歓迎の花々

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

南三陸ホテル観洋。

正面玄関では、大きなフラワーアレンジメントがお出迎えです。

季節の花、黄色いレンギョウが

ユリやカーネーションなどの脇を固めるように彩っていて、

「春」を感じさせます。

 

正面玄関を入って、そこに綺麗な花があったら

それはもう 気分いいですよね。

そういえば、前に 誰かが言っていました。

「花を見て 怒っている人っていないよねぇ」って。

ええ、その通り!!!

 

こんな風に、玄関に生花を活けるのって風水上もいいんですってね。

 

幸運は 道に流れているのだとか。 大通りをお~おきく 流れているそうな。

その道から一番近い玄関に活けられたこの花々が 幸運を呼び込みます。

「神様」であるお客と一緒に♪

 

こちらは、町内のとあるお花屋さんが アレンジしてくださっています。

 

この日、ティーラウンジ前の通路には チューリップが活けられていました。

やはり 春を感じさせながら、幸運とお客様を お部屋へと誘います。

 

こちらは、客室前。

生け花の先生によるアレンジです。

い~い ものですねぇ~

心 和みます♪

 

こうした花々とともに、幸運とお客様を歓迎してくれるのが、

こちら!  ウミネコ。

この季節、羽が きれ~いなんです、これが!

まっ~白!  モフモフ感いっぱい♪ 触ってみた~い

とにかく、冬から春にかけての羽が とてもきれいです。

自然の恵み豊かな志津川湾の魚を食べ、お客様からはかっぱえびせんを頂き

きっと栄養が行き届いているお蔭なのでしょう。

 

この日は、寒の戻り的な天気で、雪がふったりやんだり晴れたり曇ったり・・・

めまぐるしく変わりました。

空には、北西から流れ込んできた 灰色の雪雲も混じっていました。

お客様を歓迎し、お客様にも大歓迎されるのが、この志津川湾の絶景です。

 

まるで、天使が天女が降りてきそうな 美しい景色の志津川湾。

 

もうすぐ は~るですねぇ♪

目を見張る絶景を楽しみながら

館内に満ちた幸運に浸りに、

みなさんも 南三陸ホテル観洋に

是非 来てけさい~ん!!!

 

えっ? キャンディーズ?

 

 

 

 

コメントを残す on 歓迎の花々

もう?

1週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

今季最後と思われる 寒波襲来の朝、

珍しく早起きをしたので

久しぶりに志津川湾で越冬しているコクガンを観に行きました。

朝方、いつも羽づくろいをしたり、好物の海草アマモを食べたりしている

町内戸倉地区の水辺へ・・・。


ん? 少ない・・・居たのはせいぜい20羽くらい。

いや、20羽いたかどうか。

少なかったのは  まだ7時前後で時間が早かったせいなのかも知れませんが

雪は舞うし風は冷たいし、で やむなく無念の撤退。

 

そして昼前、日が差してきたので、何としてもコクガンを撮りたい一心で

今度は 歌津方面の海岸へ足を運びました。

えっ?居ない!・・・。

この前、岩海苔をついばんでいた 波打ち際に姿は見えず、

ため息交じりに 諦めて帰ろうとしたところ・・・、あっ、居ましたいました!

100メートル向こう、水上に3羽の小隊を発見~♪ と  ほくそ笑んでいると、

幸運なことに、今度は目の前の水辺に飛んできてくれました。

3羽は、コンクリートに付いた岩海苔をついばみながら、

波打ち際で「ローラー作戦」開始! それはもう食欲旺盛 食べる食べる!!!

 

その後、別の3羽の小隊が飛来。

先の3羽のリーダーも その飛来に気が付いて 空を見上げていました。

後から来た3羽は、先の3羽の隣の「エリア」で採餌を開始。

 

ところが、仲良くないのです この小隊同士が。

「俺たちの縄張りを荒らすな」とばかりに、互いに威嚇を始めました。

べ~!! って、くちばし開いて舌を出して、 こ、怖!!!

その姿は、どこか他の動物になってしまったような印象です。

この迫力は恐竜?!

後から来た「小隊」は、すごすごと離れた場所に退散していきました。

その場に陣取った先の「小隊」は、ひたすら岩海苔を食べ続けていました。

おそらく、この辺りが彼らにとって 「絶好の餌場」なのでしょうね。

 

勢い余って(?) たまたま傍で羽を休めていたウミネコまでも

邪魔だと言わんばかりに「威嚇」!!!

