日の出フォトグラファー

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

一雨ごとに寒くなり

各地から霜や氷、雪の便りが届く頃

いかがお過ごしでしょう?

正面玄関前のお出迎えも、日暮れ時には

いよいよ 寒さが増してきています。

 

さて、南三陸ホテル観洋から眺める志津川湾の日の出の景色がきれいなことは、

お泊りになって、ご覧になられた方なら みなさんご存知ですね。

南三陸ホテル観洋には、

そんな 志津川湾の日の出専門に撮り続けている

フォトグラファーが居ます。

Bluebirderも、朝 寮の窓の外が白み始め、

空がうっすらと朝日色に染まるのがわかると、

「ああ、きれいな日の出が見られそうだなぁ・・・

撮影したらきっといいシーンが撮れるなぁ・・・」と思う・・・。

思いはするものの、

撮るには寮の奥にあるベランダに出なければならない・・・。

なので、つい 寒いからと布団から出ない・・・。

出ないで、二度寝してしまうのです(失笑)。

そんなぐうたらなBluebirderとは 違い、

晴天の朝、シャキッとカメラを向けているのが

当館のナイトフロントスタッフなのです。

その内の一人が Hさん

この6日と9日にも 撮ってくれました。

今回冒頭からご紹介している写真が 彼の「作品」です。

赤い というより、金色(こんじき)の 日の出です。

Hさん、ナイスショット♪!!!  おつとめ ご苦労さまです!

 

それにしても、わずか3日の差で

こんなにも日の出の位置が変わるんですね。

↑ こちらが 6日、

↑ こちらが 9日です。

 

こうした情景を、お泊りのみなさまは

露天風呂やお部屋から眺めていらっしゃるのです。

ブログをご覧のみなさんも、

是非、観洋の天然温泉から

志津川湾の日の出と絶景を楽しみにいらっしゃいませ!

 

まずは入浴だけでも、という方には

日帰り入浴をフロントカウンターで承っています。

毎日 AM11:00~PM3:00 最終受付PM2:00にて。

 

また お食事付きで入浴を楽しめる

お手軽な日帰りプランは 4400円からご用意できます。

観洋のタオルを お付けして。

岩風呂の温泉に浸かって 志津川湾の絶景をどうぞ!

コメントを残す on 日の出フォトグラファー

お風呂満喫の水曜日

一週間ぶりのご無沙汰です。

Bluebirder*Sです。

伊豆沼辺りには  もう白鳥が飛来する季節になりましたね。 早いものです。

さてさて、こんな大海原を眺めながら露天風呂を楽しめるなんて、いいと思いませんか?

いいですよねぇ。

そんな大浴場が、南三陸ホテル観洋にはございます。

 

「そんなこと、もう知ってるよ!」 という方々が 大半でしょう。

そうした皆さまにも 是非お知らせしたいのが、

毎週水曜日にお泊りのお客さまには、

翌朝、男女入れ替えて お入り頂いていますよ!  ということなのです。

 

未だ知らない方も多いのかも知れませんね。

先月、9月に始まったばかりなのですから 無理もありません。

これまで、観洋では 男湯と女湯の入れ替えは、年に一度

開湯記念日前の4月下旬に 2日ほど、朝方にあっただけ。

 

それが、先月から、「週一回」 男湯と女湯が入れ替わるようになったのです。

男湯と女湯の大きな違いは露天風呂で、その広さが歴然と違います。

そして、岩風呂の「アレンジ」と「レイアウト」。

今まで男湯の露天風呂しか知らないお客さまにとって、

これは もう、サプライズに値します。

 

広い海原を目の前に ゆったり気分で入れるのは、

やはり 広~いお風呂がいいですよね。

湯面だけでも、女湯の露天風呂は男湯の3~4倍の広さがあって、

男湯には無い、こんな「洞窟風」のお風呂も。

 

広々とした湯面は そのまま志津川湾の海原に続くような印象で、

太平洋との一体感も加わって 気分は最高~!

かねてから、ご夫婦やご家族連れでお泊りのご婦人方から、

露天風呂には「天女の湯」ほか 色々な岩風呂があって

広々としていて気持ちよかったという話は 殿方にも伝わっていて、

当の「殿方勢」から 男湯と女湯の入れ替えを望む声もありました。

 

観洋の掛け替えのない宝のひとつが この志津川湾の絶景で、

海の景色を堪能して頂けてこそ お泊り頂いた価値あり! なのですから

入れ替えのご要望にお応えしない手はありません。

地下3000mから湧きあがる深層天然温泉の露天風呂は、

まさに「海とお風呂が一つにつながるインフィニティ温泉」。

毎週水曜日にお泊りのお客さまを対象に、翌朝4時から10時まで、

男女大浴場を入れ替えてご利用いただけます。

見渡す方角は「真東」。 陽が昇る朝の光景が また 格別に美しいのです♪

みなさんも今度、是非水曜日にお泊り頂いて、

男湯と女湯に 入り分けて楽しんでみて下さい。

きっとまたひとつ、観洋通になっていただけること請け合いです。

スタッフ一同、みなさまのお越しを お待ちしております。

コメントを残す on お風呂満喫の水曜日