おめでとう!

一週間ぶりのご無沙汰です、Bluebirder*Sです。

6月の花嫁は 幸せになる、って言いますよねぇ。

June Bride!

南三陸町の6月の花嫁は、M.Hさん。

同じ町内に住む Y.Tさんと、

向こうに太平洋を望む 志津川湾の絶景を背景に挙式。

親族をはじめ、友人を前に 永遠の愛を誓いました。

この15日のこと。

純白のドレスがよく似合う M.Hさん。

皆さんから フラワーシャワーで祝福を受けました。

 

披露宴には、239人が出席。

観洋6階のコンベンションホール羽衣が会場です。

円卓の数は40。

観洋では 久々に大規模な披露宴になりました。新郎新婦は、まさに「ご縁」あってのご結婚。

震災が無ければ無かったご縁なのです。

というのは、新郎の実家の工場が東日本大震災の津波の被害に遭い、

急遽、決まっていた企業の内定をお断りして故郷へ帰って来ることに。

新郎のお姉さんの旦那さまがサーファーで、

たまたま当館で開かれた街コンに連れてこられた時に

岩手のサーファーと仲良くなり、

今度サーフィンに行こうと誘われて、出かけた先がサーフショップかぶとむし。

そこで、当時高校生だった新婦と初めて遭遇。

いつしか、新婦は新郎から理数系のテスト勉強を教えてもらうようになって

その後、お付き合いが始まりました。

実は、

新婦のご両親も出会いの場がサーフショップかぶとむしだった

というのですから、奇遇ですね。

その上、新婦はサーフィンの他に写真も趣味で、

撮影用のカメラは、

何と、新郎の祖父から譲り受けたものなのだそうな。

新婦のご両親のお店の常連さんでした。

新郎新婦が出会うずっと前のことでしたから、

このころから、もう二人のご縁は遠巻きながら

紡がれ始めていたのかも知れませんね。

お二人のご縁を決定づけたのが、震災だったというのはミラクルです。

交際5年8か月の間、一度たりとも喧嘩をしたことはないという仲のお二人。

ある意味「おのろけ」にも聞こえてしまうのは私だけかもしれませんが(笑)、

とにもかくにも ご縁あって

何か見えない手によって引き合わされたような印象もあるお二人、

おめでとう! そして、お幸せに!

コメントを残す on おめでとう!

札幌から中学生

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

まだ衣替え前だというのに

いきなり真夏のような陽気になったりしていました。

急激な気温の変化に体調を崩している方もいらっしゃるようですね。

ご自愛くださいませ!

 

そんな陽気に誘われてか、

南三陸ホテル観洋では 西洋シャクナゲが咲き始めました。

ところで、この22日のことですが、

観洋には 修学旅行の中学生の皆さんが 立ち寄ってくれました。

札幌市立 新川(しんかわ)中学校のみなさんです。

新川中学校は、札幌市街の北西部にある全校生徒数324人規模の学校で、

三年生の修学旅行は

東日本大震災の被災地を見学して

語り部さんをはじめ 訪れた地域の人たちとの交流を深めるのが目的です。

南三陸ホテル観洋では、Bluebirderが被災地の支援について講話。

続いて 気仙沼生まれで地元在住のシンガーソングライター

熊谷 育美さんとの交流会が開かれました。

熊谷 育美さんは、1985年5月24日

気仙沼生まれで地元在住のシンガーソングライター。

物心ついた時からピアノに触れ、

中学時代には日々の思い出を曲に綴るようになっていました。

自然に囲まれ 暮らすからこそ描ける楽曲の世界は、

彼女の美しい故郷「気仙沼」を映すかのようです。

ミニライブでは、「生きて」「雲の遥か」「夏の華」「春の永遠」

「都会の風 故郷の風」の5曲を披露。

 

育美さんのうねるような歌声は力強く、それでいて美しく繊細で

すっかり119人の心をつかみ 魅了していました。

育美さんの語りかけるような歌に聴き入り食い入るように見つめる生徒さんたち

眼差しが真剣です。

 

交流会のハイライトは、新川中の三年生たちの合唱。

旅行を前に、育美さんの曲を練習をしてきていたのです。

曲は「僕らの声」。

育美さんが、東日本大震災に被災した故郷気仙沼を目の当りにして、

無力感にさいなまれた時に創った曲です。

♪ どうか 忘れないで 僕らはここにいる~

♪ 歩いて行こう 足跡つけて ここから明日へ~

♪ 歩いて行こう 一緒に行こう 真っ直ぐ未来へ~

混声二部合唱が 醸し出すハーモニーは 心を打ち、

耳を傾ける育美さんの感動は、涙となって眼に溢れていました。

それはもう 体がゾクゾクするくらいに素晴らしい合唱でしたから。

 

生徒代表は「講話や育美さんの歌を通じ わかったのは、

当たり前なことなんて一つもないのだ、ということ。

だからこそ 人との出会いや出来事を大切にします」と

お礼の言葉を述べていました。

 

「当たり前」だと思っていることは、実はとても「ありがたい(有り難い)」こと

なのだということに こんなに早くに気付けたということは

きっとこれからの人生の歩き方や生き方、物事の受け止め方も

かなり大きく変わってきますね。未来は明るい♪

純朴で素直な印象の札幌市立新川中学校三年生のみなさん、

どうぞ これからの人生に 美しい花を咲かせてください!

