観光船

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

9月に入り、日中はまだ暑さが残っていますが、朝夕は涼しくなりましたね。

 

さて、澄み切った空の下、観光船でクルージングなど いかがでしょう?

送迎バスが出発するのは、仙台駅直行のシャトルバスが観洋を出た後のこと。

毎日 午前10時15分。

一路 船着き場へ・・・

志津川港到着は、およそ10分後。

接岸しているホテル観洋の観光船、第三はまゆりに乗船いただきます。

出港は 10時半。

一時間弱のクルージングが始まります。

第三はまゆりは、津波で失われた二隻の観光船

第一はまゆりと第二はまゆりに次いで

震災後 新造船として復活した観光船です。

リアス式海岸特有の荒々しい岬や島々の景色を眺めながらウミネコと遊べて、

のんびりと南三陸 志津川湾の海を楽しめる♪ 船なのです。

ウミネコと遊べる時間が とにかく楽しい こちらの観光船。

 

餌のかっぱえびせんは、船上で販売しています。

持ち込みもOK!

 

えびせんを指先に持って外に向かって差し出すと

ウミネコが飛んできて パクリ!

上手に放り上げれば、空中でキャッチしてくれますし、

海に落としても、着水して 食べてくれます。

 

こんなシーンも・・・

 

とにかく 寄ってくるウミネコの数が半端じゃない。

手の届くすぐ目の前を 群れて飛ぶ白い翼の迫力には圧倒されてしまいます。

 

舵を取るのは、阿部船長。

ヘッドセットのマイクを通じて、船内アナウンス。

南三陸町の歴史・文化から、地質、魚竜などの化石、自然、漁業に加え、

ウミネコやカモメのことなど あれこれ教えてくれる語り部ガイドでもあります

野鳥のことも詳しい船長さんです♪

 

さてさて観洋を背景に、目の前に浮いている浮きは何かわかりますか?

この浮きで、カキを養殖しています。

それぞれの浮きから カキの種を付けた綱を海中に垂らして育てます。

 

観光船は 途中、別の海域で浮きの傍に寄ってくれます。

その際に どんな風に養殖されているのかを観ることが出来ます。

海中に 白っぽく見えるがホタテの貝殻。

ホタテの養殖じゃぁ ありません。 カキの養殖!!

カキって、ホタテの貝殻に種を付けて 養殖するんです。

 

また、ホヤは、カキの殻に種を付けて、

ホタテは、洗濯ネットのような袋に種を入れて 養殖するんですって。

そんな話も教えてくれるのが、阿部船長です。

こちらは、ギンザケ養殖用の生け簀。

 

手前右手の島は「椿島」って言いますが、その向こうに見える岬が

雷(いかづち)伝説の「神割崎」。

 

志津川湾内の岬。海面に近い部分の「えぐれ」は、津波の傷跡。

 

町内で唯一 歩いて渡れる島 荒島(あれしま)には、

南方系の植物タブノキが植生しています。ここは北限の地。

沖合には親潮と黒潮の混ざり合う海域があって、

暖かい黒潮の影響を受けてのことでしょうか。

 

とにかく、あれこれ 細かいことは抜きにしても、空と海の青、潮風、

島々の鮮やかな緑、さらにウミネコとの触れ合いが、

掛け値なしに 私たちの心を癒してくれます。

 

南三陸ホテル観洋の目の前を遊覧する志津川湾観光船、

料金は、大人一人1100円 子ども550円で 一時間弱の船の旅

前日の 20時までに 観洋のフロントにお申し込みください。

外来の方もどうぞ!!! 代表電話 0226-46-2442 まで♪

尚、この観光船、10月からは、消費税増税の関係で

料金は 大人1200円、子ども600円に改定になります。

乗船すれば、ちょいと南三陸通になれて、気分も心もリフレッシュ。

ご予約・ご利用 お待ちしております。

 

コメントを残す on 観光船

霧の荒島

一週間ぶりのご無沙汰です、Blurbirder*Sです。

子どもたちは夏休み、ですね。

観洋で親子揃って夏の思い出づくりはいかがでしょう?

