辺、といっても少し奥に「陣取っている」

ほかの個体が「牽制」にやってきて、

両者(両鳥)で 縄張り争いをしているのを目撃したからです。

 

争いの際には、どうやってその音を発するのかはわかりませんが

低くうなるような「ブーン」という音とか 「カチ カチ!」といった音を立てて

「威嚇」し合います。

 

「カチカチ」という音は、

キビタキやルリビタキ、ジョウビタキ、コサメビタキなど

いわゆるヒタキ系の鳥が発する音です。(注意:ジョウビタキはツグミ科)

その音は、昔、火を起こすのに使った火打ち石を打つ音に似ていて、

これが「~ヒタキ」という名が付いた理由なのだそうです。

 

まさかオオルリが「カチカチ」音を出すのには驚きましたが、

図鑑を見れば オオルリもヒタキ科の野鳥なので、

取り立てて不思議なことでは なかったようです(笑)。

 

しかし、クルミの木の「利権争い」とも見られる両者の抗争は

現在も終わらない模様です。

この若ドリ、

「先住者(鳥)」に追い立てられても 立ち去る気はないようで、

この土日も さえずり続けていました。

以上、二羽のオオルリの抗争が続く観洋男子寮前から

Bluebirder*Sがお伝えしました。

コメントを残す on Bluebird!がやってきた!!