6日前 花 鳥

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

南三陸町も、すっかり桜の盛りは終わりを告げてしまいました。

 

こちらは、6日前の 平筒沼ふれあい公園。


南三陸町のお隣、登米市米山町にあって 桜の名所のひとつ。

広さ35haの平筒沼を囲む遊歩道に沿って ソメイヨシノが咲き誇ります。

この日は陽気に恵まれ、平日でしたが お花見の人たちで賑わっていました。

こちらは、ソメイヨシノではないようですが・・・。

 

時折少し風が強めに吹く中、ハラハラと散る桜吹雪の美しい日でした。

 

桜の梢には シジュウカラ。

胸の黒いネクタイ状に見える部分が実にハッキリしていて太い!

こういうタイプは「強い」個体なのだという人がいます。

頭の黒い部分も 実にクッキリしていて、眼の下の白い部分もはっきり

横顔もキリリとした「い~い男」のようです。

 

ここでも賑やかだったのがヒヨドリ。

少し静かに桜を愛でて欲しい輩です。

 

一方南三陸町の森では、去年の夏以来の 声を耳にしました。

美しい鳴き声の方に静かに耳を傾け視線を向けていると、

ひょっこり現れたのがこの一羽。 分かります? どこにいるか。

望遠のレンズにして、この小ささからして遥か彼方の樹の梢。

トリミングして大きくすると・・・

まだ瑠璃色の羽の綺麗な夏鳥、オオルリです。

5月の声を聞く前でしたから、「もう来たの?」という印象です。

桜前線の北上も早かった今年、夏の到来も早まるのでしょうか。

そんな予感もする、オオルリの飛来です。

そろそろ、キビタキもやって来ることでしょう。

コメントを残す on 6日前 花 鳥

桜 さくら

一週間ぶりご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

もう、志津川湾で越冬したコクガンたちは北へ去り、

南三陸町は 桜の季節♪

観洋前の桜も 満開。

散り際で、時折強めに吹く風に ハラハラと花びらが舞います。

いと 美し!

国道45号に面した桜の見事な枝ぶりと 咲きっぷりに、

走行中の車を思わず停めて車窓から写真に収めるドライバーさんも居るくらい。

そんな季節でございます。

 

この前、むっちゃんもブログで東山公園の見事な桜を披露していましたが、

Bluebirderも、陽気に誘われて ちょいと出かけてきました。

青空に 桜が映えて い~い感じ♪

夜には この行燈が灯り、お花見が楽しめるようですね。

園内には 西宮神社。

石碑には「今からおよそ800年前に、摂津国西宮神社よりご分霊を奉齋した」

という記述があります。

いわゆる、えびす神社。

「戎(恵比寿)」様は、「七福神」の中の一人で、

釣り竿と鯛を両手に持ってほほえんでいる神様。

遠くの海からやってきて人々をしあわせにする

漁業の神、商売繁盛の神、福の神なのです。

丁度、南三陸町の街と志津川港を見下ろす丘の上から

笑顔で見守って下さっています。

 

桜の木々では、ヒヨドリが「ギャーギャー」と賑やかに鳴きながら

花の蜜を摂っている様子。ふと 振り返ると・・・

ヤマガラです。

日本全国どこにでもいる野鳥で 特に珍しくはありませんが、

どうやら、巣材をくわえています。

繁殖の時期なのですね。

特に、急いでいる風でもなく、あわてている様子もなく、

巣材を加えたまま、しばらく、この辺りの様子をうかがってました。

しつこいBluebirderを ちら見!(笑)

お花見を楽しみながら、巣作りしていたのかも知れません。

お社を包む森からは、センダイムシクイの声も聞こえる 南三陸町です。

コメントを残す on 桜 さくら

夏の盛りは終わって・・・

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです

台風の後のあの涼しさからまた一転の猛暑、酷暑・・・

その上蒸し暑くて じっとしていても 汗。

それでも あの夏の盛りの狂おしいまでの暑さに比べれば まだましのよう。

当 観洋では この21日にプールはクローズに。

Bluebirder*Sはこの日 監視に入りましたが、いいものですね、子どもたちの歓声は。

その場に活気と明るさをくれます。

 ハイ ポーズ。 ありがとう!

