観光船

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

9月に入り、日中はまだ暑さが残っていますが、朝夕は涼しくなりましたね。

 

さて、澄み切った空の下、観光船でクルージングなど いかがでしょう?

送迎バスが出発するのは、仙台駅直行のシャトルバスが観洋を出た後のこと。

毎日 午前10時15分。

一路 船着き場へ・・・

志津川港到着は、およそ10分後。

接岸しているホテル観洋の観光船、第三はまゆりに乗船いただきます。

出港は 10時半。

一時間弱のクルージングが始まります。

第三はまゆりは、津波で失われた二隻の観光船

第一はまゆりと第二はまゆりに次いで

震災後 新造船として復活した観光船です。

リアス式海岸特有の荒々しい岬や島々の景色を眺めながらウミネコと遊べて、

のんびりと南三陸 志津川湾の海を楽しめる♪ 船なのです。

ウミネコと遊べる時間が とにかく楽しい こちらの観光船。

 

餌のかっぱえびせんは、船上で販売しています。

持ち込みもOK!

 

えびせんを指先に持って外に向かって差し出すと

ウミネコが飛んできて パクリ!

上手に放り上げれば、空中でキャッチしてくれますし、

海に落としても、着水して 食べてくれます。

 

こんなシーンも・・・

 

とにかく 寄ってくるウミネコの数が半端じゃない。

手の届くすぐ目の前を 群れて飛ぶ白い翼の迫力には圧倒されてしまいます。

 

舵を取るのは、阿部船長。

ヘッドセットのマイクを通じて、船内アナウンス。

南三陸町の歴史・文化から、地質、魚竜などの化石、自然、漁業に加え、

ウミネコやカモメのことなど あれこれ教えてくれる語り部ガイドでもあります

野鳥のことも詳しい船長さんです♪

 

さてさて観洋を背景に、目の前に浮いている浮きは何かわかりますか?

この浮きで、カキを養殖しています。

それぞれの浮きから カキの種を付けた綱を海中に垂らして育てます。

 

観光船は 途中、別の海域で浮きの傍に寄ってくれます。

その際に どんな風に養殖されているのかを観ることが出来ます。

海中に 白っぽく見えるがホタテの貝殻。

ホタテの養殖じゃぁ ありません。 カキの養殖!!

カキって、ホタテの貝殻に種を付けて 養殖するんです。

 

また、ホヤは、カキの殻に種を付けて、

ホタテは、洗濯ネットのような袋に種を入れて 養殖するんですって。

そんな話も教えてくれるのが、阿部船長です。

こちらは、ギンザケ養殖用の生け簀。

 

手前右手の島は「椿島」って言いますが、その向こうに見える岬が

雷(いかづち)伝説の「神割崎」。

 

志津川湾内の岬。海面に近い部分の「えぐれ」は、津波の傷跡。

 

町内で唯一 歩いて渡れる島 荒島(あれしま)には、

南方系の植物タブノキが植生しています。ここは北限の地。

沖合には親潮と黒潮の混ざり合う海域があって、

暖かい黒潮の影響を受けてのことでしょうか。

 

とにかく、あれこれ 細かいことは抜きにしても、空と海の青、潮風、

島々の鮮やかな緑、さらにウミネコとの触れ合いが、

掛け値なしに 私たちの心を癒してくれます。

 

南三陸ホテル観洋の目の前を遊覧する志津川湾観光船、

料金は、大人一人1100円 子ども550円で 一時間弱の船の旅

前日の 20時までに 観洋のフロントにお申し込みください。

外来の方もどうぞ!!! 代表電話 0226-46-2442 まで♪

尚、この観光船、10月からは、消費税増税の関係で

料金は 大人1200円、子ども600円に改定になります。

乗船すれば、ちょいと南三陸通になれて、気分も心もリフレッシュ。

ご予約・ご利用 お待ちしております。

 

コメントを残す on 観光船

霧の荒島

一週間ぶりのご無沙汰です、Blurbirder*Sです。

子どもたちは夏休み、ですね。

観洋で親子揃って夏の思い出づくりはいかがでしょう?

