濱守栄子 復興へ歌う

一週間ぶりのご無沙汰です。

Bluebirder*Sです。

 

今月24日 木曜日 観洋5階ロビーで、

濱守栄子(はまもり えいこ)さんの ミニコンサートが開かれました。

彼女は 岩手県大船渡市出身のシンガーソングライター

各地で東日本大震災復興支援チャリティーコンサートを開いて

被災地に贈る義援金づくりをしています。

彼女、コンサートの収益の一部のほかにも

CD1枚の売り上げの内 500円を義援金に充てているんです。

1000円のCDも その半分は 義援金に。

 

12月31日までに 義援金を1000万円にしようと 日々歌い続けています。

この日までに寄せられた義援金は 累計で7,507,556円!

がんばってます!!!

忙しい音楽活動の毎日ですが、北から南、南から北へと移動の途中

当 ホテル観洋へも意欲的に足を運んでは ミニコンサートを開いています。

この日は ♪中島みゆきの 「糸」

沖縄は ♪喜納昌吉さんの 「すべての人の心に花を」

いずれも オリジナル曲で ♪「遠い空の上で・・・」~

♪「キセキ」~ ♪「国道45号線」

と 持ち前のやさしい声で 復興への思いを込めて歌い上げました。

会場からのアンコールの求めに応えて

オリジナル曲の♪「僕はまた夢をひとつ叶えるだろう」を熱唱。

50人以上のお客さまは、心の込もったやさしい歌声に、すっかり癒されていました。

それはもう うっとり~♪

えっ? 眠っているんじゃないか って?

い~いえぇ、皆さん 眠っていらっしゃるのではなく 目をつむって

濱守さんのやさしい歌声に聞き入っていらっしゃるのです。

語りかけて来るんですよねぇ 濱守さんの歌声は!

ミニコンサート毎に 更に「心に伝わる」ようになってきている

そんな印象があります。

コンサートの後、CDを買い求めて下さったお客さまには

サインを添えて お渡ししていました。

財布を持ち合わせていないと わざわざお部屋まで戻られて

代金を用意してくださっていたお客さまもいらっしゃいました。

快く 募金くださるお客さまも。

ありがとうございます。

いわて紅白2016に出場した 濱守栄子さんの夢は NHK紅白歌合戦出場。

その前に、義援金が 無事目標の1000万円に到達することを

心からお祈りし 応援しています。

がんばれ! 濱守 栄子~♫

コメントを残す on 濱守栄子 復興へ歌う

全体会議とフレンドシップキルト

こんにちは、むっちゃんです(*^^)

本日、全体会議がありました。
新年度が始まりましたが、もうすでに1年も後半戦。
残りも頑張ろうと、スタッフほぼ全員が参加しました。

会長、副社長、女将さん、支配人、副支配人から挨拶を頂戴し、
情報共有を含め、その言葉一つ一つの意味をスタッフ全員で見つめ直しました。

今年入社した新入社員の紹介もありました。

スタッフ全員が集まる場で自己紹介というのは緊張してしまいますが、
「早く仕事を覚えて配属先で頑張りたい」と気持ちを新たにしました。

そして、毎年恒例の
「ベストスピリット賞」「ベストスマイル賞」の発表もありました。


おめでとうございます(*°∀°)

新しい人事も発令されました。
配属された場所で、引き続き頑張って参ります!
宜しくお願いいたします。


はーい、お母さんはステージに残ってくださーい

あれ、この流れ見たことある……
はい皆さま、明日は何の日ですかー?

え? カクテルの日? いや、もっとポピュラーな……
そうです! 母の日ですね!

今年ももちろんやりました、母の日サプライズ!
ステージ上のお母さん方へ、
男性スタッフからカーネーションのプレゼント♪

「毎日お疲れさまです」
「いつもありがとうございます」
そんな想いを込めて!
前日だけど、素敵な母の日になりました(*´︶`*)


ちょっと待ったぁ!!

