牡蠣の養殖体験に行ってきました!

大家好,我是惠。
皆さん、こんにちは、恵です。

南三陸位於日本東北宮城県太平洋海岸側,
有著名的原始風景的山川河流,外海為世界三大漁場之一,由於三面環山,
每當下雨就會把許多豐富的土壤冲積到大海,
因此也就間接的滋潤了海洋中的各類生物,
同時也就造就這片海非常適合養殖牡蠣,扇貝,海鞘等等。

南三陸は、青森県八戸市から福島県いわき市を繋ぐ
東北パシフィックコーストのほぼ中央に位置し、
山と川、海が織り成す有名な原始的な風景があり、
外海は山に三方を周回する世界三大漁場の1つです。
雨が降るたびに、多くの豊かな土壌が海に蓄積されます。
したがって、間接的に海の生き物のすべての種類を潤し、
また、カキ、ホタテ、海鞘などを養殖するのに最適です。

受地理位置影響,也可以說這裏是以海爲田,
發展牡蠣與其他海產品養殖爲主的濱海小漁村,
大家一定也吃過牡蠣,但是你知道是怎如何養殖出來的嗎?

地理的な影響で、これは海を畑とし、
カキや他の魚介類の養殖を主とする漁村を発展させます。
皆さんカキを食べた事がある方は多いと思いますが、
どのように養殖するか知っていますか?

今天在這裏分享我的牡蠣見學的親身體驗吧。

今日はここで私の個人的な体験を共有いたします。

休息日的那天,天氣特別好,藍天白雲,晴空萬里,
我邀請了在仙臺工作的朋友一同前去參觀牡蠣養殖,
在船主的指導下,我們穿上防水服和救生衣,坐上了≪第十大定丸≫,
這是一艘日本的傳統漁船,
雖然沒有舒適的船艙,席地而坐也是可以的,
看到一望無際的大海,船啓動的那一瞬間,
心情也跟著海浪一起翻騰興奮起來,
大約20分鐘航程后,我們很快就抵達了船長的漁場。

休みの日は特に天気が良く、
青空と白い雲、晴れた空、仙台で働いている友人を招いてカキ養殖を見学し、
船主の指導の下、防水服とライフジャケットを着て、≪第十大定丸≫に乗って出発。
日本の伝統的な漁船で、快適な船室はなく、
席に座って、果てしない海を眺めます。
船が出発した瞬間、波に乗って気分も興奮し、
約20分の航海の後、すぐに船長の漁場に到着しました。

船主介紹說,在寬闊的海面上,
自家的漁場都有浮球綁著的標識,
通過浮球上的顔色或者名字來做辨識。

船主は広い海では、自分の漁場は、
浮遊球の色や名前によって識別される浮遊球の結び目を持っていたと言いました。

船主鎖定一顆大浮球,通過升降機,
牡蠣和各種生物露出了水面,
在船主和船主夫人的默契配合下,肥大的牡蠣上岸裝筐,
因爲海水的營養豐富,打撈上岸的牡蠣非常肥大,
我們已經按耐不住激動的小心情了,
開始了生吃,沒有醬油和芥末,伴著海水的味道,味道非常鮮美。

船主はカキ、様々な生き物を通して水面に露出し、
船主と船主夫人の阿吽の呼吸で、大きなカキが入ったバスケットを岸に積み込みしました。
海水の栄養価が豊富な事もあり、カキの身はとても大きく太っています。
私たちは興奮した気持ちに耐えきれず、
醤油とマスタードなしで生で食べ始めました。
海の味を伴い、非常においしい味でした。

除了傳統的生吃和烤牡蠣,大家也可以試做水餃,
它將會是味道一絕的海鮮水餃。

伝統的な生カキのローストに加えて、
ここでおすすめのは、海鮮水餃子です。
是非、作ってみてください。

有機會的話,請大家一定要來南三陸觀光和牡蠣養殖體驗,今天就到這裏,下周見哦。

機会があれば、ぜひ南三陸観光とカキ養殖体験にお越しくださいませ。

今天就到這,下周見哦。

それでは、また来週。

Book us at;

コメントを残す on 牡蠣の養殖体験に行ってきました!