 

南三陸町は、このところよく霧に包まれます。

この時期、

東からヒンヤリとした風「やませ」が吹くと 湾内にはが立ち込める、

というのが南三陸町。

実は、町は霧の名所でもあります。

 

霧の サンオーレ袖浜

町内志津川地区の海水浴場です。

この日は、平日で少し肌寒い日でしたから 海水浴客は無く、

荒島(あれしま)につながる桟橋に釣り人が一人・・・。

霧の荒島は どこか幻想的に見えます。

島の頂に神社がある荒島。

古くから弁才天が祀られ漁業者の信仰を集めてきました。

今月13日には、海開きとともに 新しい鳥居が再建。

町民からの寄付金で建立されました。高さは5m。

震災前、島の入口には高さ10mの大鳥居がありましたが、津波により流失。

そのままになっていたのです。

折れた柱は、大震災の遺構。

コンクリートの階段が整備された 参道を登ると・・・

間もなく赤いお社、荒嶋(あれしま)神社

        

お社は 深い森の中。

荒島は、南方系の樹木 タブノキが自生する北限の地 なのだとか。

タブノキは耐潮性に優れ、地下に海水が浸入するような土地

あるいは波打際でも育つ樹です。

昔から、漁業者の間には「海岸近くの森林が魚を寄せる」という伝承があって、

海岸林や離れ小島の森林を守って来た歴史から

海辺には大木が多いのだそうです。

こうした森林を『魚(うお)つき林(りん)』というのだそうです。

荒島は そんな小島の一つ。

 

志津川湾は、ノリ ワカメ アワビ カキ ホヤ ホタテ クロソイ ギンザケ

カタクチイワシ、と、海の幸の一大養殖地。

まさに、荒島は漁業者の信仰する弁財天とも相まって

漁業の町を守る象徴とも言える島のようです。

こちらは、観洋からは車で15分程のところにあります。

砂浜から桟橋を渡り、階段を上ると、そこはもう深~い森の中・・・・・。

鬱蒼とした緑の中に続く小道に分け入れば、ちょっとした冒険気分に浸れます♪

夏休み、こどもたちの手軽な探索・探検にいかがでしょう?

ただ、蚊がいますから、虫よけスプレーがあるといいかも知れません。

 

さてさて、観洋 ティーラウンジ眼下の岩場で孵った カモメのヒナ三羽

もう、親の体の大きさに追いつきそうな勢いで

すこぶる順調に成長を続けています。

ただ、親鳥が餌を運んできても、

三羽が一斉に寄ってくることはなくなってきているようで、

三羽揃ったショットがなかなか撮れません。成長の証なのでしょうけれども、

この写真を撮るのにも かなりの時間を要しました。

 

とにかく、三羽の居場所はバラバラになってきていて、

こんな風に だんだんと 群れずに依存しないで生きる

「孤高」さが備わってくるものなのかなぁ、な~んて

思ってしまっています。あくまで勝手な考察ですが。

そんなヒナたちの巣立ちまで あと 2週間ほどです。

 

☆おまけ : 下の写真は 荒島より望む霧のサンオーレ袖浜です。

水がきれいで波の穏やかな海水浴場には公園のほか、駐車場・シャワー・更衣室も完備されていて、いずれも無料でご利用になれます。海の家も三店舗。

海の景色のきれいな エンジョイスポットです♪

コメントを残す on 霧の荒島

三陸の恵みを味わう「気仙沼 いちば寿司」

「気仙沼大島大橋(鶴亀大橋)」の開通で
三陸沿岸のドライブを計画中の皆様へ
気仙沼から美味しいお食事処の紹介です♪


こちらは、南三陸ホテル観洋の本社で
魚を全国に出荷している『株式会社阿部長商店』が
直営の『気仙沼 いちば寿司』
赤い外壁が目印の『気仙沼 海の市』の
大きな階段を上った2階にございます。

隣接する気仙沼魚市場で水揚げされた旬の魚介類を中心に
地元の名産物であるフカヒレ・カツオ・サンマなど、
地元漁師さん自慢のとれたて新鮮な素材を握ったお寿司が
楽しめる回転寿司のお店です。


一般的な回転寿司のイメージとは一味違った
おしゃれで落ち着いた店内には
気仙沼魚市場の漁師の皆さんの写真が
内装に使われており、地産地消の親しみ易さを感じます。


注文は手軽なタッチパネル式!
季節の旬のオススメなどが紹介されています。
回転レールを囲む席の他、
寿司処らしいカウンター席もございます。

ネタごとに注文するお寿司の他に
セットメニューもございます。
こちらは「いちば」セット(1,500円/税別)
赤身、白身、光り物などまんべんなく入った
お得なセットです♪

こちらは食用ホヤの中でも「ホヤの王様」と呼ばれる
『三陸ホヤ』を使用した『ホヤの握り』
新鮮なホヤの上にポン酢ジュレを乗せた
ホヤの旨味をさっぱりと楽しめる一品です♪

夜は照明を落としたおしゃれな空間演出で、
お酒とともにお寿をが楽しめるSUSHI RESTAURANTとして
ご活用いただけます。

お昼は買い物のお客様で賑わう気仙沼「海の市」が
夜には落ち着いてディナーが楽しめるスポットに!
ファミリー、カップルの観光のお客様から
ビジネスのお客様まで幅広くご利用いただけます。

海の恵みと、匠の技が楽しめる『気仙沼いちば寿司』
気仙沼にお越しの際は、是非お立ち寄りくださいませ!