これで終わりじゃないんです。
観洋の母である女将さんにまだカーネーションを渡していません。

実はこのお面、
全て女将さんが発案したものなんですよ。
南三陸キラキラ丼や南三陸てん店まっぷ、語り部バスまで、全部お面にしました。
因みに作ったのは私です(´◉◞౪◟◉)ドヤァ

たくさんのカーネーションと、いちご酒をプレゼント。
サプライズは大成功でした♪

さて、母の日本番は明日です。
まだ何かが起こる予感…?
今後のブログに注目です!!

★- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -★

先日、素敵なキルトが届きました。

こちらは、福島県立湯本高等学校の家庭クラブの生徒さんが制作した
「フレンドシップキルト」です。

福島県では、東日本大震災当時幼かった世代の「自分も復興に貢献したい」という
想いを活動につなげてもらえるよう「子どもがふみだす 福島復興体験応援事業」
を行っております。

その取り組みの一環として制作されたキルトは、
当館以外にも、熊本地震・中越地震で被災した自治体や社会福祉協議会など
計6ヶ所に届けられました。

それぞれの地域ごとで絵柄が異なり、
6つのキルトを全て繋げると大きなハートが現れる仕組みに!

そのハートをぜひ見たい!という
福島復興局様の想いにより、実現した1枚がこちら。

見事なハートが浮かび上がりました!
場所は離れていても、心は一つと実感できますね(灬╹ω╹灬)

この取り組みについて、
福島復興局様の本日のフェイスブックに掲載されております。

こちら → 福島復興局便り フレンドシップキルト
ぜひご覧くださいませ。

★- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -★

南三陸ホテル観洋の宿泊予約をするならこちら↓


公式ホームページからの予約がもっともお得です!
【直販価格】と書かれたプランを選んでご予約ください!

kirakirabanner.png

★ 南三陸キラキラ丼はおかげ様で9周年♪ ★
「南三陸ホテル観洋」

コメントを残す on 全体会議とフレンドシップキルト

3.11 南三陸より。

皆さん、こんにちは。カナです。

本日、3月11日で「東日本大震災」から、7年が経過致します。

私は本日、「海のみえる命の森」の追悼セレモニーに参加致しました。

本日はその様子をお伝えいたします。

去年の様子はこちらのブログをご覧くださいませ。
【あれから、6年】

本日の追悼セレモニーが始まり、
山を切り拓き、整えているボランティアの皆さんと共に行いました。

最初は、ボランティアの皆さんと一緒に、
森を切り拓き、整備を行っている、
三陸復興コンシェルジェセンター、阿部センター長より、
参列している方々のご紹介がありました。

そして、追悼セレモニーでは、
当館の阿部女将から、

「7年目に至るまで、多くの応援、支援を頂いた事、
今もなお、たくさんの応援の言葉に支えられていることは、
感謝してもしきれません。」
「この場所は、桜の木を植える活動を行っていますが、
いずれこの森がお客様が来ることが出来る場所になるまで、
協力して参りましょう。」
などのお話がありました。

続いては、「桜」の木を植樹して頂いた、
株式会社富士通エフサスの青木常務様より、

「皆様が植えた「桜の木」が早く、大きくなって、
お越し頂いた方々に癒しを与えると共に、
ここから見える景色をずっと覚えて頂いて、
震災を思い出す、風化させない取組に繋がれば幸いです。」
とのお話がありました。

その後は、石碑の前より海に向かい、
献花を、1人1人、行いました。

その後は地元で「語り部ガイド」を行っている、
後藤様より、震災当時のお話をお伺いしました。

「震災当時は、観洋から島まで歩いていけるのでは。と思うほど、
引き波があった。そのあと、水平線の所に「白い線」がひかれるんです。
それが、「津波」。壁のようにそのまま迫ってきた」
「震災当時は明かりが無くなってしまった事により、
星が悲しいほどに綺麗だった。今まで見た事もないような星空だった」
「あの日は風と雪がものすごく、
たき火をして、皆でおしくらまんじゅうのような、
ぎゅうぎゅうになりながら、暖をとった」
など、震災当時の様子をお話し頂きました。

