春の準備を。

皆さん、こんにちは!カナです(・∞・*)

3月も下旬です。もう4月に近いのに雨やみぞれがふったりと
まだ冬が背中に居る気がしますね(‘ω’)💦
しかし!今のうちから「春」と言えば….の予定を
たてておくのも良いかもしれません!

人が集まる事が難しくなってしまった今、
それぞれ各地で開催して、どれだけ桜を綺麗に撮影できるか。などの
勝負を行ってみるのも楽しいかもしれません📸✨

そこで!以前より資料を作成し、公式HPなどにも掲載しておりましたが
再掲いたします(∩´∀`)∩🌸
※毎年開催されているイベント等の情報は各自お調べくださいませ※

桜の開花情報を調べてみると…(3/17日調べ)
仙台付近は「4/10」くらい..だとするとこちらの地域は
その数日後..くらいでしょうか(。-`ω-)?

上記のマップにはおおよそでありますが場所等の記載もございますので
ぜひ参考にして頂きながら計画をたててみてください♪
どうせなら咲き始め~満開時期がいいですよね👀✨

石巻・登米・仙台ではこんな感じの桜を見ることができますよ♪
(過去に撮影した写真となります)

🌸

🌸

🌸

🌸

花見をしながらだと美味しいものも倍美味しくなりますよね😋
ぜひ、気になった場所を今のうちにチェックしておいて
掘り下げてみてください♪
お気に入りの場所が見つかったらコメントなどで教えて頂けると嬉しいです!
私も撮影に行きます📸

それでは今日はこの辺で!また来週!

仙台からの便利な無料シャトルバスは毎日運行中!
※事前予約制となりますのでご連絡くださいませ※

コメントを残す on 春の準備を。

震災伝承施設~せんだい3.11メモリアル交流館・前編~

皆様こんにちは、マッキーです。

今回は少し足を伸ばして、
仙台市若林区にある震災伝承施設。
せんだい3.11メモリアル交流館をご紹介いたします。
(仙台の歯医者に寄るついでに撮影してきました)

こちらは仙台市営地下鉄東西線、
東の終着駅にあたる「荒井駅」の構内にある為、
気軽に立ち寄れるスペースでございます。
(私が当時大学4年生の2015年12月に開通して、
バイトの時等にたまに利用していた路線です)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そもそも「せんだい3.11メモリアル交流館」とは…

2011年3月11日。
大きな痛みとともに、
数々の大切なことを私たちの中に呼び覚ますことになったあの日を起点にして、
過去を見つめ直し、今までを振り返りながら、
これからをともに考え、語り合い、自由に表現する。
せんだい3.11メモリアル交流館は、
東日本大震災を知り学ぶための場所であるとともに、
津波により大きな被害を受けた仙台市東部沿岸地域への玄関口でもあります。
記憶と経験を媒介に、
コミュニケーションを通して知恵と教訓を紡ぎ出し、
未来へ、世界へとつないでいく拠点となります。

せんだい3.11メモリアル交流館様のパンフレットより抜粋

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

中に入るとまずは、
各震災伝承施設等の資料と…

「絶滅のおそれのある種」として登録されている、
メダカの水槽がございます。
(西の終着駅、八木山動物公園の協力もあるのかな…)

更に進むと、
1階は交流スペースになっています。
動画を流すタブレットや各種資料があり、

壁面には仙台市東部沿岸メモリアル立体地図がございます。
こちらは木の凹凸や色合いで標高や津波の浸水域を表しています。

各主要施設はカラフルな目印が置かれています。

地図でよく見てみると、
一番色の薄い津波浸水域が、
結構内陸部まで押し寄せていた事がよく分かります。

そして奥には、
3.11震災文庫と題した震災関連の本を見る事ができます。

更に脇には大事に保管されていたのでしょう、
震災翌日の3月12日から約1か月分の河北新報が閲覧可能な状態でございます。

そして1階と2階の踊り場には、
「わたしたちの3.11」と題してあの日の出来事は綴られています。

仙台七夕の短冊を用いて、
来館者同士が当時の状況や復興への想いを共有する事ができます。

本日はここまで。
次回は2階にある展示室や屋上庭園等をご紹介いたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【お知らせ】
【2/27~28 第7回全国被災地語り部シンポジウムIN東北】開催延期について

開催に向けて準備を進めておりました
「第7回全国被災地語り部シンポジウムIN東北」
でございますが、

新型コロナウィルス感染症の感染拡大が続いている状況下、
2022/2/27~28での開催を延期させていただくこととなりました。

開催に向けて万全の感染防止対策を講じることを前提としてまいりましたが、
宮城県内においても感染拡大状況に歯止めがかからず、
また、感染力がさらに強い傾向にあるという点も鑑み、
残念ではございますが、
主催者側にて開催延期の判断とさせていただくこととなりました。

お問い合わせをいただいた方々、参加を予定していた方々に関しましては、
状況を鑑みて開催延期となったことを
ご理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。

[全国被災地語り部シンポジウムin東北実行委員会]facebookページはこちらをクリック。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ああ\ 三陸の美味しい海の幸や加工品、雑貨まで勢揃い! /

お買い物はぜひ、ネットショップ「南三陸復興ストア」で!

