寒空の下で。

皆さん、こんにちは!カナです(・∞・*)
今年も残りあと2週間です。
14日の「ふたご座流星群」はご覧になりましたか?
私も仕事終わりに当館の屋上へ向かい、
流星群を探していたら3秒くらいの長いものを見る事ができ、
その後も何個か見る事ができました!綺麗でしたよ♪

さて、今回は一昨日15日の朝に行われた「鮑の開口」についてです。
SNS等でも写真と共に投稿をさせていただきました!
「いいね!」や「RT」、ありがとうございます(^O^)/

15日の朝、地元の漁師さん方は港を出港し、当館にほど近い場所で、
船を停め、海中を箱メガネで覗いていました。

この木で作られた箱メガネを使って、鮑を海中から探し、
鈎の付いた長い棒で鮑をひっかけます。

当館にお越し頂き、「鮑の踊り焼き」をお召し上がりいただいた方は、
分かるかもしれませんが、くっついているのを無理矢理剥がそうとすると、
グッッと逆に引っ付き離れません。
(まだ、食べた事の無い方はぜひお試しくださいませ!)
なので、素早くひっかけて獲らないと、岩にくっつき取れなくなります。

写真で見ると、奥の方まで漁師さんが居るのが分かります。

しかし、この箱メガネ「よく見えるの?」と言う方もいらっしゃると思います!
私も海が近い生まれなので、小学校で「魚釣り大会」があり、
チーム戦なので、それぞれ地元の漁師さんの船に乗せてもらい、
港の湾を出て、優勝を目指して臨みました。
(釣れたのは長靴やゴミでしたが「きれいにしましたで賞」を頂きましたよ!)

その際にあの箱メガネも見せて頂きましたが、
海が澄んでいればいるほどよく見えます!
一番分かりやすいのは水中ゴーグルをした状態ですね!
ですが水中ゴーグルはおさえずに済みますが、
この箱メガネは自分でおさえないと、波で流されズレます。

なので、地元の漁師さん方は片手は箱メガネ。
片手は鮑を獲る為の道具を動かしている状態です。

そして、この鈎のついた棒でひっかけたあと、
同じく長い先端に網が付いたもので鮑を海中からひきあげます。

これの繰り返しです!

そして、この新鮮な鮑の虜になっているのが志津川産のタコです。
なんと主食にしてしまうほど、グルメなタコなんです。
当館でも旨味が凝縮されたタコを別注等でご提供させて頂いておりますよ!

◇志津川産 タコ刺し ¥1,000(税込¥1,080円)

そして、「鮑」には様々な良いことがあります。
諸説はありますが、
妊娠中の女性に食べさせると「目が綺麗な子が産まれる」との話があったり、
(しかし、調子が良くないときに食べても悪くなってしまうので、
無理のない範囲で食べるようにすると良いそうです。)
中国では「ツバメの巣」「フカヒレ」に並び「干鮑」も重宝されたそうです。

そして、宴会を開催しようか悩んでいる方に情報です!
実は「鮑」には「肝機能をサポート」したり、
「二日酔い対策」
にもなります。
お夕食の鮑をおつまみ変わりに適度にお酒を飲めば、
二日酔いなんて怖くないですね!
(飲酒には限度があります。自分の体と相談しながら楽しむのも大事です。)

女性の方にも嬉しい情報が!
・デトックス効果やむくみ予防…さらに美肌効果も。
なので、「鮑」を食べて温泉に入れば、お肌はつやつや…!?
そして今の季節に嬉しい「冷え性の軽減」も助けてくれます。

もっと他にもたくさんの話がございますが、
一番分かりやすいのは上記のものになります。

なので、ぜひ南三陸にお越しの際にはお試しいただけたらと思います(*^_^*)

◇本日のおすすめプラン◇
「鮑」も食べたい!でも、「お肉」も食べたい…海の近くだし、無理かなぁ」
大丈夫です! どちらもお楽しみ頂けます!

そんな皆さんには
【二つの美味しいが競演!
【☆特選☆仙台黒毛和牛と鮑(あわび)の陶板焼プラン】


★ 南三陸キラキラ丼はおかげ様で8周年♪ ★
「南三陸ホテル観洋」

それではこの辺で!また来週!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)