カモメウォッチング

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。]

 

観洋の西洋石楠花は もう盛りを過ぎました。

コロナも第一波がピークを過ぎて下火になり

緊急事態宣言解除から一週間。

みなさん、いかが お過ごしでしょうか?

 

南三陸ホテル観洋では、日帰り入浴や食事で訪れるお客様が

少しずつ増えてきました。もちろん ご宿泊のお客様も。

お陰様で、30日土曜日にお泊り頂いたお客様の数も

最近の週末にしては多かったのは とても嬉しい出来事です。

 

観洋はロビーとフロントが5階にあるのですが、

同じ階の喫茶ラウンジ脇には、自由にお使い頂ける双眼鏡が置いてあって、

今はちょうど カモメウォチングのミニブーム♪

ラウンジ眼下の岩場では、目下 カモメが営巣中で

卵を 温めていて、親子連れはじめ お客様の注目を浴びています。

小さな女の子も 嬉々として 双眼鏡でのぞき込んでいました。

こうした、子どもたちの姿と歓声が館内に戻ってきたのも また嬉しい。

さてさて、目下 営巣抱卵している 注目の的の主

オオセグロカモメの「夫婦」ですが、

相変わらず 仲睦まじく、交代で 卵を温めています。

去年のツガイと違うのは、

二羽の体の大きさの違いが歴然としていること。

その違い、写真でも よくわかりますよね。

 

それと、体の大きなお父さんが身体の小さなお母さんを

とにかく 大切にいたわる仕草を見せること。

観てて、とても 心がなごみます。

二羽の深い愛情、愛の結晶は、早ければ今月10日ごろ、

遅くても中旬には 誕生しそうです。

ところで、オオセグロカモメの営巣を目の前で見られる場所なんて

滅多に 無いと聞きました。

みなさんも 是非 観洋へお越しになって

カモメの仲良しカップルの様子を観てみてください。

ただ、くれぐれもコロナ対策は万全にしながら、です。

お待ちしてます♪

コメントを残す on カモメウォッチング

帰ってきました 一年ぶりに

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

そう、帰ってきたのです。

あの幸せの青い鳥が!

4月22日 朝5時半ごろ、寮から外へ出たところ・・・

聞き覚えのある 明るく 美しいさえずり。

 

さえずりの聞こえる方に眼をこらし 声の主を探してみると・・・

いました!  オオルリです♪

深~い青色の羽。 相変わらず 眼に鮮やかです。

 

先週、志津川湾で越冬したコクガンたちが北へ去った次の週に、

ちょうど入れ替わるようにして入ってきたオオルリは、いわゆる夏鳥。

繁殖のため 南三陸町に帰ってきたのでしょう。

生憎、早朝で光が足りなかったせいか

オートフォーカスが樹の枝に取られ

残念ながら 写真はピンボケ。 (笑) 腕が未熟なだけなのですが・・・。

今回は、確かに居た「証拠写真」ということで ご了承ください。

 

晴れた朝は、野鳥たちの動きもいよいよ活発です。

“コンコン コンコンコン”

んっ? 今度は 樹をつつく ドラミングの音。

しばらく 佇んでいると・・・

アカゲラが飛び出してきました。

いつもせわしなく動き回っている一羽ですが、

朝のうららかな光に 気分も良さそうにしている様子でした。

 

まだ花咲き残る桜の木や雑木林からは 元気に鳴き交わす声。

姿を確かめると メジロでした。

昇って間もない東からの陽を 背に受けて・・・

桜にキッス! とばかりに せっせと花の蜜を食べていました。

ただ、気の毒なことに

縄張りを主張するヒヨドリに追い払われながら。

隙を突いての「朝食」は、どうも落ち着かない様子でした。

けだし、この姿はかわいい♪

 

季節は春。

いよいよ野鳥たちの動きも活発になってきます。

コメントを残す on 帰ってきました 一年ぶりに

春の花言葉!

