コクガンが観たい

「コクガンが観たい」

22日は
そう言ってご来館になられたお客様が
2組いらっしゃいました

一週間ぶりのご無沙汰です Bluebirder*Sです

1組目が 宇都宮市からお越しの S様

高校時代から 昆虫や蝶の写真を撮り始め
野鳥に目を向け始めたのが ついこの2~3年前とのこと

お泊りになる 前の日に
「是非 コクガンが観たいので
居場所を教えて下さい」との電話

なんと 午前中には南三陸町に入って観察したい
というのですから
その熱の入れようには感嘆

10時にはお越しになるということでしたので
場所を記した地図をフロントに預けて
お待ちしていましたが
何と 午前9時には 既に町に入られ
海のビジターセンターを経て
Bluebirderも通う
“いつもの漁港”で撮影してから 来館されました

地図をお渡しして
数多くが越冬している漁港をお知らせしたところ
早速現地に向かわれ 
「満足のいく写真が撮れた」

ほくほくと 喜んでいらっしゃいました

宇都宮のS様 ↑ も 奥さまとご一緒のご旅行でしたが
こちら ↓ は 東京杉並区S様

大の野鳥ファンで 都心よりも 森や山
自然の中で過ごすことが多いというカップルです

17日に やはり「コクガンが観たい」
電話を頂き お約束していましたので
仙台からの送迎バスで午後3時半に到着された後
車でご案内しました

気仙沼 大島で
遠巻きに観たことはあったけれども

こんなに近くで
観察できるなんて!

と 感激しきりでした

喜んで頂けて 何よりです

当のコクガンも  羽ばたいて喜んでおりますww

この冬は 前年度を上回る
475羽が確認されていますが
今後 この志津川湾が
貴重な水鳥
コクガンの一大越冬地として より広く認識され
掛けがえの無い自然の大切さも学べる
環境学習の場に
なってくれると いいですね♪

コクガンが観たい とおっしゃるならば
Bluebirderが喜んでご案内致します

コメントを残す on コクガンが観たい

気仙沼内湾地域🚢

皆さん、こんにちは!カナです(・∞・*)

秋の気候ですね。
家の近くの道端にはどんぐりが落ちていて
道路をリスが横断する光景が多くなってきました!
季節の変わり目です!体調不良にお気を付けください♪

さて今日は「気仙沼内湾地域」をご紹介します!

上記の写真は「かなえおおはし」という名前が公募により決まりました!

由来は…
気仙沼湾の別名である「鼎が浦」にちなんで、
また、夢や希望、願いを「かなえる」という意味も込められているそうです♪

長さは全長1134メートル!
同じ形式の橋の中では東北最長なんです(`・ω・´)

こちらの橋が開通したのは「2021年3月6日(土)15時30分」
開通により宮城県内で「復興道路」として整備が進められていた
延長約126kmが全区間開通!

仙台市と岩手県宮古市が高速道路で直結します。
仙台東ICから気仙沼中央ICまでは約1時間35分、
気仙沼中央ICから宮古南ICまでは約1時間39分となりました。

そしてこの写真、実はスポットが設置されていてそこから撮影できるんですよ!
その場所が…こちら!

先ほどの横断橋を渡り三陸道浦島大島IC(仙台方面へのみ乗降可)から
すぐの場所!
降りてくると、十字路にぶつかるので港側(まっすぐ)に抜けて下さい!
道なりに進むとひらけた場所に広い駐車場があります。

この展望スポットができたのは今年の4月!
こんなところに撮影ポイントがあるとは….📸

気仙沼魚市場も一望できます!
さらにこちらは夜になるとライトアップされるので
海面にうつる光もまた綺麗なんだとか..!機会があれば激写してきますね。

海岸沿いにできているので港を出発する船も一緒に
写真のなかにおさめられます。

前日が雨で天気がぐずついていたために少し曇り空に☁
晴れてる日にまたリベンジしたいですね♪

—————————————————–

さて次はテイクアウトできる商品のご紹介ッ!
の前に..内湾地域に誕生した4つの商業観光施設を。

「迎(ムカエル)」「結(ユワエル)」「拓(ヒラケル)」「創(ウマレル)」
(◇住所 宮城県気仙沼市南町海岸1-14)
それぞれの名前がついた場所でお店がOPENしています。
※お店のお時間やお休みの日などは異なりますので事前にご確認ください!

