「海の見える命の森」が震災伝承施設に登録されました。

皆様こんにちは、マッキーです。

本日8月31日は野菜の日。
全国青果物商業協同組合連合会など9団体の関係組合が1983年に制定いたしました。
「や(8)さ(3)い(1)」の語呂合せか来ているとの事です。

ぜひ日頃野菜をちゃんと取っているのか、
見つめ直す一日にしたいですね。
(私自身はたぶん…野菜不足だなと思っています)

さて今回は野菜⇒緑という事で、
木々の緑と志津川湾の青が美しい「海の見える命の森」についてお伝えいたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この度、「海の見える命の森」が震災伝承施設に登録されました。

海の見える命の森』は2016年より、
東日本大震災を通じて『学んだ事』『後世に伝えねばならない事
祈りたい事』『残したい風景』を伝える場所として、
宮城県本吉郡南三陸町の町民有志によって整備を開始しました。

志津川湾と山岳地・市街地の全体を見渡すことができる台地上の展望は、
震災と自然を伝承・学習するのに最適の地理環境である事、
小・中学生の“総合学習”や、高校生・大学生の“地域社会との連携教育”や
“地域に根ざした学習活動”が可能な『総合的な学習の場』となっています。

台地上の展望に桜や紅葉などの植物を計画的に植樹育成する他、

震災記念碑やミャンマーの篤志家より寄贈された『南三陸大仏』の設置などで、

震災において亡くなられた方々の御霊に祈りを捧げるのにふさわしい場所となり、
世代を超えて南三陸に風景という資産と、
震災の教訓を伝承する役割を果たしています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

当館に関連する震災伝承施設としては、

当館から車で約5分のところにある「高野会館

そして三陸道を利用して車で約30分、
気仙沼市内にある「命のらせん階段(旧創業者住宅)」に次いで、
3ヶ所目となりました。

毎日運行している「震災を風化させないための語り部バス」とともに、
あの日の出来事と復興の現状を様々な形で後世に伝えて参ります。

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

次回は「石巻」地域へお邪魔します!
ぜひ、ご覧くださいませ。

【最新の観洋ちゃんねるの動画はこちら!】
朝ドラの舞台にもなった気仙沼 大島に行って来ました!

コメントを残す on 「海の見える命の森」が震災伝承施設に登録されました。

笑顔をまたこの場所で。

皆さん、こんにちは!カナです(・∞・*)

今回は震災後初の海開きを予定している「大谷海岸」へ行ってきました!
今現在進められている砂浜と防潮堤の工事も
工期は7月ですが、工事自体は6月末で終了するとの事!

2011年3月11日起きた東日本大震災。この砂浜も被災しました。
当初は防潮堤をつくるために砂浜は埋められる予定だったものの、
検討委員会を中心に地元の方々が一丸となって
行政と交渉を重ね、かさ上げをした国道45号と防波堤を
兼ねることで地域の象徴であるこの場所を守り抜きました!
(今すぐにでも飛び込みたいくらい海の色も全部綺麗です….)

そして、海を眺めることのできる場所に3月にOPENした道の駅。
高速バス、BRTバスの降車場にもなっているので
「JR 大谷海岸駅」も兼ねていますよ!(産直コーナーではsuicaが使えます!)

さらに道の駅の中の「産直コーナー」では
鮮魚や、地元のお土産、軽食のほか、魚が元気に泳ぎ回るいけすもありました!こちらの魚も購入できます!

いけすの中に居た「幸運の白いホヤ」!アルビノなんでしょうか。
見ることができて良かったです!中身も白いのかな…….

そんな中でも、私が最近気になっていたのが…こちら!

「潮騒ダー」です!気仙沼 岩井崎の塩を使用したサイダーです!
「突撃!ナマイキTV」のコーナーである「国道45号の旅⑪ 気仙沼編」で
今月7日に放送されたのを見てずっと気になっていたんです…(*´ω`)
味は甘じょっぱい感じですが飲みやすく、気温が高い時に冷たい状態で飲むのは
とても美味しかったです…次は細かく砕いた氷と一緒に飲みたい…!

そして「ほやおにぎり(130円税込)」も最高に美味しかったです..。
蒸しあがったホヤと鰹出汁のきいたご飯の相性は抜群!
ほや好きとして陳列されているのを見て買わずにはいられませんでした。

この潮騒ダーを撮影したこの場所。デッキになっていて大谷海岸を見渡せます!

