-20°の氷の水族館⁉

皆さん、こんにちは!カナです(・∞・*)

夏の計画は順調ですかっ?
今年こそ海で泳ぐ!!を海開き前から予定立てている私ですが、
この前、下見と言う名の散策に出かけた際、
貝殻を拾ったり写真を撮ったり..(下記撮影写真※色補正済)

夢中になりすぎて気づけば3時間ほど滞在していました。
やっぱり海が好きだな、と実感..夏が待ち遠しいです。

さて!そんな6月ですがあと一週間で7月です!

夏の暑くなる季節にピッタリの観光地を紹介します。

当館(南三陸)から約50分程の気仙沼市にございます「海市」
その中にひんやり貴重な「水族館」があります。

「……..水族館?」

そうです!一年を通してOPENしているのですが、
7月からは無休で営業します。(海の市がお休み時は除く)

—————————————————————————–

【利用時間】
5月~9月..9:00~18:00(最終入場17:40)
10月~4月..9:00~17:00(最終入場16:40)

【入場料金】
大人(中学生以上) 500円
小学生      300円
未就学児     無料

【★シャークミュージアムとの2館共通利用券】
大人(中学生以上) 900円
小学生      400円
未就学児     無料

—————————————————————————–

そんな館内はこんな感じです!(防寒着は無料貸出)

-20°で保たれたこの場所では、気仙沼で水揚げされる80種類、
450匹の魚が氷の中に展示されています!
鮮魚の流通に欠かせない氷。
水産都市気仙沼の高度な製氷技術を駆使した透明な氷の中に魚達が
まるで泳いでいるかのように展示されています。

中では展示されている魚が動くようなプロジェクションマッピングを映し出し、
「静」と「動」を見て、感じることができます。

昨年はかなりの高気温でした。

大人の方でもかなりまいってしまう暑さですが、
私たちよりも身長の低く地面に近いお子様はもっと暑い。
そこで!本日紹介をしたこの場所は、
見て、学べて、涼しくて(寒いかも?)なベストスポットだと思います!
「魚嫌い」が増える一方で、
新鮮な魚を食べればもしかしたら…克服できるチャンスかも!

「海の市」には新鮮な海鮮を使った料理を食べられる場所がたくさん!
お店の一つ「いちば寿司」
↑夜はお寿司のディナーメニューもありますよ。

私のオススメは….「リアスキッチン」の【ふかひれソフト】500円

錦糸状の甘く味付けられたふかひれと濃厚なバニラソフトが美味で、
添えられたシャリシャリの甘酸っぱいベリーも本当においしいです。
テイクアウトができる商品なので、ぜひ皆さんにも食べてほしい一品です!

ぜひ、この夏は旅行の計画に
「南三陸→気仙沼」を組み込んでみるのはいかがでしょうか!

今年しかできない夏の思い出をつくりにお越しくださいませ( *´艸`)

海鮮と一緒にスタミナチャージ!!
仙台黒毛和牛陶板焼付海鮮御膳♪
ふわふわ触感の鮑もついてきますよ~!

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

求 人 募 集 中
詳細は こちら をご確認くださいませ(*´∀`*)

それでは今日はこの辺で!また来週~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)