お寺カフェ

======================

本日7時58分に大阪市北部にて最大震度6弱の地震がございました。

亡くなられた方もおられますので、
ご冥福をお祈り申し上げますとともに、
大きな揺れに見舞われた地域の皆様に
少しでも早く平穏が戻りますよう
心よりお祈りを申し上げます。

2018年6月18日 南三陸ホテル観洋 スタッフ一同

======================

一週間ぶりのご無沙汰です、BlueBirder*Sです。

ここは、南三陸町のお隣 登米市津山町柳津にある 柳津虚空蔵尊。

障子の中に、鳥を見つけました。

この鳥が何かはわかりませんが

いい 雰囲気♪ 和みのあるデザインです。

実はここ、柳津虚空蔵尊の一角にある、お寺カフェ。

本堂よりスキップで30秒。

江戸時代に建てられた旧庫裏(くり)で

囲炉裏の座敷でお蕎麦・お茶でゆっくり時間を過ごせる空間になっています。

ちなみに庫裏(くり)というのは、寺院の台所にあたる建物のこと。

この日は 団体のお客さまの押し花教室で賑わっていて

残念ながら 囲炉裏の傍ではくつろげませんでしたが、この部屋も素敵でしょ?

初めて入ったのですが、ゆ~ったりと落ち着ける雰囲気が いい。

玄関の扉を入った瞬間、もうそこは 少し空気が違って、

不思議と落ち着き 心洗われる くつろぎの空間。 気持ちが休まりました。

ステンドグラスの灯りも いい~。

 

この日は、一年の厄が祓われる、と言われている

お寺カフェ「夢想庵」オリジナルのお蕎麦を頂きました。

器も洒落ていてとにかく おいしかった♪

境内のさつきは満開。

同じ境内には 樹齢千年とされる イチョウの大木が どっしりと鎮座。

柳津虚空蔵尊は 鬱蒼とした山と森の緑に包まれています。

境内に身を置くと、数々の野鳥の声が聞こえてきます。

中でも撮りたかったのが サンコウチョウ。

ついに 柳津虚空蔵尊で 念願のその姿が撮れました♪

長い尾羽と、目には青い縁取り。それに クチバシも青い! ユニークでしょ?

大きさはスズメくらいですが、雄の尾羽は30センチメートル超え。

日本では夏鳥として本州以南の暗い林で繁殖し、冬は東南アジアに渡ります。

鳴き声が「ツキヒホシ(月日星)」と聞きなしたことから、この名が付いています。

 

が、このサンコウチョウの姿、

残念なことに、手前の笹の葉の緑色をかぶってしまっています。

こんなに長い尾羽を持っているにも関わらず、

飛ぶスピードがとにかく速い上に 動きが俊敏。

枝葉の間をスルリスルリと飛び回り 物陰に回り込むので、

「運よく」姿を見せてくれるのはほんの一瞬。

だから 「彼」の姿をくっきり美しく捉えるのは至難の技なのです。

撮り損ないに補正を重ね まるで下品に塗りたくったような色合いになってしまいました

余りお見せしたくない画像なのですが、あくまでも、境内にサンコウチョウが居たという

証拠写真とご理解ください。(言い訳タラタラ・・・)

もう一枚。これもブレてるし太陽光に「アイシャドウ」と尾羽が白く飛んでいます。

月・日・星ホイホイホイと 鳴くから、三つの光の鳥、サンコウチョウ。

サンコウチョウにあやかって、被災地南三陸町も月・日・星ホイホイホイと

いつまでも輝きを失わない町になってくれればと願う今日この頃です。

とにかく、心洗われるパワースポット 柳津虚空蔵尊へ足を運んでみて下さい。

お寺カフェも 深い緑も 野鳥のさえずりも お勧めです♪

コメントを残す on お寺カフェ

避暑には柳津虚空蔵尊

一週間ぶりのご無沙汰です BlueBirder*S です。

いきなりの真夏のような暑さ!  まだ、早いでしょ(怒)!って

そんな日には 早くもクーラーが大活躍している 今日この頃ですね。

この写真を撮ったのも暑い日でしたが、

電線で羽を休める キセキレイ、

日差しが強すぎて

背中がテカテカに光って 色が飛んでしまっています。

 

夏休みの時期にもなれば、省エネのため 日中は

クーラーの効いたデパートや大型ショッピングモールを始め、

大型施設などへ出かけて過ごす というアイディアも

もう一般的になっているようですが、

たまには、鬱蒼とした緑の中に身を置くのも い~いものです。

この時期に「ここまで?」というくらい 急に25度以上と暑くなったとある休日、

今から 車のクーラーを強く効かせてドライブ というのもまだ早すぎて

どこか違うような気がして

南三陸町のお隣、登米市津山町にある 柳津虚空蔵尊を包む

緑の中に飛び込んでみました。

柳津虚空蔵尊は 日本三大虚空蔵尊のひとつで、

「力」を授けてくれるパワースポットとしても知られています。参道に沿って立つ 杉の巨木。

虚空蔵尊を包む 鬱蒼とした緑の森。車で乗りつければ、そこはもう 避暑地!