神割崎キャンプ場では…ニッコウキスゲが咲き始めました。

大家好,我是惠。
皆さん、こんにちは、恵です。

今天向大家推薦:從本館出發約15分鐘步行路程的山丘,
觀海的生命之林和車程17分鐘的神割崎最新發現。
山裏,海邊黃花開和黃花相遇吧。

『今日はおすすめ散歩コース』
当館から徒歩15分程の所にある「海の見える命の森」と
車で17分程「神割崎キャンプ場」です。
南三陸の魅力をお伝え致します。
この時期は「神割崎キャンプ場」にて
ニッコウキスゲが咲き始めます。

中文:黃花,在日本本州等地,在高原上很常見,
在東北地區和北海道的海岸附近也可以看到。
花期為5月初至8月初。
這是一朵代表草原和濕地的花,
當成群出現時,它像地毯一樣美麗。
高度為50至80厘米。
花是喇叭狀的,大約10厘米。花瓣是六片。
花在早上開花,在晚上慢慢花謝。

まず、ニッコウキスゲは、
日本の本州などでは高原で普通に見られるが、
東北地方や北海道では海岸近くでも見られます。期間は5月上旬から8月上旬。
草原・湿原を代表する花で、群生すると山吹色の絨毯のようで美しいです。
高さは50cm〜80cm。花茎の先端に数個つぼみをつけます。
花はラッパ状で、大きさは10cmぐらい。花びらは6枚。
朝方に開花すると夕方にはしぼんでしまう一日花でございます。

黃花菜有較好的健腦,抗衰老功效,
是因其含有豐富的卵磷脂,這種物質是機體中許多細胞,
特別是大腦細胞的組成成分,
對增強和改善大腦功能有重要作用,
同時能清除動脈內的沉積物,
對注意力不集中、記憶力減退、
腦動脈阻塞等症状有特殊療效,故人們稱之為「健腦菜」。

ニッコウキスゲは、アンチエイジング効果を有し、
レシチンという成分が豊富にあり、
この物質は、体の多くの細胞、特に脳細胞の構成成分であります。
脳機能の強化と改善に重要な役割を果たし、
同時に動脈内の堆積物を除去し、
集中力の低下、記憶力の低下、
脳動脈閉塞および他の症状に特別な効果を有するため、「健脳菜」と呼ばれる事もあります。

另據研究表明,黃花菜能顯著降低血清膽固醇的含量,
有利於高血壓患者的康復,可作為高血壓患者的保健蔬菜。
黃花菜中還含有效成分能抑制癌細胞的生長,
豐富的粗纖維能促進大便的排泄,因此可作為防治腸道癌瘤的食品。

また研究によると、黄色の花菜は血中コレステロールのレベルを大幅に低下させ、
高血圧患者のリハビリテーションに有益であり、
高血圧患者の健康野菜として使用することができます。
ニッコウキスゲは、がん細胞の増殖を抑制する有効成分も含み、
豊富な粗繊維が便の排泄を促進するため、
腸癌の予防と治療のための食品として使用することもございます。

黃花作爲食材也是很成功的。
ニッコウキスゲは食材としても大活躍。

這是新鮮的黃花料理。
乾燥しないつぼみままの中華料理。

這是風乾后的黃花料理。
乾燥した花の中華料理。

下周見哦。
それでは、また来週。

Book us at;

” Kanyo channel “ is being delivered ….

コメントを残す on 神割崎キャンプ場では…ニッコウキスゲが咲き始めました。

マリンパルだより 3月その4

今年度最終号なのだ!!一年間ありがとうございました!の巻・・・長編だよ。。!

