【語り部バス】「新しい東北」復興・創生顕彰事例集に取り上げられました!

昨年1月に発表された
復興庁『平成30年度「新しい東北」復興・創生顕彰」にて
南三陸ホテル観洋の
『「語り部バス」の運行を通じた震災の風化防止と
交流人口の増加に伴う地域活性化への取組』が
復興・創生顕彰を受賞いたしました。

<平成30年度「新しい東北」復興・創生顕彰等の選定結果について>

復興庁が
「東日本大震災後の新しい東北の創造に向けた取り組みを顕彰する」
として実施している賞で、2018年度は132件の応募の中から
当館を含む10件が選定されました。

この度、復興庁より「新しい東北」事例集が発行され
当館の語り部バスの取組を取り上げて頂きました。

語り部バスの受賞に際し、選定委員より
「震災を風化させないための語り部バスが
運行を通じて震災の風化防止と交流人口の増加に伴う
地域活性化に貢献している」ことが評価されました。


事例集の中では、震災直後から避難所として
地域住民やボランティア団体、医療関係者や
復旧工事関係者など最大で1,000人を受け入れた事や、
その経験から「町内案内」「語り部活動」
そして「震災を風化させないための語り部バス」に
至るまでの当時の出来事がまとめられています。

『語り部の活動を通じた交流人口の拡大』については
波及効果をわかりやすく図説していただきました。

是非、<こちら>より拡大していただくか
印刷してご覧いただければと思います。

上記の図の中にもある『語り部シンポジウム』は
来月2月24日(月・休)25日に
【第5回全国被災地語り部シンポジウムin東北】を
南三陸ホテル観洋にて開催いたします。

【第5回全国被災地語り部シンポジウムin東北】
「KATARIBE」を世界へ~多様で持続可能な、語り部の未来~
開場/南三陸ホテル観洋(宮城県本吉郡南三陸町黒崎99-17)

<WEB申込み受付中!>

毎年『語り部(KATARIBE)』をテーマに、
全国から多くの皆様にご参加いただいております。
被災地の経験や知恵を日本中、世界に向けて発信し、
「被災地」と「未災地」を結び、
次の世代にも教訓を紡いでいくことを目的としております。

東日本大震災から間もなく9年が経過する今、
たいせつな人を守るための想いと学びが、1000年後の未来まで届けられるように。
当シンポジウムがひとつのきっかけとなるよう、そして防災・減災を実現することを目的に開催いたします。
多くの皆様のご参加をお待ち申し上げます。

■お申込み方法
下記より申込書をダウンロードしてFAXにてお申込みいただくか、
WEB申込フォームをご利用くださいませ。

■WEBからのお申込みはこちら。
https://forms.gle/iMRRZ3ueqP6GcAC2A

■申込書を印刷される方は下記よりダウンロードをお願い致します。
http://www.mkanyo.jp/brochure/symposium5.pdf

■全国被災地語り部シンポジウム実行委員会Facebook
https://www.facebook.com/kataribesymposium/

■お問合せ・お申し込みは…
実行委員会事務局(南三陸ホテル観洋内)
TEL:0226-46-2442 FAX:0226-46-6200
minamisanriku_somu@kanyo.co.jp

コメントを残す on 【語り部バス】「新しい東北」復興・創生顕彰事例集に取り上げられました!

2020年を迎えて。

皆さん、こんにちは!カナです(・∞・*)
新年明けましておめでとうございます!
情報発信を今年もたくさん行っていきますので
ぜひご覧いただければ幸いです!本年もよろしくお願いいたします♪

さて、昨日1月4日(土)に「全体会議」が行われ、
新年最初の全体会議のため、全部署のスタッフが集まりました。

会議の最初は社長からより、昨年の振り返り そして今年の抱負を。

副社長からは今年の目標の発表がありました。

昨年は「創意工夫・有言実行」   今年は「チーム一丸となって前進」

昨年は自然災害も多い年となり、宮城県でも被災した地域は今も復興途中です。
スタッフ一丸となって、そして地域の皆様と共に前進できる年にするため、
社員一同 努めてまいります。

