一週間ぶりのご無沙汰です Bluebirder*Sです。

先日、梅雨前線停滞による豪雨被害に遭われた皆さまには、

心よりお見舞い申し上げます。

東北も梅雨明けがまだですから、豪雨への油断は出来ません。

さて、観洋眼下の岩場で孵ったカモメのヒナ三羽。

非番だった二日を挟んで、営巣していた岩場を見下ろすと・・・、

???  一羽 居ない!

ひょっとして天敵にやられた?

と 思っていましたら、岩陰から現れ、ホッと胸を撫でおろしました。

こちらは、7月5日「昼前」の様子。

 

この日の「午後」に至っては、今度は 三羽とも姿が見えなくなってしまって

驚かされたのですが、揃って 同じ岩陰でお昼寝していたのでした。

この岩場には、

ちょうど「ひさし」のようにせり出したような岩があって、

その下の「窪み」が 晴れた日の お昼寝の場になっているようなのです。

 

天敵、例えば ワシタカの仲間に「さらわれ」にくい場とも思われ、

身を守るのが容易な いわば「砦」なのかも知れません。

何より、親が守りやすそうですし、強い日差しも避けられる。

 

下の写真で、ちょうど親鳥がとまっている岩の向こう側が「砦」。

なぜこんな吹きさらしの岩場に営巣するのだろうとかねてから思っていましたが

そもそも『この岩場が他に比べ 高い位置に立ち上がっていて

満潮の際に荒れても 波に洗われることが無い』

その上『陸続きではないので タヌキやキツネに襲われにい安全地帯』だから。

これは 地元の有識者の方に教えて頂き 納得したこと。

 

加えて、天敵から身を隠し守る砦も備えている、ということは

親鳥にとっては ヒナを守りやすく子育てが容易な 合理的な営巣地、

ということになります。

それにしても、三羽のヒナたち、岩陰に身を隠すことは

どうやって親鳥から教わったのでしょうか。

カモメ語? それとも 以心伝心?

晴れた日のお昼寝どき、三羽揃って隠れるのが この岩の影 ↓ 。

「子守」はつがいが交代で、相方が餌を運んで来ては、

こうして しっかりヒナに食べさせています。

そのお陰で、三羽のヒナはすくすく育ち

もう、孵ったあと歩き始めた時の二倍以上の大きさに なっています。

岩を上り下りする時には、こんな風に まだ羽の生え揃わない翼を高く持ち上げ

バタバタ羽ばたいて バランスを取ります。

先週はまだ棒のように見えた翼にも だんだん羽が伸びてきました。

体の割に 随分翼が長いんですね。

このヨチヨチ歩きがまた かわいらしい♪

 

つがいの守護の下、昼寝の合間に 大あくびをかき、

起き出しては 岩のくぼみに溜まった雨水を飲みながら

実に安心し切った様子で、

の~んびり、ゆったり、ヒナたちの時間は積み重なっています。

まだ小さな翼がすっかり整い 飛び立つまで、あと一か月。

オオセグロカモメのつがいの 子育ては続きます。

 

追伸: 観洋のティーラウンジに置かれた双眼鏡。

カモメのヒナを観るお客さまから

「かわいい♪」という声が毎日聞かれます。

 

コメントを残す on 砦

1年間ありがとう!台湾インターンシップ生

大家好!我是惠。
皆さん、こんにちは、恵です。

來自台灣一年的實習生「ソウ」さんと「ウェイ」さん、
已于上個月6月28日結束實習順利返回了台灣,
在這一年裏,從最初的陌生開始到本舘的業務課的房間清掃開始,
到宴會,西餐廳服務可的接人待物,
再到總臺體驗全方位的溫泉酒店流程,
這足以讓兩位同學對日本的服務行業有了更深的認識和體驗。

台湾から来た一年間の実習生「ソウ」さんと「ウェイ」さんは、
先月6月28日に実習を終えて無事台湾に戻りました。
この一年間、最初は見知らぬ地で当館の業務課の客室掃除を始め、
宴会場やレストランでの接客、最後はフロントで全体のホテルの流れを体験しました。
日本のサービス業はもっと深い認識と体験ができました。