いらっしゃいませ(^^)最近ポップコーン作りにはまっているマリンパル保育士小野寺です!(なぜ今、ポップコーンなのかというと。。。謎は来週のブログで…)いよいよ・・・ついに・・・やっと!!プロ野球が開幕を迎えます!今日です!わたくし、張り切って本日は楽天カラーのパーカーを着用し、気持ちはホームの球場で応援している気分でおります!が!お仕事もちゃんとしますよ♪あったりまえ~~(^^)コロナ禍での開幕となり、より徹底した感染対策で、迎える方も出向く方もしっかり予防して楽しんで行きましょう。私は当分の間はテレビの前で一生懸命応援したいと思います!早く安心して観戦に行けますように。。。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

え~~さて、ここでマリンパル天気予報をお伝えします(え(゜o゜)急に?)

今年度のマリンパルの笑顔確率はほぼ100%

毎日心も晴れやかに笑顔が続きます。ただ、ところにより雨。。。降水確率5パーセントくらいです。

どんぐりさんがかわいそうなとき。。。

やってしまったとき。。。(笑)

やったのを見つかった時・・・(笑)でも、そんな涙の雨もすぐに乾いて、ピカピカの笑顔になるのです!

と、油断したとき

 

時々。。。

。。。

。。。

じろり(=_=)

ひ~~っ!じろり注意報発令中~!

Rちゃんは写真に撮れませんでしたが、「はーい笑ってぇ~♪」と、写真を撮ろうとすると、3人揃ってじろり作戦決行~!おだってるんです(笑)完全に私たちをおちょくりまくり!楽しすぎますヽ(^。^)ノ

そんなじろり注意報が引っ込んで、一瞬でニコニコ笑顔になってしまう楽しいことがありました!

3月19日(金) 南三陸ベイサイドアリーナにて、南三陸町復興応援大使の妃乃あんじさん代表を務める:一般社団法人ハーグさま主催の

~なりきりステージ ももたろう~のミュージカルに参加させて頂いて参りました!会場に到着すると、桃マークの鉢巻を配布して頂き、早速着用!

3人ともとってもお似合いですね!(しっかりマスクも着用しています)会場は、セットもメルヘンチックでとてもかわいらしいです。マリンパル以外にも、町内から参加している保育施設もあり、他のお友達の様子もうかがうことが出来ました。人見知りすることもなく、会場の雰囲気を心から楽しんでいました!いよいよステージスタート!

みるみる引き込まれていく子ども達!

たくさん踊っていい笑顔を見ることが出来ました!お土産の風船や、株式会社サンリオ様からのプレゼントも大切に持ち帰りました!

貴重な体験をありがとうございました!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今週だけでもいろいろな楽しいことがありすぎて、一日では書ききれませんが(笑)あれもこれも伝えたい!写真を見せたい!長編になってしまう!!・・・ここは、ぐっと我慢して切り替えます!そのかわりに。。。子ども達の成長ぶりを見ながら一年を振り返ってみましょうね!

新年度スタート!環境が変わってちょっぴりドキドキ♡

赤ちゃんたちの歩行器にあこがれ、囚われの身になった日♪

初めてのスイカパンとの出会い!

お外が大好きで楽しさを知った日々!

お散歩も大好き!シロツメクサに囲まれていい気持ち♪お花が良く似合うねヽ(^。^)ノ

気持ちよくてウトウト。。。安心して眠れるようになり、どんどんマリンになれてきたよ♡

時には先生のお仕事をお手伝い!先生~パソコン頑張って!イスからおケツがはみ出てるよ(笑)

初めてのぽっきんアイス♪アイスを知ってしまった日。。。マリンでは「ポッキンタイム」と呼んでいます。

すいませ~ん!シールはどこに貼るんでしたっけ?

初めてのつかまり立ち!

初めてつかまり立ちの土台になった日(笑)耐えて見せるわ!Tちゃん私に摑まって!支えるよ!