こちらを利用の際に使用できる駐車場は「3時間」までなら無料なんです。
ご飯たべて、買い物して…堪能できますね♪

そして次に向かったのは..
「紫神社前商店街」の中の「アツアツ揚げたてコロッケ屋!」様
(◇住所 気仙沼市南町2-4-10 ☎080-1650-6604)
(◇営業時間 10時~19時 不定休)


サクサク衣と美味な味付けに何個でも
食べることができてしまいそうな一品でした。

「イートイン」も「テイクアウト」もできて、種類も豊富です。
ぜひお気に入りを見つけてみては?

次は観洋ちゃんねるメンバー、ありささんオススメの…
「紅梅(こうばい)」様。
こちらでは「揚げパン」を購入しました!
1日に800~1000個も売れる大人気の商品♫
ちょうど向かった時は揚げたてを頂けました😋💛
餡子も漉し餡でとても美味しく…!!牛乳と一緒に食べたい…!
お店のケースに並ぶ和菓子も一つ一つが可愛くて。
今度またじっくりお邪魔させて頂きます!
※ネット販売も行っているみたいなので要チェック📱

まだまだお店はたくさんあるので、
いつかまた紹介できたらなと思います!
こちらの様子は後日、気仙沼続編としてアップされますので
お楽しみに!

気仙沼関連の動画はこちら!↓

【【観洋ちゃんねる】朝ドラの舞台にもなった
「気仙沼大島」(気仙沼市)~気仙沼編~ 第1話】

【【観洋ちゃんねる】大島汽船株式会社さんの
「新造船 やしま丸」と安波山 ~気仙沼編~ 第2話】

それでは今日はこの辺で!また来週~( *´艸`)

コメントを残す on 気仙沼内湾地域🚢

新鮮なネタ揃っています!気仙沼「いちば寿司」

大家好,我是惠。
皆さん、こんにちは、恵です。

気仙沼漁港是面向太平洋的漁港之一,
位於宮城縣気仙沼市奧部的特第3種漁港。
這裏也是以世界三大漁場之一的三陸冲為操作區域的漁船的主要漁港之一,
同時也是日本遠洋漁業,主要是以(金槍魚)基地之一。

気仙沼漁港は、太平洋に面した日本の漁港の一つ。
宮城県気仙沼市の気仙沼湾奥部に所在する、特定第3種漁港である。
世界三大漁場の一つである三陸沖を操業域とする漁船の主要な水揚げ港の一つであると同時に、
日本の遠洋漁業(主にマグロ)の基地の一つとなっている。

今天在這裏推薦 海之市的いちば寿司,新鮮的寿司獲得大家的好評和超讚的滿足感。

本日ここでおすすめするのは、
新鮮!満足!楽しい海の市いちば寿司と大好評でございます。

在気仙沼的姐妹舘宿泊中,
有寿司無限量計劃,大家有50種寿司可供選擇。
気仙沼の姉妹館ご宿泊,

お寿司食べ放題プランは,
いちば寿司にて50種類のネタからお選びくださいませ。

詳細的説明請大家關注溫泉酒店的網站。
詳細は下記リンクをクリックしてご覧くださいませ。

サンマリン気仙沼ホテル観洋

 

気仙沼プラザホテル

 

なお、お寿司食べ放題プラン以外の一般のご利用の場合、
2月は土日祝日のみの営業を予定しております。
予めご了承くださいませ。

下周見哦!
それでは、また来週。

コメントを残す on 新鮮なネタ揃っています!気仙沼「いちば寿司」

冬鳥 その2

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

この前は、ツグミをご紹介しました。

今回も冬鳥を紹介したい・・・、と 考えていましたが

どうも このところ 声はすれども姿は観えず、

その上、姿を現した時には カメラを持っていない

ということばかり・・・、なのが この1羽。

ジョウビタキ。こちらは オスです。

胸からお腹にかての橙色と灰白色の頭、

黒い顔が特徴的で ほかの鳥とは区別しやすい1羽。

 