海風が吹き抜けてとっても気持ちがいい…!
店内の「HAMACAFE」でテイクアウトをしてここで食べるのもいいですね♪
ソフトクリームが気になったので次回伺った際、食べてみたいと思います!

次の目的が砂浜で行われている「サンドアート」は2021年6月6日に完成!
手掛けたのは国内外で活躍する砂の彫刻家「保坂俊彦」様と
東松島市地域おこし協力隊員様がつくりあげました。

その他にも、こちらの作品が発表となった6日には
地元の子供たちを呼んで みんなで作品つくりを行ったそう!
砂浜にはその作品が並んでましたよ!
「ウミガメ」甲羅の模様もしっかりとしていて素敵ですね♪

「クジラ」漂流物でクジラの潮を表現していて可愛いです!

砂浜に流れてきた石や貝殻で目などの模様をつくってました!

「海に子供たちのにぎわいを取り戻したい」
今回サンドアートの制作を依頼した大谷里海づくり検討委員会の村田興会長様。
「子供たちに大谷の海の良さを知ってもらいたい」と仰っていたそうです。
震災後から10年となる今年の夏。大谷海岸は復活を遂げます。

そして次に、大谷海岸からほど近い
岩井崎の「潮吹き岩」と「龍の松」を見るために移動!

「龍の松」
震災でこの部分だけが残り、形が龍に似ていることから名づけられました。
日本昔ばなしのOPに出てくる龍みたいですね( ・`д・´)!
子供が背中にのって、でんでん太鼓を持って登場する…..ぼうや~よいこだねんねしな..♪

そして次に「潮吹き岩」

岩のぼこぼこした形状は波が打ち寄せると隙間から勢いよく海水がでてきます。
霧状になっているので風があると撮影している場所まで海水がとんできます。 カメラ機材等はお気を付けください!

そして、磯遊びもできそう…?

この日もご家族様がいらっしゃいました!

夏に向けて本格的に動き出している季節。
今は未だ遠くに行くのが難しいかもしれませんが、
今後の旅行計画にチェックしてみてくださいませ♪

コメントを残す on 笑顔をまたこの場所で。

Ishinomaki Minamihama Memorial Park Opened !

*Above picture is taken from Hiyoriyama.

I heard that the Ishinomaki Minamihama Memorial Park has opened, so I went there on the afternoon of June 2nd.

This park plays a role of mourning the victims of the Great East Japan Earthquake and handing down memories.

Since it was a weekday and also ” Miyagi 3.11 Tsunami disaster Memorial Museum” was not open yet, the number of visitors was small.

*According to the message board, it was mentioned that it will be open at 3:00 pm on June 6th.

The area of the park is 38.8 hectares.

Requiescats and memorial monument ‘CIRCLE WIND 2011 -KIZUNA-’

There are small hills, several multipurpose plazas, ponds, wetlands and pine grove which existed before.

 A bridge called Kawaminato Ohashi beside the park is now under construction.  It says “16m to connect”.

<< Postscript … >>

When I climbed Hiyoriyama to take a picture of the entire park, the torii gate, which is a symbol of Hiyoriyama, disappeared.

It seems that it was dismantled due to the effects of aging and repeated earthquakes.

( Photo of the time when there was a torii gate … )

The torii was built in 1935 and was made of reinforced concrete and was about 5 meters high.

Please check latest information from official website 

ISHINOMAKI MINAMIHAMA TSUNAMI MEMORIAL PARK 

 About 1 hour drive from our hotel 

Good day ! from Minhong

Book us at;

” Kanyo channel “ is being delivered ….

  Please “like(いいね!)” and subscribe to the channel.

コメントを残す on Ishinomaki Minamihama Memorial Park Opened !