畑のズッキーニが大きく育って収穫した日

ズッキーニのスープが美味しかった!

本日混浴。。。汗かいてお風呂に入った日(コロナ対策の為、一緒に入ったのはこの日が最初で最後…)

一人で立っちした記念日

ゆり先生のメイクが似合いすぎた日!by七夕会

お手伝い大好記念日

やってはいけない事をやってしまうと、楽しくて止まらなくなることを知ってしまった日。。。先生はすぐに声を掛けず、しばらく行動を観察(笑)犯行現場をしっかり押さえます!

  

この冬はいっぱい雪で遊んで楽しかった日々!防寒着が大活躍(^^)

マスクを着用できるようになった日。こんな小さな子ども達でも、少しずつ習慣づけることの大切さを私たちも教わりました。~マスクをしないで、どこでも思い切り笑っておしゃべりできるような日が早く来るといいな。。。~

メイクが楽しい事に気付き始める。。。!そして、自ら顔を差し出すように!!

子ども達の成長を実感した3月!

まだまだたくさんあるけれど、みんな本当に大きくなりました!子ども達の笑顔を通して、安心して、信頼して園で過ごしていてくれているんだなと言う姿が実感できる一年でした!子ども達だけでなく、お家の保護者・ご兄弟の皆さんも笑顔にしたいと、考えて日々保育しておりました!

今年度無事に終了できるのも、保育に対しての保護者の方々のご理解と・ご協力。ホテルスタッフの方々、マリンパルを応援して下さる方々の子供たちの成長に対する見守りのおかげと、心より感謝しております。本当にありがとうございました!

来年度も安心安全、子ども達一人一人の成長・個性を大切にする保育を行っていきます。4月からは新しいお子さん、職員も加わり、より賑やかなマリンパルになりそうです!どうぞお楽しみに!

短くまとめようと思ったのですが、長編になってしまいました!最後までお読みくださりありがとうございました!

マリンパルだより 3月その4 への1件のコメント

次の世代へ皆で語り継ぐ。

昨日の地震では皆様の地域は大丈夫でしたでしょうか。
館内の様子が落ち着いたころ、SNSでも状況を発信させていただきました。
その際、温かいメッセージをたくさんいただき、感謝申し上げます!
当館は固い岩盤の上に建っておりますが、気は緩めず
ご利用の皆様に安心してお過ごしいただけますよう
スタッフ一同 努めて参ります。

皆さん、こんにちは!カナです(・∞・*)
21日、今日は朝から雨風が強い南三陸です。

本日は
「震災を風化させないための語り部バス」付ファミリープランをご紹介します📝

東日本大震災から10年。
復興へと歩みを進める場所をお子様と一緒に見に行きませんか。

テレビの映像だけでは分からない、
その場所に立ってみて初めて分かる事もあります。

こちらのプランでご予約頂きますと、
・「語り部バス」付
・チェックアウト11時
・小学生までのお子様の料金が「10%OFF」
がプラン内容に入っています。

語り部バスは朝8時45分から約60分。
ホテルに帰ってきてから少しゆったりする時間もございます。
売店でお土産を買ったり、
お子さんと乗ってきた感想を聞く時間でもよいかもしれません。

これから先も自然災害が起きる場所に私たちは住んでいます。

避難カバンだって必要なものは家庭ごとに変わってくるはずです。

「教訓」「伝承」と言ってもお子様には少し難しいかもしれません。
しかし、この場所で何があったのか。
そして、もし自分に起きてしまったらどうすればいいのか。
学校だけじゃなく、帰り道。公園、友達のお家で、遊びに行った場所で、
近くに避難所などがある場合はご自宅に帰った際にもう一度
歩きながら確認してみるのもいいかもしれません!

