気分爽快!志津川湾観光船

こんにちは、むっちゃんですʕ•ﻌ•ʔฅ

夏のような暑さに耐えきれず
とうとう●ーソンのメガシリーズに手を出してしまいました…

カフェラテも好きですが
アールグレイティーが一番好きです!

ブログの本題に入る前に、まずはお知らせです!

当館における共有スペースの大部分で
高速回線「Wi-Fi6」が使えるようになりました~!

今回更新した部分は
1階 会議室「大潮」「小潮」「寿海」
5階 フロント前、ロビー、ラウンジ「ブルーライン」
ああ 多目的ホール「クイーンエリザベス」、クラブ「龍宮」、スナック「寿海」
6階 コンベンションホール「羽衣」、大宴会場「弁天」
以上の場所で、高速で快適なWifi環境をご利用できます。
お使いの際には
付近に掲示してある掲示物でSSID等ご確認くださいませ。

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

さて、本日は
今の時期から夏にかけておすすめの
志津川湾観光船をご紹介!

志津川湾観光船
乗船前のアルコール消毒と定員の約半分での運航といった
感染症対策を行いながら現在も運航しております。

ご宿泊のお客様は
どのプランでお申込みいただいても
オプションとしてご予約が可能でございます。

宿泊者様限定ではありませんので
もちろん、日帰りで観光船のみのご予約も承っております。

お電話での受付以外にも
ネット予約も可能です!

じゃらん遊び・体験にてご予約の受付を行っております。

1名様からご予約可能!
じゃらん会員であればお持ちのポイントや
クーポンを利用しての予約もできますので
こちらからのお申込みがオススメです♪

ああああ↓ ご予約はこちらから ↓
じゃらん遊び・体験 南三陸ホテル観洋

志津川湾観光船付きの宿泊プランもございます♪

ぜひご予約くださいませ(*´∀`*)

【志津川湾観光船】
≪出発時間≫ 10:15ホテル発
ああああああ 10:30漁港岸壁より出航(遊覧時間約55分)
≪料  金≫ 大人(中学生以上)1200円
ああああああ 小人(小学生)600円
※観光船の発着場所には駐車場がございませんのでホテルからの送迎をご利用くださいませ。
※天候またはその他事情により運休する場合がございます。ご了承くださいませ。

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

先行予約開始!
届いたお客様から「ものすごく美味しい」と反響がたくさん!!
朝どれ 鮮かつおタタキ
南三陸ホテル観洋「楽天市場店」で受付開始!

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

 【観洋ちゃんねる】 

周辺の観光地を紹介しつつ
くすっと笑えるような動画を投稿中!

いいねチャンネル登録もよろしくお願いしま~す(≧∇≦*)

公式YouTubeチャンネルはこちら⇒南三陸ホテル観洋【公式】

コメントを残す on 気分爽快!志津川湾観光船

観洋の魅力を再発見!?~海鳥とのふれ合いと海の見える命の森~

大家好,我是惠。
皆さん、こんにちは。恵です。

五月的黃金周,綿綿細雨中,
我們迎來了各地的游客,甚是開心。

5月のゴールデンウィークは、
天候が悪い日もありましたが、
各地から観光客が訪れ、とても幸せです。

在本館的東舘10樓的樓頂,是喂海鷗的最佳位置。

当館の東館10階の屋上は、
ウミネコ・カモメとのふれ合いを楽しむのに最適な場所です。

都市的快節奏生活,繁忙的學習不免讓人有高度的緊張感,
來到這裏的不管是大人還是小孩都可以得到釋放,
和海鷗近距離接觸,呼吸大海的味道,
大家身心得以足夠的釋放。

都会での忙しい日常生活は、
常に緊張感を与える事もあるかと思います。
ここ南三陸では大人も子供も解放され、
ウミネコ・カモメとのふれ合いを満喫し、
海が感じられる自然豊かなこの地で深呼吸し、
誰もが心と体を十分に解放することができる場所です。

從本館出發約15分鐘步行路程的山丘(高地),
我們通過東日本大地震的災難,
作為傳達”我們學到的事情”、”必須傳達給子世的事情”、
“祈禱什麼”和”想留下的風景”的地方,我們對森林進行了維護。

当館から徒歩15分程の所にある「海の見える命の森」、
東日本大震災という災害を通して
「学んだこと」「後世に伝えなくてはならないこと」
「祈りたいこと」「残したい風景」を伝える場所として、
森の整備を行ってきました。

這是一個紀念場所,一個傳達和了解災難的地方,
也是遊客和兒童接觸和享受美麗的風景和豐富的自然風光的地方。
生命之林,可俯瞰大海,是一個令人驚驚的景點。

慰霊の場であり、災害のことを伝え、学ぶと同時に、
訪れた観光客や子どもたちが美しい風景や豊かな自然に触れ、
楽しめる場所でもあります。
見晴らしの良い海の見える命の森は、私のおすすめスポットです。

下周見哦。
それでは、また来週。

Book us at;

本日20日は楽天トラベルで5%OFFクーポン配布中!
お日にち限定で配布している10%OFF宿クーポンと併用すれば…
15%OFFのチャンス♪

 

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

 【観洋ちゃんねる】 

周辺の観光地を紹介しつつ
くすっと笑えるような動画を投稿中!

