香港の取材!~熱血時報のスタッフが来館しました~

大家好,我是惠.
皆さん、こんにちは!恵です。

櫻花的季節已過,在本館周邊,又迎來了杜鵑花開,漫山遍野的杜鵑花,藍天,白雲,大海,構成一幅美麗的山水畫面,花開的季節,一定要來南三陸走走看看哦.

桜の季節が終わり、当館の周辺では、ツツジの花が見頃を迎えました。
田束山にあるツツジの花、青空、白い雲と海が美しい山水画を構成しています。
ぜひ南三陸町にお越しください.

前幾天,我們迎來了來自香港最強頻道”熱血時報”栏目組的工作人員,第一次光臨日本東北部的節目主持人乘坐仙台東口出發的本館免費送迎巴士,來到本館.

先日、香港最強チャンネル”熱血時報”の番組スタッフを迎え、
初めて東北部の番組司会者が仙台東口出発の当館の無料送迎バスで来館しました。

到達本館都沒休息,而是迫不及待的參觀了3.11大地震後被海嘯襲擊過的”高野會舘”.在本舘昆野支配人的帶領講解下,8年前的地震仿佛再現在眼前,對於基本上沒有地震經驗的香港人來說,是很震驚的一件事.

当館に到着した後は、すぐさま取材。
3.11の大地震で津波に襲われた「高野会館」を見学しました。
当館の昆野支配人の案内で、8年前の地震が今も目の前にあるかのように語ります。
ほとんど地震経験のない香港人にとっては衝撃的な出来事のようでした。

距離本館約5分鐘車程的BRT戶倉車站,海嘯摧毀了鐵道,代替鐵路的是現在運行中的一般道路,從仙台出發途經石卷也可以到達本館.

当館から車で5分ほどの距離にある気仙沼線BRT陸前戸倉駅では、津波で鉄道が破壊されました。
鉄道の代わりに私達の交通の便を支えているのは、三陸自動車道。
仙台を出発し、石巻を経て南三陸・気仙沼へと繋がっています。
仙台までの移動は宮城交通の高速バスも地域の足として根付いてきました。

此次,特別期待、熱血時報、在香港播出,期待有更多海外的媒體關注我們的震後復興光狀況.謝謝.

今回、香港で放送される「熱血時報」を楽しみにしています。
また、海外のメディアが私たちの震災復興の様子を見守ってくれることを期待しています。ありがとうございます。

香港の取材!~熱血時報のスタッフが来館しました~ への1件のコメント

気仙沼から語り継ぐ~震災遺構「伝承館」~

皆様こんにちは、マッキ―です。

今回は、3月9日のブログでも【むっちゃん】が体験談を交えて紹介した
気仙沼市 東日本大震災遺構「伝承館」について
実際に私も行ってきたのでご紹介いたします。

こちらの「伝承館」は当館からは車で約40~50分、
三陸自動車道大谷海岸ICが最寄りです)
気仙沼線BRTを利用する場合、
最寄りの陸前階上駅から徒歩で約20分ございます。

実は以前、以前ブログでも紹介した「岩井崎」に向かう際に、
目の前を通った事はあるのですが…

今回はじめて中に入る事ができました。

受付を済ませると、
まずは、約13分程の映像を観ました。
こちらでは、気仙沼市の震災以前の映像、
そして、震災当日の気仙沼市を襲った津波の様子を
ご覧いただけます。
(上映は毎時00分、20分、40分に行われます。)

実は、気仙沼市にあるほぼ全ての沿岸地区の映像は上映されますが…
ただ一つ伝承館のある階上地区が抜けています。

その階上地区を記録した映像は今のところ無く、
シアターを出てすぐの所に、
写真として展示されています。
(語り部フォーラムなどでお世話になっている、
リアスアーク美術館の山内様監修で、展示されています)

そして、この展示スペースを抜けると…
旧気仙沼向洋高校に入ります。
(ここからは、撮影が可能でございます)

校舎の中には、絶対にあるはずのない車。

そして、学び舎には無くてはならない机などがなく…

津波はこの4階の膝下まで押し寄せたとの事。
(写真の濃い線のように見える部分まで、濁流は押し寄せてきました)