震災学習を家族で。次世代へ伝承していくことが必要です。

昨晩から何度も余震があり、不安な日々が続くことが懸念されます。
家具などは固定できる器具も販売されてますので、
家の中で危ないものはないか確認してみると少し、安心できるかと思います。

コメントを残す on 次の世代へ皆で語り継ぐ。

10年目のここから。

皆さん、こんにちは!カナです。

3月11日で東日本大震災から10年を迎えました。
あの日、雪が降りとても寒かった日。全てのライフラインが止まりました。
テレビで報道されている映像を見たのは電気が来た日の事。
外で作業をしている時に近所の人が「電気きたよ!つながった!!」と
走ってきてくれたのを覚えています。

そして当館のTwitterが開設されたのは10年前。
こちらのツイートは震災の翌日に発信されています。

※「@kanyo11 2011」と検索欄で調べると出てきます。

10年前のあの日。
避難所になった場所の入口窓、中の壁には
「家族無事」
「○○避難所にいます」
「家族を探しています」
「○○地域の情報求む」等が紙に書かれ貼り付けられました。
地域住民の方々の名前を書きだした一覧もあり、
情報が少ない中でまとめて少しでも多く収集する必要がありました。
電波塔も被災しているため、繋がる場所を見つければそこに皆で行きました。
携帯を貸し借りして電話をかけました。メールをしました。

10年を迎えた「被災地」と呼ばれる場所。
たくさんの気持ちを、支援を頂き今があります。
10年を迎える間にも自然災害は起き続けています。
「予測」も大切ですが何より「今起きたらどうするか」が重要です。
これを読んで頂いているときにおこるかもしれない災害。
今一度、災害について考えて頂ける時になりますように。
不安なニュースが流れる中ではありますが、機会がありましたら
ぜひ、東北にお越しくださいませ。
あなたが好きになれる場所がきっとたくさんあるはずです。

——————————————————–

それではこの前のブログの続きとなります。
2月28日のフォーラムを終え、2日目となる3月1日。
エクスカーションが行われました。

「エクスカーション」って?
…エクスカーションとは、従来の見学会等とは異なり
向かった先、訪れた先で案内人(今回は「語り部」)に耳を傾けながら
参加者も意見を交わし合う「体験型の見学会」と言えます。

私は「南三陸コース」に参加+写真撮影をさせて頂きました。
当日の朝はフォーラム会場だった気仙沼を出発。

南三陸のコースはこんなかたちで進みました⇩
➀南三陸ベイサイドアリーナ(語り部スタート)
案内をして頂いたのは「復興みなさん会代表 後藤一磨さん」

➁袖浜・志津川漁港 (※車内で窓越しに撮影をしたため青みがかかっています)

➂高野会館
※「震災伝承施設」としても認定を頂いております。
その時のブログはこちら→「震災伝承施設に…「高野会館」と「命のらせん階段」が登録されました。」

当時この場所では町内の高齢者の方々の芸能発表会が行われていました。

地震が起きたのは閉会式直後のことでした。エレベーターは止まったために非常階段で自宅へ逃げようとする皆さんを現場に居たスタッフの判断で高野会館内に居るよう、
声をかけ上へと避難を呼びかけました。

簡単に剥がれることなんてない壁も
津波の脅威はものともせず剥がしもっていきました。(写真奥)

館内には壊れたシャンデリアのガラスが散らばり、

あの時の凄まじさ、そして10年の年月を物語っています。

参加した皆さんも様々な意見を交わしながら
メモや写真を撮影頂きながら語り部は進みます。

今は少し見ることがなくなったカセットテープ。
あの日、あの日まで、この場所でたくさんの人々の笑顔に音をつけてきました。

そして、高野会館の一番上へ。

階段を登って、広さはこんな感じです。

津波が到達しているのは屋上より下のライン。
しかし、高野会館にぶつかった波の衝撃で本来避難していた屋上は水浸しになりました。
そのため、高齢者の方々を上記の写真部分へ避難させるというかたちになったのですが、階段入口部分の鍵がなかったため、避難させる際には担ぎ柵を越えさせて上に向かわせました。