 

そのプールが終わってしまったのはちょいと寂しく感じられます。

空にはすでに秋の気配。

 

先日、ふと思い付きで国道45号から県道206号に入って

貞任山(さだとうやま)に向けて車を走らせてみました。

ここは 志津川米広(しづがわこめひろ)あたり

はじめ、鬱蒼とした緑に包まれた森から聞こえたのは 蝉の声だけ。

午後5時を回る頃になって やっと小鳥たちの声が聞こえ始めました。

それでも 確認できたのは シジュウカラ、ヤマガラ、シマエナガ、メジロ、ヒヨドリ程度。

野鳥たちも、暑い中では むやみに活動しないで涼しい場所で大人しくしている様です。

人と同じ。

夕暮れ時、谷側ではなく山側にたたずんでいると、

フワァ~っとソフトにゆっくりと 冷気が下りて来るんですね。天然のクーラーです♪

野鳥たちは ちょうどそんな冷気と一緒に山の上から下りて来ているようでした。

山側には まだ青い栗の実。

谷側に目をやると、小さな赤紫色の花・・・

萩です。秋の七草のひとつで 見ごろは9月。

ひかえめでこまやかな美しさに加え、どことなく寂しげな風情のある萩は宮城の県花。

また「初秋」の季語で 赤紫色の花が咲くと ”秋”と言われます。

草原には アキアカネ。

まだ8月ですが、山に入れば もう そこには ちいさい秋が顔をのぞかせています。

猛暑で疲れた体は まだ控えめに姿を現したばかり秋の風情に

癒してもらうことにいたしましょう。

Sunrise Golden color

晴れた朝にはこんな景色も楽しめる 南三陸ホテル観洋へ どうぞお越しください。

スタッフ一同 お待ちしております。

コメントを残す on 夏の盛りは終わって・・・

避暑には柳津虚空蔵尊

一週間ぶりのご無沙汰です BlueBirder*S です。

いきなりの真夏のような暑さ!  まだ、早いでしょ(怒)!って

そんな日には 早くもクーラーが大活躍している 今日この頃ですね。

この写真を撮ったのも暑い日でしたが、

電線で羽を休める キセキレイ、

日差しが強すぎて

背中がテカテカに光って 色が飛んでしまっています。

 

夏休みの時期にもなれば、省エネのため 日中は

クーラーの効いたデパートや大型ショッピングモールを始め、

大型施設などへ出かけて過ごす というアイディアも

もう一般的になっているようですが、

たまには、鬱蒼とした緑の中に身を置くのも い~いものです。

この時期に「ここまで?」というくらい 急に25度以上と暑くなったとある休日、

今から 車のクーラーを強く効かせてドライブ というのもまだ早すぎて

どこか違うような気がして

南三陸町のお隣、登米市津山町にある 柳津虚空蔵尊を包む

緑の中に飛び込んでみました。

柳津虚空蔵尊は 日本三大虚空蔵尊のひとつで、

「力」を授けてくれるパワースポットとしても知られています。参道に沿って立つ 杉の巨木。

虚空蔵尊を包む 鬱蒼とした緑の森。車で乗りつければ、そこはもう 避暑地!

森や杉の林と周辺の吉原からは 野鳥たちの声~♪

彼らの声にも 心癒されます。

ヨシキリ、キビタキ、センダイムシクイ、シジュウカラ、サンコウチョウ、ツツドリ、フクロウに ヒヨドリ・・・

標高はそれほど高くないのですが、

響き渡るツツドリやフクロウの声は 深山の雰囲気を漂わせます。

もっとも、緑に隠れて”声はすれども姿は見えぬ「相手」”ばかりなので、

この時 捉えられたのは ご覧頂いているキビタキの姿のみ。きっと水浴びをした後だったのでしょう、

しりきに 羽づくろいをしていました。とにかく、

木々の緑は焼け付くような日差しを遮り、緑の香りの風が吹き渡って 気持ちいい~。フィトンチッドで満ち溢れた森の香りは 気分爽快。

フィトンチッドというは 樹木などが発散し

微生物の活動を抑制する殺菌作用を持つ揮発性の化学物質のこと。

森林浴はこれに接して健康を維持する方法ですが、

健康だけでなく癒しや安らぎもくれます。

 

森は「天然のクーラースペース」。気温にして 日向とは優に5度以上は違いますからね。

10度近く違うこともある。

健康にも省エネにもよさそうですし、

暑~い日は森と緑と木陰を大いに活用しましょう!

ただ、これからは蚊などの虫刺されにはご注意を!