 

南三陸町は、このところよく霧に包まれます。

この時期、

東からヒンヤリとした風「やませ」が吹くと 湾内にはが立ち込める、

というのが南三陸町。

実は、町は霧の名所でもあります。

 

霧の サンオーレ袖浜

町内志津川地区の海水浴場です。

この日は、平日で少し肌寒い日でしたから 海水浴客は無く、

荒島(あれしま)につながる桟橋に釣り人が一人・・・。

霧の荒島は どこか幻想的に見えます。

島の頂に神社がある荒島。

古くから弁才天が祀られ漁業者の信仰を集めてきました。

今月13日には、海開きとともに 新しい鳥居が再建。

町民からの寄付金で建立されました。高さは5m。

震災前、島の入口には高さ10mの大鳥居がありましたが、津波により流失。

そのままになっていたのです。

折れた柱は、大震災の遺構。

コンクリートの階段が整備された 参道を登ると・・・

間もなく赤いお社、荒嶋(あれしま)神社

        

お社は 深い森の中。

荒島は、南方系の樹木 タブノキが自生する北限の地 なのだとか。

タブノキは耐潮性に優れ、地下に海水が浸入するような土地

あるいは波打際でも育つ樹です。

昔から、漁業者の間には「海岸近くの森林が魚を寄せる」という伝承があって、

海岸林や離れ小島の森林を守って来た歴史から

海辺には大木が多いのだそうです。

こうした森林を『魚(うお)つき林(りん)』というのだそうです。

荒島は そんな小島の一つ。

 

志津川湾は、ノリ ワカメ アワビ カキ ホヤ ホタテ クロソイ ギンザケ

カタクチイワシ、と、海の幸の一大養殖地。

まさに、荒島は漁業者の信仰する弁財天とも相まって

漁業の町を守る象徴とも言える島のようです。

こちらは、観洋からは車で15分程のところにあります。

砂浜から桟橋を渡り、階段を上ると、そこはもう深~い森の中・・・・・。

鬱蒼とした緑の中に続く小道に分け入れば、ちょっとした冒険気分に浸れます♪

夏休み、こどもたちの手軽な探索・探検にいかがでしょう?

ただ、蚊がいますから、虫よけスプレーがあるといいかも知れません。

 

さてさて、観洋 ティーラウンジ眼下の岩場で孵った カモメのヒナ三羽

もう、親の体の大きさに追いつきそうな勢いで

すこぶる順調に成長を続けています。

ただ、親鳥が餌を運んできても、

三羽が一斉に寄ってくることはなくなってきているようで、

三羽揃ったショットがなかなか撮れません。成長の証なのでしょうけれども、

この写真を撮るのにも かなりの時間を要しました。

 

とにかく、三羽の居場所はバラバラになってきていて、

こんな風に だんだんと 群れずに依存しないで生きる

「孤高」さが備わってくるものなのかなぁ、な~んて

思ってしまっています。あくまで勝手な考察ですが。

そんなヒナたちの巣立ちまで あと 2週間ほどです。

 

☆おまけ : 下の写真は 荒島より望む霧のサンオーレ袖浜です。

水がきれいで波の穏やかな海水浴場には公園のほか、駐車場・シャワー・更衣室も完備されていて、いずれも無料でご利用になれます。海の家も三店舗。

海の景色のきれいな エンジョイスポットです♪

コメントを残す on 霧の荒島

南三陸の年末!新鮮な海の幸満載の「おすばで祭り」♪

皆様こんにちは、マッキ―です。
今回はカナさんと曜日を変更して、日曜日に登場です。

さて、先日火曜日のブログでも紹介した「おすばで祭り復興市」が、
昨日開催されたので…潜入してきました(^_^)/
(今年のネタは今年中に書きたかったので…)

当館からは車で約5~10分!
志津川仮設魚市場特設会場にて開催されました。


(漁船の旗も多く飾られています)

もちろんこの魚市場からも、
遠くに観洋が見えます。

そもそも、「おすばで祭り」の「おすばで」とは…
三陸沿岸の方言で「酒の肴(さかな)」という意味との事。

さあ、言葉の意味もお伝えした所で、会場に潜入すると…
朝早くから大勢の人々が!

(頑張って早起きして、8時50分位に来たのに想像以上に人が多かったです。)

まずは、あまりの寒さに震える体を、
仙台牛を使用した牛汁で暖めて…

(牛の旨味が溶け出して旨かった~)
偵察開始!

そう、このお祭りと言えばやっぱり魚貝類!

志津川名産のタコ!

南三陸で獲れた帆立!

宮城県産の高級食材「鮑」!

そして、一匹丸ごと氷いっぱいの容器に入ったマグロ!
(写真に夢中で、何マグロか、見るのを忘れてしまいました…)

志津川でも獲れる銀鮭!
などなど、新鮮な魚介が盛りだくさんでした。

今回は遠くは青森県つがる市からのブースも…

(名産品のりんご、にんにく等がありました)

そして、ご当地キャラクター「つがーるちゃん」も遊びに来てました(^O^)

さらに、お正月が近いという事で…
正月飾りと言えばコレ!

