犬も歩けば・・・

6日ぶりのご無沙汰です Bluebirder*Sです

訳あって いつもより10時間早い更新です

「犬も歩けば棒に当たる」ということわざは
“出歩けば思わぬ幸運に出会うことのたとえ”にもなっています

少しでも運動不足の解消になればと
最近 なるべくその辺を歩くようにしているのですが
Bluebirderも歩けば あれこれ”棒に当たる”ことができました

田植えの終わった田んぼのあぜ道を歩くと
色んな 草花を見かけます

タンポポの黄色い花  黄色が 鮮やか♪

ただこの時期 もう綿毛になったものの方が多くなっているようです

タンポポのように すぐにそれとわかるものはさて置いて
あれこれ名前の判らない草花が圧倒的に多くて
その名を知りたくても 独り歩きでは叶わない

そんな時 便利なのが
スマートフォンのカメラをかざすと
植物の名前を知らせてくれるアプリ

上の綿毛になったタンポポの写真にも
その名が記されていますが
“ハナノナ”というアプリを使いました

植物にかざして その名が判定された状態でシャッターを切ると・・・

こんな風に ”図鑑”よろしく 植物の名前を取り込んでくれます

ちょっと写真のピントがずれがちなのが”玉にきず”ですが

このアプリがあると 散策が楽しくなります

たしか グーグルレンズとかいうアプリもあるようで
そっちの方が 判定精度がいいのかな?

まぁ とにかく知らない植物の名が判るというのは面白いので
みなさんも 是非お試しを

 

最近 ”海の見える命の森”を歩いてよかったのは

藤の花♪

きれいですよね  香りもいい~

仙台市の中学生が

“命の森”の間伐など ボランティア体験してくれた日のことでした

緑薫る心地よい風の中 歩いて出会った ささやかな”幸運”です

 

別の日 北上川沿いを歩くと
円筒形の”牧草ロール”が転がっていました

ロールが まるで”長閑さ”を象徴するオブジェのようで

心和みます

そして夕暮れ時・・・

川面が夕陽色に染まる 美しい光景に思わず見惚れ 心癒された次第

これからも 大いに歩いて 大いに棒に当たり
ささやかな幸せに浸ってみることにいたします

 

さてさて 観洋眼下の岩場で営巣中のオオセグロカモメ

この17日には 3個目の卵を確認!
順調に行けば 6月初めには1羽目が孵りそうです (↑ 17日の母カモメ)

こちらは22日の様子
巣の窪みがより深くなっているのがわかります(↓ 父カモメ)

コメントを残す on 犬も歩けば・・・

産まれてました

一週間ぶりのご無沙汰です Bluebirder*Sです

観洋眼下の岩場では
毎年 オオセグロカモメが営巣します

今年は・・・と様子をうかがっていたところ
どうも巣を温めるのに積極的ではありませんでしたから
産卵に あまり期待はしていませんでした

それでも 13日朝には
親鳥がしっかり巣に入っていましたから
「感心 感心」と 思ってはいたのですが
まさか 既に産んでしまっていたとは・・・

巣の中に卵があるのに気付いたのは この日夕方のこと
ツガイのメスが小雨の中 巣で立ち上がっていたので
双眼鏡で巣を覗いてみると

( ,,`・ω・´)ンンン? 中に何かある・・・

何せ 雨雲が広がり 霧でぼんやりしていて
辺りはあまり明るくありませんでしたから
小さな双眼鏡では 識別が出来ない

そこで スコープで覗いてみたところ

たっ 卵が 1個!!! あるではありませんかぁ~!

完全に意表を突かれました

11日には まだ巣の中は空でしたから
産まれたのは 12日かこの日13日未明のこと
去年は12日の正午前に1個目を確認していましたから
大体去年と同じタイミングということになります

それにしても  ですよ

こうして 巣から立ち上がっている時間が長い!
長すぎる! のです

その後 巣を離れると
岩場に帰ってきたオスに 餌をねだっていたので(メス:餌欲しいのポーズ)

きっとお腹を空かせて パートナーの帰還を待ち切れずに
立ち上がってしまっていたのでしょう

餌を貰って食べた後 メスは巣に戻りましたが

巣で立ち上がってから この間30~40分
こんなにも 卵から離れる時間が長くて
果たして無事に孵るものなのでしょうか😓

心配しながら 眺めていました

ところが そんな心配もよそに
メスは何分もたたない内に立ち上がって またまた巣の外へ・・・?