在本舘的全體大會上,兩名同學就在日一年的工作和觀光體驗做了最後總結,
以東北地區仙臺城市為中心,松島和女川再到岩手県的觀光體驗,
感受了各種節日氣氛和飲食文化,報告會上,
兩位同學熱淚盈眶的做完了報告,分別是痛苦的,
但是也是爲了更好的重逢吧!
在這裏,祝福我們的兩位同學回到台灣,
在今後的學習和工作中順利,日新月異。

当館の全体会議では、2人の学生さんが1年間の仕事と観光体験について発表しました。
東北の中心地である仙台市や、松島町や女川町、岩手県に行った観光体験や研修旅行を通して、
様々なお祭りや食文化を体験しました。
今回の経験を糧に、
今後、「ソウ」さんと「ウェイ」さんの二人が台湾に帰って、
残り少ない大学生活と将来のお仕事での成功を、南三陸からお祈りいたします。

進入7月,我們會陸續迎接來自台灣5所大學的同學們,
快樂的暑期生活開始了,同學們的暑期職場體驗也開始了,請大家繼續關注我們的信息哦。

また7月に入り、台湾の5つの大学の皆さんをインターンシップ生として迎え、
学生たちの夏休みの職場体験も始まります。
今後も当館のブログで、台湾のNEWインターンシップ生も紹介いたしますので、
ぜひご覧くださいませ。

2019年7月27日(土)志津川湾花火大会開催!
ぜひ、お越しくださいませっ(*‘∀‘)

それでは今日はこの辺で!また来週!

コメントを残す on 1年間ありがとう!台湾インターンシップ生

令和元年6月の…みやぎおかみ会

大家好!我是惠。
皆さん、こんにちは,惠です。

宮城縣溫泉女主通常大會在令和元年度第二個月繼續召開,
前幾日,在仙臺秋保溫泉如期順利舉行。

 

先日、仙台秋保温泉で
みやぎおかみ会通常総会が令和元年の五月に引き続き、開催されました。

此次,會議聯合宮城縣觀光產業界,學術界,
官方人士齊心協力,為宮城縣觀光業的發展盡心盡力。

 

今回の目的は宮城県観光産業界、学術界、政府関係者と連携を深め、
力を合わせて地域活性化、宮城県の観光業界が発展するように取り組んでいます。

本次會議中,特別邀請到講師一青妙氏,既是隨筆作家,女演員,也是牙科醫生的一青妙女士,
這次演講題目是「在台灣和日本兩個故鄉之間,尋求着深厚的羈絆」,
内容涉及日本和台灣的歷史關係,在説明台灣的父親和日本母親之間出生的妙女士,
鏈接到台灣游客向東北地區尋求事物和以仙臺為起點的旅行建義,
和日本人去台灣旅行等的旅行指南消息的互換,内容十分豐富,。

今回の会議では、講師の一青妙氏を招待しました。
一青妙氏はエッセイスト、女優、歯科医師と様々な顔を持ち合わせています。
今回の講演のテーマは「台湾と日本の二つの故郷の間に、深い絆を求めている」というもので、
日本と台湾の歴史に関するもので、
台湾の父と日本の母との間に生まれた妙子さんを紹介し、台湾旅行につなげています。
東北地方に物事を求めたり、仙台を起点とした旅行計画の意義を求めたり、
日本人と台湾に旅行に行くなどの旅行ガイドの情報を交換したりするなど、内容が非常に豊富でした。

 

在一青妙女士的寫作生涯中,有很多感人的作品,
比如≪媽媽,晚餐吃什麽?≫改編成電影≪ママ、ごはんまた?≫,
一部通過台灣料理來講述家庭親情的故事,母親的形象開朗又堅强,父親的離世,
獨留母女3人相依爲命,無論在多麽困難的時候,母親總是每天堅持親自下厨,
烹飪女兒最喜歡的台灣料理,再到母親的離世,和母親留下的菜譜裏,
隱藏着什麽樣的心意呢?這次宮城溫泉女主會,
我有在現場買到這部影片的DVD版,並得到簽名,實在是非常珍貴。

 