そして、14時46分。
私達は海を臨む山頂より、海に向かい黙祷を捧げました。

「7年」と言う月日は、早くも遅くもありました。
震災当時は、【「頑張って」? こんなに頑張ってるのに、
さらに頑張れっていうのか。なら、元通りにしてくださいよ】
などと、自分にも周り対する感情にも余裕がなく、
物事を大きく捉えられずにいたのを今でも覚えています。

しかし、道路がぐちゃぐちゃな中、物資を運んできてくれる方。
「【一緒】に頑張りましょう」と手をとってくれる方。
全世界から寄せられた。メッセージ。服に食べ物。
月日が経つにつれ、周りが見えてきて、
マイナスに見るのではなく、プラスに物事を捉える事ができるようになりました。

このような考えを持ったのは私だけなのかなと思ったりもしますが、
7年が経過する今。確実に復興は進んでいます。
思い方も変わってきているのは確かだなぁと感じます。

私の震災当時の様子は、今年の成人式のブログで掲載させて頂きました。
南三陸のことではなく、私の地元の話ですがご覧いただければ幸いです。
【新たな一歩を。】

そして、この森を少し、ご紹介させてください。

今、木を切り拓いて整備を行っているのは、
本日、追悼セレモニーをおこなった「第一広場」。

そして、まだブログなどでも紹介をしていない、「第二広場」。
そこまでの道のりの中では、山のちょうど真ん中に川が流れています。

昨日、雨が降ったため増水しているとお聞きしました。
しかし、川の水はとても澄んでいて、綺麗です。
ここも整備を施し、小さなお子様が遊べる場所にする考えとの事です。

いよいよ、開拓を始めたばかりの「第二広場」へ。
この道を行きました!!


こちらの「第二広場」にも桜を植樹し、
もともとある「山桜」は切らずに残しています。
桜が満開に咲いたら、斜面になっているためとても綺麗だろうと感じました。

そして、秋がくれば「紅葉」を楽しむ事の出来る場所へと変化します。
もっと、もっと、色んな人が気軽に来ることが出来るように、
これからも整備を続けて参ります。
一日も早く、皆様にこの素晴らしい場所を胸をはって、ご紹介できるように。

ここからは余談ですが、帰り道。
「まだ未開拓ですが、
とても綺麗な場所があるのでそちらを通って行きましょう!」との事で、
確かに道はあるのですが、一歩足を踏み外せば川に落ちる。
そんな、けもの道を帰りました。

◇人があまり立ち入っていない自然な川の風景です◇

私自身、小さい時の遊び場は山や川。海だったのでとても楽しかったです。
しかし、カメラなどの機材を持っているため思うように動けず、
足は泥に埋まる、葉っぱで滑る。など、
本当にアクティビティのような体験をさせて頂き、
これは小さなお子様もお父さんやお母さんと一緒なら、
とても楽しい場所になるんじゃないかなぁと思いました。