たまらず、ウミネコはその場を飛び去ってしまった次第です。

餌を摂っていたわけではなかったのに、お気の毒・・・。

普段あどけなくかわいらしい印象のコクガンも、

怒ると こんな表情に。

北に帰れば おそらく繁殖の季節。長距離飛行をして余りある

体力を今の内につけておかなければならない時期なのでしょうから

食べることに貪欲で必死なのは、まあ 当然なことと推察されますが、

生きるため、子孫繁栄のため、絶対邪魔はさせないぞ、という

コクガンの迫力ある「表情」に 野生生物の生への執念を感じさせられた、

寒の戻りの出来事でした。

確認できる羽数が少なくなってきたところを見ると、

早くもコクガンたちの「北帰行」が始まったのかも知れませんね。

彼らは これから北海道など中継地を経て、シベリア方面へ。

奇しくも学校の卒業シーズンとも重なり、もう?と 名残惜しく

別れの寂しさも感じられた 時折雪の舞う日の午後でした。

コメントを残す on もう?

観洋屋上にて

一週間ぶりのご無沙汰です、Blurbirder*S です。

こ、これは?!

雪の上に残った、おそらくウミネコの足跡。それとも、カモメ?

この近辺では、群れ成すウミネコと違って

群れないのがカモメの方ですから、カモメなのかな?

餌もあませんから、雪に降り立った「彼」の目的はわかりませんが、

確かなのは、ここは 南三陸ホテル観洋の屋上であるということ。

 

普段、お泊りのお客さまに

ウミネコのとのふれあいを楽しんで頂いたり、

スターパーティーで星空を観察して頂いたりしていて、

子どもたちの歓声が上がり、夜は天空を渡る天の川と星々を楽しめる場所です。

 

それにしても、一面雪に覆われ、空とのコントラストが眼に鮮やかできれい♪

この冬一番の寒波の襲来で うっすらと雪に覆われた 1/26(土)の10時半。

積雪は1~2㎝程度。日も昇り 少し溶けて減ってしまっていたかも知れません。

 

山形県の庄内は酒田市と宮城県を結ぶ国道47号を

3時間に亘って通行止めに「した」くらいに強い寒波による雪でしたから

峠を越えて町内に積もるのも 当然のことだったかも知れません。

この日、雪景色を見せてくれた南三陸町ですが

実は、雪が積もる日は ひと冬に数えるほどしかありません。

 

南三陸町は、全国でも年間降水量が少ない町で

トップの鹿児島県屋久島の年間降水量4477.2ミリに対して

南三陸町は1255.5ミリと その差は歴然。

Time-j.netの記事によれば、全国1022観測地点のうち、

多い方から数えて 779番目。

降水量の多い順に10のグループに分けたら、

南三陸町は第7グループの最後尾か第8グループの先頭です。

 

こちらは、椿島(つばきしま)を望む 東側の景色。

一般的に太平洋側は夏場は台風の影響を受けやすく

日本海側は雪の影響が大きいのですが、

南三陸町の場合は 太平洋側を除く三方を山に囲まれた

盆地的な地形であることもあってか、降雪量も少ない。

ですから、南三陸の雪景色を目にできるというのは

ちょいとラッキーなことなのです。

 

先日、マレーシアからのお客さまたちが、

やはりうっすらと雪の積もった景色を露天風呂から眺めることが出来て

とても喜んでいらっしゃいました。

天体観測も楽しめるのが このホテル観洋の屋上。

これまで、2ヵ月に一回開かれてきた観洋の星空観察「スターパーティー」は、

来月から月1回になって、もっと星空を楽しめるようになります。

最近、開催日には 決まって晴天に恵まれています。誰の神通力なのかな?

南三陸町は、全国でも天の川が見えやすい立地条件にあるのだとか。

分水嶺に囲まれている地形のお陰かも。

とにかく 観洋の屋上から眺める星空は最高です。

冬場は寒くて観測には少し大変ですが、その分空気が澄んで

一層綺麗に見えます。

個人的にい~い所だなぁと思うのは、「~流星群!」など関係なく、

普段から当たり前のように流星が見られること。

巨大な「火球」まで見たことがあって、

その時は辺りがパーッと明るくなるくらいに光ってかなり驚きましたが、

すっかり感激してしまいました。

 

月が昇ればこんな景色も・・・。この前のスーパームーン翌日の月の出です。

 

美しい月夜に誘われて、窓の外には タヌキが現れたりもしてました♪(笑)

 

まぁ、タヌキはさて置いて

宿に泊まって、絶景露天風呂につかり、海鮮料理に舌鼓を打って、

美しい星空を眺める・・な~んて、

観洋だからこそできる楽しみです!!!

是非、南三陸ホテル観洋にお泊り頂いて、星に願いを♪♪

雪見風呂もまた格別♪

ま、こちらは雪が降らないことには叶いませんが・・・

けれど、観洋で雪に会えたら 幸運です。

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

冬本番!!
景色とお風呂がひとつに繋がるインフィニティ温泉で心も体もあったまろ♪

南三陸ホテル観洋の宿泊予約をするならこちら↓


公式ホームページからの予約がもっともお得です!
【直販価格】と書かれたプランを選んでご予約ください!

kirakirabanner.png
★ 南三陸キラキラ丼はおかげ様で9周年♪ ★
「南三陸ホテル観洋」

コメントを残す on 観洋屋上にて

☆南三陸ホテル観洋フォトコンテスト2018結果発表☆

皆様こんにちは、マッキ―です(^o^)

今回は、今年5月から10月末まで開催された、
南三陸ホテル観洋フォトコンテスト2018の結果発表(^_^)/

審査委員長に元NHK報道局映像センター長小林裕様をお迎えし、
厳正に審査を行いました結果、
次の通り受賞者が決定しました。

まずは、優秀賞から

優秀賞は5つの作品が受賞!