観洋の魅力を再発見!?~海鳥とのふれ合いと海の見える命の森~

大家好,我是惠。
皆さん、こんにちは。恵です。

五月的黃金周,綿綿細雨中,
我們迎來了各地的游客,甚是開心。

5月のゴールデンウィークは、
天候が悪い日もありましたが、
各地から観光客が訪れ、とても幸せです。

在本館的東舘10樓的樓頂,是喂海鷗的最佳位置。

当館の東館10階の屋上は、
ウミネコ・カモメとのふれ合いを楽しむのに最適な場所です。

都市的快節奏生活,繁忙的學習不免讓人有高度的緊張感,
來到這裏的不管是大人還是小孩都可以得到釋放,
和海鷗近距離接觸,呼吸大海的味道,
大家身心得以足夠的釋放。

都会での忙しい日常生活は、
常に緊張感を与える事もあるかと思います。
ここ南三陸では大人も子供も解放され、
ウミネコ・カモメとのふれ合いを満喫し、
海が感じられる自然豊かなこの地で深呼吸し、
誰もが心と体を十分に解放することができる場所です。

從本館出發約15分鐘步行路程的山丘(高地),
我們通過東日本大地震的災難,
作為傳達”我們學到的事情”、”必須傳達給子世的事情”、
“祈禱什麼”和”想留下的風景”的地方,我們對森林進行了維護。

当館から徒歩15分程の所にある「海の見える命の森」、
東日本大震災という災害を通して
「学んだこと」「後世に伝えなくてはならないこと」
「祈りたいこと」「残したい風景」を伝える場所として、
森の整備を行ってきました。

這是一個紀念場所,一個傳達和了解災難的地方,
也是遊客和兒童接觸和享受美麗的風景和豐富的自然風光的地方。
生命之林,可俯瞰大海,是一個令人驚驚的景點。

慰霊の場であり、災害のことを伝え、学ぶと同時に、
訪れた観光客や子どもたちが美しい風景や豊かな自然に触れ、
楽しめる場所でもあります。
見晴らしの良い海の見える命の森は、私のおすすめスポットです。

下周見哦。
それでは、また来週。

Book us at;

本日20日は楽天トラベルで5%OFFクーポン配布中!
お日にち限定で配布している10%OFF宿クーポンと併用すれば…
15%OFFのチャンス♪

 

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

 【観洋ちゃんねる】 

周辺の観光地を紹介しつつ
くすっと笑えるような動画を投稿中!

いいねチャンネル登録もよろしくお願いしま~す(≧∇≦*)

公式YouTubeチャンネルはこちら⇒南三陸ホテル観洋【公式】

コメントを残す on 観洋の魅力を再発見!?~海鳥とのふれ合いと海の見える命の森~

咲く桜あり

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

南三陸ホテル観洋
正面玄関前には 枝ぶりのよい大きな桜の樹があります

今 まさに満開という この9日は
時折小雪の舞う天気で
花冷えと言うにはあまりに寒~い日でしたが
華やぎを「満面」に湛え 咲き誇っていました

例年ならば 開花後
春の嵐で散らされることが多いのですが
今年は雨風が比較的穏やかで
いつもの年より長く 花を楽しめそうです
開花の時期が早かったお陰でしょうか

さて
まさにその前日 たまたま 所要があって出かけた
お隣 石巻市は 春うらら

北上川河口付近で
震災後着々と進められている復興護岸工事は
完成間近のようで
堤には こんな案内板が

新しい橋の建設現場を望む護岸から 右側に目を移すと
向こうに 日和山公園への上り口

東日本大震災の大津波の際
津波からの避難場所になった公園です

今を盛りに咲く桜に誘われ 上がってみました

花は まさに満開

ひとひら ふたひら・・・

まだ数えられるほどですが もう空に舞う花びらも

いつもの春なら 花見客で大いに賑わう公園ですが
コロナ禍では
ブルーシートの団体などあろうはずもなく
実にささやかで 静かなお花見

ご夫婦連れや お友達同士
少人数でベンチに腰掛けたり散策したり
ソーシャルディスタンスを保ちながら
思い思いに桜を愛でていました

眼下に 復興の進む街 ↓

海を背景に咲く桜の姿も ↓ また格別

大津波 そしてコロナ禍・・・
それでも Life goes on

今年も ごく当たり前のように咲く桜は
そんな私たちを 分け隔てなく笑顔にし
気持を前に向けてくれている

滞在時間 わずか15分ではありましたが
そんな風にも思えた 小さなお花見でした

PS.

こちらは冬場 いつもコクガンの居た いつもの港

4月10日 午前11時
その姿は見当たりませんでした

南三陸海ビジターセンターによれば

この7日午前9時頃には
39羽を確認しているということですから
のんびり組が まだ 残っているようです

冬鳥ではありますが 旅立ち目前の 春のコクガン探しに
南三陸へ いらっしゃいませんか?

コメントを残す on 咲く桜あり