札幌から中学生 への2件のコメント

香港の取材!~熱血時報のスタッフが来館しました~

大家好,我是惠.
皆さん、こんにちは!恵です。

櫻花的季節已過,在本館周邊,又迎來了杜鵑花開,漫山遍野的杜鵑花,藍天,白雲,大海,構成一幅美麗的山水畫面,花開的季節,一定要來南三陸走走看看哦.

桜の季節が終わり、当館の周辺では、ツツジの花が見頃を迎えました。
田束山にあるツツジの花、青空、白い雲と海が美しい山水画を構成しています。
ぜひ南三陸町にお越しください.

前幾天,我們迎來了來自香港最強頻道”熱血時報”栏目組的工作人員,第一次光臨日本東北部的節目主持人乘坐仙台東口出發的本館免費送迎巴士,來到本館.

先日、香港最強チャンネル”熱血時報”の番組スタッフを迎え、
初めて東北部の番組司会者が仙台東口出発の当館の無料送迎バスで来館しました。

到達本館都沒休息,而是迫不及待的參觀了3.11大地震後被海嘯襲擊過的”高野會舘”.在本舘昆野支配人的帶領講解下,8年前的地震仿佛再現在眼前,對於基本上沒有地震經驗的香港人來說,是很震驚的一件事.

当館に到着した後は、すぐさま取材。
3.11の大地震で津波に襲われた「高野会館」を見学しました。
当館の昆野支配人の案内で、8年前の地震が今も目の前にあるかのように語ります。
ほとんど地震経験のない香港人にとっては衝撃的な出来事のようでした。

距離本館約5分鐘車程的BRT戶倉車站,海嘯摧毀了鐵道,代替鐵路的是現在運行中的一般道路,從仙台出發途經石卷也可以到達本館.

当館から車で5分ほどの距離にある気仙沼線BRT陸前戸倉駅では、津波で鉄道が破壊されました。
鉄道の代わりに私達の交通の便を支えているのは、三陸自動車道。
仙台を出発し、石巻を経て南三陸・気仙沼へと繋がっています。
仙台までの移動は宮城交通の高速バスも地域の足として根付いてきました。

此次,特別期待、熱血時報、在香港播出,期待有更多海外的媒體關注我們的震後復興光狀況.謝謝.

今回、香港で放送される「熱血時報」を楽しみにしています。
また、海外のメディアが私たちの震災復興の様子を見守ってくれることを期待しています。ありがとうございます。

香港の取材!~熱血時報のスタッフが来館しました~ への1件のコメント

心こめて 魂こめて 濱守栄子

一週間ぶりのご無沙汰です。Blubirder*Sです。

今日は ゴールデンウィーク最終日。

みなさんは どんな黄金週間を過ごされましたか?

 

先日、といっても もうGW序盤のことになりますが、

観洋では 岩手県は大船渡市出身のシンガーソングライター

濱守栄子(はまもりえいこ)さんの ロビーコンサートが開かれました。

濱守さんは、東日本大震災後

被災地に1000万円の義援金をと 全国を回って音楽活動を続けています。

ちょうど一年前にスタートしたツアーは「ピアノと 女一人旅」。

 

今回は、たまたま関東方面から故郷岩手県へと向かう途中、

ホテル観洋に寄ってくれました。年に2回ほど訪ねてきてくださいます。

機材はすべて持込み。ほとんど手弁当状態で歌い続けています。

活動資金はコンサート会場でのCDの売り上げの半分から、

あとの半分は義援金に充てています。

ピアノの弾き語りで、オリジナル曲からJ-pop、アニメソングまで

やさしく伸びのある歌声は、会場を心温かく包み込んでくれます。

聞けば、ピアノは 小さいころから弾いていたわけではなく

30歳にして始めたのだとか。

それも、もともと新社会人としてスタートした銀行員の仕事を辞めて

音楽活動を始めた人です。

 

