第2回東北被災地語り部フォーラム ★夜の部★

皆様こんにちは、マッキ―です。

今週は東北被災地語り部フォーラムweek!
私からは懇親会・座談会の模様をお伝えいたします。

夜はこのフォーラムの目的の一つでもある、
語り部のネットワークを増やすための、交流・親睦を深める活動が行われました。

その1…懇親会

朝11時からの語り部バスからご乗車のお客様にとっては、約7時間程のイベント!

そんな、少しお疲れ気味のお客様のお腹も心も満たすべく、
当館の料理人が腕によりをかけた料理でおもてなし。

鮮魚満載の大きな舟盛りや、

今が旬!気仙沼産の鱈と白子の中華餡かけ!

南三陸産タコと気仙沼産生ワカメのしゃぶしゃぶ等…
三陸の魚介を中心としたメニューが振る舞われました。

まずは皆様、飲み物を片手に乾杯!

100名を超える参加者が集まるりました。
(大人数か一堂に会すると集まると、壮観というか圧巻というか…)

そして、皆様思い思いの料理を楽しみ、
地域や国籍の壁を越え、親睦を深めていました。

アトラクションは南三陸のダンスチーム「陸仙海」の方々♪

アクロバティックで激しい踊りを披露!
会場を盛り上げていただきました。

その2…座談会

そして、夕食後は車座になって語り合う!
座談会が行われました。

こちらは、
座長には、「(公社)中越防災安全推進機構 中越メモリアル回廊 アンバサダー」の山崎 麻里子 様
ゲストには、「東京都・多摩大学情報社会学研究所 主任研究員」の会津 泉 様
「群馬県嬬恋村・鎌原観音堂奉仕会」宮崎 光男 様
「気仙沼市・気仙沼おとひめ会代表」吉田 千春 様
「釜石あの日あの時甚句つたえ隊」 北村 弘子 様
の計5名の熱い想いが垣間見える座談会となりました。

テーマは「なぜ語るのか?なぜ語れないのか?」について、

やはり、人に伝えるには心情が大事であり、
場を決めた語り部だけではなく、お茶を飲みながら当時を語りあうのも一つであるとの事。

時には歌を交えて、ユーモアもある会となりました。

ホテルだからこそ出来る、
22時頃まで、夜な夜な語り合う座談会となりました。

※フォーラムのブログは時系列が若干前後していますが、
後程、行程通りに修正いたします。

゚*。☆ いいね! フォロー お待ちしてます♪ ☆。*゚
あああ

宜しくお願い致します
\(^o^)/

コメントを残す on 第2回東北被災地語り部フォーラム ★夜の部★

第2回語り部フォーラム

1週間ぶりのご無沙汰です、Bluebirder*Sです。

 

24日、南三陸ホテル観洋では、

第2回東北被災地語り部フォーラムが開かれました。

メインテーマは「みんなが語り部」。

Bluebirderは、MCを担当しました。

北は北海道から南は熊本まで、一般の参加者も含めて実に400人が出席。

 

メインパネルディスカッションでは、元ホテルリッツカールトン日本支社長で

人とホスピタリティ研究所代表 高野 登さんをコーディネーター、

民族研究家の結城 登美雄さんをコメンテーターに

4人のパネラーが語り部について、考察を深めました。

この中で、北と南の路線が繋がり

来月には 晴れてリアス線が誕生する三陸鉄道の二橋(にはし)守さんからは、

被災当時、地元が真っ先に望んだのは 陸路ではなく鉄道の復活だったこと。

「すぐに復活できるところから運行を始める」という逸早い社長の決断が、

被災当日から、何と5日後に運行が再開されたこと。

鉄路を後世に残し、3.11の教訓を残そうという確固たる意思が

三陸鉄道の存続に繋がったことが紹介されました。

その後 三陸鉄道では次世代を担う子どもたちに教訓を伝えることを目的に

「震災学習列車」をスタート。

特に修学旅行の児童生徒の利用が増えています。

 

二橋さんは、最後のコメントでは はにかみながら、

ただ まじめな列車は「震災学習列車」だけで、

ほかはドキドキワクワクする鉄道にして行きたい、と締めくくりました。

岩手第三セクター三陸鉄道のこの考え方は、

復興に向かう被災地のどこでも望まれることではないでしょうか。

南三陸町とホテル観洋の今後にもそのままを重ねれば、

語り部バスは、震災の記憶を風化させず

防災・減災につなぐという使命を果たす一方で、

町を訪れ、観洋を訪れる人が、ドキドキワクワクする町に、

宿にしていくことを念頭に進むことが大切なのだということを、

二橋さんは教えて下さった そんな気がします。

二橋さん、ありがとうこざいます!