虫よけやかゆみ止めも用意した方がいいかもしれませんね。

 

追伸: などと・・・記している間に 今度は梅雨前線の影響か

一転して気温が下がって肌寒く感じられたのがこの土日の南三陸町。

このところの気温の変化は まるでジェットコースターのよう。

体調管理に 気を付けましょうね。

コメントを残す on 避暑には柳津虚空蔵尊

幸せの青い鳥

二週間ぶりのご無沙汰です。BlueBirder*S です。

新しい年の幸せをお祈りした1月も末、

もう2月に入りますね。

幸せ・・・と言えば、青い鳥。

クック クックゥ~ クック クックゥ~

青い とぉ~りぃ~ と歌ったのは

昭和歌謡’70年代のアイドル 山口百恵、森 昌子とともに

人気を集め 一世を風靡した 花の中三トリオの一人

桜田淳子でございました(ふ、古!)。

さてさて、 メーテルリンクの童話「青い鳥」は、

「どんな願いでも叶えてくれる青い鳥が存在するのだよ。

それさえ見つければ、足の悪いお隣さんだって

たちどころに治ってしまうんだよ」という

ある老婆の言葉をきっかけに、

チルチルとミチルの青い鳥を探す冒険が始まるというお話。

あのお話が「青い鳥が幸せをくれる」、

だから「青い鳥」が「幸せの象徴」ということに

なっているようです。

ストーリーの結末は、

「青い鳥」は意外にも傍にいて

「幸せは 実はごく身近にあった」ということを

教えてくれる物語。

探すものが「青い鳥」でなくてはならないということは

無かったのかも知れません。

が、それでも実際に美しい「青い鳥」を目の当たりにすると

その色の素晴らしさに「幸せ」も感じられます。

瑠璃色の語源になったオオルリは

そんな「青い鳥」の代表格。

羽は「瑠璃色」。夏を前に南三陸町にもやって来ます。

深い「青」が 印象的です。

写真のオオルリは成鳥になりかけで

羽に一部グレーの部分が残っています。

 

一方、南三陸町で一年を通じ棲息している「青い鳥」が

イソヒヨドリ。

全長23㎝。

オスはご覧のように 頭から胸、背、腰までが青藍色で、

お腹は赤褐色をしています。

磯でさえずるヒヨドリ似の鳥で、メスは全体が灰褐色。

背は腹より黒っぽく、鱗のような模様が沢山あります。

大西洋から太平洋までユーラシア大陸の中部に

連続して分布。

日本では全国で繁殖していますが、北海道では少なく、

本州以南には普通に分布しています。

海岸の崖地に生息しているのですが、

時に海岸から離れた崖地、

さらに人工的な建物にも生息することがあります。

繁殖期には当館のバス車庫の屋根裏にも営巣して、

毎年 巣から雛の声が聞こえてきます。

さえずりは柔らかな澄んだ声で、かなりの美声。

時々、他の野鳥の鳴き真似をしている声を

耳にすることもあります。

晴天の日には、よく

岩の上やコンクリート堤防の上などでさえずっています。

海岸の磯で見かけることが多く、

遠目には灰黒色に見えて ヒヨドリと大きさも似ているので

「磯鵯(イソヒヨドリ)」という名は、

生息地にちなんだ名前です。

この「青い鳥」が ごく身近に

数多く生息しているのが 南三陸町。

つまり「幸せ」がいっぱいの町なのです♪

 

ところで、年初に建てた計画は順調ですか?

今年も残すところ あと11か月・・・。

新年はまだ始まったばかりで

余裕よゆう♪な~んて考えていると

光陰矢のごとし、

気が付いたらもう年の暮れ

ということにも成りかねません。

毎日を大切に、

年初の計画もこつこつと進めていきましょう。

などと 偉そうに説教がましいことを言っていて

一番危ういのが 私 BlueBirder*S でございます。

「幸せ」は ごく身近にあるという思いを新たに、

是非とも、毎日少しずつでも 着実に計画を進め

実は身近に居る「幸せの青い鳥」を手にするため

がんばりましょう!!!

おしまいに、志津川湾の冬の夜明けの風景を一枚。

雪雲に隠れた陽が海に反射して 輝きは黄金色!!

きれい♪です。

☆ 尚、写真は全て南三陸町内で

BlueBirder*S が 撮影いたしました。

コメントを残す on 幸せの青い鳥