えっ? 今度は何? どうした?! と思いつつ見ていると・・・

「次は あなたの番よ」と 伝えたかどうかはわかりませんが
卵の温め役 交代を要請したようで

オスが 替わって・・・

巣に入りました

こんな状態で
果たして1個目の卵の孵化や いかに?!

頑張れ 1個目!!
~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~
追伸

翌14日夕方には
オスがしっかり巣に入って 卵を温めていました

メスも仲良く寄り添って・・・微笑ましい♪

が 夜10時前には 巣から離れてしまった2羽を目撃
ホントに大丈夫ぅ~?

と思いきや 15日午後2時ごろには

なんと 2個目が産まれてました

今度は人が変わったように いえ 鳥が変わったようにww
オスがせっせと巣材を運んで来ては
巣の中のメスがそれを まめに敷き詰めたり
とにかく 熱心に卵を温め始めています

どうも お騒がせタイプと思しき今年のツガイ

頼むよぉ お二人さん いや お二羽さん

コメントを残す on 産まれてました

果たして卵は

一週間ぶりのご無沙汰です Bluebirder*Sです

去年11月~12月あたりから 早々と
営巣のため観洋眼下の岩礁で場所取りをしていた オオセグロカモメのツガイ

来春は 自分たちが ここで卵を産み
ヒナを育てるのだと言わんばかりに繁殖に満々の意欲を見せていた2羽でしたが
ここにきて 産卵するのかしないのか
今ひとつ釈然としないのが 気になるところです

というのも こんな風に 巣を温めていたかと思うと

長続きせずに すぐ巣から出てしまう

かと思うと 今度は飛び立って 近くを旋回して岩場に戻ってきたり
巣外の場所でうずくまっていたり
なぜか 巣に入っている時間が短くて 落ち着かない様子

先月(4月)25日には このようにメイティングシーンが見られましたが
果たして これが本交尾なのか疑交尾なのか 推測の域を出ません

まぁ 疑交尾だとしても”求愛行動”のひとつですから
ツガイであることと 二羽の親密さは確認できたのですが

ならば 期待の産卵は? 孵化は? どうなの? と
このところの行動を見ていると つい気が揉めてしまっています

去年のカップルの場合 ちょうど今頃 一方が巣材を運んで来ると
巣に入ったもう一方が 真ん中に窪みが出来るように
上手に周りに積み重ねては熱心に温めていました
それに比べると

何となく 巣のつくりが”雑”なようにも見えて
その上 大して巣に入ってもいないようですから
果たして この状態で卵を産み
温められるものなのかどうかわからない という印象です

とにかくは これから去年同様卵が生まれ 無事に孵ることを願うばかり

ちなみに 去年は 5月8日には親が巣を温め続けていましたし
翌日にはオスが巣をキープしつつメスが餌を運ぶ様子も見られ

12日には1個目の卵を確認することが出来ました(上の写真は去年のツガイ)

仕事の合い間に カモメの動きを目にしているティーラウンジ担当のKさん曰く
「GW中に温泉に入りに来られるお客様の多さに面食らって
落ち着いて巣に入っていられないんじゃないですかぁ」・・・

そう 巣のある岩場は二階大浴場の目の前にあって
コロナ禍でひと頃までお客様が比較的少なかったわけですから
その可能性もありです

だとすれば ただ単に 今年は産卵が”遅れている”だけ?
・・・であってほしいものです

今年はBluebirderも 二羽の営巣環境に負荷をかけないよう
極力2階露天風呂からの撮影は避けて
ティーラウンジ脇からガラス越しにシュートしつつ
産まれ来る卵 全てが無事孵化するよう配慮することにいたします

コメントを残す on 果たして卵は

四季の起源は おとめ座にあり?! 