高野会館の隣にはスーパーや食事処があった「サンポート」と言う店があり、
高野会館前には病院がありました。
私も小さい時からこちらのお店には来ていて、とても馴染み深い場所です。
屋上の遊具が置いてある場所で遊んだ記憶があります。

次に後藤さんが見せてくれた写真は震災前の南三陸町の様子。

3.11のあの日。南三陸町を襲った大津波。同じ場所から撮影をしています。

こちらは町内の奥側から撮影をしていますので、当館がある場所は映っていませんが写真奥(左側)になります。
写真道路左手前がサンポートとその後ろに高野会館があります。

避難所から地元に帰ってきて車が調達できた頃、南三陸に向かいました。
かつて遊びにきたサンポートには海のブイや瓦礫が絡まり、
かつて店があった場所にも瓦礫が山積みになっていました。
知らない場所になっていたことに衝撃を受けたのを10年経った今でも鮮明に覚えています。
花火大会が開催されたとき、「早く!」と急かした道路も、
出店が立ち並んだ港も好きだった店もなくなっていたんです。
でもその記憶を知るのは「そこに居た人」だけです。

語れるのは、この場所を知る人が第一に。そしてそれを聞いた方が第二に。
それを繰り返していかなければ、
「ここにはなにもなかったんですか」の言葉でその場所はなかった事にされてしまいます。
思い出もその時何があったのかも。

➃戸倉地区 (戸倉小学校・戸倉中学校)

【戸倉小学校】※学校自体は高台に移り授業を行っています。

新しい体育館ができたばかりの小学校がありました。
3月11日の2日前。地震が起き津波注意報が出た時。
先生方は再度避難する場所の確認を行いました。
地元出身の先生が言葉にした意見をもとに、東日本大震災当日、
生徒・先生、避難してきた地元の人達は
「五十鈴神社」と言う丘の上にある神社に避難し助かりました。
赤い鳥居が入口に建つ御社です。津波はこの赤い鳥居の前で止まったといいます。
夜はとても寒く、焚火をして過ごしました。
一晩中卒業式に歌う予定だった川嶋あい様の「旅立ちの日に」を歌い、
励まし支え合って一夜を過ごしたそうです。

のちに、この時卒業生だった生徒さん達が卒業式を行った際、
川島あい様がお越しになり、一緒に合唱を行いました。

【戸倉中学校】※現在は公民館となっています。

後藤さんが示しているのは津波到達の高さ。中学校の1階部分まで及びました。

電気で動いていた時計は「あの時」のまま。

校舎と反対側にあった山。そこに避難した方もいます。
しかし、海側の津波を様子を見ていた方は「山から津波がきた」と言います。
川をさかのぼった波や、地形でぶつかった波が海の方向とは別のほうから襲って来たそうです。

この場所も最初の避難場所は体育館でした。
しかし、1人の先生の機転により「体育館」→「校舎」への避難が決定しました。それにより助かった命があります。
体験した記憶を後世の人達へ。
伝え続けていくことの大切さを感じたエクスカーションでした、

この場所で1日のエクスカーションは幕を閉じました。

動画がYouTubeに載っています。
歩きながらの撮影でございますのでご了承くださいませ↓

1. 

2. 

3. 

4. 

5. 

6. 

震災後、沿岸部では防潮堤が次々と建設されました。
海が見えなくなった場所もあります。
自然災害を予測することはできても実際の現場の状況を随時、
事細かに分かるのは現地に居る人です。
今いる場所から避難場所まではどれくらいなのか、
もし災害が起きたら車は走れるのか、人は逃げることができるのか。

前回のフォーラムにもありましたが、
「他人事」ではなく「自分事」として考えてください。
ぜひ、この一年が震災を再度、もう一度考える一年になりますように。

コメントを残す on 10年目のここから。