観洋でも 三鉄に負けず

お客さまの「来てよかった」「ドキドキワクワク」を

どんどん創らなきゃ、です。

 

また、南三陸みなさん会の後藤一磨さんは、

豊かな藻場としてラムサール条約の登録を受けた志津川湾は、

実は3.11の津波が海底を洗ったことで、湾内の環境が50年若返った。

ただその一方で、鮭が不漁で 名産のタコが小ぶりになってしまっているのは

分水嶺の流れを防潮堤が遮り、コンクリートの成分が溶け出していることが

原因ではなかろうかと 懸念しています。

震災前は、スキューバダイビングも盛んだったという志津川湾。

もし、これが懸念ではなく、明らかな悪影響なのであれば、

海のドキドキワクワクの一部が失われてしまうことになりかねません。

自然という「語り部」にも 耳を傾け、注意を払っていく必要性も

大いにあるようです。

コメントを残す on 第2回語り部フォーラム

毎年好評!季節限定の旬なセットが販売開始!!

こんにちは、むっちゃんです(*^^)

今日はとても寒いですね…
南三陸町も雪がちらついてきました。
こんな日はこたつで丸くなりたいです_(┐「ε:)_

さて、今年もこの季節がやってきましたよ!
新ワカメの季節が~!

志津川タコしゃぶと採れたて生ワカメセット

毎年ご好評頂いておりますこちらのセットの販売が開始しました!
1セット2,700円(税込)です。

今の時期限定!そして数量限定!
(お一人様10セットまでとさせていただきます)

採れたてのワカメはしゃきしゃきしていて鮮度抜群♪
同梱の志津川産タコもぷりぷり弾力がある美味さ♪

この時期しか味わえない商品となっておりますので、
皆さまぜひお買い求めくださいませ!

↓ ご注文はこちらから ↓
志津川タコしゃぶと採れたて生ワカメセット

旬の野菜と一緒に、ほっと温まる鍋もおすすめ(*´∀`人)


※イメージ

ご注文の際は、商品到着日と注意点をよくご確認の上お申し込みください。

セット数に限りがありますのでお早めにどうぞ!!

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

冬本番!!
景色とお風呂がひとつに繋がるインフィニティ温泉で心も体もあったまろ♪

南三陸ホテル観洋の宿泊予約をするならこちら↓


公式ホームページからの予約がもっともお得です!
【直販価格】と書かれたプランを選んでご予約ください!

kirakirabanner.png
★ 南三陸キラキラ丼はおかげ様で9周年♪ ★
「南三陸ホテル観洋」

コメントを残す on 毎年好評!季節限定の旬なセットが販売開始!!

南三陸の年末!新鮮な海の幸満載の「おすばで祭り」♪

皆様こんにちは、マッキ―です。
今回はカナさんと曜日を変更して、日曜日に登場です。

さて、先日火曜日のブログでも紹介した「おすばで祭り復興市」が、
昨日開催されたので…潜入してきました(^_^)/
(今年のネタは今年中に書きたかったので…)

当館からは車で約5~10分!
志津川仮設魚市場特設会場にて開催されました。


(漁船の旗も多く飾られています)

もちろんこの魚市場からも、
遠くに観洋が見えます。

そもそも、「おすばで祭り」の「おすばで」とは…
三陸沿岸の方言で「酒の肴(さかな)」という意味との事。

さあ、言葉の意味もお伝えした所で、会場に潜入すると…
朝早くから大勢の人々が!

(頑張って早起きして、8時50分位に来たのに想像以上に人が多かったです。)

まずは、あまりの寒さに震える体を、
仙台牛を使用した牛汁で暖めて…

(牛の旨味が溶け出して旨かった~)
偵察開始!

そう、このお祭りと言えばやっぱり魚貝類!

志津川名産のタコ!

南三陸で獲れた帆立!

宮城県産の高級食材「鮑」!

