コクガンの繁殖地

一週間ぶりのご無沙汰です
Bluebirder*Sです

この22日 南三陸町自然環境活用センター
通称ネイチャーセンターで
19回目の 南三陸自然史講座が開かれました

テーマは 志津川湾のコクガンの暮らしと渡り・・・

GPSを装着された標識家族を追った
研究成果が発表されました

残念ながら
Bluebirderは会場へは行けなかったのですが
ライブ配信で拝見しました

講師は 公益財団法人
宮城県伊豆沼・内沼環境保全財団
研究室長の 嶋田 哲郎(てつお)さん

前の冬
志津川湾でコクガン家族4羽にGPSを装着
冬の暮らしと渡り
そして別れの一年を追った最大の成果は
“志津川湾で越冬するコクガンの繁殖地は
ロシアのレナデルタ北部であることが初めて確認された”こと

レナデルタという地名は
前回の GPS調査の際にも”渡り”の先として
紹介されていましたが

今回の調査では
そのレナデルタ北部に渡った父コクガンが
せいぜい半径10メートル程度の範囲内で
過ごしていたことが判明

今回の渡りでは 母コクガンと”予期せぬ別れ”があって
繁殖行動はありませんでしたが
繁殖地であることはわかりました

“予期せぬ別れ”というのは 残念ながら母コクガンが
渡りの途中 何らかのアクシデントで
命を失ってしまったことによるもので
講座終了前の質疑応答の中で明らかにされました

講座では ほかに
“コクガンの居る所にはアマモ場あり”ということが再確認され

“日中は漁港”に居る彼らは ”夜間は沖合”をねぐらにしていること

更に ”砂浜で砂を食べて”から餌場に向かい
アマモの消化に役立てているということも 紹介されました

絶滅危惧種のコクガン
謎の生態のベールが
地道な研究によって
少しずつ剝がされてきています

コメントを残す on コクガンの繁殖地

春だから 春なのに

 

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

春、ですね。

4月5日、午前中は小雨が降っていた 日曜日の午後。

空は曇っていて残念な画ですが、

観洋の桜は ちらほら花が開き始めました。

春 ですね。

 

ところで、前日の4月4日は 春うらら。

 

町内の海辺では、こんな光景も。

 

地元での 本格的なお花見は もう少し先ですが

暖かな日差しの中、海を眺めながらのピクニックでしょうか。

気持ちよさそう♪

春ですね。

 

そんな、浜辺から 程近い港では

あれ?大丈夫なのかな、と 心配してしまう光景が・・・

「渡り鳥」の筈のコクガンたちが、まだ 居るのです。

春 なのに、です。

 

船揚げ場に・・・

漁船の近くに・・・

ざっと見渡して 5羽を確認しました。

春なのに、未だ 北へ向かわないコクガンたち。

暖かくなって来ているのに

このまま北へ渡らずにいて 果たして大丈夫なものか?

渡りを忘れるほど この港が居心地良いということなのか?

ひょっとしたら 渡らずに ここに居つくつもりなのか?

さりとて、夏場の暑さに耐えられるか?と

コクガンの気持ちなど 知る由もないのに

あれこれと 気を揉んでいる今日このごろでございます。

コメントを残す on 春だから 春なのに

シジュウカラガン

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

南三陸町志津川湾のコクガン。

まだ居ます。居ました!

いつもの港に。

昨日29日夕刻、

生態調査用の標識と発信機を付けた個体も含めて5羽確認しました。

発信機の主は、船揚げ場のスロープでアオノリか何かを食べていましたし

他の4羽は、マンツーマンでオオバンをしっかりマークしながら

アマモをゲットして(奪って)いました。

夕暮れ時の港、

ほとんどシルエットでしか確認出来ませんでしたけれどもね。

 

それにしても、もう4月になるというのに、

渡りの方は大丈夫なのか、少々心配です。

 

さてさて、先日 志津川港へコクガンを確認に行った際、

近くの公園で幸運にも出会えたシジュウカラガンですが、

コクガンと同じ、カモ目カモ科コクガン属に分類されます。

まさに「コクガン」属。 なので コクガンに近い仲間です。

 

両頬が白く首の付け根に白い輪があるのが特徴です。

首に白い輪があるのは、その位置が違いこそすれ

コクガンと似通ったところ。

ただこの個体の白い輪は ややぼんやりしていますね。

 

白い両頬がちょうど「シジュウカラ」のようなので

シジュウカラガンと呼ばれています。

海洋の急峻な大小の島々で繁殖する、ということですから

海辺に姿を見せるのも 特に不思議なことではなかったようです。

ただ、南三陸町では

これまでまず見かけたことがありませんでしたから、この時は驚きました。

実はシジュウカラガン、1938年〜62年まで観察記録が途絶え

絶滅したと考えられていました。

その後、1963年に再発見され、保護活動へ。

国際的な保護活動が進められる中、

1983年に仙台市の八木山動物公園が米国から9羽を譲り受けて繁殖事業を始め、

2010年までに551羽を自然界に戻したこともあって、

2014年12月下旬からは 日本への飛来数が1000羽を超えています。

北への渡りの途中、志津川湾に「寄り道」したのは

やはり、豊かさ溢れる南三陸町の自然に惹きつけられて・・・、

のことだったのでしょうか。

コメントを残す on シジュウカラガン

今年の冬は?