しめ縄や…

蒲鉾や伊達巻の練り物、

そして、おせちセットもありました。
(改めて年末だな~って思いました。)

また、フードメニューも結構あって、
(串焼きとか○○めし、そして魚介系以外の物もたくさんありました)

酒粕を使用した大人な味わいの牡蠣汁♪

志津川高校商業部の生徒さんが作った
クリーミーなタコシチューをいただきました。
(寒さに負けて、これらに+「そば」も頼み
 温かい汁物ばっかりだったので、お腹がタポンタポンに…)

次回は、1/20に「第86回寒鱈まつり復興市」が開催されます。
こちらもお楽しみに~

マッキ―の今年のブログは今回が最後。
(まさか、明日も連投する訳では無いので…)
当館のブログを、いつもご覧いただきありがとうございます。
来年も宜しくお願いいたします(^_^)

それでは、皆様良いお年を~(^o^)丿

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

冬本番!!
景色とお風呂がひとつに繋がるインフィニティ温泉で心も体もあったまろ♪

南三陸ホテル観洋の宿泊予約をするならこちら↓


公式ホームページからの予約がもっともお得です!
【直販価格】と書かれたプランを選んでご予約ください!

kirakirabanner.png
★ 南三陸キラキラ丼はおかげ様で9周年♪ ★
「南三陸ホテル観洋」

コメントを残す on 南三陸の年末!新鮮な海の幸満載の「おすばで祭り」♪

食べてビックリ!?海の幸盛丼(^o^)

皆様こんにちは、
明日(2/6)からの研修旅行の準備に追われている、マッキーです。
まあ色々ありまして幹事になったら、
想像以上に準備が多くて…
(私が事前に準備していなかったのも原因ですが)

なので今回は手短に!
当館の「海フードBBQ」にある…
スタッフおすすめ!「海の幸盛丼」を紹介いたします。

こちらのメニューのネタは…
鮪、メカジキ、ホタテ、鮭、いくら、タコ、卵、ボタンエビと種類豊富!

海の幸の玉手箱や~
な~んて、コメントが出てしまいそうなボリュームです。

ちなみに、小鉢と味噌汁、お新香が付いて1620円(税込)
個人的には、ふのりが入った味噌汁がポイント高いです(笑)

時期や仕入れ状況によっては変わるかもとの事…

海を眺めながらのランチ、夕食に是非いかがですか?

★本日のおすすめプラン★

★HP直販価格★最低レート保証★
お日にち限定タイムセール【お客様感謝デープラン】
7,500円税別☆10室限定

日頃の感謝をこめてネット最低価格で宿泊できます!
食事内容は他のプランよりも劣りますが、
その分、別注文の料理で自分好みの御膳を作りませんか?
志津川のタコを使った逸品等、豊富に揃えています。

コメントを残す on 食べてビックリ!?海の幸盛丼(^o^)

レストラン新メニュー♪~メカジキの照り焼き丼~

皆様こんにちは、
昨日、仕事終わりにふたご座流星群の観望会の様子を覗いたら、
到着して5分位で流れ星を見る事ができ、
スタッフの方に「持ってますね~」と言われた
マッキ―です(^o^)-☆

今回は、レストラン・シーサイドの新メニュー♪
メカジキの照り焼き丼~南三陸ねぎ添え~」を紹介します。

この丼の食材には、
DHAやカリウム、ビタミンDやグルタミン酸が豊富で栄養満点♪
気仙沼産のメカジキ!
一方で、この寒い季節に気を付けたい
風邪に効く特効薬とも呼ばれる南三陸ネギを使用した丼です。
(白髪ねぎと、焼鳥のねぎまサイズのネギが入っています)
あとは、キノコ(しめじ)が入っています。

それでは、実食!
ほんのり甘辛の照焼ソースが、
メカジキやネギに絡まり、
脂がのったメカジキは、より一層美味しく味わえます。
そこにシャキシャキのネギが食感のアクセントになります。

ちなみに、こちらの丼は味噌汁、小鉢、漬物がついて税込1,296円です!

また、レストランには柚子アイスに柚子を使用したドリンクが登場♪
食後にさっぱり爽やかなゆずを食べて(飲んで)、お口直しにいかがですか?

ご宿泊翌日の昼食や、日帰り入浴の際に是非ご利用ください。

★本日のおすすめプラン★

焼くと柔らかな♪鮑の踊り焼き!
別名海のミルクと呼ばれるクリーミーな「牡蠣」のカンカン蒸し♪
プリップリのホタテ焼き◎
3種の貝が味わえるのはこの時期だけ!

コメントを残す on レストラン新メニュー♪~メカジキの照り焼き丼~