「今日」と言う日を忘れず、
「明日」も大切に。一日一日を大事に。
三陸と共に歩んで参ります。

「復興」へ向けて。
これからも、様子を見守って頂ければとても嬉しいです。

3.11 南三陸より。 への1件のコメント

宮城三陸3.11追悼記念会

こんにちは、むっちゃんです。

東日本大震災から、明日で7年を迎えます。

そして本日は、
当館5階クイーンエリザベスにおいて、
宮城三陸3.11追悼記念会が行われました。

アーティストの方々による演奏が行われ、
会場には多くのお客様が集まりました。

震災が発生した14:46に合わせ、全員がラウンジへ移動し、
海に向かって黙とうを捧げました。

窓辺には、
亡くなった方々を偲んで花束を。

明日3月11日、南三陸町内でも追悼式が行われますが、
館内でも、14時46分に合わせ黙とうします。

青々と輝く、穏やかな志津川湾の海へ、祈りを捧げます。

コメントを残す on 宮城三陸3.11追悼記念会

マリンパルだより 3月その2

いらっしゃいませ(*^^)v マリンパル保育士小野寺です。金曜日。。。あいにくのお天気です。各地雨の被害がないことを祈ります。。。

3月になりましたね・・・!ぽかぽかの陽気の日だまりが本当に心地いい季節ですね♪

マリンの子どもたちも、春が来たのを体で感じながらおひさまと仲良しで遊んでいます♪後ろ姿が、ほのぼの。。。ほんわかした気持ちでながめている小野寺です(*^_^*)

こんな天気がいい日は、あそこに行こう~♪見はらし最高の、ホテルの屋上へ。。。シャボン玉を持参して行ってきましたよ(^^♪

広々した屋上で、青空と、青い海を見ていると心も体も開放的になります!本当に気持ちいいんですよ~!。。。と、実は私が一番気に入っています(笑)

シャボン玉、とっても上手に吹けますね♡

こんな穏やかな海で、7年前にはあんな災害が起きるとは考えられませんね。。。7年前の3月11日の午前中も、ここに子どもたちと散歩にきました。同じように本当にいいお天気で海も穏やか。。。気持ちよく遊んで皆ではしゃいで帰った記憶があります。

あれから、7年経とうとしています。早いような。。。長かったような。。。色んな事がありました。悲しい永遠の別れもありました。2011年3月12日は、長女の卒業式で、前日は私もウキウキ。。。次の日の卒業式や保護者の方々と計画していた卒業を祝う会の準備を前日の夜に高野会館に集まって行う予定でした。中心になって一緒に準備を進めてきてくれた方が津波の犠牲になり。。いつも顔を合わせていた保護者の方々もたくさん犠牲になりました。

日を改めて、行なわれた卒業式。本当はみんな笑顔で迎えるはずでしたが、会場はひっそり。せっかくの晴れの日でしたが、一緒に迎えることが出来なかった生徒や、亡くなった保護者の方々の事を思うとつらくてたまらない卒業式でした。

当たり前に出来ることが当然だと思っていた卒業式・・・以来、卒業式と聞くと特別な思いが湧き上がります。

明日3月10日は次女の専門学校の卒業式です。自分で作ったドレスを着て卒業生は式に出るそうです。ボルドー系のドレス、今までで一番上手に出来たとか。。。(#^.^#)きっと華やかなのでしょうね・・・!式を無事に迎えられることに感謝しながら、明日は、娘の旅立ちを祝いたいと思います。

3月11日、南三陸町では慰霊祭が執り行なわれます。

この日はもちろん、毎日亡くなられた方々に祈りをささげている方々がいらっしゃいます。町内の消防署の片隅に、津波で殉職された消防士の方々の慰霊碑が建てられています。いつも私が出勤する時間帯の朝7時ころになると、消防署の職員の方が慰霊碑をきれいに掃除して、お花や飲み物などを捧げています。そして夕方には回収し。。。これがほぼ毎日繰り返されています。町の方々のために、犠牲になられた職員の方々は、10名。この方々の想いを引き継ぐように署員の方々は全壊して何も無くなったところから消防署と町の復興のために日々奮闘されているんだと思うと、感謝の気持ちでいっぱいになります。

毎朝の犬の散歩のときに消防署の前を通りかかる時は、その感謝の思いが強すぎて、無駄に大きな声で「おはようございますっ!」と、ご挨拶する小野寺なのでした。

もし・・・。近くを通りかかって、慰霊碑を目にすることがありましたら。。。手を合わせて頂き祈りをささげていただけたらと思います。。。

コメントを残す on マリンパルだより 3月その2