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

5日の朝、三陸自動車道を車で南下していたところ、

ハラハラ、ヒラヒラと雁行陣を崩して飛ぶ

7~8羽のマガンと思しき野鳥を見かけました。

石巻上空、桃生豊里インター付近で、

登米市と栗原市にまたがる

伊豆沼方面に飛んで行ったようです。

こちらは、あくまで参考画像ですが、こんなイメージ♪

運転中の目視でしたから証拠の写真がありませんが、

もう そんな「渡り」の時期なのですね。

10月に入ったばかりですから、

越冬の飛来には まだ「早い」という印象がありました。

ただ、ネット上の新聞記事を探ってみると、

もう 9月14日に今季初飛来していましたね。

去年も同じ日だったのだとか。

 

伊豆沼は 国の天然記念物マガンの一大越冬地で ラムサール条約登録湿地。

広く野鳥ファンにも知られ、毎冬バードウォッチングの愛好者で賑わう場です。

ラムサール条約は、

「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」という

私たちの暮らしを豊かにする湿地を守るために決められた条約です。

 

南三陸町の志津川湾も、

国の天然記念物にして絶滅危惧種「コクガン」の越冬地で

去年10月に ラムサール条約に登録されたばかり。

まだ初飛来には早いだろう、とは思いましたが、

6日午後、FMの山下達郎のサンソンを聴きながらハンドルを毎冬の飛来場所へ。

ただ、そこに居たのは、やや強い風に吹かれたウミネコと

カルガモだけ。

↑ スマホ撮影の拡大トリミングで すみません!

 

そうそう、コクガンは

丁度このカルガモたちと同じくらいの大きさです。

 

去年の初飛来はいつだったのか、正確なところはつかめていませんが、

大体11月中旬には、もう 上の写真を載せて

ブログでご紹介していましたから、

先陣は、もうそろそろ やって来てもおかしくない時期なのかも知れません。

こちらは、今年の北帰行直前の様子。

国の天然記念物で 絶滅危惧種、貴重な水鳥コクガンを養い 育む

豊かで深い自然をたたえる志津川湾。

前の冬は、200羽を超える数のコクガンが 大好きなアマモやアオサを

食べながら越冬しました。

今年は一体 何羽がやって来るのかなぁ・・・、などと

飛来を待ちわびながら、北の空に思いを馳せた 日曜の午後なのでした。

コメントを残す on 今年の冬は?

初夏! 黄色瑠璃色そろい踏み

一週間のご無沙汰です。

BlueBirder*Sです。

Uターンラッシュで6日の東北道は

26kmの渋滞だったそうですね。

皆さまのゴールデンウィークは如何でしたか?

家族サービスのお父さま方 お母さま方には

大変おつかれさまでした。

観洋もおかげさまで大勢のお客さまにお泊り頂きました。

ありがとうございます。

 

さてさて、そんなさ中 観洋近くの立木から延びたツルに

白い藤の花♪

五月晴れの空の下、しっとりとした趣きで咲いていました

ああいい香り~♪などと思いながら

気分よく歩道を歩いていくと・・・、

黄と黒の羽色を持つ小鳥が二羽

何やら争うように道路の反対側からこちら側へと

飛んできました。

さえずりはもう耳にして

町に来ていることは分かっていたのですが、

南三陸町にとっては「夏の使者」的 存在の

「キビタキ」でした。

繁殖期で自分たちの縄張りを主張した

「小競り合い」だったようです。

こういう争いの時に聞こえるのが、

まるでクマ蜂の羽音のようなブ~ンという音。

あれが声なのだとしたら、

とてもきれいなさえずりを持つ鳥とは思えません。

「怒り」の「声」なのか何なのかその音には驚かされます。

が、すぐにキビタキとわかって見つけやすい。

運よく20m程向こうの立木にとまってくれたので

カメラを手に しばらく眺めていました。

もっとも300mmで手持ち撮影というのは

ほとんど暴挙的スタイルですから、

ブレや明瞭度の悪さはご容赦ください。

ラッキー♪とばかり、

ついつい、森の中へと入りこんでのシュートがこちら。

きれいでしょ?鮮やかで深い黄色。

キビタキはおとなり福島の県鳥だそうです。

南三陸では毎年初夏あたりには子育てのため渡ってきて

ひと夏を過ごしていきます。

更に、キビタキを追って森の小道を分け入ると

ヤブの中にうごめく影がもう一羽!

これはもう完璧?な 枝かぶり写真ですが、

その鮮やかな瑠璃色はオオルリ!に間違いありませんでした

まだ、今年はさえずりを聞いていなくて

探してもいませんでしたから、これが今年最初のコンタクト。

ちょいと感激しながら 夢中でシャッターを切りました。

とはいうものの森の中は光が足りず失敗の山積み。

補正してやっとのこの姿も、トホホ・・・

ヤブの中では瑠璃色は

ほとんど黒にしか見えないオオルリですが、

もうすぐ、キビタキ同様

美しいさえずりを聞かせてくれることでしょう。

明るい場所で会えたら、また美しい瑠璃色をご紹介しますね

とにもかくにも、今年も「黄色」「瑠璃色」そろい踏み!!

沿道のヤマツツジも咲いて

南三陸町にも もう間もなく夏の到来です。

コメントを残す on 初夏! 黄色瑠璃色そろい踏み