一青妙さんの執筆活動には、≪お母さん、夕食は何を食べますか?≫映画化≪ママ、ごはんまた?≫がございます。
台湾料理を通して家族愛の話をが描かれています。
明るくて強い母は、父を病気で亡くし、母と娘の3人だけの暮らし生活。
どんな困難な時でも、母は毎日娘の一番好きな台湾料理を作り続けました。
その後、母は亡くなり、母の残したレシピにはどんな気持ちが隠されていますか?
今回の宮城温泉女主会では、この映画のDVD版を現場で買ってサインをもらうことができました。本当に貴重です。

 

在這裏特別推薦2013年出版的圖書≪我的箱子≫,一口箱子打開了一個台灣家族的記憶,
一段台日情緣的追尋,親情,愛情,族情,愛戀的負荷,認同的糾纏,和重獲解放,這是隨筆作家,女演員,
也是牙科醫生的一青妙女士震撼台日讀者的首部自傳性作品,
是她個人尋根的故事,也可以説是了解臺日歷史的故事。

ここでは2013年に出版された書籍「私の箱子」を特別に紹介しています。
一つの箱を開けて台湾家族の記憶を作りました。
一つの台日情縁の追跡、親心、愛情、家族愛、愛の負荷、共感のもつれ、そして解放されました。
これはエッセイスト、女性演者で、歯科医の一青妙さんが台湾の読者を震撼させる初めての自伝的な作品です。
人がルーツを探る物語は、台湾と日本の歴史を知る物語とも言えます。

 

仙臺空港出發到臺北飛行時間約4小時,
每周從仙臺飛往台灣的航班有全日空4便,
タイガーエアー5便,エバー航空7便,ピーチ7便、非常便利。

仙台空港発台北行きの飛行時間は約4時間で、
毎週仙台から台湾行きの便は全日空4便、タイガーエアー5便、エバー航空7便、ピーチ7便と非常に便利です。

以仙臺為中心城市的東北地區,四季分明,溫泉,紅葉,牛舌和豐富的三陸海岸海產品,
在此特別期待有更多的觀光客光臨我們南三陸。

仙台を中心として東北地方は四季がはっきりしています。
温泉、紅葉、牛タンなど…そして豊富な三陸海岸の海産物がございます。
是非南三陸ホテル観洋にお越しくださいませ。

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

【 求 人 募 集 中 】
詳細は こちら をご確認くださいませ(*´∀`*)

コメントを残す on 令和元年6月の…みやぎおかみ会

「はっと屋台村」2019年開催ッ!

皆さんこんにちは!カナです(・∞・*)
桜が綺麗な季節はもう少しで終わりそうですね…!
この前は仙台の桜を見に向かい、桜写真を撮影♪

平日でしたが、観光地を巡る「るーぷる仙台」も満員状態。
一日乗車券(620円)を買った方が観光する場合はお得になりますよ♪
⇒観光場所により入館料が安くなったりと特典もバッチリなので購入損はありません!

さて、なぜ火曜日に登場したかと言いますと…
昨年も紹介させて頂きました「みやぎの明治村」で開催の、

4/21(日)開催-【宮城県登米市の「春のはっと屋台村」】
の様子をご紹介したくマッキーと交代しました(^O^)

4月21日(日曜日)当日。
雨が降る事もなく曇っていましたが風もちょうどよい観光日和!
昨年は駐車場が混んでいて少し時間ロスをしたので
今回は早めに現地入り。
桜の写真も撮影してきましたっ(^O^)
もこもこで綺麗でした~!

お昼頃になるとやはりたくさんのお客様が!

車のナンバーも県外の方がちらほら見受けられました。

桜もゆるやかな風に舞い、ひらひらしていてとても綺麗でしたよ♪
(散ってしまうのも、もしかしたらもう少しかもしれません(・_・;))

そして、今回の大イベント。「はっと選び」です!
朝から良い匂いがふわふわと漂っていました♪
町並みを見て回ってもう、お腹はペコペコです…。

昨年(秋参加)とはまた違った店舗様が軒を連ね、活気良く呼び込み中!
もしかしたら、「春」と「秋」で店舗様が変わるのかもしれないですね。

そんな中、私が今年選んだのは・・・

「みんなのカフェ tetote」様の「辛肉みそはっと」♪↓

辛肉をみそベースの汁に溶かしつつ、もっちりはっとと一緒に!
ペコペコのお腹に染みわたる辛さとみその相性抜群の一品…
辛い物好きの私にとっては本当に美味しく、残さず頂きました。
これは300円でいいのか!?と毎回店舗様の一品を食べる度に思っています(笑)