オリジナル曲「45号線」は、大震災前の国道45号沿いの光景や景色を思い浮かべ

回想し、3.11の出来事を忘れないで と しんみり語りかけます。

同じく「キセキ」は、

当たり前と思っていることは 当たり前ではなく奇跡なんだよ。

生きていること それだけで奇跡、だから出会いにも意味があり、

笑顔で奇跡は起こせるのだ と訴えます。

 

心をこめ、魂こめて切々と語りかける歌声は、

いつしか ロビーで聴き入っていたお客さまの心にも染み入って共感を呼び、

公演後のCD販売には、長い行列が出来ました。

義援金の目標額まで、あと 150万円を切りました。

今回の公演でまた、サポーターが増えましたね。

みなさんも、是非 彼女のオフィシャルサイトで歌声を聴いてみて下さい。

心 洗われます。

がんばれ、濱守栄子!  南三陸の地から 応援しています。

 

コメントを残す on 心こめて 魂こめて 濱守栄子

地域住民の憩いの場!海の見える命の森で…Let’s tea party♪

皆様こんにちは、
南三陸の桜も徐々に開花し、
日中は暖かくて油断していると睡魔に負けそうになっている
マッキ―です。

今回は、海の見える命の森でLet’s tea Party!?
4月14日に行われた地域住民の方への御披露目式・お茶会をご紹介いたします。

こちらの海の見える命の森は、
多くのボランティアの手を借りながら、
桜やもみじを植樹。
将来的には、子供達も自然に遊べる園地を整備中です。
観光スポット、地域住民の憩いの場、
そして春はお花見、秋は紅葉狩りができる地域の散歩道となるように
という想いをこめて整備を進めています。

写真は、「海の見える命の森」の未来(春の様子)の合成写真です。
(桜が育つ10~15年後には、この写真のような姿になっているかも…)

事前に近隣の大久保・林・黒崎地区の住民に
その整備計画を見て頂こうとご案内したところ
およそ50名程の地域住民がお越しいただきました。

この日は、天候にも恵まれ晴天!
そんな春の陽気の中を…
まずは、およそ5~10分ほどの山道を登っていきます。
(必要に応じて裏の山道を利用し、車での送迎も行いました)

私も道案内も兼ねて一緒に登ったのですが、
登っている最中は、
「ここ昔は雑木林だったのに、よく切り開いたこと~」
「この草・花は何だろう?」
「あ、あそこにカタクリの花が咲いている」
などなど…
皆様、興味津々で登っていきました。

ヨイショ!ヨイショ(^o^)丿
こちらのご家族は親・子・孫の三世代で来たのかな?

山頂に到着すると、
木で作った温もり溢れる椅子で一休み!

そして、御披露目会&お茶会がスタート♪

昆野副支配人・副社長・女将さんより、
この海の見える命の森設営に対する概要や想い、
そして日頃から山を切り開く上で、
地域の方々へのご協力や感謝を述べた後は…

桜の植樹などにご尽力いただいている、
NPO法人 さくら並木ネットワーク」の桜野様の挨拶で乾杯!

また、南三陸復興みなさん会代表として当館の語り部でも
いつもお世話になっている「後藤 一磨 様」からもお話をいただきました。
震災のボランティアに来ていた大学生が「とっても良い森があるね」との一言、
そして、南三陸の扇の要の位置にあるこの場所に、
桜の名所を作ろうとの熱い想いによって、
このプロジェクトが始まったこと。
さらに、この広場の説明などもお話しいただきました。
(別名「森の番人」と呼ばれるほど、自然にも詳しいです)

サンドイッチやお菓子を配りながら、
各々がお話にも花を咲かせていました。

この地域の風習で新築の家を上棟する際に行う、
紅白餅の「餅まき」ならぬ「餅配り」を実施!
こちらもご好評をいただきました。

そして、広場の少し端には、
先日、バイオマストイレも設置されました。

こちらは、利用後におがくずと一緒に混ぜ合わせる事により、
堆肥に代える事もできる、
水を使わない環境に優しいトイレです。

今後電気が通る予定で、夏ごろから利用できるとの事…
(一晩ならテントを張って日中は自然、夜は満天の星空を眺めるのもアリかも…)

こうして、お披露目会&お茶会はお開きとなりました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『海の見える命の森』の新しいプロジェクトとして、
【東日本大震災の慰霊と教育の場所としてランドマークとなる小屋を造りたい】
その目標を達成するため、クラウドファンディングにて
整備するために必要な小屋の建設費の一部を募っています。

現在は、小屋の図面や小屋に使用する木材を製材して準備を進めていますが、
まだまだ資金が足りない状況です。

皆様の温かいご支援をどうぞよろしくお願いいたします(*^_^*)

コメントを残す on 地域住民の憩いの場!海の見える命の森で…Let’s tea party♪