そして、見晴しの良い屋上。
ここに登ると、階上地区の現在をほぼ一望できます。

この一角。
こちらに何故、机が展示されているかというと…
この机などを踏み台にして、
残っていた先生方が屋上よりさらに上の高い所へ
避難したとの事。
(私だったら、怖くて足が動かず、登れなかったと思います)

そして、4階~屋上の端の壁の凹み、
こちらは、近くの工場が波に押され、
外壁に傷を付けました。
(衝突した箇所が悪ければ、もっと大きな被害になった可能性も…)

そして、この「折り重なった車」。
実はこの辺りに、家の2階部分がそのまま流され、
この校舎の間に挟まっていたとか…
(中の住民2名は無事救助されたとの事。)

最後には、震災当日の様子を切実に語る3人のお話が上映されます。
(5分x3本分です)
そして、主に震災直後の人々の写真が展示されています。

全体を観ると、今回はおよそ90分掛かります。

震災当時、地元の山形県米沢市で高校生だった私にとっては、
もちろん当日のニュース特番とかで、
津波の被害はリアルタイムでテレビから観ていたのですが、
このように一般の方々の撮影したビデオの映像は、
撮影者の声もあり、
被害の甚大さを再認識する機会となりました。

ぜひ、当館へお越しの際には
語り部バスで南三陸町の様子を見たの後に、
伝承館・旧気仙沼向洋高校」で
気仙沼市内の様子も合わせてご覧くださいませ。
(まだまだお伝えしたい事もございますが、
あとはご自身の目でご覧くださいませ。)

休館日は
・毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日休館)
・祝日の翌日(土日・GW期間除く)
・年末年始(12月29日~1月4日)
との事。

入館料はお一人様600円、
(30名以上の団体は要予約で500円)
20名以内であれば「語り部ガイド(90分)」の案内を
6,000円にて承ります。
(10日前迄にご連絡いただければとの事です。)

詳しくは「伝承館」様のホームページをご覧くださいませ。

コメントを残す on 気仙沼から語り継ぐ~震災遺構「伝承館」~

紅葉スポット紹介~横山不動尊編~

皆様こんにちは、マッキ―です。

東北の紅葉は今が見頃!

先日は、「むっちゃん」のブログで
平泉の紅葉が掲載されていましたが、

(平泉と言えば、小学生の修学旅行の時に行ったなあ~)

実は当館から車で10分程行った所にも、
穴場的紅葉スポットがございます。

 

お隣登米市津山町にある横山不動尊

 

 

門をくぐり抜けると…

緑の葉に混じりながら、赤や黄色に色づいた葉が見られます。
間もなく見頃になるのかな?

池と木々が織り成すコントラストが日本の秋を感じさせますね♪

こちらの場所は当館最寄りのBRT陸前戸倉駅から走る事約10分!
お隣の陸前横山駅から徒歩5分程で到着します。

 

公共交通機関利用の方でも、比較的立ち寄りやすいスポットですので
どうぞお見逃しなく♪

★本日のおすすめプラン★

【カップルプラン】今こそ一緒に・・・2人で♪
特典:スパークリングワイン☆ケーキセット☆翌日11時アウト

11月22日はいい夫婦の日!
11時のレイトアウトで、ゆったり寛ぐのにおすすめのプラン♪
夕食時はスパークリングワインで優雅に乾杯!
甘~いケーキを食べながら、
あま~いひと時を過ごしてみませんか?

コメントを残す on 紅葉スポット紹介~横山不動尊編~

岩井崎に行ってきました♪

皆様こんにちは、マッキーです(*^。^*)

今回はちょっぴりお出掛け~岩井崎編~をお届けします。

当館から、車で約50分!
南三陸町のお隣、気仙沼市に目的地はございます。
(運動不足気味の私は、気仙沼線BRTの陸前階上駅から約30分程歩いて向かいました)