冬鳥として、全国に渡来するので 各地で見かけることの多い鳥です。

積雪の多い土地ではあまり越冬しないようですから

例年より雪の降ることの多い この冬の南三陸町には

少し戸惑ってしまっているかも知れません。

観洋近辺にも出没していますが、

今シーズンはシャッターチャンスを逃してばかり。

ですから、こちらは数年前の写真。

 

一般的に「それほど 警戒心は強くない」と言われている通り、

まるで思わせぶりに

そこに居ることを「主張」する動きを見せたりしますが、

レンズはあまり好きではなさそうで

撮ろうとすると どんどん離れて行ってしまいます。

名前のジョウは「尉」で 銀髪のこと。

ヒタキは「火焚」で、火打石をたたく音に似た音を出すことから

ジョウビタキという名があります。

時々 ぴょこんとお辞儀をして 可愛い鳥です。

こちらは スズメ。

瀬戸内地方に伝わる民話によれば、

ジョウビタキ と スズメは その昔 姉妹だったそうな・・・・・

その内容は、ネットで検索してみて下さいね。

ちょっと悲しい民話を知ると、また少しその姿が印象付けられます。

 

さて、いつもの漁港のコクガンたち。

こうして、

岸辺で過ごす個体が多くなってきたようです。

いよいよ寒く 水も冷たくなってきたからでしょうか。

 

一方、観洋眼下の カモメ。

ツガイと思しき2羽は、

他のカモメが近づくと、揃って激しく鳴きたてて

縄張りを主張しています。

この春の営巣は、このカップルで決まりでしょうか。

コメントを残す on 冬鳥 その2

100羽

 

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

この写真を撮った日、25日には

もう すでに100羽以上の飛来が確認されていました。

先週は、月曜日から寒気の影響を受けて寒さが戻っていましたから、

コクガンたちも どうやらその寒さに乗じて

飛来数が急に増えたようです。

 

それも、羽数を確認したのが、

なんと驚いたことに たまたまコクガンを観に訪れた

都市鳥研究家の唐沢孝一さんだったとのこと。

この方  !!

束の間、海のビジターセンターにいらっしゃるところに

居合わせたのですが、あいにくスマホ不携帯だったもので

記念撮影出来ず仕舞い。野鳥の写真も撮っていらっしゃる

著名な方でしたのに、残念なことをしてしまいました。

 

ところで、こちらは 前のシーズンのコクガンの姿ですが、

この冬は、なぜかこんな風に

船揚げ場のスロープに上がってきてくれません。

単に この場を訪れるタイミングが悪いせいなのか、

はたまた Bluebirderの「撮るぞ」オーラが強過ぎるせいなのか、

観洋のワゴン車でこの漁港に乗り付けると、

煙たがるように 岸壁から離れて行ってしまいます。

船揚げ場には、

人が傍にいないのを見計らって上がって来ているようではあります。

日付け変わって、南三陸海のビジターセンターでは

朝方、50数羽を確認していた28日のこと、

いつもの小さな港では、肉眼で 12羽ほど確認出来ました。

 

車を乗りつけると・・・

やっぱり 離れて行ってしまうコクガン。

離れて行ったのが こちら、

キリリとして なかなかいい面構えの一羽 ↓。

いよっ 男前! (メスかも)

一方こちらは、首にとても大なネット模様を持つ一羽。

優雅な雰囲気と優しそうな表情からすると、メスかも知れません。

 

それにしても まず食べていないことがない コクガンたち。

 

大好きなアマモを見つけては・・・

 

パクリ!

 

宮城県南三陸町の志津川湾、

只今

食欲旺盛なコクガンたちが 元気に越冬中です。

 

P.S.

この日は、千葉県我孫子市から

野鳥ファンと思しき男性が

是非コクガンを観たいと

ビジターセンターにお見えでしたので、

こちらの港まで案内差し上げました。

いい写真、撮れたかな?

 

コメントを残す on 100羽