そして、全体会議で発表が行われる
ベストスマイル賞」と「ベストスピリット賞」の表彰も♪
今回からは「チーム」と言うことで…

お客様からも「笑顔が素敵」とお褒めのお言葉を頂いた
業務課の皆さんが「ベストスマイル賞」の栄光を称えられました。

そして「ベストスピリット賞」は
お食事のおもてなしを行うサービス課の皆さんへ送られました。

最後に部課長より年頭の挨拶やそれぞれの部署の抱負。
スタッフへの伝達があり、「全体会議」は終了しました。

次は「昼食会」!伊藤部長より乾杯の挨拶を頂き…「乾杯!」

今回は売店で販売されている「鯖の水煮」を使用した炊き込みご飯。
鯖の旨味が染み出ていて、大変美味しく頂きました!
売店でも販売されているので気になった方はぜひ売店にてご覧くださいませ。

令和最初の全体会議となりました。
今年度も南三陸ホテル観洋、スタッフ一同、
南三陸にて皆様をお待ちしております!

2020年、何卒 よろしくお願いいたします!

公式HPはこちら!↓

それでは今日はこの辺で!また来週!

コメントを残す on 2020年を迎えて。

『震災を風化させないための語り部』活動【最優秀コミュニケーション戦略賞】受賞!

日本最大級の政策コンテスト
「第14回マニフェスト大賞」におきまして
株式会社阿部長商店 南三陸ホテル観洋の
『震災を風化させないための語り部』活動
【最優秀コミュニケーション戦略賞】を受賞しました!

2019年11月8日、
六本木アカデミーヒルズにて
「第14回マニフェスト大賞」授賞式が開催され、
過去最多の応募総数2,619件から
6部門30件の優秀作品が選出されました。

【コミュニケーション戦略部門】では
南三陸ホテル観洋の
「震災を風化させないため語り部バス」を含めた
6件の取り組みが『コミュニケーション戦略賞優秀賞』を受賞!

さらに、『コミュニケーション戦略賞』を受賞した
6件の取り組の中から、当館が
【最優秀コミュニケーション戦略賞】を受賞いたしました!

震災直後より語り部活動を意識してきた阿部女将と
語り部・防災士の伊藤次長が登壇し、
賞状とトロフィーを授与されました。

その後、各部門の最優秀賞受賞者が
壇上でプレゼンを行いました。


5分という短い時間ではありましたが、
会場の皆様にご清聴いただき、想いを伝えることができました。

震災直後からの「語り部」活動の独自性・継続性と、
地域の交流人口拡大や経済活性化に貢献したと評価され、
この度の受賞となりました。
応援いただいている皆様、関わってくださっている
すべての皆様に心より感謝申し上げます。

南三陸ホテル観洋は東日本大震災発災時より、
公的な指定避難所ではなかったものの住民はじめ
多くの方々を受け入れ、震災当日から
避難所の役割を担ってまいりました。


多くの大切な命を守る砦となる事と
復興の牽引役となる事を使命として感じながら、
住民と従業員、ボランティア、医療工事関係者、
多くの方々が関わる避難所運営を行い、
自助・共助の取り組みを率先して行いました。


その震災の経験と学びを伝える「語り部」活動を
2011年より現在まで継続して行ってきました。
「語り部」の活動は災害伝承だけでなく、
交流人口拡大の糸口になり、地域経済活性化や
地域産業を守ることに繋がりました。

2015年からは、
「語り部の震災の記憶と教訓を伝えたい」
「多くの方が交流する場を作りたい」
という想いから、
「全国被災地語り部シンポジウム in東北」
実行委員会を結成しました。


民間企業の枠に留まらず、
様々な方々と連携しながら全国に働きかけ、
これまでに宮城・兵庫・熊本にて
4回の「全国被災地語り部シンポジウム」を開催。
南三陸町では、語り部フォーラムや座談会も行いました。

シンポジウムを重ねるたびに人と人が新しく、
またさらに深く繋がり、語り部活動そのものが
普遍的、持続可能な取り組みとして広がっております。

地方の民間企業でありながら、
ここまで取り組みを継続できたのは
『自助・共助』の考えを胸に、
ひとり一人がその課題に真摯に向き合っている
からこそだと考えております。

皆様に感謝致しますと共に、
機会がございましたら是非現地へ足をお運び頂き、
南三陸の風光明媚な景観と、豊かな海の恵み、
震災からの復興への歩みを感じて頂ければと存じます。

今後とも南三陸ホテル観洋を
ご愛顧の程よろしくお願い致します!