Yahoo!ショッピングはこちら↓

楽天市場店はこちら↓

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【観洋ちゃんねる】 動画アップ! 

新番組始動!!
その名も「観洋ネットショップTV
第1弾である今回は新商品「気仙沼港町パスタソース」をご紹介!
三陸産のイワシがゴロっと入った
塩レモン風味とペペロンチーノ風味の2種類を使用し
パスタ以外にチャーハンも作ってみました!

ぜひご覧ください♪

いいねチャンネル登録もよろしくお願いしま~す\(*ˊᗜˋ*)/

ああああ \ 感謝 / チャンネル登録者数900人突破
公式YouTubeチャンネルはこちら⇒南三陸ホテル観洋【公式】
ああああ୧(`•ω•´)୨ 目指せ!チャンネル登録者数1000人!! ୧(`•ω•´)୨

コメントを残す on 震災伝承施設~せんだい3.11メモリアル交流館・前編~

仙台市の国宝~大崎八幡宮~

皆様こんにちは、マッキーです。

今回は当館から車の場合は1時間40分程。
仙台駅からは市営バスで約20~30分。
仙台市にある国宝。
1607年に伊達政宗公によって造営された「大崎八幡宮」をご紹介いたします。

国道48号線沿いのバス停を降りて行くと、
赤く大きな「一之鳥居」が見えます。

表参道の入口周辺には意外にも、
マンション等が立ち並び、
どこか不思議な感じがしました。

そして宮城県指定有形文化財にも登録されている、
石造りの歴史ある「二之鳥居」をくぐると、
(春は桜が綺麗に咲き誇ります)

左脇には大日堂が、

正面には長~い「大石段」がありました。
(登る時に段数を数えた方が良かったのかなと後で気づきました)

木々の自然に囲まれながら階段を上ると、
感染症対策の為マスクをした狛犬がお出迎えしてくれます

(個人的にはどのようなお顔をされているか拝みたかったです)

その先には「三之鳥居」がございます。

青空と木々の緑を眺めながら、
石畳を進むと趣ある「手水舎」がございました。

個人的には最近神社に行っていなかったのですが、
今は感染症対策の為なのか、水柄杓は付いていませんでした。

(あれ?直接水に触れて手を清めていいよね?
と半信半疑の中、冷たい水で手を清めました)

さらに進むと重要文化財の「長床」と、
皆様の願いが書かれた大量の絵馬がございました。

長床を抜けると遂に煌びやかな装飾が特徴。
国宝の「御社殿」がございます。

現在は感染症対策の為なのか、
鈴を鳴らす事はできませんが、
少し遅い初詣という事で、
しっかりと手を合わせて参拝いたしました。
(毎回、参拝する時に何か正しいのか迷ってしまいます)

脇にある建物には御守やおみくじ等を販売しています。
個人的に気になったのは「楽天守」と「ベガルタ守

そういえば、
県内の各スポーツチームがシーズン前に必勝祈願に訪れるシーンが、
ローカルニュースで毎年流れますよね。
近くにはサイン入りの特大絵馬もございました。
今度機会があれば買ってみようかなと思います。
(ちなみに今年一年の運試しにおみくじを引いたら「小吉」でした…)

近くには神輿堂や、

(今思えば、もう少し近づいて撮ればと後悔しています)

様々なお供え物が見る事ができる奉献台がありました。

その他にも様々な参拝できる場所があるのね~と思いながらパシャリ。

その後は、もう一つの参道である「北参道」もチェック。

車でお越しの方はこちらの駐車場に車を停めて、

北参道鳥居」をくぐり、

こちらの「手水舎」で手を清めるみたいです。

ちなみに表参道から一番初めに通った国道を見るとこんな感じ。
帰りの仙台駅方面に向かうバス等は本当にこの目の前を出発いたします。

ちなみに八幡宮とは…
心を癒す鎮守の杜」との事。
何か行き詰った時とか、
思い悩んだ時に参拝してみると良いかもしれませんね。
参拝時には感染症予防にも努めましょう。

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

ああ\ 三陸の美味しい海の幸や加工品、雑貨まで勢揃い! /

お買い物はぜひ、ネットショップ「南三陸復興ストア」で!

Yahoo!ショッピングはこちら↓

楽天市場店はこちら↓

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

 【観洋ちゃんねる】 新着動画! 

夏に撮影されたもので恐縮ですが…
南三陸ホテル観洋に車でいらっしゃらないお客様もいらっしゃるので
この駅で乗るのか、どこの駅で乗り換えるか
(陸前戸倉、柳津、前谷地、石巻)
観洋ちゃんねるメンバーが簡単に説明!!