そして、一匹丸ごと氷いっぱいの容器に入ったマグロ!
(写真に夢中で、何マグロか、見るのを忘れてしまいました…)

志津川でも獲れる銀鮭!
などなど、新鮮な魚介が盛りだくさんでした。

今回は遠くは青森県つがる市からのブースも…

(名産品のりんご、にんにく等がありました)

そして、ご当地キャラクター「つがーるちゃん」も遊びに来てました(^O^)

さらに、お正月が近いという事で…
正月飾りと言えばコレ!

しめ縄や…

蒲鉾や伊達巻の練り物、

そして、おせちセットもありました。
(改めて年末だな~って思いました。)

また、フードメニューも結構あって、
(串焼きとか○○めし、そして魚介系以外の物もたくさんありました)

酒粕を使用した大人な味わいの牡蠣汁♪

志津川高校商業部の生徒さんが作った
クリーミーなタコシチューをいただきました。
(寒さに負けて、これらに+「そば」も頼み
 温かい汁物ばっかりだったので、お腹がタポンタポンに…)

次回は、1/20に「第86回寒鱈まつり復興市」が開催されます。
こちらもお楽しみに~

マッキ―の今年のブログは今回が最後。
(まさか、明日も連投する訳では無いので…)
当館のブログを、いつもご覧いただきありがとうございます。
来年も宜しくお願いいたします(^_^)

それでは、皆様良いお年を~(^o^)丿

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

冬本番!!
景色とお風呂がひとつに繋がるインフィニティ温泉で心も体もあったまろ♪

南三陸ホテル観洋の宿泊予約をするならこちら↓


公式ホームページからの予約がもっともお得です!
【直販価格】と書かれたプランを選んでご予約ください!

kirakirabanner.png
★ 南三陸キラキラ丼はおかげ様で9周年♪ ★
「南三陸ホテル観洋」

コメントを残す on 南三陸の年末!新鮮な海の幸満載の「おすばで祭り」♪

森でタコを見つけました

一週間のご無沙汰です Bluebirder*Sです。

このところ しとしと 時々 蕭々と 雨の日が多かった南三陸町です。

小生の休日もあいにくの雨。

それでも、部屋でじっとしているのはもったいなかったので、

ちょいと車で出かけてみました。

車で素通りしてしまって 普段はあまり歩くことも無かった 町内入谷のあたり。

綺麗な田園風景に誘われて フラフラと歩いていたら

そこには 神社が・・・

入谷八幡神社でした。

境内には樹齢400年と言われるスギや

根回り9mのイチョウ、

ほかにも根回り10メートル以上のカヤなど 県内でも有数の大木が生育しています。

由来によれば、この神社は1300年前に創祀されたとのことで

源 義経にゆかりがあるのだとか・・・。

入谷八幡神社には 秋の例祭に奉納される県指定の民族芸能

「入谷打囃子」が伝承されています。 由緒ある神社なんですね。

石段には鳥居が3基。

その内 赤い鳥居が2基。

 

鳥居をくぐり 石段を登って行くと・・・

そこには 巨大なタコ!!!

南三陸は 西の明石、東の志津川と言われるほどの

美味しいタコの産地でございますが、森にもタコが居たのでございます。

正しくは 「多幸」が鎮座ましましておりまして、その名も ゆめ多幸鎮「オクトパス君」。

食べられませんが、合格祈願の 「お守り主」でございます。

震災の年の11月に復興を願って大正大学から寄贈頂いていたブロンズ像、

オクトパス君は 名産のタコをモチーフにした町の人気キャラクター。

机に「置くと」試験に「パス」するということから合格祈願の文鎮

「オクトパス君」が有名だったことが

東日本大震災直後の寄贈につながったようです。

タコは古来から縁起の良い生き物。

受験生や地域に多くの幸が吸い付くよう願いが込められています。

なお、このオクトパス君を撫でてあげるとご利益が増すとも言われています。

みなさんも 願掛けにどうぞ!

お社前には 願いの記された絵馬が下げられていました。

これが、森でタコを見つけたという 奇々怪々なお話の顛末でございますが、

オクトパス君の文鎮はじめグッズは、八幡神社下のYES工房で製作されています。

 グッズは観洋売店でも販売されてます。

 

雨の日の休日・・・八幡様の

せめてものご褒美だったのでしょうか、石段を下りていくと・・・

田園でこんな光景を見せて下さいました。

時刻は午後ゴジを回ってましたが、見えたのはニジ♪ ええ、虹。

これだけで、もう 雨の中を出掛けた価値は大あり!そんな休日でございました。

コメントを残す on 森でタコを見つけました