コメントを残す on 『震災を風化させないための語り部』活動【最優秀コミュニケーション戦略賞】受賞!

第14回マニフェスト大賞 優秀賞受賞!

南三陸ホテル観洋が長年行っている取組

『「語り部バス」をはじめとした「語り部」による地域の伝統・文化の伝承継続への取組みと全国被災地語り部シンポジウム開催による災害伝承、地域間交流活性化モデルの構築』

この度、「第14回マニフェスト大賞」
【コミュニケーション戦略賞 優秀賞】を受賞しました!

<マニフェスト大賞とは?>
地方自治体の議会・首長等や地域主権を支える市民等の、
優れた活動を募集し、表彰するものです。
これにより、地方創生を推進する方々に栄誉を与え、
さらなる意欲向上を期するとともに、
優れた取り組みが広く知られ互いに競うように
まちづくりを進める「善政競争」の輪を
拡げるために設けられました。(“公式HPより引用)

第14回目となる今回は、
応募総数2,619件の中から、
優秀賞30件が選出されました。

これまでにも様々な議会や地方自治体が賞を
受賞されていましたが、南三陸ホテル観洋は
数少ない民間企業としての受賞となりました。

皆様のこれまでのご支援、ご協力に
心より感謝申し上げます。

南三陸ホテル観洋では、2011年より
東日本大震災の憶・教訓を後世に伝える為、
観光客や教育旅行を中心に「語り部」を行う
震災語り部事業を継続して参りました。

ホテルが所有するバスで被災地を案内する
『震災を風化させないための語り部バス』と、
ホテル内の会議室での『震災講話』、
震災伝承施設「高野会館」を案内する
『震災遺構の保存と継承』を行っています。

語り部をきっかけに人々がが地域を訪れ、
交流人口の増加と地域活性化や
継続的なシンポジウム開催による
「語り部」ネットワークの拡大と取り組みが評価され、
この度の受賞となりました。

今後、11月8日(金)に東京で行われる
授賞式にて、優秀賞の取り組みの中から
【グランプリ】【最優秀賞】が発表されます。

授賞式の一般の方の参加については、
今後“公式HPより発表される予定です。
近隣のお住まいの方、受賞事例に関心のある方は
是非お越しくださいませ!

コメントを残す on 第14回マニフェスト大賞 優秀賞受賞!

トリップアドバイザー「2019年エクセレンス認証」受賞!

皆様こんにちは、マッキーです。

今回は、タイトルにも書いた通り…
当館がトリップアドバイザーの
Certificate of Excellence (エクセレンス認証) を受賞いたしました。

そもそも、Certificate of Excellence (エクセレンス認証) とは…

一貫して最高のホスピタリティを提供し続けている、
厳選された宿泊施設、観光名所、およびレストランに与えられます。

Certificate of Excellence (エクセレンス認証) の受賞施設は、
12 か月間に旅行者がトリップアドバイザーに投稿した
口コミの質、件数、および時期に加え、
施設の営業年数や人気ランキングの順位を考慮した、
トリップアドバイザー独自のアルゴリズムを使用して決定されます。
Certificate of Excellence (エクセレンス認証) を受賞するには、
トリップアドバイザーのバブル評価で 5 段階中 4 以上の総合評価を維持しており、
最低限の口コミ数を獲得しているほか、
トリップアドバイザーへの掲載期間が 12 か月以上である必要があります。

つまり皆様の口コミの質と量、
そして当館が長い間、多くのお客様に支えられて獲得できた賞でございます。

志津川湾を一望できる絶景露天風呂でお客様を癒し、

毎朝運行している語り部バスで震災を学び、

新鮮な海鮮和食御膳に舌鼓。

これからも、スタッフ一同心を込めてお客様をおもてなしいたしますので、
ご愛顧の程よろしくお願い致します。


★志津川名産タコしゃぶお試しあれ★⇒ツイッターフォローしてね♪
南三陸町にふるさと納税するなら⇒ふるさとチョイス
★次回のスターパーティは6/24(月)★木星を見よう★

コメントを残す on トリップアドバイザー「2019年エクセレンス認証」受賞!