皆さん、こんにちは!カナです(・∞・*)

雨の日もありますが、晴れている日はすっかりぽかぽか春陽気!
初詣でひいたおみくじに書いてあった「失物は上にある」を信じ、
換気をしつつ部屋の掃除をしました!
結局失くしたものはなかったんですが綺麗になったのでヨシとします!

さて今日は南三陸の「春」をお届け!

SNSでもアップさせて頂き、たくさんの「RT」や「いいね」
ありがとうございましたッ!
枚数制限の関係で掲載できなかった写真をこちらで紹介しますね!

今回、紹介するのは南三陸町内にある「東山公園」

当館からはお車で約10~15分くらいです。
高台にあるため、南三陸町内を見渡せる眺望と

遊具もあり、小さいお子様も楽しめます!

「西宮神社」もあり、鳥居もあってポートレートにも最適….?
開けた場所なのでブルーシートをひいてピクニックや、
来年はここでお花見をするのもいいかも…( *´艸`)♡

桜も咲き誇ってましたよ~!綺麗!

風が強かったので桜吹雪まではいきませんが舞っていたので綺麗でした!

鳥居と一緒に撮影してみました。鳥居のこの感じがなんとも好きなんです。

そういえば「桜」の花言葉。皆さん、ご存知ですか?
日本に住んでいれば必ず目にする日本の花と言っても過言ではない「桜」
桜の種類によって少し変わってくるみたいですが、
よく見られる桜は「精神の美」「優雅な女性」の花言葉があります。

春に咲いていた他の花と言えばたくさんありますが、
集合して咲いている、青くて小さな花。私も名前が分からなくて
「春 青い 小さい花」で検索したら出てきました!(Google先生さすがです..)
「ネモフィラ」って言う名前みたいです。

春になるとぶわっと増えるこちらの花言葉は…
「忠実」「信頼」「清らか」
別名「星の瞳」なんて呼ばれているそうなんです!
この花、押し花にしたり水に浮かべたりするとすごく綺麗なんですよ!
私は山間部に家があるので季節ごとに木も花も変わります。
綺麗に撮影できたものがあれば掲載しますね!

さて。南三陸町、他の桜開花状況は..
まずは町内中央に位置する「上ノ山八幡宮」様へ。

道路側から見ると見事な桜でとても綺麗で、
参拝もかねて中へ入ると、桜の木の背がとても高い事に気づきました!
だから遠くからでも綺麗に見えたんですね..!

本堂まで行くと…

白い花をつけた大きな木が…「コブシ」だと思っていたら、
一回り大きいとされる「ハクモクレン」と言う花でした!
紫色に近い「モクレン」と同じ扱いのようにされてしまいがちですが
別の種類だそうです。

こちらも花言葉を調べてみました!
「自然への愛」「自然な愛情」「荘厳」「気高さ」「高潔」…
そして、「ハクモクレン」は「白木蓮」と書くのですが、
紫色の花をつける「モクレン(木蓮)」は「ハス(蓮)」の花に似ていることから
「天国に導く花」とも呼ばれたりするそうなんです。
そのため中国では「寺院」や「宮殿」に植樹するそうですよ!
上ノ山八幡宮様までは車で約10分程です!
志津川ICへ抜けるほうに進んで頂ければ迎えます。

次に見事な花を咲かせていたのは「志津川高校」様。
夕方頃に撮影を行ったため、近くからだと逆光になってしまいました。
なので…新しく再スタートをした対岸にある松原公園から撮影!

学校名が記載された看板を包み込むように見事に咲いていました!
登下校をする道にも桜が咲いていて綺麗なんです。

桜が終われば次は「田束山」の真っ赤なツツジも咲き始めます。
撮影をして、また皆様にお届けしますね!

不安なニュースが流れる今でも、過去に撮影した写真。SNSで見る春の写真。
花に限らず景色の写真などを見るだけでも心が少し和らぐと思います。
そして、次に行ってみたい場所への検討材料にもなるかも…!

ぜひ調べてみてくださいね!それでは今日はこの辺で!また来週~!