森や杉の林と周辺の吉原からは 野鳥たちの声~♪

彼らの声にも 心癒されます。

ヨシキリ、キビタキ、センダイムシクイ、シジュウカラ、サンコウチョウ、ツツドリ、フクロウに ヒヨドリ・・・

標高はそれほど高くないのですが、

響き渡るツツドリやフクロウの声は 深山の雰囲気を漂わせます。

もっとも、緑に隠れて”声はすれども姿は見えぬ「相手」”ばかりなので、

この時 捉えられたのは ご覧頂いているキビタキの姿のみ。きっと水浴びをした後だったのでしょう、

しりきに 羽づくろいをしていました。とにかく、

木々の緑は焼け付くような日差しを遮り、緑の香りの風が吹き渡って 気持ちいい~。フィトンチッドで満ち溢れた森の香りは 気分爽快。

フィトンチッドというは 樹木などが発散し

微生物の活動を抑制する殺菌作用を持つ揮発性の化学物質のこと。

森林浴はこれに接して健康を維持する方法ですが、

健康だけでなく癒しや安らぎもくれます。

 

森は「天然のクーラースペース」。気温にして 日向とは優に5度以上は違いますからね。

10度近く違うこともある。

健康にも省エネにもよさそうですし、

暑~い日は森と緑と木陰を大いに活用しましょう!

ただ、これからは蚊などの虫刺されにはご注意を!

虫よけやかゆみ止めも用意した方がいいかもしれませんね。

 

追伸: などと・・・記している間に 今度は梅雨前線の影響か

一転して気温が下がって肌寒く感じられたのがこの土日の南三陸町。

このところの気温の変化は まるでジェットコースターのよう。

体調管理に 気を付けましょうね。

コメントを残す on 避暑には柳津虚空蔵尊

来ました来てます!ベニマシコ

——————————————————–
皆様、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ、よろしくお願い致します。

昨年はおかげさまで、当館の「震災を風化させない為の語り部バス」が
全国239の事業の中から、
【第3回 ジャパン・ツーリズム・アワードの大賞】を受賞しました。
ホテルスタッフや地元の方が「語り部」となり、
「次世代へ震災を語り継ぐ」という点が評価されました。
関係各位の皆様におかれましては、
多大なるご協力を頂きまして深く感謝致します。

昨年は、星空を観察するスターパーティーなど館内でも新しい試みを始めたり、
様々な情報発信をしてきました。
季節ごとに変わる地域の魅力を情報誌やSNSで発信したいと思いますので、
ブログスタッフ一同、本年も頑張ります(^○^)/

——————————————————–

こんにちは! 

2週間ぶりのご無沙汰です Bluebirder*S です♪

何より まずは新年おめでとうございます

昨年中はみなさまのお世話になり 真にありがとうございました

本年も どうぞよろしくお願い致します

みなさま夫々に 良いお年を

お迎えになっていらっしゃることと思います

とり年が明けて いぬ年になったばかりですが

今回も野鳥ネタで参ります

ベニマシコ  

漢字では 「紅増子」 と記します

胸を中心に いちご色をした小鳥で 

冬になると北海道や下北半島から本州にやってきます

雪の積もる地域では

雪とのコントラストで赤みが より一層鮮やかに浮き上がって 

きれいに見えます

体の向きを変えながら「フィッ フッ」と鳴いて冬を告げます

全長15cm オスは赤く メスは茶色

尾が長く 体の向きを変えながら「フィッ フッ」

あるいは「ピッホー」と聞こえるやわらかい声を出します

日本では北海道と青森県の下北半島で繁殖

平地の低木林や”ヤブ”のある草原に生息しています

そうなんです ヤブの中に居ることが多いので 

なかなか全貌を美しく撮影できないのが このベニマシコです

大体ヤブの中の枝やツルが邪魔なって

撮りづらい「被写体」なものですから 

ピントが今一つなのは どうかご容赦下さい!

冬は本州以南の山地の落葉樹林のヤブや

水辺のアシ原でよく見られ

短めの翼を速くはばたかせて 波形を描いて飛びます

草原の赤い鳥といえばベニマシコのオス

メスは全体的に薄い茶系の羽色で オスに比べたら地味です

ベニマシコ♀

分類では スズメ目アトリ科で 
体系と大きさはスズメに似ていてアジア北部に分布しています
ご多分に漏れず 警戒心の強い鳥で 
待ち受けでもしていなければなかなか近づくことは出来ません
が 鳴き声を耳にすると 
「ああ 冬が来たんだな」 そう実感させられます
和名の「マシコ」とは「猿」のこと
体の中でも顔が特に真っ赤で 猿のように見えることから
この名前が付いたそうです
古くは江戸時代中期から別名「さる ましこ」
或いは「てりましこ」と呼ばれていたんですって
これからがまさに冬本番
ベニマシコのイチゴ色も 志津川湾の絶景も 
いよいよ色鮮やかさを極めていきます
そんな南三陸の自然と景観に触れに 遊びに来て下さい
きっと 心深く癒されますから♪
「猿」顔 をした 野「鳥」 ベニマシコをご紹介しましたが
 
申(さる)酉(とり)と来て 今年は戌(いぬ)年
酉年に収穫したものを まとめ守る段階の年なのだとか
犬は安産の象徴で 安産祈願をする「戌の日」が毎月あります
まさに今年 生まれ来る赤ちゃんたちが
元気で健やかに成長してほしいと 願うのはもちろんのこと
戌年にあやかり みなさまにとって佳きことがどんどん生まれ
心豊かに毎日を過ごせる そんな一年に出来ることを 
南三陸ホテル観洋スタッフ一同 
心より ご祈念申し上げております
コメントを残す on 来ました来てます!ベニマシコ