今回はバスの時間が合わず乗車できませんでしたが、、、
バス、鉄道の路線を車で周って紹介しました!!

いいねチャンネル登録もよろしくお願いしま~す\(*ˊᗜˋ*)/

ああああ \ 感謝 / チャンネル登録者数800人突破
公式YouTubeチャンネルはこちら⇒南三陸ホテル観洋【公式】
ああああ୧(`•ω•´)୨ 目指せ!チャンネル登録者数1000人!! ୧(`•ω•´)୨

コメントを残す on 仙台市の国宝~大崎八幡宮~

志津川湾のコクガン過去最多

一週間ぶりのご無沙汰です Bluebirder*Sです


南三陸ネイチャーセンター友の会では
12月27日 志津川湾に飛来しているコクガンの飛来数を調査

今季は なんと!475羽を確認
昨季よりも70羽ほど多く
町内全域の調査を始めた2016年以降最も多い数
なったそうです


最も多かったのは 戸倉波伝谷沖の166羽だったそうな

情報は 29日の三陸新報掲載の記事から頂きました

志津川湾は
餌になるアマモをはじめ海藻が豊富なことから
毎年 はるばる北極圏からコクガンが飛来し
越冬しています

彼らは 言わずと知れた
国の天然記念物にして絶滅危惧種

志津川湾は
特に“コクガン”の生息地として
国際的に重要な湿地として認められ
ラムサール条約登録湿地になりました
登録は平成30年10月のことですから
早いもので それから もう4年目になります

ネイチャーセンターの鈴木会長
「良質な海洋環境のおかげで年々増えている
ラムサールの名前に恥じない自然環境を維持
保全していくことが今後も欠かせない」
コメントしていらっしゃいます

維持保全の大切さは その通りだと思います

ところで
この8日 いつもの漁港へ出かけたところ 驚いたことに
近くでカメラを向けるBluebirderの姿など お構いなしに
船揚げ場に ぞくぞくと集まって来るではありませんか!

どうやら 岸壁に付いた”アオサ”を食べていたようなのですが

それにしても ついこの前まで 近付けば
岸壁からスーッと離れて行ってしまっていましたから
この日の行動は 一体どうしたことか・・・と
訝(いぶか)しんでしまいました

朝方の観察では 135羽のコクガンを確認していた
南三陸海のビジターセンターで そんな出来事を話すと
スタッフの方々から
「カメラを持つ人たちにも 慣れてきた頃なのでは?」

ならば お客様をご案内するチャンス♪とばかりに
翌9日には 語り部バスのガイドの際
仙台から来られた親子連れ4名様をご案内

双眼鏡を手に観察して頂き
とても 喜んでもらえました♪

これから ますます観察し易くなってくる期待度は大!!!
興味をお持ちの方は どうぞ楽しみにお越しください

コメントを残す on 志津川湾のコクガン過去最多

窓辺にスコープの放列!

一週間ぶりのご無沙汰です
Bluebirder*Sです

観洋ティーラウンジ脇に
“カモメの観察コーナー”があることは
かねてからご紹介しているところですが
最近 異変が・・・

はい
三脚に据えられたフィールドスコープが いつの間にか3台に増え

一方 東館の窓辺にも 1台据え付けられ ↓

更に 志津川湾の”観察態勢”が充実しました

観洋ファンでいらっしゃる
仙台のK様のご厚意で 整いました
ありがとうございます

勢ぞろいした”スコープたち”は優秀で
なかなかの解像度 よ~く観えます

これまでの双眼鏡に加え
湾内の観察にはもってこいのアイテムが揃い 楽しみが増えました

これで コクガンの姿も
かなり小さくではありますが
ここ観洋からも確認できるようになりました

この窓の右手 ずっと向こうの海域に ”彼ら”は居ます

 

雪のチラつくこの18日
いつもの漁港へ”ブログ取材”に行ってみると・・・

居ましたいました♪ ちゃんと居てくれました

スコープを使わず 遠巻きの観察ですから正確ではありませんが
家族ごと それぞれ散らばって 優に10羽以上

しばらく眺めていると
まだ若そうな”美形”カップルが 岸辺に・・・

幼鳥時に持っていた好奇心そのままに 近づいてきてくれました

ほらほら 2羽の目線で
こちらの様子をうかがっているのが判りますね
“興味津々”って感じ

南三陸海のビジターセンターによりますと
このところ センター観察デッキから確認出来ているのは
せいぜい50~60羽程度なのだとか
先週の2分の1以下 3分の1になってしまいそうな数に・・・

どうやら”湾内分散化”が進んでいるようです ただ理由はわかりません

それとも 強い寒気に追われて
少し南方へ移動した一団があったのか・・・ 定かではありません

とにかく 冬の南三陸町志津川湾に国の天然記念物”コクガン”あり!

絶滅させてはいけない貴重な水鳥の姿を 是非 観に来てください

お待ちしております!

コメントを残す on 窓辺にスコープの放列!