こちらの木々(多分松)をくぐり抜けると、

目の前は、ほぼ見渡す限り海!
岩井崎に到着でございます。

おや!?2つ程気になる物があります。

一つ目、謎の力士の銅像を発見!
江戸時代に活躍した郷土出身の力士、
横綱第9代「秀の山雷五郎」の銅像です。

二つ目、何か不思議な形をした木を発見!
津波に残った松が龍の形に見える。
「龍の松」と呼ばれる木です♪

さて、そして今回のメイン!
こちらが、潮吹き岩です。
(今回は、擬音語を交えて説明するよ♪)

普段は、普通の岩場ですが、(…)

波が来ると、(ザー)
岩の所に波が入り、(ゴゴゴゴォ)

空に向かって潮を噴き上げます。(プシュー)

この日は波が比較的穏やかだった影響か、
思っていたより、あまり高くまで噴き上げませんでした(+_+)

運が良ければ、このくらいの高さまで噴き上げる事もあるとか…
(過去のブログから拝借しました。)

皆様も、気仙沼方面にお越しの際は、
潮吹きの決定的な瞬間を撮影してみてはいかが?
(潮の状況やタイミング等、ベストショットが撮れるかは運次第です!)

★本日のおすすめプラン★

 

 

【志津川タコしゃぶプラン】
鮑を食べているグルメなタコをしゃぶしゃぶ♪もちろん鮑の踊焼き付海鮮御膳も!

こちらは、「グツグツ」と煮立った出汁で、
サッとしゃぶしゃぶ♪
志津川産のタコは歯応え抜群です。
さっぱりとポン酢を付けて召し上がれ!

コメントを残す on 岩井崎に行ってきました♪

仙台から南三陸ホテル観洋までのアクセス~鉄道編~

皆様、こんにちはマッキ―です(^-^*)/

最近は、「青春18きっぷ」や「小さな旅ホリデー・パス」、
「大人の休日倶楽部」等、期間限定の物も含め、
鉄道の旅が好きな方向けに、様々な企画がございます。

今回はそのような企画で鉄道の旅を楽しむお客様向けに、
~東北の玄関口、「仙台駅」から最寄りの「陸前戸倉駅」までのアクセス編~
をお送りします。

東北の玄関口♪
仙台駅を出発!
(写真は、朝や夕方に撮影した物等が色々入っています)

東北本線に乗って、小牛田駅に向かいます。
基本的には、シルバーの車体に、のラインが入っているのが特徴です。
(ご乗車の際には、小牛田・石越・一ノ関行のいずれかの列車にご乗車ください。)

ここで、個人的に見逃せないポイントを紹介!
その1…途中の国府多賀城駅から直ぐ!
今年冬の研修旅行でも足を運んだ、東北歴史博物館がございます。
時間に余裕がある時は、東北の昔の様子について、学んでみてはいかがですか?

その2…塩釜駅~松島駅の間は、距離も長いですが、
ほんの少しだけ、日本三景の松島や海の様子見る事ができます。
是非、外の景色も見てみましょう!

小牛田駅からは、石巻線に乗り換えて前谷地駅に向います。

車体は白とを基調した物です。
(時間帯によっては、前谷地駅を通り越して、柳津駅まで向かいます。)

こちらは、長閑な田園風景を車窓から見る事ができます。
(是非、実際に旅して体感してみてね♪)

前谷地駅(時間によっては柳津駅)に着いたら、

気仙沼線BRT(代行バス)に乗り換えて陸前戸倉駅に向かいます。
基本的には、オレンジ色のポップな車体が特徴!
(気仙沼行のBRTが走っています)

ここで、また1つポイント!


途中の陸前横山駅から歩いて約10分程の所には、
今の季節は、緑豊かな横山不動尊があります。
(写真は冬の研修旅行で撮影したものです。)

そして、陸前戸倉駅に到着!

ここからは、事前にご予約頂ければ、駅から当館まで送迎いたします。

たまには、車窓を楽しみながら、
列車(BRT)でぶらり途中下車の旅はいかがですか?

※車窓はお客様ご自身で旅行をされた時に、お楽しみください。

kirakirabanner.png

 ★ 南三陸キラキラ丼はおかげ様で7周年♪ ★
「南三陸ホテル観洋」

コメントを残す on 仙台から南三陸ホテル観洋までのアクセス~鉄道編~