いいねチャンネル登録もよろしくお願いしま~す(≧∇≦*)

公式YouTubeチャンネルはこちら⇒南三陸ホテル観洋【公式】

コメントを残す on 観洋の魅力を再発見!?~海鳥とのふれ合いと海の見える命の森~

ツイてる!!

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

先週のブログ担当日、観光船から確認出来たコクガン。

こんな写真じゃあ 小さくてわからない。

「再会」を期して 湾内の定番エリアに足を運んでみるのですが

さっぱり・・・

 

朝から抜けるような青空が広がった25日の午後、

再び コクガンを探しに。

ところが、この日は急に雨が降ったり止んだり、

晴れたり降ったり、妙な雲行き。

まさに観洋を出る前は気持ちよく晴れていたのに、

いざ出かけようとした時分には再び雨・・・。

「あ~あぁ ツイてないなぁ」などと心の中でつぶやきながら、

とりあえず、コクガン目撃情報を収集しようと

南三陸海のビジターセンターに車を乗りつけた直後のことでした。

雨の中、にわかに山側から陽が照り出したので、海側に目をやると・・・

防潮堤の向こうに「虹」!!!が見えるではありませんか。

条件反射のように、思わず堤の階段を駆け上がって スマホ撮影♪

青空を背景に くっきりと浮かび上がった虹♪

きれいでしょ?

雨でツイてないとボヤキながら出かけたにしては、

随分とツイてました。

思わず湧き出した心の叫びは 「ラッキー!!」

 

ちょいと子供のような感覚かも知れませんが

Bluebirderは、志津川湾の景観にベタ惚れなもので、

美しい湾を飾る虹の景色が見られたら

それはもう 小躍りするくらい嬉しいのです。

 

時刻は午後2時前のことでしたから

午後2時前の虹。

それも、青空を背景にした七色は 実に鮮やか♪

 

少し興奮しながら 防潮堤を南方へ走り、

なんとか全容を捉えることが出来ました。

 

スーツ姿でにわかに駆け出したわけですから、

堤の下からBluebirderの様子を観ている人が居たら

一体何があって、何をしているのだろうと

きっと「不信」に思われてしまったことでしょう。

それにしてもラッキ~!

 

さてさて、肝心なコクガンですが、

海のビジターセンターによりますと、

この22日の朝と23日に、ビジターセンターの裏手、

↑ こちらの海上で 2羽を確認したということです。

おそらく、Bluebirderが先週観光船から確認した個体

2羽 ↓ とも思われ、

今のところ、志津川湾内に滞留していることが期待されます。

 

冬の朝7時くらいには 100羽ほどが群れる波消しブロック ↓。

前の冬、コクガン観察ツアーを敢行した小さな港 ↓。

どちらにも、まだコクガンたちの姿は確認出来ません。

船揚げ場には、代わりに ウミネコが1羽・・・。

 

対岸に見えるホテル観洋もBluebirderも、

受け入れ準備は万端。

 

前の冬の君たちの姿と同じように、

首を長~くして待っています。

来たれ コクガン♪♪

 

 

 

 

 

コメントを残す on ツイてる!!

仲秋アラカルト

8日ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

1日、中秋の名月は、

南三陸町でも 煌々と美しく輝いていました。

十五夜の月が 実にきれいに見えた翌日2日は、

それはよく晴れました。

 

観洋屋上からの絶景がこちら!

こんな晴天につい誘われて、

「海の見える命の森」へと足を延ばしてしまった 昼休み。

「命の森」は、一昨日更新の当ブログ

ピザ窯お披露目会で むっちゃんが紹介していましたね。

観洋からは この向こう側

国道45号を気仙沼方面へ歩いて10分にあります。

沿道には、ガマズミの赤い実・・・

野菊 カントウヨメナ・・・

コスモスの仲間でしょうか・・・

咲き残るサルスベリ、よく見ると 実が付いていますね。

・・・と、あれこれ 沿道の秋の草花を眺めながら 歩いていた所、

途中で 埼玉からお越しのお客様ご夫婦とご一緒に。

手には、命の森のパンフレットをお持ちでした。

こちらの入り口から ちょいと急峻な坂を上り 命の森へ 5分程。

少し息が切れましたが、

こちらも、観洋に負けず劣らず 素晴らしい海の絶景が楽しめる場所。

ご覧の通り・・・

左手に 志津川港 右手には 観洋が見えます。

 