コメントを残す on 春の花言葉!

シジュウカラガン

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

南三陸町志津川湾のコクガン。

まだ居ます。居ました!

いつもの港に。

昨日29日夕刻、

生態調査用の標識と発信機を付けた個体も含めて5羽確認しました。

発信機の主は、船揚げ場のスロープでアオノリか何かを食べていましたし

他の4羽は、マンツーマンでオオバンをしっかりマークしながら

アマモをゲットして(奪って)いました。

夕暮れ時の港、

ほとんどシルエットでしか確認出来ませんでしたけれどもね。

 

それにしても、もう4月になるというのに、

渡りの方は大丈夫なのか、少々心配です。

 

さてさて、先日 志津川港へコクガンを確認に行った際、

近くの公園で幸運にも出会えたシジュウカラガンですが、

コクガンと同じ、カモ目カモ科コクガン属に分類されます。

まさに「コクガン」属。 なので コクガンに近い仲間です。

 

両頬が白く首の付け根に白い輪があるのが特徴です。

首に白い輪があるのは、その位置が違いこそすれ

コクガンと似通ったところ。

ただこの個体の白い輪は ややぼんやりしていますね。

 

白い両頬がちょうど「シジュウカラ」のようなので

シジュウカラガンと呼ばれています。

海洋の急峻な大小の島々で繁殖する、ということですから

海辺に姿を見せるのも 特に不思議なことではなかったようです。

ただ、南三陸町では

これまでまず見かけたことがありませんでしたから、この時は驚きました。

実はシジュウカラガン、1938年〜62年まで観察記録が途絶え

絶滅したと考えられていました。

その後、1963年に再発見され、保護活動へ。

国際的な保護活動が進められる中、

1983年に仙台市の八木山動物公園が米国から9羽を譲り受けて繁殖事業を始め、

2010年までに551羽を自然界に戻したこともあって、

2014年12月下旬からは 日本への飛来数が1000羽を超えています。

北への渡りの途中、志津川湾に「寄り道」したのは

やはり、豊かさ溢れる南三陸町の自然に惹きつけられて・・・、

のことだったのでしょうか。

コメントを残す on シジュウカラガン

松島・円通院の紅葉を見に行ってきました♪

大家好!我是惠。
皆さん、こんにちは、恵です。

距離本舘約一個小時車程的日本三景之一松島,
每年的秋天由瑞巌寺、円通院、観瀾亭共同舉辦的紅葉燈光秀(10月26日ー11月17日),
像畫一般的紅葉吸引了來自各地的觀光客。

当館から車で約1時間の日本三景の一つ「松島」は、
毎年秋に瑞巌寺、円通院、観瀾亭共同開催紅葉ライトアップ(10月26日ー11月17日)が行われました。
まるで絵画のような紅葉が各地から観光客を集めています。

以円通院庭院的紅葉燈光為中心,
點亮了瑞嚴寺洞窯群,
比翼塚、三聖堂、天麟院、観瀾亭的大櫸樹等燈光。

円通院庭園の紅葉ライトアップを中心に
瑞巌寺洞窟群、比翼塚、三聖堂、天麟院、観瀾亭の大ケヤキなどもライトアップされました。

微微秋風,在這幽靜的林子裏,
頭頂着泛紅的各種楓葉,觀光客徐徐前進,拍照留念。

かすかに秋風が吹く中、
この静かな林の中で、頭上には真っ赤な紅葉が現れています。
皆様、記念写真を撮りながら、ゆっくりと前へ進みます。

 

同行的來自台灣的範さん和張さん兩位同學很是開心,
第一次體驗日本東北地區紅葉特有的美,
也希望在這一年的實習期間,留下美好的回憶。

台湾から来た範さんと張さんの二人の学生さんもとても楽しかったみたいです。
人生初めての東北の紅葉特有の美しさを体験し、
この一年間の実習期間のいい思い出として心に残ると思います。

Book us at;

コメントを残す on 松島・円通院の紅葉を見に行ってきました♪