一週間ぶりのご無沙汰です Bluebirder*Sです

さて 5月に入りましたね

8日のスターパーティーは
春の星座 おとめ座観望も テーマのひとつ

左手先には 純白の星 スピカが輝く 豊穣の女神

12星座はギリシャ神話が元になっているそうな・・・
では おとめ座にまつわる神話とは・・・

豊穣の女神デーメテールと神々の王ゼウスとの間に
ペルセポネーという それはそれは美しい娘がおりました

ある日 ペルセポネーが花摘みをしていると・・・

急に地面が割れて 冥界の王ハデスが現れ
美しいペルセポネーを 冥界に連れ去ってしまったからさあ大変

大切な娘がさらわれたと知った 母デーメテールは深い悲しみの余り

女神としての役目をすべて放棄 洞穴に閉じこもってしまうのです

すると・・・地上では草木は枯れ 作物は採れなくなり

人間も動物も命を失って 3分の1に減少してしまう事態に

困った神々たちは 冥界王ハデスにペルセポネーを返すように命令
なんとか ペルセポネーが 地上に帰ると

母 デーメテールは大喜び
すると 草木は芽を出し 作物も実るようになったのです

ところが…

実は ペルセポネはハデスから渡された冥界のザクロの実を
4粒食べてしまっていたのです
冥界の物を食べた者は 冥界で過ごさねばなりません

それでも母デーメテールはゼウスに
ペルセポネが地上で過ごせるように懇願

そこでゼウスは 1年を4つに分けて
4分の1の3か月を冥界で過ごすように決めました

それ以来 愛しの娘ペルセポネがいない3か月
悲しみに暮れるデーメテールは洞穴にこもるようになり
それが作物の育たない”冬”に

娘が戻ってくると デーメテールが洞穴から出て
草木が芽吹く春になったというお話

このデーメテールが娘を想い心配している姿が

乙女座なのだと言われています

豊穣の女神の洞穴籠りで”冬”が生まれ
娘が戻れば女神の喜びで”春”になる
おとめ座は 母が娘を想う姿であり
四季の起源なのだ・・・

そんなギリシャ神話を知ることでまた
星空を望む楽しみも増すというもの

今月8日のスターパーティ ご一緒に楽しみましょう

コメントを残す on 四季の起源は おとめ座にあり?! 

桜散り・・・

一週間ぶりのご無沙汰です Bluebirder*Sです

この16日の ホテル観洋玄関前の桜

・・・の1週間後 ごらんのように

葉~桜ぁ~ になってしまいました
それでも 葉はまだ少ないので
紅い小さな花が付いているようにも見えます

樹の下には 桜吹雪の”吹き溜まり”

桜色が やさしくきれいです

観洋玄関前の桜が終わり 季節はゆっくりと初夏へ・・・

5月に入ると 8日には 51回目のスターパーティが開かれます

今回のテーマは ”春の大曲線”と ”春の大三角”

そして ”月面X”

特に”月面X”は この日 観望に好条件
月面にくっきり浮かぶ X字が見られそうで楽しみです


“春の大三角”は ”しし座”の尾にある”デネボラ”
“おとめ座”左手先の”スピカ”
そして ”うしかい座”太ももの”アークトゥルス”を結んだ
三角形

一方 ”春の大曲線”は

“おおぐま座”の尻尾先から うしかい座の”アークトゥルス”
“おとめ座”の”スピカ”を結ぶ 壮大な円弧を描く曲線です

この図には記されていませんが
スピカの先に曲線を延ばすと ”からす座”があります

「春の大三角」は ちょうどこの「春の大曲線」の円弧の中心あたり
春の星座を探す時の 恰好の目印にもなります

予備校のCMではありませんが 観洋スターパーティでは
“充実の講師陣”が わかやすく星空をご案内します

何といっても
観洋のスタパの良さは こんな風に ”浴衣姿で星空を楽しめる”ところ

この 気軽さが いぃ~ のです

ゆかた で スタパ♪     ゆかた・・・スタパ・・・
“ゆかた”で ”スタパ”
どこか 韻を踏んでいて これもいい♪

ちなみにこちらの写真は ”ゆたか”さん ご提供ですww

ご宿泊の皆さまはもちろん
町内で 興味をお持ちの皆さまも
どうぞ ご参加ください

会場は 南三陸ホテル観洋 屋上 ”汐風の空”
5月8日 午後7時 スタートです

コメントを残す on 桜散り・・・