現地では ちょうど海の見える命の森実行委員会副会長が作業中で、

埼玉からお越しのご夫婦も 運よく

新しく出来たピザ窯のことやバーベキューの設備をはじめ

桜やモミジの植樹が進む 命の森に期待される「機能」について、

あれこれ お話を聞くことが出来ました。

萩の花が咲き

葉が色づき始めた「命の森」には

津波てんでんこの碑。

そして、南三陸大仏が 鎮座しています。

海の見える命の森は、

まず 3.11の鎮魂の場であるとともに、

防災減災を学びつつ

山と海と人の命は 水を介して繋がり

支え合うものだということを学ぶ場でもあり、

私たちの憩いの場となる一方

万が一の大津波から 命を守る場にもなります。

~~~~~~~

志津川湾の海上からは、こんな風に観えます。

丘の上にポツンと小さく 大仏が見えますね。

3日に運航した観光船には、青森・山形・石巻のお客様が乗船。

ウミネコと戯れ 楽しんでいらっしゃいました。

お客様一家のアイドル 杏南(あんな)ちゃん。

なんとか自分の手で ウミネコに餌をあげようと

 

小さな体をう~んと伸ばして がんばっていました。

今回は、ひいおじいちゃんの卒寿をお祝う お泊りだったそうです。

おめでとうございます。お若くて とても90歳には見えませんネ。

ありがとうございました。

~~~~~~~

観洋サブ玄関脇には、大きな金木犀の樹があるのですが 

金木犀の花が 4日

突然 香り始めました。 いよいよ 秋色が深まってきます。

とりとめもなく アラカルトなブログにて 悪しからず。

それでは・・・

 

 

 

 

コメントを残す on 仲秋アラカルト

こんにちは カモメの赤ちゃん

14日、かわいいのが 1羽 誕生しました。

雨の午後、おとうさんが傘になっています。

1週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

先月18日に1個、22日に合わせて3個を確認して以来、

いつ孵るのやらと 注目していた 観洋眼下のカモメの卵。

ついに、昨日6月14日午前9時過ぎ、1羽が孵りました。

最初の1個を確認してから 27日目です。

14日、Bluebirderが観察を始めたのが10時前。

間もなく、立ち上がった親鳥のお腹の下に、ヒナの姿を見つけました。

割れた殻も見えますね。

観察スポット脇の珈琲ラウンジ女性スタッフ Kさんに尋ねたところ、

午前9時過ぎくらいに 3個の内1個だけ

親鳥が選り分けているのを見たというのです。

恐らく、殻を破って出てきたのは、その直後と思われます。

 

3個の内の1個に 傷が付いているのを確認したのが12日のこと。

ただ、内側から付いた傷か 親鳥が偶然付けてしまったものなのか

釈然としませんでした。

それでも、この日は 卵の傷を見つける前から

親鳥の行動が いつもとは違っていました。

パートナーも 巣の傍に居る時間が長くなっていたのです。

 

それと、ひと頃までは縄羽りに入り込もうとする

他のカモメやウミネコが居ると

もの凄い勢いで飛び回って追い立てていたのですが、

それもしない。

恐らく 孵化が間近なのだろうと思っていましたが、

確信はありませんでした。

 

殻に「穴」が開いているのが確認出来たのが次の日のこと。

やはり、誕生が間近だったので、

2羽は 盤石不動の守りの布陣を敷いていたのでしょう。

 

「第一子」が誕生した時に温めていたのが おかあさんカモメで、

おとうさんカモメとは11時半ごろ交代しました。

 

午後は、雨になった志津川湾。

そんな雨の中でも、ツガイは交代しながら、

残る2個の卵とヒナ1羽を温め 大切に守り続けています。

 

先日、宮城テレビのOH!バンデスで ご紹介頂いたこともあって

観洋珈琲ラウンジ脇のカモメ観察スポットは、

親子連れはじめ 多くのお客様で賑わいました。

 

「テレビ見て来ました」「他に泊まる予定だったけど、

テレビでカモメが卵を温めているの見て 観洋に来ました」という

お客様が大半でした。 ありがとうございます♪

特に子どもたちは大喜びで、皆さん双眼鏡を使ったりして

カモメの様子を眺めていました。

 

さて、残る卵2個の内 1個には既に「穴」が開き始めていて、

わかります?           ココ↓

15日中にも、もう1羽が誕生しそうです。

また、続報をお伝えしますね♪

 

「近くに来たから」でいいですから、みなさんも 是非、

気gullに  観洋へ観鷗(かんおう)に寄ってみてけさいん!!!

コメントを残す on こんにちは カモメの赤ちゃん