そうなんです!! 「はっと屋台村」での「はっと」はオール300円!
サイドメニューも店舗様によってはあります。
私は味の染みた「玉こんにゃく」をはっとの後に頂きました。
玉こんにゃくも自分で2日くらいかけて煮込むほど大好きなので
中まで味が染みた玉こんにゃくも美味しく頂きました(*^_^*)

当館でも「日~木曜日」のご宿泊者様限定!
【観光付シャトルバス】を運行中です。

長く滞在するのは、この「みやぎの明治村」

今日のブログをご覧頂いて少しでも多くの方に
興味を持っていただければと思います!
載せきれていませんが、
「季節のお団子」や「味噌アイス」などもありますよ♪

ぜひ、向かった際には色んな場所にお立ち寄りくださいませ!

【5月1日に改元になります!】
色んな場所へ出かけてみませんかっ?
お得なプランで宿泊して観光へ出かけましょう!

それでは今日はこの辺でっ!
はっと本当に美味しかったです….
次回開催は10月!楽しみです(^O^)

コメントを残す on 「はっと屋台村」2019年開催ッ!

マリンパルだより  4月その3

いらっしゃうませ(^.^)マリンパル小野寺です!周辺はどんどんいろんな花が咲き始め、いい香に包まれて本当に気持ちがいいですね!桜前線もどんどん近づきいよいよ南三陸にも桜の便りが訪れました!

マリンパルの桜も、8分咲き位でしょうか!可愛らしい薄いピンクの花に癒されますね(#^.^#)桜と並んで、梅や桃の花も咲きました。

梅・桃・桜が一度に満喫できるのは、東北ならではでないでしょうか!今の時期でしたらお花見も満喫できますね!

ご覧のようにホテルの目の前の桜の木も日増しに満開にちかづいてきました。桜の木に下に立つと自然と笑顔になりますね!

ニッコリ笑顔で写真を撮らせて頂きました♪

ホテル周辺にも他にも、花が咲くのを今か今かと待っている植物があります。

水仙にチューリップも可愛い目をのぞかせています!開花が楽しみですね!

楽しみと言えば、町内では「東山公園」という町民に親しまれている公園があります。幸い津波の難を逃れた桜が咲き始めました。

提灯も設置され、夜桜も楽しめます。夜桜見物の際には冷えますので、暖かい服装でご覧くださいね♪

こちらは柴田町の船岡城址公園の夜桜のライトアップです。先日、我が家の主人が撮影した写真です♪光に照らされた桜、本当にきれいですね(*^_^*)この時期は、県内各地域で桜まつりが開催されます。是非お出かけになってみてはいかがでしょうか!

さて・・・。話題は変わりますが、我が家は、町が整備した防災集団移転地の高台に家を建てました。他にもたくさんの方々が家を新築し、どんどん新しい家がたちはじめました。町内各地区から住民が集まりました。新築して一年半ようやく新しい行政区を設立する動きが始まりました。新しい、行政区の名前は、「東が丘」地区となり住民の公募で決まりました。近所に住んでいるといっても、いまだに誰が住んでいるのか、名前さえも知らなかったりします。まだ、みなさん、慎重に様子を見ている感じです。行政区が出来た事により、住民同士が顔を合わせてコミュニティーが出来ていくのは、嬉しいことです!私にも、新しいお友達が出来るかな!と、今からとても楽しみです。

そして、まだ落成はしていませんがあたらしく地区センターも完成予定です。みんなの楽しみの場として集まれる場所が出来るのは本当にうれしいです。周辺を見ると、木でできた縁側みたいなものもありました♪

自分たちの住んでいるところが、どんどん元気になって行くのを感じみんなで楽しみを共有できたらいいなと感じました♪

コメントを残す on マリンパルだより  4月その3