<気仙沼 いちば寿司>
【 住 所 】城県気仙沼市魚市場前7-13 気仙沼海の市2階
【電話番号】0226-25-7868
【営業時間】11:00~21:30 (21:00 ラストオーダー)
総席数80席(カウンター8席、テーブル72席)

◆◇◆

楽天トラベル「朝ごはんフェスティバル2019」に
『南三陸ホヤのお茶漬け』でエントリー中!

ホヤ茶漬けが、三陸らしい・美味しそうと思ったアナタ、
ぜひ下記バナーから投票を、宜しくお願いいたします(-_-)

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

【 求 人 募 集 中 】
詳細は こちら をご確認くださいませ(*´∀`*)

コメントを残す on 三陸の恵みを味わう「気仙沼 いちば寿司」

日本一を決める!朝ごはんフェスティバル♪

皆様こんにちは、マッキーです。
先日、前々から食べたかったパンケーキがあって、
仙台駅前すぐのアーケードにある「BOUL ANGE」というパン屋の中にある
「奇跡のパンケーキ(プレーン)」

何で、奇跡なんだろうと思ったら…凄いんです。
フォーク2本で切れる位、フワッフワで柔らかく、
甘すぎず、卵の美味しさを感じられて、美味しかったです(*^-^*)
(多分リピーターになると思います)

今回は食つながりで…
楽天トラベルで現在開催中の「朝ごはんフェスティバル」のご案内!
こちらは、楽天トラベルで年に1回行われるフェスティバルで、
各ホテルや旅館が自慢の朝ごはんを出品いたします。

当館では…
新メニューとして、『三陸の恵に舌鼓♪南三陸ホヤのお茶漬け』を出品!

(この朝ごはんフェスティバルに向けて開発された新メニューです)

地元南三陸産「ホヤ」を梅肉で合わせて…
じっくりと干して熟成!
宮城県産「ひとめぼれ」、
鰹節をブレントした特製のお茶をかけてさらさらと。
お好みで海苔や山葵を添えて、アレンジする事もできます。
三陸の恵みがぎゅっと詰まったお茶漬けです。

宴会などで、2日酔いの朝にも最適!
こちらもぜひお見逃しなく♪

ホヤ茶漬けは、朝食会場にて提供開始中!
どうぞお見逃しなく♪
※ただし、当日の仕入れ状況などにより提供できない事もございますので、
予めご了承くださいませ。
※数に限りもございますので、宿泊された際には
お早めにお越しくださいませ。

ホヤ茶漬けが、三陸らしい・美味しそうと思ったアナタ、
ぜひ下記バナーから投票を、宜しくお願いいたします(-_-)

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

【 求 人 募 集 中 】
詳細は こちら をご確認くださいませ(*´∀`*)

 

 

コメントを残す on 日本一を決める!朝ごはんフェスティバル♪

サッパリ冷製ほやメニュー★

ジメジメ湿気で髪型がキマらない、テンションが上がらない
そんな梅雨の時期がやって参りました。

梅雨はおいしいランチでサッパリ過ごす!
そんな冷製メニューのご案内です。

南三陸ホテル観洋でランチといえば、
5階『海の見えるレストラン シーサイド』

現在、ホヤを使った三陸ならではの
サッパリメニューを提供しております。

ホヤも野菜もたっぷり!バジルソースが決め手の
色鮮やかな『南三陸冷製ほやパスタ』(1,200円/税別)

こちらはホヤ独自の旨味とそばが絶妙にマッチした
大人の『冷製ほやそば』(900円/税別)

どちらもサッパリつるっといただけるメニューです♪

これから来たる夏の夏バテ対策にもどうぞ。
もしかしたら冷やし中華に次ぐ夏の定番になるかも!?

夏だけど体を冷やしたくない、という方には
あたたかい『ほやそば』(800円/税別)もございます。

是非『レストラン シーサイド』でお召し上がりくださいませ。

★本日のおすすめプラン★

【ふわふわ食感「鮑の踊り焼」と甘くとろける旬の味覚「生うに」を味わう海鮮御膳プラン】

 

コメントを残す on サッパリ冷製ほやメニュー★