優秀賞「蒼空と蒼海への旅立ち」
千葉県 T・M様

志津川湾を気持ちよく飛翔する海鳥。
空に浮かぶ雲も生き物のように配置された清々しい作品です。

優秀賞「カモメと遊んだ日」
宮城県 W・K様

手前の白波と海鳥という単純化した構図が素晴らしいです。
海の魅力を伝えるポスターになるような作品です。

優秀賞「春の訪れ」
宮城県 O・K様


田束山から見たリアス式海岸にツツジを入れ込み望遠レンズで上手くまとめています。
撮影ポイントの選定が素晴らしい作品です。

優秀賞「真夏の太陽が昇る前」
愛知県 H・M様

志津川湾の払暁から日の出へと変わる瞬間を美しく捉え、
流れる雲と島々が作るバランスが重厚な作品にしています。

優秀賞
埼玉県 T・S様

椿島から昇る太陽を右隅に配置し、海鳥を広い海に飛ばした構図が素晴らしい作品です。
また、日の出直後の色合いが上手く表現されています。

そして、グランプリは…

 

グランプリ賞「火星、土星、天の川、そして流星を待つ3態」
東京都 M・A様

ホテル観洋の屋上「汐風の空」で夜空を眺める人物と星座の構成が素晴らしい作品です。
都会では味わうことができない星との触れ合いを長時間露出で見事な映像にまとめています。
星座もシャープに撮影されています。

・。・。・。・。・。◆ お礼 ◆・。・。・。・。・。
宮城県、東北各地をはじめ全国より多くの皆様からご応募頂き、誠にありがとうございました。
ラムサール条約に登録された世界の志津川湾、輝く太陽、優雅な海鳥、スローな時間、
笑顔の人々、震災遺構、地元の料理など幅広い被写体が対象となっていました。
皆様の多様な感性により今年のフォトコンテストも盛大に行うことができましたこと、
心からお礼申し上げます。
南三陸にお越しの際は、カメラ片手に素敵な瞬間を捉えて頂き、
次回のフォトコンテストに是非ご応募の程お待ち致します。
南三陸ホテル観洋 写真部一同
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

ここで私からも最近の2枚!

先日行われた天皇杯準決勝、
3年振りに行われた
ベガルタ仙台vsモンテディオ山形の「みちのくダービー」より!

両チームのマスコットキャラクター
ベガッ太君」と「ディーオ君」(^o^)

そして、試合前のピッチ!

(試合中の写真は12月ナイターの寒さと、試合への興奮で震えて、撮れなかったです。)

社会人になってから、
プロスポーツのある街に強く憧れを持つマッキ―なのでした。

最後に、
ベガルタ仙台の皆様、天皇杯準優勝おめでとうございます。

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

南三陸ホテル観洋の宿泊予約をするならこちら↓


公式ホームページからの予約がもっともお得です!
【直販価格】と書かれたプランを選んでご予約ください!

kirakirabanner.png

★ 南三陸キラキラ丼はおかげ様で9周年♪ ★
「南三陸ホテル観洋」

コメントを残す on ☆南三陸ホテル観洋フォトコンテスト2018結果発表☆

今年、残り5回のチャンス!

こんにちは、むっちゃんです(*^^)

最近、朝晩の気温が二桁もいかない日が続くようになりました。
来週末からはもっと冷え込む予報になってますね…
なので、見てるだけでぽかぽか温まりそうな日の出写真をおすそ分け。


ぽかぽか~(*´▽`*)

さて、期間限定で開催している
うみねこふれあい体験
残り5回となりましたー!

11月の19日20日21日22日25日
屋上「汐風の空」にて開催いたします。

時間は16:15~
ご宿泊のお客様だけでなく、立ち寄りのお客様の参加もOK!

こんな間近でウミネコたちと触れ合えるチャンスはめったにないので
ぜひご参加くださいませ♪

※悪天候の場合は中止となります。
※当日は寒くない格好でお越しくださいませ。

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

さむ~い冬こそ、
景色とお風呂がひとつに繋がるインフィニティ温泉であったまろ♪

南三陸ホテル観洋の宿泊予約をするならこちら↓


公式ホームページからの予約がもっともお得です!
【直販価格】と書かれたプランを選んでご予約ください!

kirakirabanner.png

★ 南三陸キラキラ丼はおかげ様で9周年♪ ★
「南三陸ホテル観洋」

コメントを残す on 今年、残り5回のチャンス!