志津川湾のコクガン過去最多

一週間ぶりのご無沙汰です Bluebirder*Sです


南三陸ネイチャーセンター友の会では
12月27日 志津川湾に飛来しているコクガンの飛来数を調査

今季は なんと!475羽を確認
昨季よりも70羽ほど多く
町内全域の調査を始めた2016年以降最も多い数
なったそうです


最も多かったのは 戸倉波伝谷沖の166羽だったそうな

情報は 29日の三陸新報掲載の記事から頂きました

志津川湾は
餌になるアマモをはじめ海藻が豊富なことから
毎年 はるばる北極圏からコクガンが飛来し
越冬しています

彼らは 言わずと知れた
国の天然記念物にして絶滅危惧種

志津川湾は
特に“コクガン”の生息地として
国際的に重要な湿地として認められ
ラムサール条約登録湿地になりました
登録は平成30年10月のことですから
早いもので それから もう4年目になります

ネイチャーセンターの鈴木会長
「良質な海洋環境のおかげで年々増えている
ラムサールの名前に恥じない自然環境を維持
保全していくことが今後も欠かせない」
コメントしていらっしゃいます

維持保全の大切さは その通りだと思います

ところで
この8日 いつもの漁港へ出かけたところ 驚いたことに
近くでカメラを向けるBluebirderの姿など お構いなしに
船揚げ場に ぞくぞくと集まって来るではありませんか!

どうやら 岸壁に付いた”アオサ”を食べていたようなのですが

それにしても ついこの前まで 近付けば
岸壁からスーッと離れて行ってしまっていましたから
この日の行動は 一体どうしたことか・・・と
訝(いぶか)しんでしまいました

朝方の観察では 135羽のコクガンを確認していた
南三陸海のビジターセンターで そんな出来事を話すと
スタッフの方々から
「カメラを持つ人たちにも 慣れてきた頃なのでは?」

ならば お客様をご案内するチャンス♪とばかりに
翌9日には 語り部バスのガイドの際
仙台から来られた親子連れ4名様をご案内

双眼鏡を手に観察して頂き
とても 喜んでもらえました♪

これから ますます観察し易くなってくる期待度は大!!!
興味をお持ちの方は どうぞ楽しみにお越しください

コメントを残す on 志津川湾のコクガン過去最多

コクガン飛来!?

コクガンが飛来!

と言っても 南三陸町の志津川湾に ではありません
気仙沼市でのこと

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

お隣 気仙沼市の沿岸で
この18日に13羽の群れが確認されたという一報が
地元 三陸新報の20日の記事に載りました


こちらは 2年前の町内戸倉辺り↑

北極圏で繁殖し 主に東北から北の沿岸部に飛来し越冬しますが
“国の天然記念物”にして”絶滅危惧種”
全国的にも なかなかお目にかかれる野鳥ではありませんし
近い距離で観られる所もなかなかありません


こちらも 2年前の戸倉地区の様子

そんな貴重な鳥が
志津川湾では 毎年300羽から400羽が越冬
それも
“マジか?” と思えるくらい ”間近” で観られる場所があるのですから
南三陸町は ミラクルです

こちらは 2年前の12月の様子

志津川湾は 3年前にラムサール条約に登録されましたが
“特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約”で
その水鳥が 志津川湾では ”コクガン” というわけです

24日現在 南三陸海のビジターセンターでは
まだ飛来の確認はありませんが
彼らが 再びこの志津川湾に姿を現すのも
もう間もなくのようで 楽しみです

~~~~~~~   ~~~~~~~

さてさて 来月19日 観洋では恒例の”スターパーティー”が開かれます

今回は ”部分月食”
時間帯は 16:30~18:30

ただ 雨天・曇天の場合は中止にさせて頂きますので
ご容赦下さいませ
寒さも募る頃ですから 防寒着もお忘れなく

コメントを残す on コクガン飛来!?

「暖かい」は 温かくない

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

浸水土砂災害などで多くの犠牲者を出し、

深い爪痕を残した台風19号。

復旧もまだこれからという地域が多い中、

政府は激甚災害に指定、台風としては初めて特定非常災害に認定されました。

災害救助法が適用された自治体は

18日現在で、13都県の317市区町村。

「東日本大震災を超えて過去最大の適用」で、

今後も適用される自治体は増える見込み、とのこと。

 

「傷」が癒えぬ間に、勢力の強い低気圧による大雨。

下は19日の観洋正面玄関前の激しくしたたり落ちる雨だれ、

屋上から望む志津川湾では 強い雨でかすむ島々。

続いて20号、21号も 接近してきています。

 

それにしてもこうして私たちに猛威を振るう「異常的な気象」、

地球は一体どうなっているのでしょう?

 

台風19号の場合、

日本の南の海域の水温が27度以上で 平年より1~2度高く、

エネルギー源となる水蒸気を多く取り込んで大型に、

勢力も強くなったため、

大雨に加えて暴風、高潮などを伴う被害が広い範囲に及びました。

海水温の上昇は、温暖化の影響もあるでしょう。

 

18世紀半ばの産業革命以前に比べ

1度以上高くなっているという地球の気温は、

この100年で 0.74℃上がっています。

 

日本に至っては、100年で1.1度の割合で気温は上昇

これにともなって、熱帯夜(最低気温25℃以上の夜)や

猛暑日(最高気温35℃以上の日)は増え

冬日(最低気温0℃未満の日)は少なくなっています。

 

気象庁は「1日に降る雨の量が100ミリ以上というような大雨の日数は

長期的に増える傾向で、地球温暖化が影響している可能性がある」

公表しています。

 

地球規模でも、北極圏の氷が融解。

ホッキョクグマなどの野生生物が生存の危機に瀕し、

温度上昇による海水の膨張で、世界の海面も上昇。

南太平洋のエリス諸島に位置する島国ツバルは

水没の危機に瀕しています。

温暖化の原因は、温室効果ガスの増加。

二酸化炭素(CO2)がその代表格で、

「私たちの普段の生活」から常に排出されています。

豊かな地球環境の証である生物の多様性が脅かされ、

私たちも、異常気象の脅威に晒されてしまっていること、

さらに、その原因である温暖化などを引き起こしているのは

紛れもない私たちなのだということを忘れてはなりません。

 

「暖かい」地球は、野生生物にも私たちにも 心「温かく」はない。

早期に人類の英知を結集して温暖化を改善し

心「温かい」惑星に出来なければ、異常気象の脅威は拡大するばかりです。

 

まずは、台風20号と21号には 要警戒です。

コメントを残す on 「暖かい」は 温かくない